目次
vol.120 YAHOO!もリアルタイム検索参入
vol.121 リダイレクトファイルが最高のSEO?
vol.122 GoogleのDART購入
vol.123 Googleが携帯メーカーに?
vol.124 Google vs CHINA
vol.125 Facebookがバナーを一掃
vol.126 ブンブンブンBUZZが飛ぶ
vol.127 AMAZONとMSのクロスライセンス契約
vol.127 AMAZONとMSのクロスライセンス契約
vol.128 したたかなのか間抜けなのか?
vol.129 検索実験
vol.130 Blogger のFTPサービス中止
vol.131 Googleに☆マーク登場
vol.132 APPLEのアプリ契約
vol.133 日経新聞電子版のゆくえ
vol. 134 GoogleTV?
vol.135 スマートフォンってPDAだよね?
vol.136 Promoted Tweets
vol.137 Apple vs Adobe
vol.138 CNETの読者ブログ閉鎖
vol.139 Toughts on Flash
vol.140 HPがPalmを買収
vol.141 steve君どっちなの?
vol.142 泥試合
vol.143 GoogleTV
vol.144 CTRが6倍のバナー?
vol.145 DPI広告?
vol.146 決定的瞬間
vol.147 APPLEの戦略-ウェブ広告の未来
vol. 148 クリップCM
vol.149 iPhone4
vol.150 あきれた
Vol.151 iPhone4、1ヶ月
vol.152 やってしまった・・・
Vol.153 スティーブの変心
vol.154 このサイズがいいかも
vol.155 AdBlock
vol.156 パンチラ記事なんかいらない
vol.157 BLOGGER NIGHT
vol.158 Android 2.2のFlash
vol.159 YAHOOGLE !、本日スタート!
vol.160 インターデバイス
vol.161 CLOUDしてみたら?
vol.162 高速無線LANルータ
vol.163 Googleの虫眼鏡
vol.164 マスメディアの死
vol.165 WiMAXとLTE
vol.166 NTT光
vol.167 光の道
vol.168 こんなものは広告ではない
vol.169 電子書籍はまたこける
vol.170 勘弁してよ楽天広告

閉じる


<<最初から読む

47 / 52ページ

vol.165 WiMAXとLTE

日経新聞に久々にパンチラ記事でない丸見せ記事が出ていた。

次世代WiFiプロトコルのWiMAXと次世代携帯プロトコルのLTEとどっちが次世代通信プロトコルになるのだろう?ということである。

WiMAXは現状、下り50Mbpsということだが、LTEは100Mbps。ところが、次世代WiMAXであるWiMAX2は330Mbpsだそうである。

じゃ、やっぱりWiMAXでいいんじゃないの?ということになりそうではある。

この問題、実はPCプロトコルと、携帯プロトコルという2つの陣営があるところに問題があるわけで、ご存知のとおり、携帯陣営は「パケ放題」とかいうことを未だに言ってるわけである。

また、本来、つなぎっぱなしにして使用するのが当たり前の無線LANなのに、「今月のパケット料金は何万円でした、パケ放題に入っていてよかったですね」と携帯会社からお知らせが来るのも変な話。

また、スマートフォンは携帯かというと、明らかにPDAなわけで、通話もVoIPにしてくれれば電話回線は不要なのにキャリアがこれを販売するから無理やりキャリアの回線を使わせようとSIMロックということになる。

消費者としては、なんでもいいんで、いつでもどこでもシームレスに定額かつ低額な通信環境が提供されれば文句はない。

自宅では光で無線LAN、外ではWiFiスポット難民という現状はギャップがありすぎる。

となると、やっぱり今のところWiMAXなんでしょうかね?100Mbpsになったら加入してもいいかも。


vol.166 NTT光

フレッツ光VDSLにして3ヶ月が経つ。

が、依然として固定電話の回線使用料の請求が来ているので、光にしたのになぜこの請求は来るのか?と116で聞いたら、この回線は生きているという。

??

じゃー、今使っているYAHOO!のBBフォンはアナログ回線を使っているのか?と聞くとそうだという。
BBフォンというのはIP電話で、光にしたのならアナログ回線ではなくて、光回線を使っているのではないのか?と聞くと、なっていないという。また、光電話にするには、IPルータが必要だという。

??

