目次
vol.120 YAHOO!もリアルタイム検索参入
vol.121 リダイレクトファイルが最高のSEO?
vol.122 GoogleのDART購入
vol.123 Googleが携帯メーカーに?
vol.124 Google vs CHINA
vol.125 Facebookがバナーを一掃
vol.126 ブンブンブンBUZZが飛ぶ
vol.127 AMAZONとMSのクロスライセンス契約
vol.127 AMAZONとMSのクロスライセンス契約
vol.128 したたかなのか間抜けなのか?
vol.129 検索実験
vol.130 Blogger のFTPサービス中止
vol.131 Googleに☆マーク登場
vol.132 APPLEのアプリ契約
vol.133 日経新聞電子版のゆくえ
vol. 134 GoogleTV?
vol.135 スマートフォンってPDAだよね?
vol.136 Promoted Tweets
vol.137 Apple vs Adobe
vol.138 CNETの読者ブログ閉鎖
vol.139 Toughts on Flash
vol.140 HPがPalmを買収
vol.141 steve君どっちなの?
vol.142 泥試合
vol.143 GoogleTV
vol.144 CTRが6倍のバナー?
vol.145 DPI広告?
vol.146 決定的瞬間
vol.147 APPLEの戦略-ウェブ広告の未来
vol. 148 クリップCM
vol.149 iPhone4
vol.150 あきれた
Vol.151 iPhone4、1ヶ月
vol.152 やってしまった・・・
Vol.153 スティーブの変心
vol.154 このサイズがいいかも
vol.155 AdBlock
vol.156 パンチラ記事なんかいらない
vol.157 BLOGGER NIGHT
vol.158 Android 2.2のFlash
vol.159 YAHOOGLE !、本日スタート!
vol.160 インターデバイス
vol.161 CLOUDしてみたら?
vol.162 高速無線LANルータ
vol.163 Googleの虫眼鏡
vol.164 マスメディアの死
vol.165 WiMAXとLTE
vol.166 NTT光
vol.167 光の道
vol.168 こんなものは広告ではない
vol.169 電子書籍はまたこける
vol.170 勘弁してよ楽天広告

閉じる


<<最初から読む

51 / 52ページ

vol.169 電子書籍はまたこける

電子書籍関連の記事がたくさん出回っている。

が、以前にも書いたが、これはこける。

理由はすでにはっきりしていて、ソニーのリブリエが3年前に撤退せざるを得なかった日本市場の特性がまったく変わっていないからである。

日本市場の特性とは、以下の2つ。

(1)日本では、電子書籍端末より携帯電話を使って文字や画像を見る文化が強いこと

(2)出版業界が日米でかなり違い、日本では新刊がなかなか電子書籍化できないなどの問題があったこと

これに加え、実は、以下の理由が最も大きい。

(3)既存の出版ビジネスと抵触させない、という売り手側の事情が透けて見えており、それを敏感な消費者が嫌った

つまり、著作権の処理方法が確立されていなかったために読者が読みたい本が電子化できなかったのである。

今回、これをなんとかしようとしているのだが、まだ結論は出ていないし、全ての作家が承諾するわけでもない。

さらに、本の手軽さ軽さ安さに比べて、電子書籍の面倒くささ重さ高さが並でないことは、実際に読んでみれば分かる。

なんでそうまでして読まなきゃならないの?

さらに、コアな読書家は所詮100万人。出版界のベストセラーは10万部。ゲームのベストセラーは100万部で桁が違う。数字の読み違いがはなはだしい。

本を読まない連中にソニーReaderを与えてもリーダー(読者)にはならないのである。(ガラパゴスというシャープの商品名は、関西企業らしくブラックユーモアが感じられていい)

すでに1990年の第1回電子書籍元年から数えて3回目の「元年」を迎えることを考えれば、無理というより無茶なことは分かりそうなものである。

vol.170 勘弁してよ楽天広告

楽天ダイナミックアドなるものに大いに不快な思いをしている。

ブログ系のサイトに行くと、でかでかとわたしが購入した商品が、わたしに対して時系列で表示されるのだ。

楽天さん、これ、勘弁してくださいよ。個人情報勝手に流用するのは守秘義務違反でしょう?

何を買ったかなんて知られたくないことの筆頭でしょう。

どうやらこれが行動ターゲティング広告の実態で、何のレコメンドもない。自分が買った過去の商品を見せられてうれしい客がいるわけないでしょう。

どうやら3年前からやってるようだが、効果がないことは請け合いますから、即中止してください。気味が悪いことおびただしい。


この本の内容は以上です。


読者登録

ソウダヒロシさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について