目次
目次
てきすぽどーじん5号 「初体験」
「親不孝ウエストゲイパーク」 山田佳江
親不孝ウエストゲイパーク
親不孝ウエストゲイパーク(1)
親不孝ウエストゲイパーク(2)
親不孝ウエストゲイパーク(3)
親不孝ウエストゲイパーク(4)
「原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~」 シゾワンぷー
原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~
原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~(全)
「穴蔵の娘」 雨森
穴蔵の娘
穴蔵の娘(1)
穴蔵の娘(2)
穴蔵の娘(3)
穴蔵の娘(4)
穴蔵の娘(5)
「パラレルワールドの僕」 香吾悠理
パラレルワールドの僕
パラレルワールドの僕(1)
パラレルワールドの僕(2)
パラレルワールドの僕(3)
パラレルワールドの僕(4)
パラレルワールドの僕(5)
パラレルワールドの僕(6)
パラレルワールドの僕(7)
パラレルワールドの僕(8)
「テキスポで暮らした人たち」 蟹川森子編
テキスポで暮らした人たち
テキスポで暮らした人たち(1)
テキスポで暮らした人たち(2)
「惟任百里的初恋探偵物語」 あやまり堂
惟任百里的初恋探偵物語
惟任百里的初恋探偵物語(序)
惟任百里的初恋探偵物語(1)
惟任百里的初恋探偵物語(2)
惟任百里的初恋探偵物語(3)
惟任百里的初恋探偵物語(4)
惟任百里的初恋探偵物語(5)
惟任百里的初恋探偵物語(6)
惟任百里的初恋探偵物語(7)
惟任百里的初恋探偵物語(8)
惟任百里的初恋探偵物語(9)
誤訳捏造「OUTサイダー」 茶屋休石
誤訳捏造「OUTサイダー」
誤訳捏造「OUTサイダー」(序)
誤訳捏造「OUTサイダー」(1)
誤訳捏造「OUTサイダー」(2)
てきすとぽい広告
てきすとぽい
「異世界のメロディ」 松浦俊郎
異世界のメロディ
異世界のメロディ(序)
異世界のメロディ(1)
異世界のメロディ(2)
異世界のメロディ(3)
異世界のメロディ(4)
異世界のメロディ(5)
異世界のメロディ(6)
異世界のメロディ(7)
異世界のメロディ(8)
異世界のメロディ(9)
異世界のメロディ(10)
異世界のメロディ(11)
異世界のメロディ(12)
巻末の随筆
巻末容赦
てきすぽどーじん5号「感想会」のお知らせ
誤字脱字、誤植のお詫び
裏表紙
有料版購入者特典(PDF版ダウンロード)
購入者特典

閉じる


<<最初から読む

45 / 61ページ

試し読みできます

異世界のメロディ(1)

