閉じる


インドの婦人たちへ

親愛なる女性たちへ

 9月30日、インド国民会議派は、外国製布の非買運動を徹底的に行うという重大な決議をしました。この非買運動は、7月31日にバール・ガンダール・ティラク*18を記念する日のために、ボンベイにて犠牲の火が灯ったのと同時に始まりました。私は、あなた方女性たちがうつくしいと大切にしている高価なサディ、そして、その他の衣類の山に火をつける名誉を頂きました。あなた方が、高価な衣類を捨て去ったのは、正しく賢明なことであったと思っています。あの衣類を焼き払ったことは、もっとも経済的にあの衣類使用したことになります。なぜならば、伝染病の細菌が付着したものを焼却することは、伝染病の対策としては、もっとも経済的であるからです。衣類を焼き払ったことは、国家規模での重大な疫病を予防するために必要な外科手術だったのです。
 インドの婦人たちは、過去1年間、インドのために大変献身的に仕事をしてくれました。あなた方は、慈悲の天使として、無言で働いてくれました。お金や高価な宝石類をすべて手放してくれました。寄付金を集めに、家に訪問したときに、あなた方の中には、見張りの手伝いをしてくださった人さえいました。また、以前までは、美しい柄の服を着用して、日に何度も着替えをする人たちでさえも、今では婦人がもつ本来の純潔を思わせる真っ白で、ただ少し重い国産の綿製の服を着ています。これらのことを、あなた方は、インドのために、キラファット*19のために、パンジャーブ*20のために行っているのです。あなた方の行為は、一点の非難すべきところがありません。あなた方の行動は、怒りや憎しみでけがされていない、最高に純潔な犧牲でした。全インドで行われている、あなた方から生まれたこの自然な、そして、美しい感情は、神が私たちと共におられることを確信させてくれたことを告白します。多くのインド女性たちが、進んで手助けしたいと思っている事実は、私たちの闘争が、私たち自身の自己浄化を意味していることの何よりの証拠です。
 これまで、あなた方の多大な援助がありましたが、今後はより一層の援助を頂かなければなりません。男性諸君は、スワラジ*21基金へ多くのお金を負担してくれました。しかし、スワラジの完成には、あなた方の負担があってこそ完遂するのです。もし、あなた方が、外国製の衣類のすべてを捨て去らないのならば、非買運動は不可能なことです。外国製衣類への嗜好が続く限りは、完全な非売運動にはなりえません。すべてを捨て去ることこそ、非買運動が、完全な拒否を意味することになります。神が授けてくれた子供をありがたく思い、満足しているように、インドで生産された衣類に満足するようにならなければなりません。他人が見れば醜く思える子供でも、自分の子供を棄てる母親はいないでしょう。愛国心を持っているインドの女性たちは、インドで生産された衣類にも、子供と対峙するのと同じ気持ちを持たなければなりません。そして、インド人が手で紡ぎ、手で織ったもののみが、インドの製品と見なされるべきです。運動の過渡期には、あなた方は、ただカディ*22を大量に所有するだけでしょう。しかし、あなた方は、そのカディに、おしゃれな装飾を付け加えることができるのです。そして、もしあなた方が、数カ月の間粗末なカディで満足するならば、ゆくゆくは、かつて羨望の的であった昔と同じようなきれいで美しい模様の着物を手に入れることができるでしょう。さらに6ヶ月も耐え忍べば、私たちが今日見放している衣類を過少評価していると気が付き、真の芸術は、形式のみに重きを置くのではなく、形の裏にある機能にも重きを置くものだということをきっと理解してくれるでしょう。世の中には、生命を奪う芸術もあれば、生命を与える芸術もあります。西洋や極東から輸入された素晴らしい織物は、文字通り、私たちの数百万の同志を殺し、数千人の私たちの愛する女性たちを恥の生活に導いたのです。真の芸術は、製作者の幸福と満足と純潔を表現したものでなければならないのです。もし、あなた方が、インドにこのような芸術を復活させたいならば、多くの人がカディを着なければなりません。また、スワラジの計画を成就するには、カディを使用するだけが必要なのではなく、暇なときには、あなた方は一人残らず糸を紡ぐことが絶対的に必要なことです。手紡ぎは、昔からの伝統で、あなた方女性たちが負わなくてはならない仕事です。200年前には、インドの女性たちは、国内の需要に応じるためだけでなく、海外の需要に応じるためにも手紡ぎをしたのです。彼女たちは、粗末な製品ばかりではなく、世界でも類を見ない、最高に素晴らしい織物を紡いだのです。どんな機械を使用しても、私たちの先祖が紡いだようなきれいな糸は作れませんでした。もし、これからカディの需要に応じようとするならば、あなた方は、紡績クラブを作り、紡績共進会を開き、手紡ぎ糸でインドの市場を埋め尽くさなくてはなりません。この目的を達成するために、あなた方は、糸の紡ぎ方、糸の梳き方、糸車の使い方に熟練しなければなりません。これは、絶え間のない労働です。あなた方は、糸紡ぎを生活の手段とは考えないでしょう。しかし、中流階級の人々にとっては、家族の収入の補いとなり、困窮する人々にとっては、疑いもなく生活の手段となるはずです。かつて、糸車が婦人たちの良き伴侶であったように、今日もそうなるようにしなければなりません。この文章を読んでいるあなた方は、義務として、そして、ダルマ*23として成さなければなりません。もし、裕福なインドの女性たちが、毎日少しでも糸を紡げば、糸の値段は安くなり、必要な精巧品もただちに供給されるようになるでしょう。
 このように、経済的・精神的な救いが、あなた方の両肩にかかっているのです。インドの将来は、あなた方の膝の上に横たわっているのです。したがって、あなた方は、未来のインド国民の教育者であると言えます。あなた方には、インドの子供を純粋で、神を敬う、勇敢な大人に育て上げる力があります。一方で、子供たちを甘やかして人生の荒波を乗り越えることのできない人間、外国の美しい服を身にまとい、大きくなってその衣類を棄てようと思っても、棄てることができない軟弱な人間に育ててしまうことも可能です。インドの女性たちがいかなる可能性を持っているか、今後数週間で分かるでしょう。あなた方が、どのような選択をするか疑う余地はありません。インドの運命は、インドを自暴自棄に陥らせ、富を搾取した政府の手中にあるよりも、あなた方の手中にある方が、よっぽど安全であるからです。
 私は、多くの婦人会で、あなた方がこの国民的努力を祝祷してくださるようにお願いしました。あなた方の純潔と真摯と敬虔が、きっと効果のある祝祷を行ってくださると信じているからです。外国製衣服を棄て、暇な時間には、休む間もなく国家のために糸紡ぎをされることによって、祝祷が豊かな実を結ぶことを、絶対的に信じていいのです。
 
