目次
はじめに
この本はこんな本
1~30
スクリーム
スクリーム2
シュリ
トミー
アウトサイダー
幻魔大戦
MUSA(武士)
薄化粧
嗤う伊右衛門
吸血鬼ドラキュラ
凶人ドラキュラ
ドラキュラ‘72
新ドラキュラ悪魔の儀式
蠅男の恐怖
ザ・フライ
ポランスキーの吸血鬼
ウッドストック・愛と平和と音楽の三日間
ハムナプトラ
愛と青春の旅立ち
コマンドー
風と共に去りぬ
デッドゾーン
南極物語
バックドラフト
キャシャーン
レインマン
ナバロンの要塞
ナバロンの嵐
グッド・モーニング・ベトナム
7月4日に生まれて
31~60
シンドラーのリスト
戦争のはらわた
太陽の帝国
ディア・ハンター
フルメタル・ジャケット
ヤング・ガン
ヤング・ガン2
ウォーター・ワールド
ジュマンジ
ストリート・オブ・ファイヤー
ハドソン・ホーク
アウトブレイク
大地震
ブローン・アウェイ・復讐の序曲
ポセイドン・アドベンチャー
黒い家
トップ・ガン
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白
永遠に美しく…
青い体験
殺人の追憶
ナルニア国物語・第一章 ライオンと魔女
汚れなき悪戯
ウィズ
ファントム・オブ・パラダイス
三銃士(1993)
十戒
天地創造
ヒーロー
マルコムX
61~90
告発の行方
JFK
暗くなるまで待って
氷の微笑
コレクター(1997)
依頼人
ザ・ファーム 法律事務所
スニーカーズ
ダイヤルMを廻せ
ハンニバル
ピクニック・アット・ハンギングロック
羊たちの沈黙
ボディ・ダブル
ミザリー
ゆりかごを揺らす手
ルール
レッドツエッペリン・狂熱のライブ
リーサル・ウエポン
めぐり逢えたら
ピンク・パンサー3
悪魔の赤ちゃん
オーシャンと11人の仲間
ジョニー・ハンサム
ゲッタウェイ(1994)
怒れるドラゴン・不死身の四天王
ミッション
ジョー・ブラックをよろしく
感染
トリプルX
91~120
007/ダイ・アナザー・デイ
恋人はスナイパー・劇場版
遥かなる大地へ
マイノリティ・リポート
風とライオン
リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
リベラ・メ
トパーズ
コットン・クラブ
黒の試走車
ナースコール
ミミック
イーストウイックの魔女たち
トゥルー・ロマンス
ハイ・クライムズ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
ポセイドン・アドベンチャー2
事件
望郷(1937)
ガメラ2レギオン襲来
ドラゴン危機一発
オーメン(1976)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
海猿
ザ・グリード
シェルタリング・スカイ
ゲロッパ
ダンテズ・ピーク
下妻物語
121~150
ミッドナイト・エクスプレス
ノー・マーシイ~非情の愛
T.R.Y.(トライ)
レイクサイド・マーダー・ケース
オーメン2・ダミアン
オーメン3・最後の闘争
ゴースト・ニューヨークの幻
ひまわり
幸福の条件
ロミオとジュリエット
ワーキング・ガール
小さな恋のメロディ
恋しくて
俺たちに明日はない
火山高
グレート・ブルー
サタデー・ナイト・フィーバー
スタンド・バイ・ミー
トゥームレイダー2
戦場のメリークリスマス
銀河英雄伝説・我が往くは星の大海
チャンプ
エクソシスト
エクソシスト2
ミッション・インポッシブル
モダン・タイムス
チャップリンの黄金狂時代
街の灯
死霊のはらわた
チャップリンの独裁者
151~180
となりのトトロ
突入せよ あさま山荘事件
ホワット・ライズ・ビニース
引き裂かれたカーテン
タービュランス2
戦国自衛隊1549
沈黙の断崖
キャノンボール2
乱気流・タービュランス
案山子・KAKASHI
カジノ
悪魔の植物人間
バスケットケース
悪魔のはらわた
処女の生血
ブレインデッド
悪魔のしたたり
幸福の黄色いハンカチ
スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス
あの夏・いちばん静かな海
BROTHER
デモリッションマン
金田一耕助の冒険
未来警察
スーパーマン
ワイルドバンチ
13日の金曜日パート2
13日の金曜日パート3
13日の金曜日完結編
新・13日の金曜日
第二集 上巻 あとがき
第二集 上巻 あとがき

