目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

11 / 183ページ

嗤う伊右衛門

2004年「嗤う伊右衛門」製作委員会作品
監督 蜷川幸雄
主演 唐沢寿明、小雪、椎名桔平、香川照之、池内博之

京極夏彦さまの傑作原作小説を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄さまが監督した問題作。
お岩・伊右衛門の物語を解体・再構成したって感じですね。
とはいっても、多少物語を組み直した四谷怪談って印象です。
四谷怪談でいうと、深作監督の「忠臣蔵外伝・四谷怪談」が傑作だったので、どうしても比較してしまいます。
今回お岩を演ずるのは小雪さま。伊右衛門は唐沢寿明さま。
小雪は藩の老臣・民谷氏の娘。過去に煩った病気がもとで、顔にただれたような傷があり、右目も色素がおかしくなっております。
仕官を希望する伊右衛門は、岩と結婚することを条件に仕官することになります。
しかし結婚してすぐに小雪=岩の父である老臣が他界し、仕官話は流れてしまいます。
とっても貧乏な夫婦です。そのことが原因で夫婦の仲がだんだん微妙になってきたりします。
そんな唐沢伊右衛門に目をつけたのが藩のえらいさんの椎名桔平さまでございまして、この男がいろいろとわるだくみをしまして、話をややこしくするわけですね。
ってことで、物語が終わってみればこの話はお岩と伊右衛門の純愛物語と見れないわけでもないわけでございまして、これってどういうことやろ、みたいな感じですわね。
物語のラストまでお岩さんは死にません。
ってことはこの話は亡霊話にはなりようがないわけでございまして。
新解釈の四谷怪談ではあるわけですが、京極作品ってことでちょっと期待しすぎたかもしれませんね。
ただ、香川照之様演ずる坊さんがキーマンかもしれないです。
この設定は「巷説百物語」の主人公にそっくりなんで、原作では「巷説…」の作品世界にリンクさせる設定がなされているかもしれません。
それ以上に、原作は映画版とは別の結末があるのかもって思ってしまいましたです。
原作読もうって思っております。


吸血鬼ドラキュラ

1957年イギリス映画
監督 テレンス・フィッシャー
主演 クリストファー・リー、ピーター・カッシング、マイケル・ガフ

いわずと知れた恐怖映画の古典でございます。ハマープロって恐怖映画ばっかり製作していた映画会社がありまして、その会社の代表的傑作がこの作品です。
物語はあまりくだくだ書かないほうがいいでしょうが、一応おさらい。
この映画はキャラがとにかく有名なので登場人物名で書きますね。
主人公のハーカー君、トランシルバニアのある伯爵から、城の古書の整理を依頼されます。
招待主はドラキュラ伯爵。伯爵は昼間は全く姿を見せず、夜だけしか現れない。
で、どうやら自分は幽閉されつつあることに気づくわけですな。
実はハーカー君、吸血鬼研究の第一人者ヘルシング教授とともに、ドラキュラ伯爵を退治すべくやってきていたわけです。
やはり伯爵はこの世の住人ではなく、夜な夜な闇の世界を彷徨し、生ける者の生き血をすう吸血鬼だったわけです。
ハーカー君、伯爵に襲われ、次第に化け物になりつつあるので、これから伯爵を退治するつもりだと手紙を書いて教授に送ります。
手紙を受け取った教授が駆けつけたときにはすでに遅く、城はもぬけの殻。
哀れなハーカー君は吸血鬼の餌食になっておりました。ヘルシング教授は城から運び出された荷物=棺を追ってイギリスに戻ります。
荷物の届け先はロンドンのどこからしい。時を同じくして、ハーカー君の婚約者のまわりに怪しい影。
きゃあああ。その女性がドラキュラに狙われていることを知った教授、窓にニンニク、首に十字架みたいな吸血鬼防衛ツールを駆使して彼女を守ろうとしますが…
とにかくドラキュラ伯爵がかっこいい。
クリストファー・リーさま最大のあたり役ですよね。
こんな作品にめぐりあえたことはある意味幸せでしょうが、この後、ハマープロは吸血鬼映画を量産し続け、最後にはわけわからなくなって、リーさまをして「私は二度とドラキュラ映画には出ない」と言わしめることになります。
そらそうやろ。シリーズ後半の「ドラキュラ72」以降はかなりハチャメチャな映画になり、リーさま引退後ハマープロは香港映画と連携して、吸血鬼とカンフーの達人を戦わせたりすることになるわけです。
気持ちはわかるけど、それは違うやろ。


