目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

23 / 183ページ

風と共に去りぬ

1939年アメリカ映画
監督 ビクター・フレミング
出演 ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード

誰もが知っている映画史に残る名作中の名作。
いまだにこの作品を人生最高の映画としておられる人も多いのではないでしょうか。
マーガレット・ミッチェル女史の傑作小説を製作者のデヴィッド・O・セルズニックさまが巨費を投じて映画化した作品。
主人公のスカーレット・オハラを演じたヴィヴィアン・リーさまはかのアトランタ炎上シーンの撮影直前にキャスティングが決定して撮影に合流しただとか、ビクター・フレミング監督に落ち着くまではメガホンをとる監督さえもが二転三転しただとか、映画をとりまくエピソードにも事欠かない大作です。
物語の舞台は1861年。南北戦争開戦直前のジョージア州。
スカーレット・オハラ=リーさまは、いとこと結婚したアシュレー=ハワードさまのことを愛しております。
やがてしのびよる戦争の影。戦火に包まれるアトランタの町。炎に包まれ、絶体絶命のスカーレットを救ったのは、レット・バトラー=ゲーブルさま。
いぐわああああ。
燃えさかる町を背に走る馬車。映画史に燦然と輝くスペクタクルシーンでござんす。
その後、バトラーの求婚を受け入れ、彼と結婚するオハラ。
しかし運命はさらに過酷な試練をオハラに与えようとするわけです。いぐわあああ。
そして流れる主題曲「タラのテーマ」。
「Tomorrow is another day」という映画史に残る名セリフを生んだのもこの映画でございます。
とにかくとにかく、見て損はないというか、見ておいたほうがいいというか、見て損はないというか。
そういう作品でございます。


デッドゾーン

1983年アメリカ映画
監督 デビッド・クローネンバーグ
出演 クリストファー・ウオーケン、トム・スケリット

原作はスティーブン・キングさま。
監督はデビッド・クローネンバーグさま。
主演はクリストファー・ウォーケンさまでございます。
原作はさておき、微妙な監督さんが微妙な主演俳優使って撮った作品ですよね。
クローネンバーグ監督は、あまり嫌いじゃないんですが、作品に当たり外れがあるって印象があります。
「ヴィデオドローム」はすっごくよかったけど、「ザ・フライ」はかなり微妙だったし、「ミディアン」はクローネンバーグ監督だろうと思って観たら実はクライブ・バーカー監督作品だったし。
ま、いいか。
この作品はホラーというより超能力もの。
「フューリー」とか「炎の少女チャーリー」とかと同じ系列です。
生死をさまようほどの事故にあった主人公ウォーケンさま。彼はそのせいで、不思議な力を持つようになります。
握手したり体が触れ合ったりすると、その人の未来が見えてしまうわけです。
さまざまな人のさまざまな未来を予知するウォーケン。
やがて「彼」の感じる未来は定まった未来ではなく、変えることのできる未来なんだってことがわかってきます。
で、そんな彼がある日、議員さんに会うわけですね。
で、ふっと握手をする。その瞬間、見えてしまうわけです。ウォーケンは彼がやがて大統領になり、核爆弾のスイッチを押す男になることを予知してしまいます。
さてどうするどうなるアメリカの未来。
ここからはひたすらハードな展開になっていきます。
ここからの話が実は本題なんだけど。けっこう見応えのある作品に仕上がっておりまして、クローネンバーグ作品の中ではかなり「好き度」が高い作品でございます。


南極物語

1983年 フジテレビ・学研・蔵原プロ作品
監督 蔵原惟繕
出演 高倉 健、渡瀬恒彦、岡田英次、夏目雅子

ディズニーの制作でこの作品がリメイクされました。あまりにも有名なタロ・ジロの物語の映画化です。
小学校の教科書とかにも載っている話ですので、この話が実話だってことは皆様ご存知だろうと思います。
物語のおさらいです。高倉さま・渡瀬さまは南極調査隊のメンバーです。
南極では犬ぞりを使って移動とかをしているわけで、十数匹の犬たちが南極にいたわけですね。
調査隊は基地からの撤収を知らされます。
高倉さま・渡瀬さまはそのことを撤収作業のために南極にやってきた船の上で知らされます。
折りしも大陸に激しい吹雪がやってきます。残された犬たちを船まで連れてくる方法がない。
渡瀬さまは危険を承知でヘリを二回飛ばせてくれと懇願します。船長に無理だと言われた高倉、じゃあ一回だけでいいからヘリを飛ばせと言う。
助けることができないなら自分が行って犬たちを殺してくると言います。
しかしこの申し出も却下され、犬たちは鎖につながれたまま、南極にとり残されることになります。
やがて激しくなる吹雪。人間たちは帰ってこない。
犬たちは一匹、また一匹と首輪を抜け、南極の大地を走りはじめます。
ここからは南極の厳しい冬を生き抜く犬たちの描写と、犬たちを置き去りにして日本に帰ってきた高倉さま・渡瀬さまの苦悩とが並行して描かれることになります。
まあほとんどの人が結末をご存知でしょうから続けますが、鎖を抜けた犬たちも一匹、また一匹と大自然の前に力尽き、タロとジロの二匹の犬だけが生き延びることになるわけです。
やがて高倉さま・渡瀬さまが南極に戻ってきます。
そこに待っているのは、二人とタロ・ジロとの再会というドラマだったわけですな。
あるハリウッドスターが、子供と動物には勝てないなんて言っておられたそうですが、全くその通り。
犬たちの名演技がやたらと目立ったような気がするのは私だけでしょうか。
しかしなんだかんだいいながらも、良い映画には違いないです。
熱くて暖かい涙を期待しておられる人にはうってつけの作品かと思いますです。