閉じる


<<最初から読む

6 / 183ページ

トミー

1975年アメリカ映画
監督 ケン・ラッセル
主演 ロジャー・ダルトリー、アン・マーグレット、オリバー・リード、ジャック・ニコルソン、エリック・クラプトン、エルトン・ジョン

ロックバンド「ザ・フー」が発表したロックオペラ「トミー」の映画化です。
とにかく壮大な作品でございます。物語中、普通に台詞が喋られるところはほとんどないです。
ほとんどの台詞が音楽です。まあ歌詞が台詞だと考えていただいたらいいんじゃないかと思います。
第二次世界大戦終戦の日に生まれた少年トミー(ダルトリーさま)。
戦闘機パイロットの彼の父は出征し、戦地上空で消息を断ちます。トミーの母マーグレットさまは女手ひとつでトミーを育てることになるわけですな。
トミーが六歳になったころ、母の前に男性が現れます。ホリデーキャンプのおじさん、リードさまでございます。
マーグレットさまとリードさまは次第に惹かれあい、やがてベッドを共にする間柄になるわけですが、突然トミーの父が帰還します。
リードさまは口論の末、トミーの父を殺してしまいます。間の悪いことにトミーはその現場を目撃してしまう。
「お前は何も見ていない。聞いていない。何も喋ってはいけない」とマーグレットさまとリードさまにつめよられ、父が殺される現場をみたショックも加わり、トミーは言葉を忘れ、自分の殻に閉じこもってしまいます。
責任を感じた二人は、息子を専門医(ニコルソンさま)に診せたり、怪しげな伝道師(クラプトンさま)のいる宗教の教えにすがったり、麻薬の女王(ティナ・ターナーさま)の世話になったりと、いろいろな治療を施しますが、一向に症状は回復しない。
ある日トミーは「鏡の中のもう一人の自分」に導かれ、家出をします。で、ゴミの山の中で廃棄されたピンボールマシンで遊んでいるところを発見されます。
ピンボールをやらせてみるとこいつが巧い。またたく間にピンボールチャンピオン(エルトン・ジョンさま)に挑戦するまでになり、とうとう彼を倒してしまいます。
有名人になったトミーですが、症状は回復しない。遂に母は錯乱し、鏡に向かって彼をつきとばす。
するとあらら、鏡が割れたショックで彼の身に奇跡が起き、トミーの症状は回復するわけですな。
もうこうなると奇跡の男。トミーを崇拝する若者が彼の周囲に集まりはじめるのですが、それが次の不幸の始まりとなるわけでございます。
ザ・フーってバンドは、日本では考えられないくらいアメリカイギリスではビッグネームです。
だからこそこんなにとんでもないメンバーが集まったんでしょうね。
再結成されたときの「トミーライブ」の映像を見ましたが、そのライブでもけっこうすごいメンバーが集まっていました。
作品的にどうのこうのというのではなく、ロックにひたすら浸っていただくのがこの作品の正しい見かたなんじゃないかと思いますです。


アウトサイダー

1983年アメリカ映画
監督 フランシス・フォード・コッポラ
主演 C・トーマス・ハウエル、マット・ディロン、ダイアン・レイン、エミリオ・エステベス、トム・クルーズ、ソフィア・コッポラ