 
 第一章 リセットされた世界で


 消えてゆく飛行機雲を眺めていたような気がした。
 でもそれは幻で、そこにあるのは黒い架線の影だった。さらに体を揺さぶる風圧を伴って、特急電車がプラットホームに立つ五十川のすぐそばを駆け抜けてゆく。
 パンタグラフと架線の間で、青白い光が瞬くのが見えた。
 なにか大切なことを忘れているような気がする。
 別に答えが書いてあるとは期待していないが、五十川は制服の袖をめくって腕時計の針を見た。
「どこかにぶつけた、かな?」
 五十川の腕時計は、ハンマーで殴られたみたいに文字盤がぐちゃぐちゃになっていた。ただ日付だけは九月一日を指しているから、たぶんそうなんだろうと思う。
 五十川のほかには誰もいないプラットホームを見渡してため息をつく。
 残念ながら、今五十川が立っている位置からは駅の電光掲示板はみえない。しかし列車の接近を知らせるランプが点灯しているから、まもなく次の電車は来るのだろう。
 入線してきた電車に乗り込み、がらがらのシートに腰掛ける。同じ車両内には、多く見積もっても数人しか乗っていない。
 いつもこんなに乗客は少なかっただろうか。
 車窓からはのどかな田園風景がみえる。
「ん?」
 おかしい。なにがおかしいのか自分でもよくわからないが、見慣れた通学の車窓ではないようだ。下り列車と上り列車を間違えたのだろうか。
 目に入ってくる風景に疑問を覚えたとき、今どのあたりを電車は走っているのだろうかと気になり始めた。
 こういうものはたいてい芋づる式になっていて、一つわからないと次々と連鎖的に疑問がわいてくる。
 次の駅名は?
 降車するべき駅は?
 自分の名前は五十川良樹で、本当に合っているのか?
「ゲームのしすぎ、だな」
 我ながらばかばかしい妄想だ。そう切って捨てるのは簡単なことだったが、どうしても切り捨てられない理由もあった。
 しばし流れる車窓の景色をみてからつぶやく。
「やべぇな。マジでわかんねーや」
 今の五十川には、疑うべき解答すら浮かんでこないのだった。つまりは左手首の九月一日を示す腕時計と、ポケットの生徒手帳を信用するしかないことになる。
 睡眠不足は、記憶力の低下や判断力を鈍らせるだけでなく、どうやら感情も殺すらしい。
 確かな記憶もない上に、どこに向かっているのかもあやふやな電車に揺られているというのに、五十川はただぼんやりと車窓の景色から中吊り広告に視線を移しただけだった。
 深く考えることを脳が拒絶している。
 そんな感じがしていた。
 結局、終点から二つ前の駅で下車した。
 意識が覚醒したわけじゃない。相変わらず夢の中にいるようだったが、脳みそではなく体が通学路を記憶しているようだ。
 改札を抜けると、でっかい桜の木を中心にした駅前ロータリーのような場所に出た。
 ICチケットをかざしてちょうど停車していたバスに乗り込む。電車同様こちらも九割が空席だった。五十川のほかは律儀にシルバーシートに座っている年寄りだけだ。
 なんだか銀河鉄道の夜みたいだな、と五十川は思った。
 もっとも、こちらは天の川を駆ける列車ではなく真っ昼間に田舎道をすっ飛ばすバスだったし、そもそも五十川には友達はいなかったから誰かが乗車してくることもないだろう。
 途中、バスは丘の上にある療養施設で年寄りを降ろして、五十川の専用車になった。
 運転士は意味がないと思ったのか、車内アナウンスを次々と切り替えてバス停を華麗にパスし、終点で五十川を降ろすと回送表示にして走り去っていった。
 ここであっているんだよな?
 自分自身に言い聞かせ、バス停からつづくゆるい坂道を登っていく。坂道は途中からトンネルになり、トンネルを抜けると――。
 どこかのニュータウンかと思った。もしくは工業団地だ。
 トンネルの出口。つまり、五十川が立っている場所はその造成地から少し高い位置にあり、はるか先まで見渡せるのだが、団地のような建造物の列はどこまでも続いていた。
 足元だけに注意を払って頭を使わずに通路、階段、渡り廊下を進んで行くと『2014』というプレートが貼ってある扉の前にいた。
 ポケットにあった鍵を差し込み右に回す。軽い金属音がして、扉は簡単に開いた。
「寮の部屋だったのか……」
 だんだんと記憶が蘇ってくる。
 五十川はデスク上のカレンダーで日付を確認した。
 カレンダーは七月のまま。そして腕時計は九月一日に壊れたようだ。
 なんのことはない。記憶喪失とか大げさなものではなくて、たんなる夏休みボケだ。
 問題はすべて解決した。……はずだった。
 校舎はどこも静まりかえっている。すでに始業式は終っているのだろう。始業式なら、講堂に行けば何となくみたような顔がいる可能性があった。だけど、今の五十川には自分の行くべき教室がわからない。
 頭がぼんやりしているから仕方がない。夕方まで待って、寮に生徒らが帰ってくれば同じクラスのやつだって見つけることができるだろうし、夏休みの馬鹿話でも聞いていれば頭も覚醒してくるに違いない。それまでは適当に時間をつぶしていよう。
 そして彼女に出会った。女声コーラスが聞こえる音楽室の前で。


 

試し読みできます

異世界のメロディ(2)

