目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

30 / 183ページ

ナバロンの嵐

1978年アメリカ映画
監督 ガイ・ハミルトン
主演 ロバート・ショー、エドワード・フォックス、ハリソン・フォード、バーバラ・バック、リチャード・キール

戦争映画特集でございます。
原題は「ナバロンからの第十部隊」って感じでしょうか。
だから前作で爆破された「ナバロンの要塞」は当然本編には出てきません。
というか、映画の冒頭にダイジェストっぽく、ちょこっとだけ出てくるんですが。
前作、要塞を爆破して、無事帰還した二人の男。彼らの表情がアップになる。
すると、グレゴリー・ペックさまとデビッド・ニーブンさまじゃなくて、ロバート・ショーさまとエドワード・フォックスさまになっております。
おお、すげえいい感じで物語がシフトしますなあ。ロバート・ショーってめっちゃ好きな俳優さんでございましてね。
それだけで高ポイントなのに、エドワード・フォックスさままで出ているではありませんか。
「ジャッカルの日」からこの映画まで、何してたんでしょうか。この人。
「人形の家」とかに出ていたくらいしか記憶にありませんが。
さて、ショーさまとフォックスさまは再び極秘任務に召集されます。
今度の作戦は、ドイツ軍に包囲された味方を助けるために、ネレトバの橋を破壊するってものです。
チームは橋の上流にあるダムを爆破・決壊させ、その水流によって橋を破壊しようとしますが…
前作を知っているだけに、やはりクライマックスでは前作に近い劇的シーンを期待してしまいます。
そういう意味ではほとんどの人が「作戦が失敗することはありえない」と思いながら見ていただろうと思います。
そういう意味では、続編って設定はやはり難しかったのでしょうか。
前作がとにかく評価が高かっただけに、かなり苦戦しているように感じてしまいました。
口の悪い友人が、「続編ものでは、『ポセイドンアドベンチャー2』と『ナバロンの嵐』は同じくらいイケてない」と言っておりましたが…
いいえて妙かも。


グッド・モーニング・ベトナム

1987年アメリカ映画
監督 バリー・レビンソン
主演 ロビン・ウィリアムズ、フォレスト・ウィテカー

今日はちょっと変わった戦争映画。ロビン・ウィリアムズさまがとにかくいいですね。
圧倒的なトークの才能というか、言葉のリズム感というか、そういう「芸の素晴らしさ」がビシバシ伝わってまいります。
とにかくすごいの一言。映画を見ながら、自分がまるで彼の放送を聞く米兵になって、その場を楽しんでいるような気分にさえなりました。
って書くとオーバーかもしれないけど、それくらい集中させてくれる話芸です。びっくりしました。
舞台はベトナム。
戦線は膠着気味。
低下を続ける兵士たちの士気を高揚させるために、米軍放送の人気DJのウィリアムズさまがベトナムに派遣されてまいります。
記念すべき第一回放送。いきなりやってくれます。
「グッド・モーニング・ベトナム」この第一声がとんでもない。すごいって思わせる、この一声は「芸」の域です。
まったりもっちゃりのクラシック音楽ばっかりを流していた米軍ベトナム放送ですが、そんなところでいきなりローリング・ストーンズなんか流すわけですからね。
そらえらいさんはひっくり返りますわな。
兵士たちからは大人気のウィリアムズさまですが、軍のえらいさんはそうは思っていないわけで、ここらの構造は現代の企業なんかと同じ構造なのかもしれませんね。
哀れウィリアムズさま、えらいさんの怒りを買って、彼の放送は中止に追い込まれてしまいます。
上層部から放送内容を批判され、落ち込むウィリアムズさまが、兵士とのコミュニケーションのなかで何かをつかむ、みたいな場面がありまして、そこの兵士たちとウィリアムズさまとのかけあいのシーンも実に素晴らしかったですね。
「字幕なしで映画を楽しめるようになりたい」って真剣に思わせてくれた映画の一本であり、この作品は私にとって大事な映画でもあります。


