目次
vol.120 YAHOO!もリアルタイム検索参入
vol.121 リダイレクトファイルが最高のSEO?
vol.122 GoogleのDART購入
vol.123 Googleが携帯メーカーに?
vol.124 Google vs CHINA
vol.125 Facebookがバナーを一掃
vol.126 ブンブンブンBUZZが飛ぶ
vol.127 AMAZONとMSのクロスライセンス契約
vol.127 AMAZONとMSのクロスライセンス契約
vol.128 したたかなのか間抜けなのか?
vol.129 検索実験
vol.130 Blogger のFTPサービス中止
vol.131 Googleに☆マーク登場
vol.132 APPLEのアプリ契約
vol.133 日経新聞電子版のゆくえ
vol. 134 GoogleTV?
vol.135 スマートフォンってPDAだよね?
vol.136 Promoted Tweets
vol.137 Apple vs Adobe
vol.138 CNETの読者ブログ閉鎖
vol.139 Toughts on Flash
vol.140 HPがPalmを買収
vol.141 steve君どっちなの?
vol.142 泥試合
vol.143 GoogleTV
vol.144 CTRが6倍のバナー?
vol.145 DPI広告?
vol.146 決定的瞬間
vol.147 APPLEの戦略-ウェブ広告の未来
vol. 148 クリップCM
vol.149 iPhone4
vol.150 あきれた
Vol.151 iPhone4、1ヶ月
vol.152 やってしまった・・・
Vol.153 スティーブの変心
vol.154 このサイズがいいかも
vol.155 AdBlock
vol.156 パンチラ記事なんかいらない
vol.157 BLOGGER NIGHT
vol.158 Android 2.2のFlash
vol.159 YAHOOGLE !、本日スタート!
vol.160 インターデバイス
vol.161 CLOUDしてみたら?
vol.162 高速無線LANルータ
vol.163 Googleの虫眼鏡
vol.164 マスメディアの死
vol.165 WiMAXとLTE
vol.166 NTT光
vol.167 光の道
vol.168 こんなものは広告ではない
vol.169 電子書籍はまたこける
vol.170 勘弁してよ楽天広告

閉じる


<<最初から読む

16 / 52ページ

vol. 134 GoogleTV?

Androidを使った携帯NEXUS ONEに続いて今度はSONYのTVにAndroidとINTELを組み込んでTVを作るそうな・・・。

目的は、「Google検索」が簡単に行え、「Google Youtube」が快適に見られ、「Google Chrome」によってウェブ閲覧が行えるそうな・・・。

これって、TVの機能ではなさそうだ。要は、テレビという名の大型PCである。

ま、PCで地デジを見たり、PCを大型液晶TVにつなぐという段階をすっ飛ばして、大型PCを作ってしまえというわけである。

来年2011年の地デジ(これ血出痔ってイメージがしてしょうがない(笑))元年、日本TVは「2011地デジコンテンツ開発プロジェクト」なるものを発足させたそうだが、何のことはない放送方式を「レターボックス化」しようというだけのことで中身=コンテンツ、がまったくない。

TVも新聞、雑誌同様、アーカイブが命。先見の明があるのはNHKだけで、地デジ放送=ウェブTV向け課金コンテンツ自前のコンテンツのみならず海外のコンテンツを買い漁っている。

これに対して、なんと、電博と民放各社はGYAOに投資して、コンテンツをまわして貰うつもりのようである。孫さん、ほんと目先が利くんだから。(笑)

vol.135 スマートフォンってPDAだよね?

iPhoneに続いてAndroidケータイがケータイキャリアから続々発売されるそうな。

そして不思議なことに、ネット接続するのにパケット通信とかいうケータイキャリアのプロトコルを使用する。

いわゆる「ガラパゴス化」であるが、スマートフォンに限っては何と、無線LAN接続も可能であるという。



それってPDAって言いませんか?

PDAの発展を阻害したケータイキャリアが、10年以上の時を経て無線LAN機能付きケータイを出すというのはどういうこと?

そんなことは、10年以上前からVoIPでできたはずですが・・・。

それとも基本的にケータイプロトコルを使用して無線LAN機能は格好だけで使えないわけですか?