 
 彼女。つまり音楽室の前を行ったり来たりしていた女の子は、胃痛か胸焼けかというような顔をしていたが、五十川に気づくと大きな丸に近い目をさらに見開いて、まるで着替えを覗かれたみたいな表情になった。
 小柄だけどスマートだったし、短めのスカートから伸びる足はまっすぐできれいだったから、思わず視線を向けていたのは確かだ。だから警戒されたのかな、と五十川は思った。
 他人から干渉されない方法は、一に他人をみない。
 これは鉄則だ。みるということは、相手からも等しくみられるということだから。
 そういう意味では、五十川らしくないミスを犯した。
「あ、あの……」
 空気をうまく取り込めないのか、女の子は口をパクパクさせている。
「コーラス部の先輩ですか?」
「まさか」
 返事はできるだけ素っ気なく。そして何事もなかったように立ち去るのが正解だ。
 それはわかっていた。
「そうですよ、ねぇ……」
 二つに結ってあるとても長い髪を大きく揺らして、女の子は大げさなため息をつく。
 その大きなリアクションと、ちらっと見えたうなじのせいで、無視するタイミングを逃してしまった。
 だからどうでもいいことを口にした。
「きみは?」
「わたし、初音久美(ういねく み )っていいます。一年生です。先輩はここに知り合いがいるんですか?」
「先輩?」
「だって、ネクタイの色が」
 五十川は自分のネクタイをみる。どうも色で学年がわかるようだ。
「先輩なんて呼び方はやめてくれ。俺は五十川良樹。生徒手帳が間違いなければ三年だ」
「?」
 久美は思っていることがすぐに顔に出るタイプのようだ。
 五十川のことばを聞くと、「なにをいってるんだろう?」といった様子で首をかしげた。
「あー、気にしないでくれ。ちょっと記憶が混乱気味なんだ」
「記憶喪失なんですか?」
「ちょっと違うけど、まあそんなところだ」
 高校に入ってから、ほとんど誰とも口をきいていない五十川だったが、マイペースながらも次々と質問を投げてくる久美のおかげでいきなり最長記録更新だった。
 本当はすぐにでも立ち去りたかったが、不思議と久美にみられていると離れられない。
「で。グミは音楽室の前でなにやってるんだ?」
「久美です! クミ!!」
 久美はスリムな胸の前でこぶしを作って力説する。
 すまし顔のアイドル気取りな生徒かと思ったが、話してみると面白いヤツだな。
 それが初音久美の第一印象だっだ。それ以上でもそれ以下でもない。すぐにその場所を立ち去ってしまえば、もう二度と会うこともなかっただろう。
「わたし……。コーラス部に入りたかったんです」
「え?」
 その場から歩き始めようとしていた五十川は、消え入りそうな久美の声に振り返る。
 恥ずかしそうに頬を赤らめて、久美は視線を地面に落としていた。
 それが、「なにをやっているんだ?」という五十川の問いかけに対する返答だと気づくまで、だいぶ時間がかかった。五十川は久美が本当に答えるとは思っていなかったからだ。
 それに「コーラス部に入りたかった」という答えも、唐突すぎた。
「なんで今頃?」
「わたし、変な声だから……。怖くて春に入部できなかったんです」
 いわれてみれば、たしかに久美の声はいわゆる『アニメ声』だ。でも地声で歌うわけじゃないだろうし、挑戦しないのはもったいない気がする。
「部長には会ってみたのか?」
 久美はボリュームたっぷりの髪を揺らして首をふる。
「じゃあ、直接話してみたらどうだ?」
「……それができれば、苦労はないです」
 いくら入部したいといっても、音楽室の前をうろうろしているだけじゃあ前進しない。それに五十川には別の事情もあった。
 この場からの自然な離脱である。
 どういうわけか、久美と話していると自分のペースが、つまり空気みたいな存在でいるということが貫けない。どうあっても守らなければならないポリシーとは違うが、余計なトラブルから身を守るためには気配を消して生きることが必要だ。
 だから体よく久美と別れるためには、彼女には音楽室に入っていってもらうのが賢明だと五十川は判断した。
 だから久美に、「思い切ってコーラス部を訪問してみなよ」といった。
「そんなっ――」
 久美は五十川の言葉が信じられないといった感じで、絶句している。
 なにをいっても余計なことになるのはわかっていたが、もし今第三者が現れたら話はもっと複雑になってしまう。だからとっさに思いついたことを口にした。
「いやさ、うろうろしていても始まらないだろ。向こうに怪しい生徒って思われてから話を始めるより、先手を打って交渉した方がいいと思うんだ」
「そんなもんなんでしょうか……」
「そんなもんだよ」
「それじゃ、五十川さん一緒に来てくださいっ!」
「え!?」
 今度は五十川が絶句する番だった。
 久美は、逃がすものかとでもいうように五十川の袖口をつかんでいる。
「いくらなんでもそれは不自然だろ?」
「それなら、五十川さんはわたしのお兄さんということにしてください」
 理屈も無茶苦茶だが、久美がつかんでいる手にも相当力が入っていた。
「おいおい」
 久美は五十川の背後に回り込み、背中を押しながら音楽室へと入っていく。
「先輩らしく、後輩を守ってください」
「守るって……。別に敵陣に乗り込むわけじゃないだろ?」
「それでも守ってください!」
 仕方なく、五十川は音楽室へと歩を進めた。