コッポラ監督の作品です。
不良少年たちの青春ムービーでございますな。
申し訳ござらんが、ちょいと苦手にしている系統の作品でござる。
恋愛映画・コメディ映画は「好んではあまり見ない映画」なんですが、こういう青春映画は「できれば避けて通りたい」ジャンルでございます。
アメリカの田舎町。そこではボンボンたちの不良少年集団と、下町の不良少年集団がいざこざを繰り返しております。
主人公のハウエルさまが所属するのは下町のグループ。この二派はとにかくしょっちゅうモメているわけですな。
その日もええ感じでモメます。
で、例によって喧嘩になり、殺される一歩手前までいっちゃいます。
で、ハウエルさま派の少年が、ナイフで対立グループの少年を刺してしまいます。
ハウエルさまとその「刺しちゃった少年」はグループの先輩格(ディロンさま)の計らいで郊外に逃げます。ほとぼりが冷めるまで田舎で暮らす、みたいなノリですね。
その田舎町で教会が火事になり、彼らがその火災現場に出くわすわけです。
二人は命懸けで教会に取り残された子供たちを救います。一躍二人はヒーローに。
しかし「刺しちゃった少年」は重症の火傷で生死の境を彷徨うことになってしまいます。
結果的にハウエルさまはその火事によって人生が好転したことになり、もう一人の少年は暗転したことになります。
しかしそれだけでは終わらないわけです。グループの少年たちにとっての不幸はさらに拡散していきます。
そして突きつけられる強烈なクライマックス。
ラストシーンに救いのある描写をもってきたのはコッポラ監督の良心の部分かもしれません。
途中、主人公を助ける仲間の少年役でエミリオ・エステベスさまが出演しています。
けっこうどうでもいい役でございます。そしてさらにどうでもいい役でトム・クルーズさまが出ております。
さらにクレジットにはソフィア・コッポラさまの名前もありましたが…
どこに出ていたのか結局わかりませんでした。なはは。


幻魔大戦

1983年角川春樹事務所作品
監督 りんたろう
声の出演 古谷 徹、小山芙美、江守 徹、なんと原田知世、白石加代子、美輪明宏

角川映画初のアニメ作品。平井和正様原作の大傑作。
それを故石森章太郎先生がコミックスにしたものが原作になっております。
小説のほうの原作はめっちゃ大作。文庫本で十巻以上のスケールだったと思います。
そんな作品を二時間や三時間のアニメにすること自体無理があるわけなんですが、そういうこと言ってしまうと、ほとんどの小説の映画化が難しいって結論になってしまいますね。仕方ないかな。
宇宙で破壊を繰り返している「幻魔一族」。
数々の惑星を滅ぼし、一族は地球にやってきます。
幻魔に対抗する一族もおります。故郷の星を破壊された超能力者の少女。
彼女は地球のある国の王女に転生します。悪の一族と戦い続けているアンドロイド戦士とかもおります。
王女とアンドロイド戦士は、全世界に散らばってい超能力戦士たちを集め、幻魔一族に対抗しようとします。
そんな王女様が強烈な力を感じたのは日本の高校生の少年。
突然目覚めた超能力者の力に戸惑いつつも、彼は幻魔一族と戦う決意をします。
一人また一人と超能力者が集まってきます。テレポーテーションが使える少年だとか、念動力が使える人だとか。
クライマックスは集結した超能力者と大魔王「幻魔」との壮絶な戦い。すげえすげえ。
りんたろう監督は、光の処理がとても美しく、印象的です。
この映画のすこし後になりますが、「さよなら銀河鉄道999」の映像など、とても素晴らしかった印象だけが残っています。本作も、超能力者が「力」を発揮するときに「光る」って設定がありまして、そこの光をインサートさせるときの処理がとてもすばらしかったです。


MUSA(武士)

