閉じる


神、国王、国家

神、国王、国家

 巡礼中に制服を着た少年に出会った。その制服が外国製の布であるラシャ製であることに気付いた。そこで、その制服は何の制服なんだい、と私は尋ねた。少年は、ボーイスカウトの制服です、と答えた。その答えは、私の好奇心をあおった。そして、少年がボーイスカウトでどんなことをしているのか尋ねた。少年は、神、国王、国家のために働いているのだ、と答えた。
「君が言っている国王とは、誰のことだい?」と、私は尋ねた。
「ジョージ国王*7です」と、少年が答える。
「君は、ジャリアンワラ・バーグ事件*8をどう思っているのかね?もし、君が1919年4月13日に、あの現場にいて、ダイヤ将軍に怯えている同志を射撃しろ、と命じられていたら、君はどうしただろうか?」
「そんな命令には、絶対に従わなかったです。」
「しかし、ダイヤ将軍は、国王が定めた制服を着ていますよ」
「そうです。しかし、将軍は、役所の人です。僕は、役所の人とは無関係です。」
 私は、役所と国王は切っても切り離せない関係であること、そして、国王はイギリス帝国を象徴していて、非人間的で観念化された存在であること、いかなるインド人もイギリス帝国と神を同時に仕うことはできないことなどを、少年に説いた。戒厳令制度によるテロリズムの責任を負うべき国家、悪行を悔い改めない国家、厳粛な義務を破り*9秘密条約を結ぶような国家は、神を持たざる国家に過ぎない。そして、神を持たざる国家に忠誠を誓うことは、神に対して不忠実であることを意味する。
 少年は、当惑していた。
 私は、議論を続けた。インドが、国家を豊かにするために無神的になり、他国の人民を利用し、醸造用のアルコールを輸入し、貿易を拡張したいがために戦争を行い、それらの権力と特権を維持するために詐欺行為を行うならば、神と国家に忠実であるとは言えないのではないだろうか。私たちは、神のために国家を捨ててはいけないのだろうか。少年が、神に対して忠誠を誓っているならば、神以外の何者に対しても同じ意味での忠誠を誓うべきではないと、私は説いた。
 少年の友達たちは、この話に興味を抱いた。そして、少年たちの隊長もやって来たので、彼にも話を繰り返して、少年たちがどんなことにも疑問を持って接する心を育むような教育をして欲しいと頼んだ。興味深い議論は尽きなかったが、少年たちの乗った汽車は、出発した。私は、立派な少年たちに申し訳ない気持ちになった。「非協同」運動*10の持つ深い意味をよく理解して欲しい。人々は、一つの普遍的信条、つまり、神への忠誠心のみを持っているのである。神への忠誠心が、矛盾をはらんでいなければ、国王、国家、人間への忠誠心も含んでいる。しかし、神への忠誠心は、時々盲目的に他のすべてのものを排除する。私は、インドの少年たちが、神への忠誠心について顧みて、もしそれが間違った方向に向いていると気付いたら、その忠誠心を軌道修正することを望んでいる。この心の探求は、精神的痛みを伴うため、少年たちにとっては、この探求に専念することは、たやすい課題ではないだろう。
(1921年3月23日「ヤング・インディア」紙掲載)
 
*7 ジョージ国王:ジョージ5世(1865年6月3日~1936年1月20日)を指す。ジョージ5世は、イギリスならびに海外自治領の国王で、インド皇帝でもあった。
*8 ジャリアンワラ・バーグ事件:ジャリアンワラ・バーグ虐殺事件、別の名をアムリットサル虐殺事件ともいう。1919年4月13日、アムリットサルで、スワデシの要求とローラット法 (インド政庁が発布した、破壊活動容疑者に対する令状なしの逮捕および裁判ぬきの投獄を認めた法)の発布に対する抗議のために集まった非武装のインド人民に対して、イギリス将校であるダイヤ将軍率いるグルカ族およびイスラム教徒からなるインド部隊が無差別射撃した事件のこと。1500名以上の死傷者を出した。
*9  厳粛な義務を破り:1917年、第一次世界大戦のさなかイギリスは、大量の兵士と物資をインドから供給することを引き出すため、インド担当国務大臣モンタギューの宣言によって、第一次世界大戦後、インドに自治を与える約束(漸次自治権)をした。これにより、100万人以上のインド人が、イギリスに奉仕するため、軍隊を派遣した。しかし、1919年に公布されたインド統治法では、州自治の一部が与えられただけで、インド人の期待した自治の約束にはほど遠いものであった。
*10 非協同運動:1920年9月から行われたイギリス支配からの脱却を目的とした運動。イギリス製の商品の非買やインド製の工芸品の使用、誠実を価値基準にしたインド的思想を守ることなど、非暴力的手段による方法を掲げた。