目次
vol.120 YAHOO!もリアルタイム検索参入
vol.121 リダイレクトファイルが最高のSEO?
vol.122 GoogleのDART購入
vol.123 Googleが携帯メーカーに?
vol.124 Google vs CHINA
vol.125 Facebookがバナーを一掃
vol.126 ブンブンブンBUZZが飛ぶ
vol.127 AMAZONとMSのクロスライセンス契約
vol.127 AMAZONとMSのクロスライセンス契約
vol.128 したたかなのか間抜けなのか?
vol.129 検索実験
vol.130 Blogger のFTPサービス中止
vol.131 Googleに☆マーク登場
vol.132 APPLEのアプリ契約
vol.133 日経新聞電子版のゆくえ
vol. 134 GoogleTV?
vol.135 スマートフォンってPDAだよね?
vol.136 Promoted Tweets
vol.137 Apple vs Adobe
vol.138 CNETの読者ブログ閉鎖
vol.139 Toughts on Flash
vol.140 HPがPalmを買収
vol.141 steve君どっちなの?
vol.142 泥試合
vol.143 GoogleTV
vol.144 CTRが6倍のバナー?
vol.145 DPI広告?
vol.146 決定的瞬間
vol.147 APPLEの戦略-ウェブ広告の未来
vol. 148 クリップCM
vol.149 iPhone4
vol.150 あきれた
Vol.151 iPhone4、1ヶ月
vol.152 やってしまった・・・
Vol.153 スティーブの変心
vol.154 このサイズがいいかも
vol.155 AdBlock
vol.156 パンチラ記事なんかいらない
vol.157 BLOGGER NIGHT
vol.158 Android 2.2のFlash
vol.159 YAHOOGLE !、本日スタート!
vol.160 インターデバイス
vol.161 CLOUDしてみたら?
vol.162 高速無線LANルータ
vol.163 Googleの虫眼鏡
vol.164 マスメディアの死
vol.165 WiMAXとLTE
vol.166 NTT光
vol.167 光の道
vol.168 こんなものは広告ではない
vol.169 電子書籍はまたこける
vol.170 勘弁してよ楽天広告

閉じる


<<最初から読む

38 / 52ページ

vol.156 パンチラ記事なんかいらない

ウェブ新聞を読んでいると、途中から会員専用だとか、登録しろだとか言い始めるコンテンツが増えてきた。

日経からしてそうなのだから、後は推して知るべし。実に情けない。

このビジネスモデル、AVサイトのビジネスモデルだということを分かっているのだろうか?

これをパンチラ記事という。

日経は、記事を有料化しようとして大失敗。部数は10万部程度になっているのではないかと思う。日経の販売価格は、200円~300円、100円なら問題なかったと思う。

ウェブで有料化するのは問題ない。経費をまかなうには、無料では継続できないから。だが、市場の相場というものがある。ウェブは、リアルと違って、印刷費、運送費、販促費等がかからないのだから、破格の値段にして、リアル以上の部数を稼ぐことが必要である。

ところが、いまだに、「ここから先は有料です」とやるものだから、下品なことこの上ないし、哀れですらある。

よくよく考えてみれば、新聞も雑誌も記事で金を稼いだことなど1度もないのは公然の秘密で、そもそも新聞も雑誌も広告収入で飯を食ってきたのである。

ならば、有料化がいかに頓珍漢で思い上がったことなのかは分かり切ったことである。

しかるに、依然として、表示もされないバナー広告や、広告枠の不良在庫処理アドネットワークや、個人アフィリエイター御用達のAdSenseなどで糊口を凌いでいる。

ここは一旦、代理店と広告枠との縁を切ってみたらどうか?

これに頼っているものだから、いつまでたっても新聞の自立性も独自性も出せないままである。

もっとも、現場主義で書かれた記事など皆無で、CNETなどは、本来、ウェブ検索で「取材」すべきネタである企業から出されるプレスリリースが有料だというのだからあきれてしまう。

代理店と広告枠と縁を切ってどうするのか。自社で広告を実施するのである。自社で広告配信プラットフォームを作るのである。

どうしてこんな単純なことに気が付かないのだろう?パンチラ記事でいつまでお茶を濁せるとおもっているのだろう?不思議な業界である。

vol.157 BLOGGER NIGHT

10年以上のキャリアを捨てて、auからSOFT BANKに乗り換えてiPhoneにした。

で、今考えているのは、iPhoneとPCの中間に来る端末である。iPadではでかすぎるし重すぎてPCと殆ど変わりない。iPad miniというのがあればサイズ的にちょうどいいのではないかと前々から思っていた・・・。

