twitterアカウントでログイン

カテゴリー コミック ミステリー , ホラー・オカルト 作者 お里
価格 無料
タグ 妖怪犬神江戸時代
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

108 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 41ページ (Web閲覧)
42ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
江戸時代のいつか。
都では犬に噛み切られたかのような不審な事件が起こる。
大坂・堺の裏長屋で化け物絵を描いて暮らしている絵師の お鈴(りん)は近所で犬の霊を目撃する。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

もっとみる