*18 バール・ガンダール・ティラク:バール・ガンダール・ティラク(1856年7月23日~1920年8月1日)は、インドの教師であり社会改革者、またインド独立運動で活躍した政治指導者でもある。特に、「インドの自治」を意味する「スワラジ」を最初に唱えた指導者でもあり、インド人からは「インド人のリーダー」の愛称で呼ばれている。
*19 キラーファット:インドのムスリム(イスラム教徒)であるムハンマド・アリー・ジンナー(1876年12月25日~1948年9月11日)が始めた反英運動。ジンナーは、基本的には親英的な態度であったが、1919年、オスマントルコ帝国皇帝スルタン・カリフに、イギリスおよびフランスが抑圧的なセーブル条約を押し付けたことに対して、ムスリムとして反発した。このときに、オスマントルコ帝国皇帝を支援するために開始した運動がはじまりである。
*20 パンジャーブ:インドとパキスタンの国境地帯で、インドとパキスタンそれぞれにパンジャーブ州が存在する。印パ分離以前は両国の州は一体の地方であり、ムスリムが多数を占めていた。
*21 スワラジ:スワラジ(Swara)は、「Swar(自分で)」と「Ra(統治)」を合わせた言葉で、「自分を治める、自己の支配」と言う意味がある。イギリス統治下のインドでは、独立運動において、国民会議派がスローガンとして用いた。
*22 カディ:手紡ぎし、手織りした完全に手作りの生地のこと。
*23 ダルマ:古代インドの聖典で説かれる「法」のこと。法律よりもはるかに幅が広い意味を持ち、宗教的・道義的な義務をも含んでいる。