GALAXY Tabのサイズは、やっぱり良い。また、その軽さがきわだつ。

しかし、GALAXYの強さは、なんといってもキャリアがdocomoだということである。iPhoneはまず地下鉄ではお手上げ、JRでも窓の外を向いていなければ3Gですらつながらない。

ただし、スマートフォンを使用してゲームや友人とメールするという使い方よりも、Wi-Fiがつながるホットスポットでお茶しながら仕事のメールをチェックしたり添付のPPTやエクセルをチェックしたり、ウェブ上のリスティング広告の管理画面でチューニングしたりという用途になる。この場合にもdocomoは強い。

また、iPhoneでそんなことをやるには小さすぎてピーピングトムに。

しかし、iPhoneと決定的に差をつけるのなら、自宅の無線LANと外でのWi-Fiを含む料金を足して1万を切る設定にすることだろう。

長期貸し出ししてくれれば、10月20日から始まる産学協同講座「次世代アドクリエーター講座」で紹介しますが・・・・。(笑)

vol.158 Android 2.2のFlash

見えた。何が? Flashが。

iPhoneではまったく見ることのできなかったFlashがきちんと見えます。

昨夜、ITメディア主催のSAMSUNGのGALAXY S、GALAXY Tabが触れる「BLOGGER NIGHT」というイベントに参加してきた。目的はまさにこのことを確認するため。

しかし、こうなると、スティーブはあせるかも知れない。iPhoneに対する不満は、1Flash、2キャリアであるから。

この点、iPhoneユーザーの2つの不満を一気に解決するのがGALAXY Sである。また、iPad mini に対するニーズにこたえるのがGALAXY Tabである。

GALAXY SはさらにiPhoneに比べてうんと軽い。旧型iPhoneのコピーのようなデザインの洗練度は低いが、機能で選ぶならば、GALAXY Sへの乗り換えもありであろう。

第一、キャリアはdocomoなのだから田舎に弱いSOFT BANKとは違う。

GALAXY Tabはかなり期待して行ったのだが、デザインのチープさが目立ってしまい今回はパス。もっと薄くもっとシンプルになると思う。iPad mini待ち。

とりあえずの結論。

GALAXYは知らないけれど、Android 2.2は、間違いなくiPhoneの敵になる。

vol.159 YAHOOGLE !、本日スタート!

いよいよYAHOOGLE!が始まった。

YAHOO!の検索結果Googleの検索結果が今日21日付けでまったく同じになった!(違いはGoogleにTwitterのリアルタイム検索が掲載されている点のみ)

当然この日はやってくることはわかっていたが、結構衝撃的です。

これによって生じる問題は、以下の3点

1、同じ検索結果が2つ必要なのか?
2、同じ検索結果ページに違う広告フォーマットのリスティング広告を掲載するのは効果がないのでは?
3、異なる対策を講じているSEOはどうなるのか?

IT業界のいきなり導入には別に驚きもしないが、企業の広告効果には大きな影響がある。

通常の取引ならば、個々の取引先に対して、このような大変革については事前に連絡があってしかるべきだが、オフィシャルな告知がずいぶん前にあっただけで、例によって孫さんからそんな連絡はまったくない。

これから年末を控え、広告担当の悩ましい日々が始まることになる・・・・。

vol.160 インターデバイス

いつでもどこでもネットにつながるインターデバイスニーズに対する回答が各社から出始めている。

持ち歩ける端末としてはスマートフォン、自宅用にはノートブックPC、そしてこの2つのデバイスを結ぶのが第3のデバイス、インターデバイスに要求される機能は、以下のとおり。

1、ネット常時接続(できるだけ高速で)
2、軽い(1キロ以下)
3、見やすい(7インチ以上)
4、安い(端末自体の価格は言うに及ばず、通信料が安い)
5、更新情報の同期(スマートフォン、ノートPCとの同期)

インターデバイスに要求されるのは、小ささよりも軽さである。ノートPCが軽ければ持って行きたいところだが、重いので持って行きたくないのである。

だから、軽くてノートPCの機能を持ったものがインターデバイスに対するニーズである。よって、ポケットに入る必要はないということになる。とすると、ポケットサイズや手のひらサイズは不要ということになる。

この理由は実に単純で、ビジネスユースの場合、手ぶらで先方に行くことはなく、それが格好だけであったとしても、かばんを持って行くからである。(笑)

では、インターデバイスを個人ユースで使用するケースはないのかといえば、答えは、殆どない、だろう。スマートフォンで十分だろう。

インターデバイスはビジネスユースであると規定しても問題はないだろう。

となると、「7インチiPad」のような半端なサイズは、スティーブ・ジョブズがいうとおり、「即死」なのかもしれない。

こうして冷静に考えてみると、MacBook AirDynabookのような、軽いミニPCが、インターデバイスに対する現実的な回答になってくることが分かる。


読者登録

ソウダヒロシさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について