目次
目次
てきすぽどーじん5号 「初体験」
「親不孝ウエストゲイパーク」 山田佳江
親不孝ウエストゲイパーク
親不孝ウエストゲイパーク(1)
親不孝ウエストゲイパーク(2)
親不孝ウエストゲイパーク(3)
親不孝ウエストゲイパーク(4)
「原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~」 シゾワンぷー
原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~
原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~(全)
「穴蔵の娘」 雨森
穴蔵の娘
穴蔵の娘(1)
穴蔵の娘(2)
穴蔵の娘(3)
穴蔵の娘(4)
穴蔵の娘(5)
「パラレルワールドの僕」 香吾悠理
パラレルワールドの僕
パラレルワールドの僕(1)
パラレルワールドの僕(2)
パラレルワールドの僕(3)
パラレルワールドの僕(4)
パラレルワールドの僕(5)
パラレルワールドの僕(6)
パラレルワールドの僕(7)
パラレルワールドの僕(8)
「テキスポで暮らした人たち」 蟹川森子編
テキスポで暮らした人たち
テキスポで暮らした人たち(1)
テキスポで暮らした人たち(2)
「惟任百里的初恋探偵物語」 あやまり堂
惟任百里的初恋探偵物語
惟任百里的初恋探偵物語(序)
惟任百里的初恋探偵物語(1)
惟任百里的初恋探偵物語(2)
惟任百里的初恋探偵物語(3)
惟任百里的初恋探偵物語(4)
惟任百里的初恋探偵物語(5)
惟任百里的初恋探偵物語(6)
惟任百里的初恋探偵物語(7)
惟任百里的初恋探偵物語(8)
惟任百里的初恋探偵物語(9)
誤訳捏造「OUTサイダー」 茶屋休石
誤訳捏造「OUTサイダー」
誤訳捏造「OUTサイダー」(序)
誤訳捏造「OUTサイダー」(1)
誤訳捏造「OUTサイダー」(2)
てきすとぽい広告
てきすとぽい
「異世界のメロディ」 松浦俊郎
異世界のメロディ
異世界のメロディ(序)
異世界のメロディ(1)
異世界のメロディ(2)
異世界のメロディ(3)
異世界のメロディ(4)
異世界のメロディ(5)
異世界のメロディ(6)
異世界のメロディ(7)
異世界のメロディ(8)
異世界のメロディ(9)
異世界のメロディ(10)
異世界のメロディ(11)
異世界のメロディ(12)
巻末の随筆
巻末容赦
てきすぽどーじん5号「感想会」のお知らせ
誤字脱字、誤植のお詫び
裏表紙
有料版購入者特典(PDF版ダウンロード)
購入者特典

閉じる


試し読みできます

親不孝ウエストゲイパーク







親不孝ウエストゲイパーク


山田 佳江





挿絵:香吾悠理




試し読みできます

親不孝ウエストゲイパーク(1)

 
 なにげなくテレビをつけると、1980年代のヒットソング特集が放映されていた。
「前も同じのやってなかったっけ」
 夕食の後片付けをしながら、佳江は夫に尋ねてみる。
「最近、似たような番組ばっかだよ」
「はーちゃん、これみたい!」
「あーくんも!」
 チャンネルを変えようとする和樹を、花香と敦士が妨害する。
「お風呂が沸くまでだからね」
 夫と子供たちの声を背中に聞きながら、佳江は食器を洗い始める。

 Hart on wave
 Hart on wave
 あなたは来ない
 私の思慕いを ジョークにしないで

 ふいに湧いてくる感情に、佳江は手を止めて振り返る。畳に胡座をかいて座っている和樹と、その背中をよじ登る敦士、膝の上にちょこんと座っている花香。三人が観ている三十二インチのテレビには、無表情で踊る二人組のアイドルが映し出されている。
「Wink、懐かしいなー」
「かわいいー、このひとたちすき」
「こらはーちゃん、テレビに触るな。あーくん、テレビ台に登ったらいかん!」
 大騒ぎする子供たちの声が、遠くなっていくように感じる。バブルを思わせる派手な衣装、人形のような表情、独特な手の動きの振り付け、それからこの歌詞。もう二十年も経っているというのに、この曲を耳にすると、佳江は必ず思い出す。彼の、いや彼女のことを。



試し読みできます

親不孝ウエストゲイパーク(2)

 
 佳江が通っていた高等学校は、芸術系の学科だったためか、変わった生徒が多かった。中学生の頃は学校に溶け込むこともできずに、孤立した日々を送っていた佳江だったが、高等学校の教室は居心地が良かった。そこには変人ばかりが集まり「場に溶け込む」ということなど、誰も気にしていなかったからだ。

