閉じる


受動的抵抗の理論と実行

受動的抵抗の理論と実践

  このインディアン・オピニオン*1の記念号が発刊されるときには、母国インドに到着していないにしても、少なからずフェニックス*2からは遠く離れていることだろう。そこで、置き土産として、この記念号が発行に至るまでの私の心の内にある思想についてお話しようと思う。もし、受動的抵抗がなかったならば、立派な挿絵が付いたこの重要なインディアン・オピニオン記念号は、この世に生まれなかったであろう。過去11年間、インディアン・オピニオンは、質実かつ謙虚な態度で、私たちインド人と南アフリカ人のために貢献してきた。この11年間は、インドが一度は通らなければならない、危急な時代であったと言える。そして、それと同時に全世界の注目を集めた受動的抵抗の発祥と発展を刻み付けた時代でもあった。
 受動的抵抗という言葉は、過去8年間のインド人の社会活動に照らし合わせてみると、適切な言い回しではない。私たちの母国語で「受動的抵抗」という言葉を英語に直訳すると「真の力」を意味する。トルストイ*3は、この言葉を「精神の力」または「愛の力」と呼んだと記憶しているが、まさに的を射ていると思う。
 この「真の力」を突き詰めた場合、金銭的・物質的な利益の追求から距離を置かなければならない。もちろん、暴力からも距離をおかなくてはならない。暴力とは、この偉大な「真の力」の否定形である。「真の力」は、暴力を回避しようとする人々にのみ養われ、使用できるものである。この「真の力」は、個の問題にも全体の問題にも、政治上の問題でも家庭上の問題でも、分野に関係なく適用可能である。この力が多岐分野に広く適用できるのは、この力の持つ永遠性と打ち難い強い力によるものである。この力は、暴力に対して、暴力で報いることができない弱者が用いる言葉であると考えるのは、まったくの誤認である。この誤認は、英語の表現の不完全性から生じるものである。自分が、弱者であると考えている人たちには、この力を用いることはできない。人間には獣性より優れた性質が内在していて、その性質が常に獣性を服従している人のみが、有力な受動的抵抗者となれるのである。
「真の力」と暴力の関係は、ちょうど光と闇の関係のようなものである。政治上の問題においてこの「真の力」が発揮されるには、人民が意識的、無意識的に関わらず、統治されることを望んでいないことが必須である。私たちインド人は、1907年にトランスヴァール*4で制定されたアジア人登録法*5によって統治されることを望まなかった。だから、この法律は、偉大な「真の力」によって、廃止されなければならなかったのだ。あの時、私たちインド人の前には、ふたつの道があった。ひとつは、条例によって服従を強いられて、それに暴力で抵抗する道である。そして、もうひとつは、この条例に規定された刑罰を甘んじて受けいれて、統治者や立法者の情に訴えるまで、私たちに内在しているこの力を奮い起こし、彼らに見せつけて抵抗する道である。耐えて、この条例を廃止するまでには、長時間を要した。これは、私たちの受動的抵抗が、完全なものではなかったからである。
 多くの受動的抵抗者が、この「真の力」の持つ価値を十分理解していない。また、男性の多くが、常に自己の信念を持たなければ、暴力を抑制できない状態であった。この力を使用するには、食べ物や服装について、無頓着と同義である、貧乏に甘んじなければならなかった。これまでの闘争において、すべての受動的抵抗者は(多少の例外はあったかもしれないが)その道に進む覚悟を持った者はいなかったと言える。ある者は、名ばかりの受動的抵抗者であった。この類の人たちは、何の信念も持たずに活動に参加していた。また、確固たる動機のない者が多く、少数ではあるが不純な動機を持った者さえいた。闘争中に、厳重に監視しなければ、進んで暴力を行使しようとする者もいた。闘争が長引いたのは、このためであった。もっと純粋にこの力を用いたならば、救いはすぐに来るはずなのだ。この力を純粋に用いるためには、長い間、各個人が精神的鍛練を行うことが絶対不可欠なことである。この鍛練によって、受動的抵抗者は(完全ではないにしても)ほとんど完全な人間になりえるのだ。私たちは、飛躍的に完全な人間になることはできないが、もし、前言したことが正しいとすれば(私は正しいと思っているのだが)私たちの中にある受動的抵抗の精神が、強ければ強いほど、私たちはより良い人間になる。この力の効用は、疑い難いものであると思う。そして、この力がもっと一般化すると、社会の理想を革新して、ヨーロッパ国民を苦しめている専制政治やアジア諸国の人民を押しつぶして瀕死状態にしている軍国主義までも滅ぼしてしまうだろう。もし、これまでの闘争の中で、限りなく完全に近い受動的抵抗者になる鍛練を行ったインド人が少しでもいたら、その人たちは、自分のためになることばかりに注力するのではなく、もっと真の意味において、広く人類に貢献して欲しい。
 受動的抵抗は、もっとも崇高で、素晴らしい教育である。受動的抵抗は、子供たちに読み書きを教えてから教育するものではなく、読み書きを覚える前から教えるべきである。子供たちは、アルファベットを書き、世俗的な常識を習得する前に、魂とは何か、真理とは何か、精神にはどのような力が潜んでいるかを学ぶべきであるということは、誰も否定できなだろう。人生の闘争の中で、愛によって憎悪を、真理によって虚偽を、受難によって暴力を、簡単に克服できることを子供たちに教えることが、真の教育のあるべき姿である。私が、これまでの闘争の後半に、トルストイ農園*6やフェニックスにおいて、可能な限り子供の教育に力を注いだのは、このような信念に基づいているものである。そして、私がこれからインドに向かう理由のひとつは、受動的抵抗者としての自分の不完全さをなお一層自覚するためである。自分を完全な受動的抵抗者にもっとも近づくことのできる場所は、インドであると私は信じている。
(ガンジーが南アフリカで発行した「インディアン・オピニオン」の記念号(1914年)に掲載した記事より)
 
*1 インディアン・オピニオン:主にインド自治をテーマにした地元新聞紙の名前で、インドと南アフリカで発行された
*2 フェニックス:南アフリカ共和国北東部の都市
*3 トルストイ:レフ・トルストイ(1828年9月9日~1910年11月20日)は、帝国ロシアの小説家であり思想家。19世紀ロシア文学を代表する巨匠であり、文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えた。非暴力主義者でもあり、ガンジーにも強い影響を与えた。代表作品に「戦争と平和」「アンナ・カレーニナ」「イワン・イリッチの死」などがある。
*4 トランスヴァール:トランスヴァールは、現在の南アフリカ共和国北部に存在した共和国で、ボーア人が建国した。1899年にイギリスの帝国主義的な侵略戦争であるボーア戦争が勃発した。ボーア人は各地でゲリラ闘争による抵抗を続けたが、1902年に敗戦して、トランスヴァール共和国は、滅亡しイギリスの植民地となった。
*5 アジア人登録法:イギリスが統治したトランスヴァール政府が制定した法律で、トランスヴァール在住のすべてのインド人は、指紋を採取され、政府発行の登録証を常時携帯しなければならないとされた。違反した場合、罰金または懲役、もしくは本国に強制送還される。ガンジーは、トランスヴァール在住のインド人とともに、アジア人登録法に対して反対運動を行った。
*6 トルストイ農園:ガンジーが南アフリカに作った農園施設。ガンジーは、この農園を教育の場と考え、職業と手仕事の訓練を子供たちに与えた。また、ガンジーと南アフリカにおけるガンジーの闘争に参加したもの達が、共同生活をする場でもあった。