2001年韓国映画
監督 キム・ソンス
主演 チャン・ツイイー、チャン・ウソン

ここ数年とにかく元気の良い韓国映画です。
そんな韓国の歴史スペクタクル大作でございます。
西暦1375年。中国では明が建国され、蒙古を北に放逐しました。
高麗と明の関係は明の使節団殺害事件によって悪化。
高麗は関係修復のために使節団を南京に送りますが、そのすべてが投獄されてしまいます。
そんな時代の物語です。
投獄された特使たちは流刑地に連れられますが、その途中で一行は蒙古の襲撃をうけ、護送の任にあたっていた明の兵士たちは皆殺しにされてしまいます。
しかし高麗の者に恨みはないということで、高麗の兵たちは命を助けられます。
そこは灼熱の砂漠。
犠牲をだしながらも武器商人の一行に会った使節団、そこで別の蒙古の軍隊に会うわけですな。
蒙古の兵は拉致された明の姫君をつれております。
姫君がチャン・ツイイーさまでございます。
で、高麗の奴隷兵がチャン・ウソンさまです。
高麗の将軍は、姫を救出して明へ返し、その上で使節団の使命を果たそうと考えます。
はてさて彼らの運命やいかに。
「ヒーロー」「グリーンディスティニー」「ラバーズ」「SAYURI」のチャン・ツイイーさまと「私の頭の中の消しゴム」のチャン・ウソンさまの競演です。
とにかくすごいスケールです。お話もとっても面白い。途中からめっちゃ集中して見てしまいましたです。
物語後半はもう滅びの美学のオンパレード。
「ワイルドバンチ」というか「ダブルボーダー」というか「アラモ」というか「白虎隊」というか「シルミド」というか。
こういう滅び系の映画、日本人って好きですよね。
私も日本人だから嫌いじゃないんだけど、あんまり好んで見たくはない題材ですわなあ。


薄化粧

1985年松竹・五社プロ作品
監督 五社英雄
主演 緒形 拳、川谷拓三、藤 真利子、松本伊代、浅野温子

殺人犯にして脱獄犯の逃亡生活を、五社監督が丁寧なタッチで描きます。
冒頭いきなり爆破シーン。
犯人は緒形さまでございます。いきなりつかまって取り調べをうけます。
爆破で緒形さまと関係のあった女性が死亡。警察は彼の家を調べます。
そしたらなんと、床下から死体が出てくる。えらいこっちゃってことで緒形さまを締め上げようとしたら自殺未遂。
そしてその後脱獄。緒形さま、あちこちを転々としながら逃亡生活を続けます。
逃亡生活のなかで彼はこれまでの人生を回想すると、こういう筋立てでございます。
この回想がところどころ時系列を無視してインサートされるので、ちょっと混乱しそうですね。
もう緒形さまとにかく強烈。
めっちゃ悪い顔してます。すっごく優しい人の芝居もできるし、とんでもない悪人の芝居もする。
ほんますごい役者さんでしたね。
こういうどろどろした題材って、「鬼龍院花子の生涯」あたりから五社監督は好んでとりあげておられましたが、私は「雲霧仁左衛門」みたいな明快なアクションのほうが好きでしたから、あまり好きな世界ではないですね。
緒形さまの役柄としては、今村監督の「復讐するは我にあり」みたいな感じでしょうか。
こういう題材はやっぱり今村監督なんかが得意とする題材だったんじゃないかなって勝手に思いますが。
五社監督って、信頼できる役者さんをすごく大事にする人ですね。「陽輝楼」の緒形 拳さま、「雲霧仁左衛門」の川谷拓三さま、「吉原炎上」の藤 真利子さまなど、安定した巧さの俳優さんがたが出演しておられます。
その一方で故笑福亭松鶴師匠を起用したり、竹中直人さまや柳沢慎吾さまなんかも起用したりしておられます。
竹中さまなどは当時は青年座(だったと思いますが)所属ではあるものの、まだまだコメディアンとしてしか認知されていなかった時期ですもんね。
そういえば「鬼龍院花子の生涯」ではアゴアンドキンゾー(アゴイサムさまと桜 金造さまのコンビです)なんかも起用しておられましたね。
お笑いの人好きだったんでしょうか。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について