 

試し読みできます

異世界のメロディ(3)

 
 歌声が聞こえてくるのは、廊下の右手にある第三音楽室と書かれた教室だった。
 五十川は重たいハンドルを押し下げて、防音扉を開いた。
 歌声がぴたりと止まる。
「ちょっと、みんなどうしたの?」
 入り口に背を向けて指揮をしていた部長だけが、五十川の登場に気づかず怪訝な声で部員一同に問いただす。
「ん?」
 部員の一人が五十川を指さし、それにつられるようにして部長が振り返った。
「見ない顔ね。なんの用かしら? みればわかると思うけど、今練習中なのよ」
 端っこのつり上がっためがねをかけた、委員長と呼びたくなるような容貌の部長はきつい口調で五十川を追い出そうとする。
「あ、いや。用があるのは俺じゃないんだ。……ほら」
 五十川の背後に隠れている久美を引っ張り出す。
「あ、あの……」
 音になったのはそこまでだった。あとは真っ赤になって口をぱくぱくさせているだけで、言葉が続かない。五十川は、こりゃアニメ声コンプレックス以前の問題だな、と思った。
「あのさ。こいつ、コーラス部に入りたいんだって」
 固まっている久美の姿を見かねて、五十川が代わりに切り出した。
「そうなの?」
「はははは、はい!!」
「なんで今頃? 新入部員の募集なら春先にちゃんとやったわよ」
 この部長、どうやら自分の手落ちで告知が行き届かなかったとは思われたくないらしい。
「その……。あんまり歌に自信がなくて」
「困ったわね。……ちょっと各パートごとに練習していて。わたしはこの二人と話しをしてくるから」
 二人?
 久美はあいかわらず五十川のそばを離れる様子はないし、委員長めがねの部長さんは指揮棒を譜面台において、さっさと音楽室を出て行こうとしている。
 仕方なしに久美に付き添って、ついて行った先は廊下を挟んで反対側の音楽準備室という小さな部屋だった。パイプ椅子が数脚あるほかは、壁一面が楽譜で埋め尽くされていた。
「名前は?」
 部長はパイプ椅子に軽く腰掛け、足を組むと久美の方をじっと見た。
「初音久美、一年です」
「初音さん。あのね、校則では確かに部活動の入退部は生徒の自由っていうことになっているけれど、うちはそれなりに伝統もあって。まぁ、いろいろと難しいのよ」
「入れてもらえないのか?」
 思わず五十川が口を挟んだ。
「うーん」
 部長は髪をかき上げながら、しばらく考えてから経緯を説明した。
 なんでもコーラス部にはおっかないOGどもがうじゃうじゃいるらしい。共学なのに、混声ではなく、女声のコーラス部になっているのもそのあたりが理由だといった。そして毎年、新入部員歓迎合宿と称してハードな基礎トレーニングをしているということだった。
 うなだれる久美。目はかすかに潤んでいる。
 五十川がどうやってこの場を収めて退散しようか思案していると、部長は意外な提案をしてきた。
「あなたが基礎トレーニングは不要なほどの実力があるというなら、みんなも納得できると思うの。だからテストをしてあげるわ」
「テスト、ですか?」
「好きな歌でいいから一曲歌ってみて」
 久美も覚悟を決めたのか、若干落ち着いてきたようだ。
「そ、それじゃあ……」
 深呼吸をして、瞳を閉じて静かに歌い始めた。