わたしは、てっきり、BBフォンも同時に光回線経由になっているものと思い込んでいたのだ。

回線使用料が別途発生するアナログ回線を使ってわざわざIP電話を生かしておく必要はないし、NTTの工事の人間は、VDSL工事をしたときにそのことを何も言わなかった。

光電話にすれば、アナログ回線を休止にし、アナログ回線の電話番号を光回線に3000円で移行する必要があるらしい。しかし、トータルの料金は安くなる。そのインフォメーションはなかった。これは、わざと黙っておいて電話料金を吊り上げるに等しい。

これは、未必の故意というに等しいものであるから、光に切り替えてからのアナログ回線の使用料は払う必要がないはずである。

このことを担当に告げると、折り返し承諾の電話があった。NTTという会社、民間企業のはずなのに未だに電電公社の体質が抜けていないようである。

そして、この気持ちは、「光の道」B案に期待が寄せられることになる・・・。

vol.167 光の道

ネットをはじめて15年、変わったといえば変わったが変わらないと言えば変わらない。(笑)

何のことかというと、通信環境のことである。

NTTやdocomoの既得権に翻弄されて、一向に着地点に着地できない。

こういうことは、結論からいくのが一番で、それを達成するにはどうするのがいいのか、と考えるべきである。

そういう意味で、今回の孫さんの、A、Bの2択を迫る方法論は正しいのである。極論を恐れてはいけない。

メタルの電話線を無理やり使わせ、ISDNなどという半端なものを押し付け、パケット料金などと称してボッタクリをやっていたところにADSLのYAHOO!BBが登場したのが10年前。

いまやADSLはネット環境のデファクトになった。そして次が光である。

NTTは、老朽化したメタル線を光に乗り換えさせたいくせにやることがしょぼい。何かといえば番号使用料や機器のレンタル料を取る。乗り換えさせたいのなら、只にすることである。

さて、そうこうしている間に、電話回線を使用しないネット環境が提供され始めている。

いつでもどこでも安くシームレスにつながるネット環境があれば、われわれはどちらでもいいのである。

15年間も引っ張ってきたのだから、来年、再来年くらいにはそろそろ決着を着けてほしいところである

vol.168 こんなものは広告ではない

アドネットワークがPCでもスマフォでも流行である。

媒体を束ねて(ネットワークして)自動的に広告掲載のオンオフができたりするそうである。

じゃー、その広告はどうやって作るのかというと画像、動画、テキストなどの素材を用意して自動的に生成し、CTRの高いものを自動表示するそうである。

馬鹿馬鹿しい。

ウェブ媒体の在庫一掃処分じゃあるまいし、こんなことで消費者のこころに届く広告が出来るはずがないことは、こんなことを抜かしている広告代理店にもわかっているはずである。

同じ素材を用意しても職人の腕次第で、旨い料理と不味い料理とは歴然と分かれるのである。

それを、チェーン店の料理のような不味い料理を並べておいて、沢山選ばれた料理は旨い料理、と言ってるようなものである。

こんな料理は、料理とすらいえないのである。それしかないから、仕方なく出来るだけ不味くないものを選んでいるだけなのである。

広告主は騙されていない。消費者も騙されていない。広告を知らないネット広告屋だけが浮かれているのである。

結果は来年にでも出る。

本当の広告は、知識と経験と日々の切磋琢磨によってしか生まれてこないのである。

vol.169 電子書籍はまたこける

電子書籍関連の記事がたくさん出回っている。

が、以前にも書いたが、これはこける。

理由はすでにはっきりしていて、ソニーのリブリエが3年前に撤退せざるを得なかった日本市場の特性がまったく変わっていないからである。

日本市場の特性とは、以下の2つ。

(1)日本では、電子書籍端末より携帯電話を使って文字や画像を見る文化が強いこと

(2)出版業界が日米でかなり違い、日本では新刊がなかなか電子書籍化できないなどの問題があったこと

これに加え、実は、以下の理由が最も大きい。

(3)既存の出版ビジネスと抵触させない、という売り手側の事情が透けて見えており、それを敏感な消費者が嫌った

つまり、著作権の処理方法が確立されていなかったために読者が読みたい本が電子化できなかったのである。

今回、これをなんとかしようとしているのだが、まだ結論は出ていないし、全ての作家が承諾するわけでもない。

さらに、本の手軽さ軽さ安さに比べて、電子書籍の面倒くささ重さ高さが並でないことは、実際に読んでみれば分かる。

なんでそうまでして読まなきゃならないの?

さらに、コアな読書家は所詮100万人。出版界のベストセラーは10万部。ゲームのベストセラーは100万部で桁が違う。数字の読み違いがはなはだしい。

本を読まない連中にソニーReaderを与えてもリーダー(読者)にはならないのである。(ガラパゴスというシャープの商品名は、関西企業らしくブラックユーモアが感じられていい)

すでに1990年の第1回電子書籍元年から数えて3回目の「元年」を迎えることを考えれば、無理というより無茶なことは分かりそうなものである。


読者登録

ソウダヒロシさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について