閉じる


スワデシの誓い

スワデシの誓い

 現在、インドの人々の間に広がっているスワデシ*11は、賛辞に値する。しかし、スワデシは、いまだ志半ばで、これから先も困難が待ち受けていることをインド国民は、十分認識していないように感じる。「誓い」と言う行為は、成就が困難ではない事にのみ行うものである。目的を達成するために努力したが失敗してしまったとき、この目的を成就するために誓いを立て、背水の陣で望むならば、誓いを常に忘れないので、結果として失敗を避けることができる。このように断固たる決意に達していないものは、誓いと呼ぶことはできない。何事かを成そうとする場合に、できるだけやってみようと思って口に出すのは誓いでもなければ、宣言にもならない。スワデシの誓いをできるだけ守ろうと思っただけで、スワデシの誓いを立てたことになるなら、総督から労働者、大勢の人民まで、スワデシの誓いを立てていないものはごく少数ということになるでしょう。しかし、私たちは、この状況を棄てて、より高い目的を目指している。私が考えている行為と先述の行為との間には、天と地ほどの大きな隔たりがある。そして、私の考えに基づいてスワデシの誓いを立てるならば、以下に記述するように、大きな誓いを立てることにはならないはずだ。
 長い間、この点について考えた結果、私が完璧に成し遂げられるスワデシの誓いは、衣類(木綿、絹、毛織物)に関してのみであると結論付けた。ただし、この誓いを守るにしても、多くの困難に立ち向かわなくてはならないのは当然のことである。私たちが、外国製の織物を擁護するのは、深い罪を犯すことに等しいことだ。農業の次に重要な職業に従事するカビール*12を見捨てて、彼の生きる意味を奪ったのだ。
 私の考えでは、スワデシの誓いは、この誓いを立てることで贖罪を成そうとしている人や失われつつある手織物工の復興をはかろうとする人、そして、毎年外国製布と交換することで失われる一万ルピーを取り戻そうとしている人の希望を意味しているのだ。このような偉大な目的に対しては、困難を伴わずには達成できないし、当然その過程に障壁もある。容易に手に入るものは、実際には何の価値もない。誓いを守ることがどんなに困難であっても、十分努力するならば、いつの日かその誓いは達成するでしょう。そして、外国製布を使用しないことが宗教的義務であると考えて、純国産の衣類のみを用いたときに初めて、私たちはこの誓いを果たすことができるのである。
 
 早急な発展
 友人たちは、現在の国産織物の生産量が少なすぎるし、また、工場もわずかしかないから需要を満たすには足りないと主張する。私は、それは早急な発展だと感じている。スワデシを誓う者が、3万人になるというような幸運を期待することはできない。楽天的な人が、数十万人以上のスワデシ誓約者がいると明言する状況になれば、需要に間に合うような国産織物を供給することは可能であると思う。しかし、宗教上の観点からも、困難な場合がある*13。
 一般的にインドの気候では、薄着で差支えない。中流階級の人口のうち、4分の3が、必要以上の衣服をたくさん持っていると言っても、過言ではない。多くの人々が、誓いを立てるならば、糸車や手織物機がたくさん作ることができるでしょう。多くの織物製造者が、インドにできるだろう。彼らは、いま座して待っているだけである。重要なことが二つある。それは、克己心と誠実さである。誓約者が、この二つの性質を持っていなければならないことは今さら言う必要はないが、人民にもこのような誓いを簡単に守ることができるように、商人たちもこの二つの性質に恵まれていなければならない。誠実で克己心のある商人は、インド製の絹からのみ糸を紡ぎ、インドの糸からのみ織物を織り、インド製の染料のみを用いるでしょう。人は、何かを成そうとするときには、その過程で困難を排除するための必要な能力を養成するものだ。
 