凶人ドラキュラ

1965年イギリス映画
監督 テレンス・フィッシャー
主演 クリストファー・リー、バーバラ・シェリー、アンドリュー・キア

ハマープロの「吸血鬼ドラキュラ」シリーズの第二弾。
ドラキュラ役のクリストファー・リー大先生は引き続き登板ですが、ヴァン・ヘルシング教授役のピーター・カッシング先生は本作ではお休みでございます。
と、いいますか、このシリーズって取り扱いが微妙なんですが、ハマープロの「タイトルに『ドラキュラ』とつく作品」としては本作は三作目にあたります。
二作目は「吸血鬼ドラキュラの花嫁」で、これにはクリストファー・リーさま演ずるドラキュラ伯爵は登場しません。
しかしピーター・カッシングのヴァン・ヘルシング教授は出てくるわけですな。
ちなみにヘルシング教授、三作目以降はあんまり活躍しておりません。
教授が大活躍するのは後期作品。「ドラキュラ‘72」以降でございます。
これって、今回色々調べてわかったことですが。意外ですね。
禁断の「吸血鬼の領域」に踏み込んだ二組の夫婦が、ドラキュラ伯爵の城に迷い込み、そのうちの一人がドラキュラの下僕の手で殺害され、その血でドラキュラ伯爵が復活します。
おお、すげえ。
しかしですなあ、これだけの連作ホラーともなると、各作品ごとのコメントなんかがすごく難しいし、作品ごとのあらすじとかもとっても書きにくいです。
「13金」なんかは、前半の作品群はかなりわかりやすい特色があったんで、まだ書きやすいほうなんですが、「エルム街」とか「ハロウイン」なんかのシリーズは、めっちゃ書きにくいです。作品ごとの特色が薄いですから。で、ドラキュラシリーズはどうかというと、途中の物語は特色が薄いんですが、ドラキュラのやられかたがええ感じで特色がでております。昨日紹介の「吸血鬼ドラキュラ」は太陽の光で滅びます。本作では「流れる水」で金縛りにあい、氷の池に封じ込められてしまいます。この後の「帰ってきたドラキュラ」では心臓に杭を打たれ、「ドラキュラ血の味」は確か心臓串刺しで、「ドラキュラ復活吸血のエクソシズム」では、手に持った槍に落雷して焼死でしたでしょうか。
シリーズ後半になってすげえ特色がでてきたのは「13金」と好対照ですね。
「ドラキュラ‘72」と「新ドラキュラ悪魔の儀式」は、順にご紹介しますです。


