閉じる


はじめに

「その好むところ見て、
以(もっ)てその人を知るべし」

皆さまはじめまして。
私は中村雄介(なかむらゆうすけ)と申します。
上記のフレーズは
中国の明代の儒学者
「王陽明(おうようめい)」の言葉です。
意味は…
「その人がどんなものを好むかを見て
その人となりを判断しなさい」
ということです。

遅ればせながら自己紹介させて頂きます。
私は中村雄介と申します。
かれこれ15年ほど「教育」の仕事に関わらせて頂いております。
2011年の9月に独立し
株式会社マナビートという小さな会社を経営しております。
http://www.manabeat.jp/
企業と医療機関の管理部門を専門にして
「面接」のやり方や「いい人財」を見分ける方法をアドバイスさせて頂きながら
ともに管理部門の社員さまと成長できることに
日々喜びを感じながら仕事をさせて頂いております。

これから始める
「マナビート赤面教室」
は「趣味」をキーワードにした
プレゼンテーションを参加者同士で行うことで
自然とビジネススキルの中でも重要な
「プレゼンスキル」
を磨くことを目的とした研修になります。
基本的には参加者同士のワークが中心となっており
そのワークが研修の大部分を占めるという
重要な役割になっております。
この度は
その中でも貴重な
講義部分を一部分のみ紹介させて頂き
皆さまのプレゼンスキル向上のヒントに役立てて頂ければ
これ以上の幸せはありません。

それでは
どうぞ最後まで楽しんで頂けますと幸いです。

もくじ

【収録内容】

1.趣味を広めることと『プレゼンスキル』の関係は?

2.最強の『プレゼンスキル』って何?  

3.最強の『プレゼンスキル』の3つのポイント 
1)シナリオ【起承転結のあるストーリー】

4.最強の『プレゼンスキル』の3つのポイント    
 2)時間 ~その1~【文字数】について

5.最強の『プレゼンスキル』の3つのポイント 
2)時間 ~その2~【想い】について

6.最強の『プレゼンスキル』の3つのポイント 
3)準備【プレゼンの成功は準備で決まる】について

7.まとめ


趣味を広めることと『プレゼンスキル』の関係は?

そもそも趣味を広めることがどうして『プレゼンスキル』につながるの?
…という疑問からスタートしているかもしれませんね。

ではいきなりですが!
二つ質問です。

「あなたの趣味は何ですか?」

「その趣味の魅力をプレゼンして下さい!!」

「プレゼンテーション」って仕事でしか使わないと思っている方が多いですよね?
それをいきなり
「趣味をプレゼンしろっ」
て言われてびっくりしたかもしれませんね。
でもプレゼンはコミュニケーションを取る手段の一つですから
仕事でもプライベートでも
シチュエーションを選ばず日常的に行っているのです。
  
例えば皆さまがデートに誘いたい相手に対して思いつきで

「あれやろう!ここに遊びに行こう!」

と藪から棒には誘わないですよね?

「相手の喜ぶことは何?どのような方法?どのようなタイミング?」

その切り出し方などを綿密に計算して
(ある時は仕事以上の情熱で)
誘うことですよね?
  
これだって立派なプレゼンなんですよ。

プレゼンはコミュニケーションの手段の一つ。
そして大切なのは「いい情報」「プラスの情報」
を『最も効果的』に交換し合うこと。

そのために「プラス面」である『魅力』を充分に理解している
「趣味」を充分に理解できるように相手に伝えることが
「プレゼンスキル」=「コミュニケーションスキル」
を向上させるのにとても役立つことになるのです。

最強の『プレゼンスキル』って何?

成功するプレゼンとはどんなものなのでしょうか?

それには3つのポイントがあります。

1)シナリオ【起承転結のあるストーリー】

2)時間【「文字数」と「想い」】

3)準備【プレゼンの成功は準備で決まる】

この3つがそろうと
あなたの「プレゼン」により
相手はあなたの伝えたいことを充分理解することができます。

つまり…
最強の『プレゼンスキル』を手に入れることになります!

この3つのポイントを次回以降で一緒に学んでいきましょうね。

最強の『プレゼンスキル』の3つのポイント 1)シナリオ【起承転結のあるストーリー】

プレゼンを行うに当たって、最初に重要な事は
『起承転結のあるストーリーを作り上げる』
ということです。

中学校の夏休みの宿題を思い出してください。
自由作文を作成する際のポイントとして、
「起承転結」で構成することが大事だと教わったと思います。
仕事の場でも、そのポイントは変わらないのです。

では、「起承転結」とはどういうことだったでしょうか?
おさらいしてみましょう。


・起 → 物語の導入部です。
これから物語を読む上で必要な知識を紹介する部分となります。

・承 → 「承」は「受ける」を表します。
「起」で提起した事柄を受けさらに進めて理解を促し、物語の導入である
「起」から、物語の核となる「転」へつなぐ役目を果たす部分となります。

・転 → 物語の核となる部分です。
物語の中で最も盛り上がりを見せる部分となります。

・結 → 「オチ」とも呼ばれる部分です。
「転」での結末が最終的にどうなったのかを描いて
物語を締めくくる部分となります。


特に「転」は、最も大きな転機を見せる部分であり、
「起」や「承」では想定できなかった展開をすることで関心や興味を
「ぐっ」と引き寄せる、大事な部分となります。


ストーリーの軸がしっかりしている話は、
相手に聞き飽きさせることはありません。
逆にストーリー性のない話は、聞いてもらう興味を
なくさせてしまいます。

プレゼンの失敗例で多いケースですので、
十分にストーリーを練り上げましょう。


読者登録

中村 雄介さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について