 

試し読みできます

異世界のメロディ(4)

 
 久美が歌い終わったとき、五十川と部長は反応というより対処に苦慮していた。
 アニメ声なのは知っていた。でもそれは地声だけだと思っていた。問題なのは歌声もやっぱりアニメな感じだったのと、さっきから窓に張り付いている汗臭そうな連中だ。
「あの……。初音さん、お外の人たちはあなたのお友達かしら?」
 髪を大きく揺らして首を振る。
 久美は全力で否定しているが、『初音久美FC』と書かれた鉢巻きの存在は消えない。
「やっぱり、わたしなんかじゃダメですよね」
 舌を出し、自分の頭をぽかんとたたいておどけてみせるが、目には涙が浮かんでいる。
「あの、初音さん」
「いいんですっ! なにもいわないでください!!」
 久美は音楽準備室を飛び出した。
「おい、待てよ!」
 成り行きで後を追う五十川と、砂塵を巻き上げて追跡してくるオタクども。
 なんで走ってるんだろう?
 ふつうだったら、このどさくさに紛れてどこかに身を隠すべきだと思う。
 どうも久美とあってから、調子が狂いっぱなしだ。
 五十川が後ろを振り返り、舌打ちする。遙か後方で「ボーカロイドみたいでかわいいよー!」などと無遠慮に叫んでいるオタク連中との距離はなかなか広がらない。
 五十川だって足に自信があったわけじゃないが、ここはひとつ久美の手を引いてでもあの群れから離脱して、久美とコーラス部の件に決着をつけておきたいと思った。
 その矢先――。
 校舎の陰から現れた女子生徒が久美の腕を引っ張った。続いて登場したのは『新聞部』と書かれた腕章をつけた男子生徒数名。結構がたいがよいこいつらが渡り廊下のバリケードとなり、五十川とオタクどもの行く手を遮る。
 新聞部っていうのは、いつからラグビーをするようになったんだよ。
 五十川は渡り廊下に入る直前でオタクの群れをやり過ごし、新聞部バリケード部隊との激突を見守った。
 かなり、いい形のスクラムだった。
 あいつら、絶対に部活選び間違ってるよな。
 五十川は一階まで降りて、久美の連れ込まれたと思われる校舎へと進んだ。
 光あふれる噴水が前庭にある、その洋館風の校舎には人の気配がなかった。
「また振り出しに逆戻り、か……」
 無人の石畳を歩きながら、五十川はつぶやく。
 まあ、夕方まで時間をつぶすために散歩をしているだけだからどうでもよいのだが、なぜか久美の豊かな表情が次々と浮かんで消えてくれない。
 次の瞬間。目の前の扉がいきなり大きく開いて、五十川は一歩飛び退いた。
「初音さん! 最後に写真を!!」
「もう、放っておいてくださいっ!!」
 扉の前で、デジカメを持った女子生徒と久美がもみ合っている。
 なんだか知らないが、一難去ってまた一難って感じだ。
「おい」
「五十川さん……」
 涙目どころか、完全に泣いている久美と目が合った。
 放ってはおけない、よな?
 五十川は、久美の顔写真を無理矢理撮影しようとしている新聞部の女子生徒にチョップを入れた。まさかいきなりチョップされるとは思ってもみなかったのだろう。不意打ち攻撃は見事に決まり、久美をつかんでいた腕から力が抜けたようにみえた。
「いくぞ!」
「?」
「ぼんやりすんな! 逃げるんだよ」
 五十川は久美の手を握ってかけ出す。行く当てはないけれど、とにかく走った。
 こんなに本気で走ったことは今までの人生で一回もないんじゃないかと思う。
 途中、あの女子生徒が応援を呼んだのか、例の新聞部ラグビー班が行く手をさえぎったがそのたびに階段を上って逃げた。
 あいつら、バカっぽかったけど意外と組織的に動いているのかもな。
 だんだん校舎の上層階へと追い詰められているような気がする。
 どこかで、別の校舎へと続く連絡通路がないかと探したが見つからない。低層階の渡り廊下はすべて新聞部の連中が確保していた。
「五十川さん、四階より上は行き止まりです!」
「あとがなくなってきたな……。いけるところまでいくぞ」
 下層階から響いてくる追っ手の足音が勢いをなくしていく。もう、こちらに逃げ場はないと確信したのだろう。
 事実、その通りだった。
 今、目の前にあるのは最上階で終わっている階段だけだ。
 このフロアーには教室がいくつかあったが、どれも鍵がかかっていた。
「ほんとに行き止まりだったな」
 やれやれ、と思って久美の方をみると、廊下の隅で膝を抱えて泣いていた。
 新聞部らのターゲットは久美だ。だから極端な話、五十川は何食わぬ顔で階段を下りてこの場を立ち去ることもできる。だけど、それを実行できるほど無関係ではなくなってしまっていた。