 高校二年生の時、親しかった友人たちが演劇同好会を立ち上げた。他の部活に入っていた佳江は入会こそしなかったけれど、ファン第一号のつもりで、ちょこちょこと活動に顔を出したりしていた。
 その繋がりで増えた友人の一人に『池田くん』は居た。
「なんでみんな、彼のことを池田くんって呼ぶのかな」
「ラッキィ池田に似てるでしょ」
 なるほど言われてみれば、彼は振付師のラッキィ池田を、更にキュートにしたような顔立ちだった。

 その年の二学期の席替えで、佳江と池田は前後の席になる。
「いーくん、なに作ってるの」
 背中から声をかける佳江に、池田は作業の手を止めて振り返る。
「あのねあのね、ステージ衣装なのよ」
「うわあ、すごいね。それ全部自分で作ったん?」
「えへへー」
 池田は椅子に横向きに腰掛け、佳江の方を向いたまま、サテンのスカートの裾をまつり縫いしていく。
「細かい縫い目! そんなのよく出来るねえ」
「そんなことないよう。佳江ちゃんだって器用じゃない」
「無理無理」
 池田はごく自然に、女言葉を使っていた。高音のかわいらしい声。佳江は不躾な若さで、池田に聞いてみる。
「いーくんは、男の子が好きなの、女の子が好きなの?」
「僕はね、かわいい服を着たり、踊ったりするのは好きだけど、普通に女の子が好きだよ」
 予め用意してあったかのように、池田は質問に答える。
「ふーん、そっか」
 佳江は素朴にそれを信じる。こんなにも堂々と女言葉を使っているのなら、嘘をつくはずが無いと思い込んでいたのだ。少なくともその時は。

「昼休みにステージをやるから、佳江ちゃんも見に来てね!」
 池田はそう言い残して、昼食もとらずに教室を駆け出していく。
「ステージ?」
 弁当箱の包みを解きながら、佳江はクラスメイトの佐和子に尋ねる。
「普通科棟の前で、Winkを演るんだって。私もこれ食べたら、音響の手伝いに行かなきゃ」
「ああ、演劇同好会の」
「ううん、池田くんのソロ活動」
 ソロ活動? 面倒そうな顔をしてパンを食べる佐和子を、佳江はぼんやりと眺める。

 弁当を食べ終えてから、佳江は校舎を出て普通科棟の方角へと歩いて行く。グラウンドと校舎の間に、ステージが設置されている。
 ステージを遠巻きに見ている生徒たちがいる。多くは食堂から出てきた普通科の男子。

 Lonely ユラユラSwimmin
 ユラユラDreamin
 愛が揺れる

 Winkの『淋しい熱帯魚』だった。池田はボリュームのあるサテンのスカート、レースのキャミソール、ショートボレロを着ている。ウエーブのかかったロングヘアのかつらに、大きなチュールのリボン。
 そうして彼は、音楽に合わせて無表情で踊っている。鈴木早智子と相田翔子の振り付けを混ぜて、アレンジしてある。
「あれ男子?」
「キモい、ありえねー」
 悪意ある笑みを浮かべて、通りすぎていく生徒がいる。校舎の傍に、演劇同好会の顧問が立っている。その隣には生活指導部の教師が苦笑いで腕を組んでいる。演劇同好会の生徒たちは、恥ずかしそうに俯いて、けれど真剣に音響機器の傍に控えている。
 ゲリラ的に始まったステージは、一曲で終わり、池田と演劇同好会のメンバーたちは、挨拶も無く撤収する。
 拍手をしていたのは、佳江と、数人の女子だけだった。嘲笑と戸惑いの空気が、ステージ前に漂っている。だけど、池田は堂々と演じていた。教室では控えめな彼が、自分のやりたいことのために、人を巻き込み、人目に晒されることを選んだ。衣装を手配するのも大変だったろうし、練習もたくさんしたのだろう。
 池田が羨ましい、と佳江は素直に感嘆する。華やかな衣装を着て壇上に立つなんて、自分には絶対に無理だと分かっている。人にどう思われようと自分の道を進む池田が、佳江には眩しく思えた。

 それから何度も、池田はWinkを踊った。昼休みに演ることもあれば、放課後の場合もあった。『淋しい熱帯魚』以外のレパートリーも増えた。

「あ、あの子だよほら」
「えー、普通の男子じゃない」
 駅前で池田とたい焼きを食べていると、他校の生徒に指をさされた。
「さっきの子たち、いーくんのこと話してた」
「やだ、すっかり有名になっちゃって」
 池田は恥ずかしそうに笑いながら、カスタードクリームのたい焼きを、小さくちぎって口に運ぶ。
 佳江はすっかり、女子生徒と同様に、池田に接するようになっていた。彼が学ランを着ていることに、違和感を覚えるほどに。話せば話すほど、池田は女の子に思えたし、なぜ彼が笑われるのか、理解できなかった。

