閉じる


地球の人類よ永遠に

 宇宙って無限なのだろうか

 

 宇宙には果てがあるのだろうか

 

 果ての向こうにまた別の宇宙があるのだろうか

 

 そのまた果ての向こうは無限大なのだろうか

 

 考えれば考えるほど無限だ

 

 地球以外の星にも人類は存在するのだろうか

 

 その星は何億光年も離れているのだろうか

 

 光の速さで何億年も離れているのなら

 

 お互いの星の人類は出会えることはあるのだろうか

 

 地球の人類は永遠に続くのだろうか

 

 56億7千万年後には地球は滅びるかもしれないらしい

 

 太陽が膨張し地球まで飲み込まれるらしい

 

 でもそのとき救世主が現れるらしい

 

 どこかよその星に移住するのだろうか

 

 地球の人類は永遠に続いて欲しい

 

 希望を失うような予言なんて信じたくない

 

 案外地球の人類の未来は明るいだろう

 

 私の頭の中にはハッピーエンドの未来しかない


昔の恋なんてさよなら

 昔の恋なんて忘れてしまおう

 

 昔の恋なんてうまくいなかい

 

 十年前に付き合っていた

 

 そんな相手なんてとっくに自分のことなんか忘れているだろう

 

 今と未来が大事

 

 今出会っている人を大切にしよう

 

 過去はもう終わったこと

 

 もう取り戻すことはできない

 

 特に女なんて過去の恋なんて忘れるもの

 

 男の方が過去の恋にこだわっている

 

 さあ新しい恋を見つけよう

 

 何も恐れる必要なんてない

 

 だめでもともと

 

 積極的に行こう

 

 独身で恋人のいる人といない人は半分半分

 

 まだ可能性はある

 

 チャンスはあるはずだ


心と心

 人間関係を変えたいなら

 

 言葉や態度より先に

 

 心を変えよう

 

 心と心で通じ合っている

 

 そう信じよう

 

 自分の方から優しく温かい心になれば

 

 周りの人たちも優しく温かい心に変わる

 

 そうすればお互い言葉や態度も自然と変わるもの

 

 周りの人たちが急に変わって見えてくる

 

 新しい人との出会いも楽しくなってくる

 

 自分自身の心がけ次第で

 

 人間関係を大切なことにできる

 

 全員とうまく付き合っていけるわけじゃなけど

 

 そのうち気の合う仲間とも出会えるだろう

 

 一生大切にできる人とも巡り合えるかもしれない

 

 周りの人たちに感謝できるようになれば

 

 周りの人々の態度も変わってくる

 

 人間同士のいさかいごともなくなるかもしれない


未来へのプレゼント

 現在のことは過去からのプレゼント

 

 未来のことは現在からのプレゼント

 

 現在の行いが未来の自分を決める

 

 過去の失敗を参考にして現在に活かせばいい

 

 現在の行いの選択が未来を決めると知れば

 

 おのずと現在の行いは変わるはず

 

 過去の行いによって現在損をしたと

 

 散々思い知らされてきた

 

 逆に過去の行いによってすばらしいプレゼントを受けたこともある

 

 プレゼントを受け取るたびに感謝する

 

 感謝は次の感謝を産む

 

 逆に過ちは怒りや憎しみから始まることが多い

 

 世の中自分の思い通りいかなくて当たり前だ

 

 いちいち思い通りいかないからと怒っていたらきりがない

 

 「ああ、またか」と思って、早く気分を切り替えた方がいい

 

 当然、自分にとって都合のいいことも悪いことも両方起こる

 

 一回一回の出来事に一喜一憂して当然だが

 

 嫌なことは「ああ、またか」と早目に忘れて

 

 いい思い出を大切にして感謝した方がいい

 

 現在の行いが未来への素敵なプレゼント

 

 そういうことを心がけていれば幸せでしょう


人を信じること

 人を信じられるようになろう

 

 その前に自分自身を信じられるようになろう

 

 自分自身のことを疑ってばかりいると

 

 人のことも疑ってばかりいるようになる

 

 人に心があるということは

 

 人にはそれぞれ神仏から与えられた魂がある

 

 当然自分自身も神仏の心の一部を預けられている

 

 一人一人の人間は尊い

 

 しかし、神様のような人間もいなければ

 

 悪魔のような人間もいない

 

 人はそれぞれ過ちを犯す

 

 完璧な人間などいない

 

 人を非難することは簡単だが

 

 自分自身も非難されるべきところはあるはず

 

 人を非難するたびに自分自身のことを嫌いになる

 

 人を非難することはやめて

 

 人も自分自身も許すことを心がけよう

 

 人も自分自身のことも許せるようになれば

 

 人も自分自身のことも信じられるようになるだろう



読者登録

さくらじまゆうすいさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について