ドラキュラ‘72

1970年イギリス映画
監督 アラン・ギブソン
主演 クリストファー・リー、ピーター・カッシング。
ドラキュラシリーズのなかで、後期の三作はけっこう好きな世界です。
「帰ってきたドラキュラ」、「ドラキュラ血の味」、「ドラキュラ復活・血のエクソシズム」の中盤三作は、いずれも中世を舞台にした作品で、かなりマンネリムードが目につきます。
そこで考えましたハマープロ。ドラキュラ伯爵を現代に復活させてしまいました。
とりあえずクリストファー・リーとピーター・カッシングの二大ホラースターが競演しているだけで涙ちょちょぎれます。
ドラキュラシリーズの基本的なパターンは、その前の作品でドラキュラが滅ぼされる場面から始まって、ドラキュラの灰だとか遺品だとかを集める奴(これは弟子だとか下僕だとか狂信者です)がドラキュラを復活させて…って始まりかたをします。
本作ではいきなりヘルシング教授とドラキュラが疾走する馬車で戦います。
老骨のむちうって頑張るカッシングさま。ついに教授はドラキュラを滅ぼします。街には平和が戻ってめでたしめでたし、って感じでカメラが上空にパンすると、そこにジェット機が飛ぶ。
そこへタイトル「ドラキュラ‘72」。
もうこれだけでノックアウトです。
しかし肝心の物語はもひとつ現代って設定を生かしきれていなかったように思いました。
今回ドラキュラを復活させるのはドラキュラの下僕の孫。
ヒッピーの若者たちを集めて復活の儀式を行い、遂にドラキュラは復活。うひょおおおお。
復活の儀式に参加していたのはかのヴァン・ヘルシング教授の孫のヘルシング(やっぱりピーター・カッシングさまが演じます)のそのまた孫娘。
ドラキュラ伯爵(この時代に復活しても伯爵なんだろうか)は逃げ出したその娘を狙います。
これまでのシリーズのパターン通り、作品冒頭のシーンは「その一つ前の作品のクライマックス」だって先入観があったもんで、映画のクライマックス(ってことはこの作品のオープニングです)で教授と伯爵が馬車で戦う作品、見逃したってずっと思っておりましたが、その場面はどうやらこの作品用に撮られた新撮影シーンだったようですね。
だってクリストファー・リーとピーター・カッシングのドラキュラ映画での競演は第一作以来ですから。
こういう異色作、大好きな人なんですわ。
ドラキュラシリーズの後期作品は、なにかにつけ賛否両論を巻き起こしています。
というか、「吸血鬼ドラキュラ」的ゴシックな作品世界がお好きな方は「これは違うやろ」と思われるかも。
しかしこういう作品世界が後に「ドラキュラ都に行く」だとか「フライトナイト」の世界に続くのも事実でありまして。
もう少し評価していただきたいな、と思う作品でございます。


新ドラキュラ悪魔の儀式

1973年イギリス映画
監督 アラン・ギブソン
主演 クリストファー・リー、ピーター・カッシング

現代版ドラキュラ映画最後を飾る大問題作。
厳密に言いますと、この作品のあとにハマープロ・香港ショーブラザーズ合作の「ドラゴン対七人の吸血鬼」なんて最高級の異色作がありますが、これはねえ、吸血鬼映画じゃなくてカンフー映画としてしか見てないですし、いくら異色作が好きな私でもこの映画だけはさすがに「これは違うやろ」って思ったくらいの作品でございますから、この作品には今回は触れないでおきましょう。
さて「新ドラキュラ悪魔の儀式」ですが。
次の「ドラゴン…」がカンフー映画だとしたら、この映画はスパイ映画。
なんじゃこりゃ。でも私的にはぎりぎり許せる世界かな。
謎のカルト教団があります。
この教団に潜入していた英国諜報部員(!)が命がけで本部にある情報をもちかえります。
そこには聖職者や大臣たちがその教団に参加しているということと、細菌を研究している大学教授がメンバーにいるということ。
大学教授の親友のヴァン・ヘルシング教授は、情報部の依頼でその教授と会うことになります。
そこへ教団のメンバーが乱入。細菌学の権威の教授は殺され、彼がペスト菌を培養していたことが明らかになります。
なんかすげえ展開。
細菌テロでございます。
そしてその教団を操っていたのは…ドラキュラ伯爵だったのだ~
あのねえ、って感じです。この作品ではドラキュラ様はもう吸血行為に興味がなくなったのか、そういうシーンはほとんどなし。
007シリーズに出てくる悪の大富豪みたいになっております。
彼に対するのは、イギリス諜報部と警察とヘルシング教授。
別にこういう世界やりたいんだったらやったらいいんだけどお。諜報部はやりすぎやろ。
まあねえ、そもそもの小説版、ブラム・ストーカーの描いた「吸血鬼ドラキュラ」は、蔓延するペストの脅威を吸血鬼に置き換えて描いているってのは有名な話ですよね。
だからペストがでてきて「ほほう、やるやないかハマープロ」とか思ったりもしましたが、やっぱり大富豪みたいなドラキュラ伯爵はちょっと違いますわな。
ドラキュラ役でブレイクしたクリストファー・リーさま、この作品にブチギレしまして、「私は二度とドラキュラはやらない」と宣言いたしました。
その数年後、「007黄金銃を持つ男」の悪役を演じ、英国諜報部のジェームズ・ボンド様と対決します。
ドラキュラはやらないけど、悪の大富豪はやるんかいな。
ヘルシングとは戦わへんのに諜報部とは戦うんかいな。
どないやねん、ってつっこんでしまいたくなる顛末でございました。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について