 

試し読みできます

親不孝ウエストゲイパーク(3)

 
 佳江は高等学校を卒業し、大学生になった。池田は卒業と同時に就職した。そうして、その後特にやりとりも無く一年半が過ぎた。

「久しぶり、大学生活はどう?」
「うん、課題制作に追われてる」
 佐和子とは、しばしば電話や手紙のやりとりがあった。一緒に飲みに行くこともある。
「今度さあ、池田の店に行こうよ」
「いーくんの店?」
 池田はデザイン事務所に就職したはずだった。店とはなんのことだろう。
「あれ、知らないんだっけ。池田は今、親不孝通りのゲイバーで働いてるんだよ」
「ゲイバー!」
 ゲイバーとは、男性同性愛者が集まる店ではなかっただろうか。
「そのお店、私たちが行ってもいいのかな」
「この間、友達と行ってきたけど、女だけでも大丈夫だったよ」
「そっかー」
 大学生になってから酒も覚えたし、居酒屋やパブにも行ってみたけれど、ゲイバーには行ったことが無かったし、行こうと思ったことも無かった。
 佳江は多大な興味を抱き、佐和子と週末に会う約束をした。

 天神を西に行ったところに、その通りはある。予備校の近くに繁華街があるために『親不孝通り』と呼ばれているのだ。
 天神で佐和子と待ち合わせをし、ゲイバーに向かう。『あんみつ姫』と看板の出された店は、佳江の想像よりずっと大きな店舗だった。
「ゲイバーって言うから、バーみたいなのかと思ってた」
 高校の教室の四倍くらいはありそうなフロアを、きょろきょろと見渡す。バーというよりは、ステージ中心のキャバレーみたいだと佳江は思う。とはいえ、キャバレーに行ったことがあるわけではなく、映画やテレビで知っている程度なのだけれど。
「いーくん、久しぶり!」
「わあ、来てくれてありがとう!」
 池田は肩の開いた黄色のドレスを着ている。伸ばしてパーマをかけた髪と、化粧が幾分上手になったような気がするけれど、高校時代の印象をそのまま残していた。
「ドレスかわいいねえ」
「谷間があるやん」
 華奢な身体のドレスの胸元は少し膨らんででいる。
「胸はまだ作ってないんだけど、がんばって寄せてるのー」
 池田に勧められ、二人はドリンクをオーダーする。フロアはほぼ満席だった。華やかな衣装に身を包んだゲイの人たちが、忙しそうに各テーブルを回っている。
「もうすぐショーが始まるから、楽しんでいってね」
 池田もすぐに席を立ち、フロアを出て行ってしまった。
「ショーとかあるんだ」
 佳江はそわそわと周囲を見渡す。ステージにはまだ緞帳が下りている。
「結構面白かったよ」
 佐和子は煙草に火をつける。佳江より先に社会人になった彼女は、随分と落ち着いていて、夜の街に慣れているように見えた。

「さっちゃんの仕事って大変なの?」
「そうでもないよ。そんなに難しい仕事じゃないし」
「ふうん」
 佐和子は高級補正下着の販売員をしていた。共通の友人の何人かは、佐和子に勧められて、フルセットで四十万円もする下着を購入した。もちろんローンを組んで。
「商品がいいからね、わりとよく売れるし」
 ファジーネーブルを飲みながら、佐和子はどうでも良さそうに言う。
 確かに友人から見せてもらったそのランジェリーは、素晴らしいものだった。着用の仕方には順番がある。強力に締め付けるストッキングを履きながら、脂肪を少しずつ、上へ上へと持ち上げていくのだ。そうしてガードルを履き、コルセットを着け、全身の脂肪を持ち上げて、一斉にバストに集める。
 友人は、BカップのバストがGカップになった。ウエストは引き締まり、胸は峰不二子みたいなミサイル型に整えられる。元々はふくらはぎの脂肪だったものが、驚異的にも胸まで上がってくるのだ。
「もう、元の体型じゃ外を歩けない。恥ずかしくて」
 彼女は本気でそう言っていたし、確かにこれは四十万円の価値があるのだろうなあ、と佳江は思う。
 だけど、佐和子は佳江に下着を売らない。声を掛けてくれれば、フルセットは無理でも、ブラジャーやショーツの一枚くらいは買ってあげようと思っていたのに、彼女は佳江のことを、一度も店に誘わなかった。貧乏学生だから、気を使っているのだろうか。

