閉じる


<<最初から読む

10 / 13ページ

第8講:WordPress(ワードプレス)のサーバー設定その4【さくらのレンタルサーバーの場合】

7.独自ドメインを設定する場合

 

ドメインの追加

 

「さくらのサーバコントロールパネル」にアクセスして、「ドメイン設定>新しいドメインの追加」から、「5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性型JPドメインを使う(さくら管理も含む)」の「ドメインの追加へ進む」をクリック。

 

そしてそこに

 

example.jp

 

と入力して送信します。

 

独自ドメインのトップへのアクセスを~/www/wordpressディレクトリに委譲する

 

「ドメイン詳細設定」で、「2. マルチドメインの指定のフォルダをご指定ください」に次のように設定します。

 

/home/example/www/wordpress

 

このように「/wordpress」を入力して「送信」します。

 

独自ドメイン側の設定

 

ネームサーバーの設定

 

ネームサーバーの設定画面に行きます。

これを、さくらのレンタルサーバ用に、次のように変更します。

 

ネームサーバ1   ns1.dns.ne.jp

ネームサーバ2   ns2.dns.ne.jp

この設定を保存してしばらく待つと、「http://example.jp/」にアクセスしてWordPressの内容が表示されるようになります。

 

WordPress側の設定

 

内部リンクのアドレスを独自ドメインに設定する。

 

実はこのままでは、WordPress自体はまだ自分が初期ドメイン(example.sakura.ne.jp)に居ると勘違いしてしまっています。どういうことかというと、WordPressの出力する内部リンクが、「http://example.sakura.ne.jp/○○」になってしまうのです。これを「http://example.jp/○○」に修正する必要があります。

 

WordPressの管理画面の「設定>一般」にある「サイトアドレス」に

 

http://example.jp

 

と入力します。これで、内部リンクにも独自ドメインが利用されるようになります。

 

http://独自ドメイン/wp-admin/で設定画面にアクセスできるようにする

 

ここまでの設定でほとんど不自由しませんが、最後に設定画面にも独自ドメインでアクセスできるようにします。ここまでの設定だと「http://example.jp/wp-admin/」にアクセスした場合、「http://example.sakura.ne.jp/wp/wp-admin/」に転送されてしまいます。そこで、この転送が行われないようにWordPressの設定を修正します。

 

WordPressの管理画面の「設定>一般」にある「サイトアドレス」ではなく、「WordPressアドレス」に

 

http://example.jp

 

を設定します。これで、管理画面にアクセスできるようになります。


第9講:WordPress(ワードプレス)の運用手順

ではいよいよ「WordPress」を運用していきましょう。

WordPressの運用手順≫

1.ダッシュボード(http:// example.jp/blog_1/wp-admin/)にログインします

 

2.外観よりテーマを選択します

Twenty Eleven」について説明します。


3.カスタマイズを選択します

 

4.色・ヘッダー画像・背景をお好みでカスタマイズします

変更後は「保存して公開する」にて確定します。

 

5.記事を投稿します

ダッシュボードの

上にある「+投稿」

左のバーにある「投稿」

右下の方にある「クイック投稿」

から新しい記事を投稿できます。

これでブログ記事を書いていくことができます。


 

  

以上で手順は終了になります。

おわりに

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

「WordPress」は「カスタマイズ性」に富んだ扱いやすいブログです。
また「検索エンジン」にヒットしやすいという特徴もあります。
使い方によってビジネスを「有利」にすることができる非常に便利なツールです。
インターネット上で「WordPress プラグイン」や「WordPress テンプレート」などで検索するとさらに便利に使うためのヒントが山のように眠っています。
ぜひ有効に活用して御社のビジネスにお役立て頂けましたら幸いです。

なお、弊社でも「WordPress」をビジネスに役立てるためのサポートを行っております。
「WordPress」についてのお問い合わせはお気軽にこちらまでお願い致します。↓↓↓
http://bit.ly/RvXm0N

「感動は人を変える。
笑顔は人を潤す。
夢は人を豊かにする」
という言葉があります。

「心を育て形で表す」
教育こそこれからの時代には絶対に必要なのだと
私は信じています。

こちらの電子書籍の内容が
皆さまのこれからの
「生き方の指針」
に少しでもお役に立てるのでしたら
これ以上の幸せはありません。
最後までお読みくださいまして本当に
本当にありがとうございます。

筆者プロフィール

中村   雄介(なかむら   ゆうすけ)

株式会社マナビート
代表取締役   兼   人事総務コンサルタント
昭和48年9月3日生まれ
長崎県長崎市出身
長崎大学経済学部卒
大学卒業後に福岡にて金融業界に勤めるも肌が合わず退職。
心機一転、「教育業界」を目指して
小中学生を対象とした個別塾業界に転職。
二教室を担当する指導者兼教室運営責任者、
生徒募集を専門とした企画開発部員を経て
幼児から小学生を対象としたスポーツスクール運営企業の創業メンバーとして独立。
まったくゼロから管理部門を立ち上げ、
スクール運営を裏から支える「後方支援」に特化した管理システムを構築する。
トップマネジメントの一員として
福岡にて社員数10名からスタートし全国17拠点・海外2拠点
会員数3万名・社員数400名規模までの成長を支える活動を行う。
創業10年を区切りとして2011年に独立。
企業と医療機関のための管理部門の専門家(エキスパート)
株式会社マナビートの代表取締役兼人事総務コンサルタントとして
管理部門(主に人事総務部門)に特化して
「面接」のやり方や「いい人財」を見分ける方法のアドバイスを専門に行い
企業と医療機関の管理部門スタッフの成長に貢献。

致知出版社公認「応援ブロガー」22名のひとり
致知出版社で現在唯一の「致知仲間」認定

パワー&エレガンス魅力学講座修了生
魅力学エグゼクティブ講座修了生
感動魅力学受講生
インターナショナル魅力学協会員

この本の内容は以上です。


読者登録

中村 雄介さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について