すべての外国製布を破棄せよ
 私たちは、できる限り衣類を棄てるだけでは不十分である。スワデシの誓いを完全に守るには、私たちの所有するすべての外国製布を破棄する必要がある。もし、私たちが外国製布を使用することが誤りであったこと、外国製布がインドに莫大な損害を与えたこと、織物製造者の階級を皆無としたことを理解するならば、このような罪悪のけがれにまみれた外国製布を破棄するほかはないはずだ。ここで、スワデシとボイコットの違いを理解する必要がある。スワデシは、宗教的な観念であり、すべての人に課せられる当然の義務でもある。スワデシの誓いを懲罰や復讐の精神ととらえるべきではない。スワデシの誓いは、外面的な幸福を目的とするものではない。一方で、ボイコットは政治的な完全に世俗的な武器である。ボイコットは、悪意と責罰の願望に根ざしているものだ。そして、私は、ボイコットを懇願する国民は、終末という結果をむかえるほかはないと思う。サチャグラハ*14をなそうとする者は、いかなるボイコット運動にも参加しない。また、サチャグラハをなすには、スワデシなくしては不可能である。これまでは、ローラット法案が撤去されるまでは、イギリス製品をボイコットしなければならなず、同法案の撤去と同時にボイコットは終結すべきであるという意見も多数ある。しかし、このようなボイコットの計画では、日本やイギリス以外の外国製品は、用いても良いということを意味する。外国製品を用いて良いのであれば、私たちは外国製品を正当化しているとみなされるであろう。イギリス製品のボイコットを宣言する以上、私たちはイギリス人を罰したいという願望を持っていると思われても仕方がない。しかし、私たちは、イギリス人と争っているのではない。私たちは、統治者たちと争っているのだ。しかし、サチャグラハの法則に従えば、私たちは、統治者に対しても悪意を持ってはならない。そして、悪意を持ってはならないのだから、ボイコットを支持するのは正しいとは言えないのだ。
 
 スワデシの誓い
 上述のように制約の多い、スワデシの誓いであるが、これを完全に守るには、次のような誓約文をみなさんに進めたい。
「私は今日から、自分の使用する衣類は、インド製の綿、絹、羊毛を使用し、インドで製造された衣類のみを用いて、外国製衣類の使用をやめ、所有する外国製衣類は、全部破棄することを、神を証人として誓います」

 スワデシの誓いを遵守するためには、手紡ぎ糸を用いて作られた手織りの衣類のみを用いる義務がある。インドの綿で紡がれて、インドで織られた衣類でも、その糸が輸入されたものであるなら、それは完全なスワデシの衣類とはいえない。インドにおいて、国産の綿を国産の糸車で紡いで得た糸を、国産の織り機で織ったときに、初めて完全なスワデシの衣類となる。たとえ、私たちが輸入品の機械で織った衣類を用いた場合でも、先述の誓いに当てはまることになるが、完全なスワデシにはならない。
 先述した制約のあるスワデシの誓いは、国産の衣類のみを用いるだけでは、まだ不十分であることに言及したい。そして、誓約者は、スワデシの誓いを他のすべての物に適用していくと良い。
 
イギリス人の所有する工場
 インドには、インド人が入れないイギリス人所有の工場があるということを聞いたことがある。もし、その話が本当なら、私はこのような工場で製造された衣類は、外国製衣類であると見なしている。また、この種の衣類は、悪意のけがれが染みついているものだから、品質が良くても、使用を避けなければならない。
 多くの人々は、インドの工場で作った織物を使用すれば、スワデシの誓いの必要条件にあてはまると信じている。美しい織物は、インド以外で紡がれた外国製の綿から作られるものである。だから、インドの工場で作った織物を使用することで得られる満足は、インドで織られたという事実だけである。手織機を使用したとしても、とても美しい織物には外国製の糸のみを用いるものだ。このような織物の使用は、スワデシの誓いに反するものである。サチャグラハは、スワデシにおいても必要である。男性が「下着一枚であっても純国産織物を用いる」と考え、女性が「品位を少し保つだけのために外国製衣類を着るということができなくなっても、純粋なスワデシを守る」と考えて、はじめてスワデシの誓いを果たすことができる。もし、数千人がこの精神をもって、スワデシを誓うならば、他の者もこのような精神を模倣するだろう。そのとき、彼らは、スワデシの希望となって、棄てる衣類を見つけるために、タンスを探索しはじめるだろう。多くの快楽や装飾に執着しない者が、スワデシ運動を進めるための大きな原動力となることを言及したい。
 