 ソルティードッグを半分飲み終えた頃に、フロアは暗くなり、ステージが始まった。緞帳が上がり、派手な衣装に身を包んだキャストたちが、音楽に合わせて踊りだす。端の方に、笑顔でステップを踏む池田の姿が見える。
「宝塚みたいねえ」
 佳江の声は音楽に掻き消されて、佐和子に届かない。
 毒舌のママが、舞台挨拶をしている。ファンが多いらしく、フロアのあちこちから歓声が上がっている。その半数近くが女性客だった。
 コントがあり、ダンスがあり、旅一座風の芝居があったりで、想像していたよりも、随分とエンターテイメント性の高いショーだった。

 舞台が幕間になり、キャストたちが接客に回ってくる。追加注文したスナックを食べていると、佳江たちの席にママがやって来た。
「あんた、女を捨ててるわね」
 向い合って座るなり、ママは佳江を一瞥する。
「なによ、そのひどい格好」
「え、ひどいですか」
 とりあえず反論はしてみるけれど、確かにひどい格好だった。ボディコンのワンピースを着て、フルメイクでばっちりと決めている佐和子に比べ、佳江はTシャツとジーンズにスニーカーという姿だ。数ヶ月もカットしていない髪は、飾り気の無いゴムでひとつに束ねただけだった。
「ママは綺麗ですね」
「当たり前よ、どんだけ金かけてると思ってんの!」
 佳江の目の前に座るママは、顔立ちも整っているし、ノースリーブのドレスから伸びた二の腕には、無駄な脂肪などついていなかった。黙っていれば、完全に女性に見える。
「あんたは相当遊んでるんでしょ」
 話を振られて、佐和子が楽しげに笑う。そうしてひと通り私たちを貶してから、ママは次のテーブルに移動した。
「言われた言われた」
 二人で顔を見合わせて苦笑する。向こうのテーブル席では、同様に罵倒された女性たちが、嬉しそうに手を叩いている。こういうサービスの形もあるのだなあと、佳江はしみじみ思う。

「お飲み物はいいですかあ?」
 別のキャストが佳江たちのテーブルにやってくる。
「あ、じゃあ注文しようかな」
 ふくよかで優しげな人だった。色白な肌は、ふんわりとしてさわり心地が良さそうだ。
「アイちゃんのお友達なんでしょう」
 池田の源氏名が『アイ』だったことを、佳江は思い出す。
「そうですよ」
「高校の同級生なんです」
 彼女は椅子に浅く腰掛けてから、佳江の顔を見る。
「ずっと、友達でいてあげてね」
 ゆっくりと説き伏せるように、その人は言葉を発する。
「アイちゃんね、すごく繊細なの。本当は夜の街で働くような子じゃないのよ。だからこうしてあなたたちがお友達でいてくれることが、救いになっていると思うの。今日はとても嬉しそうだったもの」
「はい……」
 彼女が席を立ったあとも、佳江は暫くそのことについて考えていた。池田はこの仕事を楽しんでいるのだと思い込んでいた。だけど、ゲイとして働くということは、それほど単純なことではないのだろうか。

 次のステージはママの日本舞踊だった。着物姿でしなやかに舞うママは、本当に美しかった。なるほど、女らしさとはこういうことなのか、と佳江は思う。
(あんた、女を捨ててるわね)
 ママの言葉が反芻される。
(違うよママ)
 佳江は想像の中で反論してみる。
(捨てたわけじゃない。まだ始まってすらいないの)
 たまたま女の身体で生まれた。それだけのことだ。性に対して無自覚で、美しく装う必要も感じなかった。捨てたわけではない、女としての生き方を、まだ知らないだけなのだ。

 フィナーレのダンスで、池田はセンター付近に居た。スポットライトに反射して、汗が輝いている。余裕の笑みを浮かべて踊るママと比べ、真剣にスポーツでもしているように見えるのは、池田がまだ拙いためなのだろうか。
 
 親不孝通りのハンバーガーショップでコーヒーを飲んでいると、私服に着替えた池田がやってきた。
「今日はありがとう!」
「お疲れ様ー。今から飲み直そうかと思ってるんだけど、池田も来るよね」
 とはいえ、日付はとうに変わっている。店じまいしている飲み屋も多いが、始発まで時間を潰さなければならない。
「じゃあうちに来ない? お酒とか買っていこう」
 親不孝通りを抜け、警固公園をブラブラと歩く。佳江の右に佐和子、左に池田が居る。
「油とり紙持ってない?」
 佐和子が佳江越しに、池田に尋ねる。
「あるよ、ちょっと待ってね」
 ポシェットから、花柄のポーチを取り出し、池田は佐和子に油とり紙を手渡す。
 自分をすっとばし、池田に聞いたことに、佳江は釈然としない気分になる。確かに、佳江は油とり紙を持っていなかった。佐和子の判断は間違っていない。だが、釈然としない。

