閉じる


試し読みできます

はじめに

「太陽は夜が明けるのを待って昇るのではない。
太陽が昇るから夜が明けるのだ」

皆さまはじめまして。
私は中村雄介(なかむらゆうすけ)と申します。
上記のフレーズは
「教育界の国宝」
と呼ばれた東井義雄さんの言葉です。
私の大好きなフレーズで
私の名刺の裏には
「人生を照らす言葉」
として記載しております。

遅ればせながら自己紹介させて頂きます。
私は中村雄介と申します。
かれこれ15年ほど「教育」の仕事に関わらせて頂いております。
2011年の9月に独立し
株式会社マナビートという小さな会社を経営しております。
http://www.manabeat.jp/
企業と医療機関の管理部門を専門にして
「業務フロー」を作成することで経理部門を強化する方法をアドバイスさせて頂きながら
ともに管理部門の社員さまと成長できることに
日々喜びを感じながら仕事をさせて頂いております。

これから始める
「経理5年目!みんな学んだ経理のヒント」
は私どもが管理部門の仕事に携わりながら
文字通り「身体で覚えた」ノウハウを中心として
経理部門に関わる皆さまの日頃の業務の中で直面する
不安や悩みを解決するヒントになれば・・・
という思いで私の会社のホームページに
「ブログ形式」でつづっている内容を電子書籍の形にまとめさせて頂いているものです。
ホームページと連動して「連載」していきますので
どうぞ最後まで楽しんで頂けますと幸いです。

試し読みできます

もくじ

【収録内容】

第1講:経理の日常業務はベテラン社員が行うもの?

第2講:経理のお仕事1

第3講:経理のお仕事2

第4講:経理の考え方

第5講:経営者が月次決算で知りたいことは・・・

第6講:資金繰りに追われる原因

第7講:成長しているからこそ、資金繰り表を

第8講:異変に気付く

第9講:会社全体を見渡す

第10講:仕訳をきるスキルが上達すると・・・

第11講:会社の業務を示した「業務フロー」の重要性

第12講:月次決算は収支確認だけ行えばいいのか?

第13講:経理担当者としての心構え

第14講:経理の鉄則「秘密厳守」

第15講:決算業務を効率化する3つのスキル

第16講:経理でも大切な「報告・連絡・相談」

第17講:多方面の視点から考える

第18講:安請負は禁物

第19講:柔軟性をもって対応する

第20講:感謝の気持ちを忘れずに

第21講:明るい職場、明るい経理!

第22講:きちんと理解する

第23講:経理が担うもの

第24講:経営者目線に立つ

第25講:経理は替えが効かない人財?

第26講:管理会計は自社で行う

試し読みできます

第1講:経理の日常業務はベテラン社員が行うもの?

一昔前まで経理の仕事は領収書などの書類から
難しい簿記の知識(用語)を駆使して、
仕訳を考えて伝票をおこして処理をする。
端から見てても難しそうで、事実として
人財の替えの効かない専門性の高い仕事でした。

しかし近年ではパソコンで会計ソフトを使って処理を行うことで、
その専門性はかなり薄くなってきました。
最近では派遣社員やパート社員、社外のアウトソーシングを利用している
企業も増えてきており、さらには中国にある会社に記帳代行を
アウトソーシングしている企業もあるほどです。
企業としては、不景気な世の中ですので
コストを抑えたいと思うのは当然のことですよね。

今までやってきた経理の仕事が社内からなくなるのですから、
当然経理部の人財は人事異動の対象となり
「自分の得意な経理の仕事がなくなる・・・」
と不安を覚える方も多いと思います。

しかし企業が記帳関係のコストを抑えるのは、
決して人財のリストラのためではありません。
むしろ、今の経理部の人財の価値を高めたいため、
と言っても過言ではないのです。

パソコンを利用した会計が普及した現在、
経理部の人財に求められるスキルが変わっています。
では、いま企業が経理部に求めるスキルとは?
それに気づいて行動をとることができるかどうかが、
あなたの経理部の人財としての価値を
高めることができるかどうかのポイントです。

試し読みできます

第2講:経理のお仕事1

経理にはどのような仕事内容があるのでしょうか。

会社の手提げ金庫の中にある小口現金の照合。
受け取った請求書の支払い。
銀行での支払、通帳記帳、引き出し。
社員が立て替えた経費の精算。
顧客からの入金確認と請求照合。
給与計算も経理の業務となっている会社もあります。
どれも会社を経営していく上で欠かせない業務内容ですね。
ですが・・・それだけですか?

確かに以前は上記のような業務が経理のメイン業務でした。
どれも細かくて煩雑で、慎重に行わなければいけなくて、
そして会社としても重要な業務ですので滞りがないように
業務になれた人財が長く担当して業務をこなしていました。

いまの時代、上記の業務は配属したての経理人財が行います。
まずはしっかりと経理業務の基本を身に付けることが大切だからです。

では、ベテランの経理人財が行わなければいけない業務とは? 
前回お話しした通りに、パソコンの普及で経理業務の内容が大きく変わりました。
経理の人財に求められるスキルは、確実にレベルアップしています。

試し読みできます

第3講:経理のお仕事2

では、経理人財が行うべき業務とは?

経理人財として日常業務を行うことができることは当然ですが、
本来経理が行うべき業務は月次決算や予算管理などの管理会計です。

何度も言いますが、経理の日常業務はパソコンによる処理が主流となりました。
パソコンはパターン化された業務が得意ですので、それを扱う人財には
高度な会計知識が必要なくなりましたし、何よりパソコン相手の仕事は
若い人の方が得意であり、経験を積む意味でも適所であるともいえます。

 もう何年も経理業務に携わり、目をつぶってても業務がこなせているよ。
という方がいらっしゃったら、ぜひ次のステップを目指してください。
今経理に期待されている会計スキルは、月次決算を組み
会計的な視点で分析し、経営者にわかりやすく報告することです。
そしてそれは豊富な経験がなければできません。

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)

読者登録

中村 雄介さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について