無線LANの普及を阻害し、有料でパケット通信とかいうのをやらせて、ぼったくってきたわけですが、iPhoneに始まるスマートフォンの登場でそれに抗しきれなくなってきたということか。

無 線LAN接続にはホットスポットが必須だが、昔のNTTのPHSアンテナ並に共有ホットスポットを作れば事足りるところをdocomoをはじめとするケー ターキャリアに妨害されてきた経緯を考えると、このホットスポット、またぞろdocomo専用とかKDDI専用とかが登場してシマ争いをおっぱじめてユビ キタス化(ガラパゴス化によって死語になった)には程遠いことになりそうな気がする。

vol.136 Promoted Tweets

ふ~~ん、である。

このプラットフォームは、Gmailの使えないプラットフォーム、Google Buzzの使いまわしなんじゃないの?と思えるような内容である。

つぶやきに対してつぶやかれてもね・・・。

全文検索エンジンと協調フィルタリングで提供される確率レコメンド広告はうざったいでしょうね。

だって、このプログラム名、プロモーティッドでしょう?「販促つぶやき」でしょう?

結局、ポン引きみたいなもんでしょう?

BOTだって相当うざったいわけで、これ以上うざったいものは要らないと思うんですがね。

どうせ広告出すんなら、誰もクリックしないバナーでお茶を濁してくれたほうが気が楽というもの。

友達の振りして近づいてきて、なんか買わされるのはごめんです。

こういうのを「友達失くすよ」とか、「短い付き合いだったね」とか言うんじゃないでしょうか?(笑)

vol.137 Apple vs Adobe

変だね、スティーブ・ジョブズ。

「Flashは電池を食うからやだ」という理由で、AppleはFlash搭載を拒否しているということのようだが、それだけじゃなさそうである。

もうひとつ変なのは、Adobeである。Flashはいまや98%のPCに搭載されているというのだから、たった2%くらいどうだっていいんじゃないの?

iPhone、iPadに搭載されないことがそんなに大事件だとは思わない。すぐにAndroid搭載の機種が出るし、MSも色気を出している。

こっちにはFlashが搭載されるわけだし、いずれ、こっちの方がメジャーになっていくことは間違いない。

コンテンツからFlashをわざわざ失くしたサイトを「Apple 推奨サイト」として広告するというのもなんだか魔女狩りというか、健康サイトというか、自然保護団体サイトというか、ファシズムの臭いを感じるような・・・。

で も、かつてMSが、IEを使わなければ、Wordを使わなければ、Windowsは使わせない、という抱き合わせ戦略を取って脅迫じみた販売戦略を取って いたことを考えると、実は、Adobeの方こそファシストで、Flashの入っていないPCの存在を許さないといっているようにも聞こえる。

そうなると、Appleのやっていることは、自由意志の範疇であり、「なんでFlashを入れなきゃならんのだ」と言って何が悪ということになる。

おそらく、真意は別のところにありそうだが、消費者としては、AppleにもFlashが入っていてほしい。

この争い、QUICK TIMEとMedia Playerの事件を思い出す。

販売戦略というよりも、実のところは、子供のけんかのレベルのようなことだということなんじゃないのかな。

vol.138 CNETの読者ブログ閉鎖

5月末で表題が閉鎖になるようである。

このコンテンツは、要は記事の書けないCNETの社員に代わって、オピニオンを発信していたコンテンツだったわけだが、それが閉鎖になる理由というのは、たった1つしかない。

朝日の意地。

また、すでにCNETは朝日新聞に買収されたわけだから、「朝日臭」が出てくるのは時間の問題である。

とりわけ、読者ブログというのは、記事の書けないCNET社員時代ならまだしも、記事が有料で売れるだけの価値があると思っている朝日の社員にとっては、「恥」以外の何者でもない。

プライドも給料も超高い朝日の社員にとっては、その存在が許せなかったのだろう。

しかし、これは実は諸刃の剣。じゃー、朝日の社員が、今の読者ブログのレベルと見識と多様性を維持できるのかというと、なかなか難しいのではないだろうか。

読者ブログの記事の最後に入っている以下のクレジットが、それを如実に語っている。

このクレジットに対して、朝日としての見識のなさを感じる者と、懐の深さを感じる者とがいるだろう。

が、朝日からきたCNETの役員は、前者を感じ、読者は後者を感じているということなのではないだろうか。


※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。



読者登録

ソウダヒロシさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について