 池田のマンションは、天神の外れにあった。缶チューハイやスナック菓子の入ったコンビニの袋を、小さな座卓に置く。部屋の半分をベッドに占められた、コンパクトなワンルーム。佳江より背の低い冷蔵庫の上には、なぜか綺麗に洗ったジョージアの缶が、いくつも並べられている。
 毛足の長いラグの上に、座卓を囲んで座り、買ってきた缶チューハイを飲む。カーテンの向こうに見える空が白んでいる。もうすぐ夜が明ける。三人ともそれなりに疲労していた。
「これ観ていい?」
 話すこともなくだらだらと酒を飲んでいたら、佐和子がビデオテープを物色し始めた。VHSテープに書かれたラベルは、佳江の位置からは見えない。
「いいけど、佳江ちゃん大丈夫かな」
「なになに、怖いやつ?」
「怖いと言えば怖いかもねえ」
 佐和子が笑いながら、VHSテープをビデオデッキに入れる。

「……ん?」
 その映像は途中から始まった。目を凝らしても、なにが行われているのか、佳江には理解できなかった。画面いっぱいに映しだされた肌色。
「ふうん」
 佐和子は興味深そうにその映像を見ている。池田はスナック菓子の包装を、皆が取りやすいように広げている。
「え、これなにやってるの」
 次第に、それがなんなのか分かってくる。男性の肛門付近が、十九インチのブラウン管にアップで映しだされている。そして肛門から、数珠つなぎになった白い球体が、ぽこん、ぽこん、と出てきているのだ。
「アナルパールだよ」
 池田は冷静に解説してくれる。
「お尻に挿入するの」
 想像もしていなかった世界に、佳江は絶句する。男性同性愛者が、セックスに肛門を使用するということを、知識として知っていた。しかし、画面に映しだされていたものは、佳江が想像する性行為とは随分と違っていた。モザイクも無しに拡大されたそれは、まるでウミガメの産卵だ。
 画面が変わる。男性が男性の性器を口に含んでいる。太腿を大きく広げ、二人とも激しく活動している。

「いーくんは、女の子が好きって言ってなかったっけ」
 ビデオの感想を避けるように、佳江は池田に尋ねてみる。
「高校の頃はそう答えるようにしてたの」
「そうだったんだ。隠さなくても良かったのに」
 悪気も無く言う佳江に佐和子が
「皆が佳江みたいに単純だといいんだけどね」
 と皮肉を言う。佐和子の意見に同意するかのように、池田も静かに微笑む。
 単純。
 その言葉に口を尖らす。私だって、色々悩み考えて生きているのだ。と佳江は思う。
「普通に生きていければいいんだけどね」
 ポテトチップスの小さいかけらを口に運びながら、池田がつぶやく。
「普通の会社で働きたいと思ったら、男として振る舞い続けるしかないし」
「もっと、ゲイが認められばいいんだけどねえ。偏見もあるからね。エイズとかさ」
 尖らせた口の行き場の無いまま、二人の話を黙って聞いていた。大変な生き方なのだな、と思う。そこまでして女性として生きたいというのが不思議に思えた。

 もし私が男性の身体で生まれていたら。佳江は想像してみる。
 きっと、男性として生きることを選ぶのだろう。今は男の人が好きだけれど、女性の恋人を作り、女性とセックスし、女性と結婚するだろう。だってマイノリティとして生きていくのは、あまりにも大変そうだから。そこまでして守りたい女としての自己は、佳江には無かった。

 目の前の現実に困惑する。
 どうして神様は、ママや池田くんを、女の子にしてあげなかったのだろう。
 性なんてどうでもいいと思っている私には、女の身体を。女性として生きることを強く望んでいる彼女たちには、男性の身体を。
 なんなら、身体が入れ替わってもいい。ママや池田くんなら、この身体を女性として大切に扱えるだろう。私なんかに与えられるのは、無駄過ぎる。女として自分を磨く方法を、私は知らない。

 空はすっかり青くなり、始発もとうに動き出した。佳江と佐和子はまだ深夜のテンションのまま、池田のマンションをあとにする。
「また遊ぼうね」
 池田が玄関で手を振る。佳江が彼女の姿を見たのは、それが最後だった。

 


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について