 

試し読みできます

異世界のメロディ(5)

 
 五十川が思うに、人間関係にはブラックホールでいうところのシュワルツシルト半径に相当するものが存在する。今、五十川は完全に久美の持つ半径に踏み込んでしまった。
「お困りのようねぇ~」
 突然、頭上から間延びした声が聞こえた。
「誰だ!?」
 久美の座っているところまで後退して、全方位を見渡す。
「こっちよ、こっちぃ」
 声の主はふたりの真上にいた。
 四つある天窓の一つがきれいに外されて、女子生徒が見下ろしている。
「さ、早く上がってきなさい」
 ふたりのところまで、縄ばしごが降ろされた。
「上ってこい、だとよ」
 さっきの新聞部みたいに、こいつも新たな脅威である可能性だってある。でも現状では久美にはほかに逃げ場がない。
「五十川さん、お先にどうぞ」
「レディーファーストだ」
「スカートですから……」
「あー! もうじれったいわねっ!! どっちが先でもいいから早くしなさいよぉー」
 見下ろしている女子生徒が、ほっぺたを膨らませて文句を言い始めた。
「じゃあ、絶対にあとから来てくださいね」
 久美が縄ばしごに手足をかける。おそらく電動のウィンチにつながっているのだろう。縄ばしごはするすると引き上げられていった。
「次はあんたよぉー」
 五十川はふたたび降りてきた縄ばしごをつかんで、屋上へと上った。
 人が普段出入りすることのない屋上には転落防止のフェンスはもちろんなかったし、配管のたぐいも腰の高さで走っていて侵入者を拒んでいる感じがする。
「こっちこっち。ついてきてぇー」
 五十川と久美を、どう見ても立ち入り禁止の屋上に呼び寄せた女子生徒は平均台のような配管の上を歩いて給水塔の反対側へと進んでいく。ふたりは顔を見合わせ、それから久美は配管の下をくぐり、五十川は乗り越えて後を追った。
「なんだ、あれ?」
 給水塔の陰になっていた建物をみて、五十川が怪訝な声をだす。
 打ちっ放しのコンクリート製である真四角の建物の上に、白いドーム型のものが乗っかっている。
「天文台みたいですね」
「ご名答! ようこそ『高エネルギー研究部』へ! わたしが部長の宗宮華美(そうみやはなみ )よ。よろしくねぇ~」
 サイドポニーの黒髪を揺らして、宗宮はびしっとポーズを決めた。
 腰に手を当てて、上体を前に倒しているのはたぶん胸を強調したいんだろうと思う。グラビアなんかにありそうな姿勢だ。
「ちょっと待て! おまえ誰だよ? それより、なんでこんなところにいるんだ!?」
 君子危うきに近寄らず、他人が現れたら石ころだと思われろ。それが信条の五十川だったが、あまりに突拍子もない自己紹介に、思わず叫んでしまった。
「だからぁ、名前は宗宮華美でここは『高エネルギー研究部』の部室なんだってばぁー」
「そんなことは聞いてない。俺が知りたいのは――」
 知りたいことは別にあるのに、どれもうまく質問にならない。
「ちゃんと聞いてくれれば、なんでも答えちゃうわよぉー」
 五十川の混乱を見透かすかのように、宗宮は外見同様ふわふわした話し方でそんなことをいってきた。
「久美、なにかこうすっきり解決するような質問はないか?」
「そんな抽象的な振り方されても困ります!」
「あらあら、お手上げかしらぁ?」
 混乱の元凶である宗宮は、なんだかすごく充実した笑顔でうっとりしている。
「!」
 久美にはなにか思い当たる節があったようで、小さく息をのんだ。
「わたし、聞いたことあります。屋上を根城にしているゲリラ部があるってウワサ……」
「そうなのか?」
