twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , ホラー・オカルト 作者 唐橋史
価格 無料
タグ 幻想伝奇文学フリマ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

25 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
4ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 第21回文学フリマ(ブース番号:ア-34)にて頒布する新刊の見本です。冒頭の第一章を試し読みすることができます。
 舞台は美濃国青墓――中世一の宿場にして遊女宿が軒を連ねたその街には、旅人だけでなく亡魂も行き来したという。盲目の謎の遊女・獅子吼御前が、亡者の声に引かれて道に迷う旅人を、あの世とこの世のはざまに導く幻想怪奇譚。シリーズ三部作『青墓』『鏡磨』『獅子吼御前』を完全収録。(B6/132頁/¥600)
 サークルは「史文庫~ふひとふみくら~」(スペース№ア-34)です。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