twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , アクション 作者 唐橋史
価格 無料
タグ 冒険大航海時代文学フリマ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

35 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
6ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 第21回文学フリマ(ブース番号:ア-34)にて頒布する新刊の見本です。第一章部分のお試し読みができます。
 舞台は17世紀初頭、大航海時代末期の東アジア。かつて日本には、幕府の鎖国令にも縛られず、自由に海を駆けた「八幡」と呼ばれた海賊たちがいた。弾圧の嵐吹き荒れる平戸を逃れた隠れ吉利支丹の青年・右近は、八幡の船に乗って異国を目指す。その船の頭目は「黒南風の燕」と呼ばれる伝説の八幡だった。やがて、二人は東アジアを支配しようと目論むオランダ東インド会社の陰謀に巻き込まれていく。大ヒット海賊映画に捧ぐオマージュ。パイレーツ・オブ・イーストアジアン!(B6/220頁/¥800)
 サークルは「史文庫~ふひとふみくら~」(スペース№D-01)です。前回の文学フリマで完売した人気作ですので、お求めはお早めにお願い致します。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