閉じる


【本編】「踏み越えてはいけないラインを知るもの。」

介護とは・・・「踏み越えてはいけないラインを知るもの。」

精神病院や認知症の一般の認識は僕達専門職が思っている以上に厳しいものがあります。このことをぼくが強く感じたのにはとあるお客様との出会いと別れがきっかけとなりました。

それは3年前に遡ります。

 

(Aさん、男性、60代後半)

僕が今の職場で働き始めて、すぐに僕の名前を覚えてくれたAさん。

毎週1回の利用の際には『岡本さん、おはよう!』と職員の僕よりも先に、挨拶をしてくれたのがAさんでした。

Aさんとは、大好きなプロ野球のことなどの雑談を含め、個別機能訓練での筋力トレーニングや同性なので入浴支援など様々なことで僕とAさんは関わりを持ち、Aさんも週1回の利用をとても楽しまれていました。

(実際に周りの職員からも僕が入社してから、Aさんは表情が良く元気になったと言われていました。)

いつしか僕もAさんと会話をするのを楽しみに仕事をしていました。



しかし、Aさんの介護認定の有効期限がきて更新の時期となりました。Aさんは要支援1だったので、ぼくたちのデイサービスの相談室内で担当のケアマネジャーと担当者会議を開催しました(本人、担当ケアマネジャー、僕(生活相談員)の3名出席)。

Aさんは若くしてアルツハイマー認知症の診断を受けており、病気のことや精神病院に通院していることをとても気にされていました。
僕はケアマネジャーに情報提供と確認の意味を込めて、「Aさんは精神病院で近々検査することになっているそうです。」と伝えました。

大学時代に施設実習等で若くしてアルツハイマー認知症と診断された方とお会いするのは初めてではありませんので、僕にとっては、Aさんが精神科を受診し、検査することは特別気にならないことでした。

そしてケアマネジャー含め、デイサービスのスタッフも認知症の診断や精神科の受診・検査については特別な印象を受けてはいなかったのです。

ただ、それはあくまでわたしたち介護の専門職の見解なだけであり、Aさんにとっては例え相手が介護の専門職でも言われたくないことだったのです。

Tさんは(精神病院への)検査入院のことを『そりゃ言っちゃいけないよ!オカモトさん』と怒るわけではなかったのですが口調がいつもより強く、間違いなく精神科の受診・検査のことは触れてほしくないんだとぼくに伝えていたと感じとりました。


「それでは退院したら連絡してくださいね」とケアマネジャーから本人に伝えたところで、担当者会議を終えました。

その日からAさんはデイサービスを休みました。

検査入院はどれくらいかかったのかわかりません。何一つ連絡はきません。
真夏の担当者会議から月日は流れ、3ヶ月が過ぎたときのことです。

担当ケアマネジャーから連絡が入りました。

『Aさんが自宅で亡くなりました。』


Aさんは死後一週間がたってから発見されたそうです(死因は不明、自殺か?結局は分からなかった)。

Aさん、あなたはどのような想いで最期を迎えたのですか?

ぼくの病気への理解、世間体への理解がもっと深ければ・・・Aさんへの理解が、Aさんの病気に対する思いへの
理解が深ければ、表面的な付き合いだけでなく心からの触れ合いができていたならば、あなたはこれほど苦しまずに
今もデイサービスに来て楽しく生活できていたんじゃないか・・・。

そのような想いでいっぱいです。


Aさん、あなたへ僕は何もできなかった。そしてあなたへ償うことはできなくなったけれど、同じように苦しむ人へ心的な理解を深めること、多くの方へ理解を得ること、これらが僕ができることであり、これから行うことだと思っています。

これがぼくの償いだと感じています。


介護とは・・・「踏み越えてはいけないラインを知るもの。」

 

専門職だからといって何でも喋っていいわけではない。


【考察】「踏み越えてはいけないラインを知るもの。」

生活相談員やケアマネジャーとして働いていると、新規のお客様のフェイスシートやアセスメントシートなどこれから来る(予定)お客様の個人情報を簡単にいただくことができます。

 

生年月日や介護度だけでなく、そのお客様の病歴から生活歴までその時点で入手できる情報を知ることができます。

 

その情報をもとに新規のお客様が僕達のデイサービスを利用しやすいように配慮していくのが仕事の一つとなります。

 

今回のAさんのケースで言えば、僕はAさんのことを病歴や介護度などの部分以外でも普段の関わりの中でAさんの人間性を知ることができ、慢心していたのだと思います。

 

僕は生活相談員として、専門職として、お客様のことを知っている、だからその情報を伝えることは仕事の一つだと言うのはあくまで専門職の立場からの視点に過ぎないのです。

 

僕が大学4年のとき、知的障害者更生施設(当時の名称そのままで掲載します。)での実習の後に、ゼミの講師から言われたことがあります。

 

「施設の相談員や専門職というのは非情に難しい存在だ。もし君が自分の家に帰ったときに、見ず知らずの人間がいて、『これから君の援助をするからよろしく!』なんて言われたらどう思うだろう?」と。

 

お客様の視点からすれば、見ず知らずの人間・・・お客様の人生の半分も生きていない人間にいきなり「支援します」、「援助します」、「福祉の仕事をしているので」と言われて「はい、よろしくお願いします。」と素直な気持ちで言えるだろうか?

 

ましてや、そのような人間に自分の過去や触れられたくないことを言われたらどんな気持ちになるだろうか?

 

僕は”専門職”という言葉を武器にお客様のプライドを切り裂いてしまったのかもしれないと反省しています。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

コメントは自由制です。一見さんも読者も大歓迎です。

※心無い非難・誹謗・中傷等は削除させていただきます。

 

次回配信日は12月18日です。

「介護とは・・・変わらない素晴らしさを知ること。」です。

岡本大輔。


この本の内容は以上です。


読者登録

岡本大輔@読書コミュニケーター(社会福祉士)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について