バックドラフト

1991年 アメリカ映画
監督 ロン・ハワード
出演 カート・ラッセル、ウイリアム・ボールドウィン、ロバート・デ・ニーロ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションにも取り上げられているパニックアクションの秀作でございます。
けっこう引き込まれる内容の作品。
主人公はボールドウィンです。彼は新米消防士。
彼の父は仕事中に殉職した消防士でございます。彼が配属された隊は、偏屈ものの兄が指揮をとる隊でございました。
二人は何かにつけ反目しあいます。隊には父の元部下って人がいたりするわけですな。
そんな彼らが働く消防署管内で、放火事件が頻発します。
強烈な爆発を伴う引火「バックドラフト」を故意に発生させているかのような放火事件なわけです。
火災調査官がデ・ニーロさま。今回のデ・ニーロさまはもう一つ強烈な輝きを発しているわけではありませんですなあ。
デ・ニーロさまファンの私としては、もうちょっとがんばって欲しかったような気がしますね。
この調査の結果で頻発する火災はやはり放火であると断定されます。
反目しあう兄弟は、やがて真実にたどりつき、連続放火事件の意外な犯人が明らかになります。
そこで二人がとる行動とは… みたいな作品。
ラストはちょっとブルー入りました。
私としては、もっとハリウッド的な、ハッピーエンドを期待していたのですが、ちょっとキツい終わりかたしてしまいましたね。
それでも最後に「希望」をつなぐような描写で締めくくったあたりはさすがアメリカ映画だなあって思いました。
バックドラフトってのは、気密性の高い部屋で火災が起きたときに起こる現象らしいですね。
火はくすぶっているんだけど、酸素が不足して火が燃え上がらない状態が続いていて、そこに空気(酸素ですわな)が流れこんで、炎が爆発を伴って広がる、ってえ現象らしいです。
怖いなあ。皆様、くれぐれも火の用心でございますよ。


キャシャーン

2004年「キャシャーン・パートナーズ」作品
監督 紀里谷 和明
主演 伊勢谷 友介、麻生久美子、唐沢寿明

「たった一つの命を捨てて、生まれ変わった不死身の身体。鉄の悪魔を叩いて砕く、キャシャーンがやらねば誰がやる」懐かしいですね。
大人気だったアニメ「新造人間キャシャーン」の実写映画化でございます。
始まってしばらくは「ん?キャシャーンってこんな物語やっけ?」などと思いながら見ておりましたが。
近未来。戦争が続いています。地球上では疫病、公害病、戦争が原因のウイルス疾患や放射能疾患などが人類を脅かしております。
科学者寺尾さまは、病に冒された妻の命を救うため、自己修復する人口細胞、「新造細胞」を開発します。
軍部はこの細胞の軍事利用を考えます。
研究は進む。ある日、研究所に訃報が入ります。科学者寺尾さまの息子(伊勢谷さま)が戦死したとの連絡でございます。
伊勢谷さまの遺体が研究所に届けられたまさにその日、研究中の新造細胞が暴走し、大量の「新造人間」(唐沢さま・要潤さま・宮迫博之さま)が発生します。
軍部は「新造人間」鎮圧をはかります。
生き残った「新造人間」たちは町を離れ、廃棄された軍事基地を拠点に、大量のロボット兵を擁する軍団を作りあげます。
一方の寺尾さまは息子の遺体を新造細胞の培養液に浸し、その結果息子は新造人間となるわけです。
だから映画の予告編の「たった一つの命を捨てて、生まれかわった不死身の身体…(って伊勢谷さまのナレーションが入った予告編があったんですが…)」のフレーズは映画に限って考えればちょっと違いますよね。
戦死した息子を、父が新造人間にしたわけであって、アニメのように自らすすんで新造人間になる手術をうけたわけではないです。
さてさて、新造人間になった伊勢谷さま。
めっちゃ強い。ここからはけっこうノンストップアクションみたいな感じで物語が進んでいきます。
監督の紀里谷和明さまは、宇多田ヒカルさまのプロモビデオなんかを撮っておられた人で、この映画が初メガホンだそうです。
アニメ的な場面の組み立てはさすがって感じですね。
けっこう楽しく見ることができました。
ただ、うむむ。少なくとも、私が知っている「キャシャーン」とはちょっと違ったなあ。やっぱり。
テーマ曲、ええ感じで泣きそうになりました。やっぱりセンチな気分のときにこういう系の歌は胸にひびきますなあ。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について