7月4日に生まれて

1989年アメリカ映画
監督 オリバー・ストーン
主演 トム・クルーズ、ブライアン・ラーキン、レイモンド・J・バリー

自らもベトナムに従軍し、負傷した経験をもっているオリバー・ストーン監督。
監督のベトナム三部作のなかの一編です。
第一作「プラトーン」では戦闘行為そのものの悲惨さと、味方同士で傷つけあい殺しあう異常さを描きました。
第三作の「天と地」ではベトナム女性の側からの戦争を描いておりましたね。
この作品では、一人の男の戦争後の生きざまを描きます。
7月4日の独立記念日に生まれた主人公(クルーズさま)。
彼は国のために働くために生まれてきたと信じ、海兵隊に志願してベトナムに派遣されます。
で、やっぱりベトナムは地獄だったわけですな。
民間人の女子どもを虐殺したり、仲間を間違って撃ったり。そして彼は自らも半身不随となる重傷を負って帰国します。
英雄として帰国した彼ですが、やがて世間の「ベトナム戦争」に対する評価がかわってくるにつれて、彼は批判される立場に立たされます。
そうなるとベトナム帰還兵に対する国の扱いが、手のひらを返したように冷たくなるわけでございまして、そんなこんなが積み重なってクルーズさまは「国と戦う」決心をすることになります。
トム・クルーズさまが素晴らしいです。
前半の「輝かしい未来にむかってつき進む青年」から、「戦争によって人生を奪われたあんちゃん」までを、堂々と演じます。
当然、きったねえ格好とかもするわけでございまして、あの男前があえてそういう役に挑戦するってのがとてもポイントが高かったことをよく覚えております。
「トップ・ガン」でブレイクして、この作品に出会うまでは、「カクテル」だとか「デイズ・オブ・サンダー」だとかの、男前のスターだったら誰でもいいような作品に続けて出演されておられましたが、この作品以降は、「ザ・ファーム」だとか「ア・フュー・グッドメン」だとかの演技をしっかり見せる作品にも続けて出演されました。
そういう意味ではトム・クルーズさまにとっては転機ともなる大事な作品なのではないだろうかと思います。


シンドラーのリスト

1993年アメリカ映画
監督 スティーブン・スピルバーグ
主演 リーアム・ニーソン、ベン・キングスレー、レイフ・ファインズ

今回も戦争を題材にした人間ドラマです。
第二次世界大戦時のナチス・ドイツのユダヤ人虐殺を題材にしたスピルバーグ監督の感動巨編です。
大戦中のポーランド。実業家シンドラー=ニーソンさまは、ユダヤ人を労働力に使い、軍需産業で儲けております。
そんな彼がナチスのユダヤ人虐殺を知ります。
最初は自分の工場の労働力確保のために躍起になって動き回っていたニーソンさまですが、自分の工場で受け入れることができなかったユダヤ人は虐殺されてしまうことを知り、一人でも多くのユダヤ人を工場に受け入れることによって彼らを助けようとします。
辺境の、ナチスの影響力が弱い土地に新たに軍需工場を借り受け、その工場近くに大人数の人々を移送するニーソンさま。
移送させる人のリストが「シンドラーのリスト」なわけですね。
どの名前をリストに入れて、どの名前をリストに載せないか。自分の作るリストによって、結果的に殺されてしまうかもしれない人がいる。
これでいいのだろうかという懐疑の気持ち。あと一人を助けられない自分の無力さを責める気持ち。
どれだけ頑張っても、苦悩は続くわけですね。やがて終戦のときがやってきます。
そして大感動のラストにつながっていくわけでございますな。
このラストは劇場で見ていて、涙が止まらなかったです。
ちょっとベタかもしれませんが、やはり真実が語るインパクトってものがあるわけでして。
ちょっと重い作品ですが、是非ごらんいただきたいなと思う作品です。


戦争のはらわた

1975年西ドイツ・イギリス映画
監督 サム・ペキンパー
主演 ジェームズ・コバーン、マクシミリアン・シェル

戦争を題材にした人間ドラマのご紹介を続けましょう。
今回は第二次世界大戦の末期の戦況をナチス・ドイツの側から描いた作品。
サム・ぺキンパー監督の渾身の力作でございます。
時は1943年、場所はロシア戦線でございます。
もうこれだけでどんよりした内容の映画になるだろうなって空気ムンムンですよね。
明らかに敗色の濃いロシア戦線。そこにやってくるのが出世欲というか名誉欲というか、そんな欲望の塊のような士官、シェルさまでございます。
これまで戦線をささえてきた下士官たちには面白くないわけです。
この下士官がコバーンさまですな。当然二人はうまくいくわけないわけで、シェルさまは明らかに無謀な敵中突破をコバーンさまに命じます。
うわ、すげえ、って感じですね。
意地と意地のぶつかりあい。
戦って散って意地を貫き通す男の世界。
いぐわああ。
さすがペキンパー。
例によって詩的にさえ感じられるバイオレンス描写はさすがでございます。
クライマックスが大好きなんです。この映画。
クライマックスというより、ラストの落とし方なんですが。
明らかに作品としては落としてないわけなんですね。
なんだかすっげえ中途半端なところでストンと物語が終ります。
それでも主人公たちがこれから先どうなっていくのかってところが実にうまく伝わってきます。
むっちゃ無骨な兵士役のコバーンさまと、元貴族で名誉欲にとりつかれたようなシェルさまがともに名演技を見せてくれています。
しかしこのタイトル、なんとかならなかったんでしょうか。
なんで「はらわた」やねん。同じようなタイトルの作品を思い出すと、「悪魔のはらわた」「死霊のはらわた」「天使のはらわた」「処女のはらわた」と、みごとにホラー系+エロ系の作品が並んでしまいます。
邦題つけた人のセンス疑ってしまいます。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について