twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , 文芸 作者 唐橋史
価格 無料
タグ 美術オランダ大航海時代文学フリマ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

18 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
4ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 第21回文学フリマ(ブース番号:ア‐34)で頒布する新刊の見本です。第一章部分を試し読みすることができます。
 舞台は17世紀初頭、東アジア交易によって黄金時代を迎えたオランダの都市デルフト。駆け出しの肖像画家クラースは、バタヴィア総督ヤン・ファン・アメルスフォールトに雇われることになるが、短気で粗暴な総督の評判は頗る悪く、屋敷に出入りするクラースもよく思われない。しかし、「海賊」と呼ばれるその人の意外な一面を知ったクラースは、次第に彼と心を通わせるようになる。ところが、その関係はクラースのとある秘密から奇妙なものへと変化していく。
 サークル名は『史文庫~ふひとふみくら~』(スペース№ア‐34)です。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