経済的救済のカギ
 インドでは、一般に織物製造者がいない村は存在しない。古くから、インドの村には、大工、靴屋、鍛冶屋などと共に、農夫と織物製造者がいた。ところが、農夫は、極度の貧困に陥り、織物製造者は貧民階級の専業となった。彼らにインドで紡いだ綿の糸を供給するならば、私たちは必要な織物を得ることができる。当分の間、織物の品質は粗末かもしれない。しかし、不断の努力によって、織物製造者は、きれいな織物を作れるようになる。したがって、織物製造者の地位を向上することができるでしょう。そして、さらなる一歩を進めるならば、道にある様々な困難を突破することができる。私たちは、容易に女性や子供たちに紡織を教えることができるのであり、家庭で織った着物ほど純潔なものは得難い。自身の経験を通して、この方法により多くの困難を除去し、多くの不必要な要求がなくなり、生活が歓喜と美で満ち満ちることだろう。私は、常に耳元で聖なる声が次のように囁くのが聞こえる。インドでは、昔はこのような生活を送っていて、そんな生活は閑散な詩人の夢想だと言ってくる者がいてもいっこうに構う必要はないのだ、と。今こそ、このようなインドを創造する必要があるのだ。そこに、私たちのプルシャルタ*15があるのではないか。インド中を巡回したが、心を切り裂くような貧民の叫び声は、思わず耳を塞ぎたくなった。老若男女すべての者が、私に対して「安い衣類を手に入れることができない。高い衣類はお金がないから買えない。食べ物も衣類も、その他のすべての物が高価だ。私たちは、どうしたらいいのか」と言っては、顔に絶望の色を浮かべるのだ。このような人民たちに、満足な答えをするのが私の義務である。同時に、国家に奉仕するすべての人の義務である。しかし、私は満足な答えを返せなかった。インドの原料が、ヨーロッパへ輸出されることで、結果的に私たちが高い値段を払わなければならないという事実は、思慮あるインド人にとっては、耐えがたいことでなければならない。そして、これに対して、最初で最後の救済法がスワデシなのだ。私たちは、インドの綿を誰にも売る必要もないのだ。そして、全インドにスワデシが浸透したとき、綿の生産者は、海外で製造させるために綿を売るようになるだろう。スワデシがインド中に行きわたったとき、すべての人が、綿が生産されたその土地で、綿が精錬されて紡織されなければならないと共通認識を持つでしょう。スワデシが持つマントラ*16が民衆の耳に響くとき、数百万人の人民が、インドの経済的救済のカギを握るでしょう。この目的を達成するためには、数百年を要するものではない。宗教的観念が目覚めるならば、人民の思想は、ただちに革命を起こす。無欲の犠牲のみが、絶対的に必要なものである。現在も、犠牲の精神は、インドの空気に満ちている。この絶好の時に、スワデシを実践しなければ、私たちは、後世で臍を噛むことになるだろう。
 私は、すべてのインド教徒、イスラム教徒、シーク教徒、ゾロアスター教徒、キリスト教徒、およびインド国民としての信念を持つ人々が、スワデシの誓いを成し、また、他人にも同じ誓いを立てるように説得することを願っている。私たちが国家のためにこんな些細なことができないなら、この国に生まれたことをむなしく思うしかない。頭の良い人たちは、このようにスワデシが純粋な経済的意義を持っていることを知るでしょう。私は、老若男女すべての人が、私の謙遜な暗示を真面目に考慮してくれることを望んでいます。イギリス経済の模倣は、必ず私たちを破滅へ導くでしょう。
(この二つの論文は、ガンジーがボンベイでスワデシの誓いをなすことを決心した前日に、インドの新聞に発表したものである)
 
*11   スワデシ:「スワ(自分の、固有の)」と「デシ(土地、国)」を掛け合わせた言葉で、「自国の」を意味する。民族が真に独立するために、外国の産業や製品に頼らないで自国の工業の復興を掲げた運動を指す。
*12 カビール:インドの宗教革命者。捨て子となっていたところを、不可触民の織物製造者でイスラム教徒のニール夫妻に拾われて育った。自らも織物製造者として働いていた。宗教家としてヒンズー教とイスラム教の影響を受け、カースト批判や一神教の思想を広めた。
*13 宗教上の観点からも、困難な場合がある:インドではカースト制度の影響で、衣類を作る階級が決まっているため、必要な数量の衣類が製造されないということを意味してると推測できる。また、階級によって着用する衣類品が異なっており、階級によっては、十分な供給量の衣類品が製造されないという意味とも取れる。
*14 サチャグラハ:ガンジーの行った不服従運動で「サッティヤー(真理)」と「アーグラハ(主張)」を掛け合わせ言葉で、「真理の主張」を意味する。ガンジーは、非暴力や不服従だけでなく、特に意識されることのない習慣や良識の中にサチャグラハはあると考えていた。
*15 プルシャルタ:古代インドより伝わる、人生の4つの目的を指す。4つの目的は、①ダルマ:社会における個人の正しいあり方、②アルタ:仕事をし、必要な富を得て蓄積すること、③カルマ:情熱や希望を満足させること、④モクシャ:神の意志を通じた解脱を目指し、努力することである。
 *16 マントラ:サンスクリット語で、「文字」「言葉」を意味する。インドでは、ヴェーダ聖典もしくは、その本文であるサンヒターを指す。転じて、神秘的な力を持つ言葉。