 五十川の記憶にはそんなものはなかったが、久美が嘘をいっているとも思えない。
「さすが、女の子はウワサに敏感ねぇー」
 宗宮が否定しないところをみると、久美のいっていることは当たっていたのだろう。
「ま、炎天下で長話もなんだしぃ。日焼けすると十年後にシミになるっていうしぃ。中にどうぞぉ~」
 宗宮は天文台の一階部分にある鉄扉を開けて、二人を部室へと入れた。
 かび臭くて、むしむしとしている部屋を想像していた。だけど屋上に取り残されたようなこの天文台にはちゃんとエアコン設備があって、中はとても快適だ。
 そして『屋上を根城にしているゲリラ部』という久美の言葉通り、冷蔵庫からビーチベッド、それに大型テレビやらオーディオやら。とにかく生活必需品はそろっていた。
 でも何より目を引くのが、部屋の隅でLEDのランプを点滅させているサーバー群だった。フルタワー型のやつが二桁あるかないか、といったところだ。
「なんなんだよ、ここは?」
「だからぁ、『高エネルギー研究部』の部室だってば。さっき説明したでしょー」
「高エネルギーっていったら、ふつうは加速器とか実験炉が必要なんじゃないか? 屋上っていうより、むしろ地下だろ?」
「部の名前は昔ここにあった科学部由来のものをそのまま使っているだけよ。わたしの研究テーマは別よぉ」
「ちゃんと部活はしてるんだな」
「でも、ゲリラ部なんですよね?」
 久美がおそるおそる質問する。
「そーよぉー。うちは自由な活動がモットーだからぁ」
「自由ったって、新聞部の連中も相当好き勝手やっていたぞ」
 五十川はここにたどり着くまでのいきさつを説明しようとした。
「知ってるわよぉ。ずっとウォッチしていたんだから」
 監視されていた、という言葉に久美が反応して五十川の背後に隠れる。
「心配しないでぇー。わたしは別に久美ちゃんの追っかけじゃないからぁ」
 そういいつつ、宗宮は五十川の胸ポケットから生徒手帳を奪ってめくっている。
「五十川良樹くん、かぁ。むしろあなたの方が興味深いのよねぇー」
 生徒手帳くらい頼まれればいくらでも見せてやるが、いきなり顔を近づけてポケットに手を突っ込むのはやめてほしい。不整脈でも出るかと思った。
「五十川くん。その手帳によれば、あなたは三年D組出席番号二番ということだけどぉ、その記憶に自信はある?」
「え!?」
 真っ先に反応したのは、久美だった。
 だけど宗宮は、久美にそれ以上考える時間を与えず、手帳をたたんで五十川に返した。
「ゲームのやり過ぎで寝不足なんだ。意識が飛んでたから、今はここの生徒なのかどうかも自信ないな」
「うん。正直でよろしい」
 宗宮はサーバー群の一角にあるコンソールを操作し始めた。
「なにか知っているのか?」
「ううん。ただ、もしかしたらわたしの研究とあなたの存在には相関関係があるのかもしれないわねぇー」
「俺が?」
「そうよぉ。確かにここは『高エネルギー研究部』だけど、わたしの研究テーマは『種の競争に関する数学モデル』だからぁ」
「わけがわからん」
「今はそうでしょうね。でも、いずれは思い出すわよ」
 宗宮は真顔で、なにか知っているようなことをいった。
「俺のことを知っているのか?」
 わずかな期待と不安で五十川もまじめに答える。
「別にぃー。まぁなんとかなるでしょ? ってことよぉ」
 宗宮は核心には触れずに、また元の調子に戻ってしまった。それは残念なようでもあったし、額ににじんだ汗が引いていくような安堵もあった。


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について