目次
目次
てきすぽどーじん5号 「初体験」
「親不孝ウエストゲイパーク」 山田佳江
親不孝ウエストゲイパーク
親不孝ウエストゲイパーク(1)
親不孝ウエストゲイパーク(2)
親不孝ウエストゲイパーク(3)
親不孝ウエストゲイパーク(4)
「原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~」 シゾワンぷー
原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~
原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~(全)
「穴蔵の娘」 雨森
穴蔵の娘
穴蔵の娘(1)
穴蔵の娘(2)
穴蔵の娘(3)
穴蔵の娘(4)
穴蔵の娘(5)
「パラレルワールドの僕」 香吾悠理
パラレルワールドの僕
パラレルワールドの僕(1)
パラレルワールドの僕(2)
パラレルワールドの僕(3)
パラレルワールドの僕(4)
パラレルワールドの僕(5)
パラレルワールドの僕(6)
パラレルワールドの僕(7)
パラレルワールドの僕(8)
「テキスポで暮らした人たち」 蟹川森子編
テキスポで暮らした人たち
テキスポで暮らした人たち(1)
テキスポで暮らした人たち(2)
「惟任百里的初恋探偵物語」 あやまり堂
惟任百里的初恋探偵物語
惟任百里的初恋探偵物語(序)
惟任百里的初恋探偵物語(1)
惟任百里的初恋探偵物語(2)
惟任百里的初恋探偵物語(3)
惟任百里的初恋探偵物語(4)
惟任百里的初恋探偵物語(5)
惟任百里的初恋探偵物語(6)
惟任百里的初恋探偵物語(7)
惟任百里的初恋探偵物語(8)
惟任百里的初恋探偵物語(9)
誤訳捏造「OUTサイダー」 茶屋休石
誤訳捏造「OUTサイダー」
誤訳捏造「OUTサイダー」(序)
誤訳捏造「OUTサイダー」(1)
誤訳捏造「OUTサイダー」(2)
てきすとぽい広告
てきすとぽい
「異世界のメロディ」 松浦俊郎
異世界のメロディ
異世界のメロディ(序)
異世界のメロディ(1)
異世界のメロディ(2)
異世界のメロディ(3)
異世界のメロディ(4)
異世界のメロディ(5)
異世界のメロディ(6)
異世界のメロディ(7)
異世界のメロディ(8)
異世界のメロディ(9)
異世界のメロディ(10)
異世界のメロディ(11)
異世界のメロディ(12)
巻末の随筆
巻末容赦
てきすぽどーじん5号「感想会」のお知らせ
誤字脱字、誤植のお詫び
裏表紙
有料版購入者特典(PDF版ダウンロード)
購入者特典

閉じる


<<最初から読む

36 / 61ページ

試し読みできます

惟任百里的初恋探偵物語(8)

 

 さて、今この時に正しいのは、傍らに適切な助手がいることだろう。
「どうしてそんなに急いでいるの?」
「幽齋蓮花が危ないなどと、おぬしは何を根拠にそんなことを申すのか」
「それより、犯人は本当に小刀さんなんですの?」
 ……口調はともかく、そんなことを次々に問いかけて緊迫感を増すと同時に、問答を通じて情報を整理して行く役。場合によってそれは、胃腸の弱い警部であったり、麻酔薬で眠らされるヘボ探偵だったりする。
 とはいえ、いくらも走らぬうち、たちまち息が切れてくるような文弱の僕としては、仮にそのような助手がいたとしても、
「頼むから、黙って走ってくれ」
 と、まともに会話できなかったに違いない。すでに横っ腹が痛い。
 ちなみにこの横っ腹の痛みは、横隔膜や脾臓の痙攣、あるいは大腸に溜った空気が一箇所に溜ってこすれるため――などと言われているが実際は、今ひとつ分らない。分らないが、普段の運動不足と、今の急激な運動が祟っていることは確かだ。助手もあきれるだろう。
 とにかく蓮花の携帯を鳴らしてみる。
 言うまでもないことだが僕も今時の高校生だから、携帯電話くらい持っている。祖父の形見の楽々フォン――デザインはともかく余計な機能が省かれていて、使い勝手は良い。
 ちなみに僕がなぜ蓮花の携帯番号を知っているのかといえば、以前の事件――紛失した通知表物を見つけてやった後、
「これからも探偵団をよろしくお願いします!」
 と渡されたからである。今初めて鳴らしてみるが、躊躇はない。思い過ごしで、何事も無かったならそれが市場案だ。
 ぷるるるる……。
 途中で先行するバスに乗ることが出来たから、車内でぜえぜえ荒い呼吸しながら電話をかける。が、やはり蓮花は出ない。
 この間に一つ、携帯からネット検索をする。江ノ島弁財天、由緒。
 バス、学園前に到着。
 飛び降りてふたたび携帯電話を鳴らす――が、この時も反応なし。
 鳴らし続けて校門前。
 学内か、寮か――左右を見た後、直感で僕は学内へ駆け込んだ。
 深い理由などないが、蓮花のことだから、トリックの合理的な解法を求めて学校へ戻った可能性が高い……という合理的理由を思いついたのは、校庭の脇を抜けて教室棟の前を走っているときだった。咄嗟の判断では、具体的な動機は後で認識される。
 校内、というか日本全国、すでに夕闇時。
 たそがれ時、逢魔が時とか言われるような、明瞭に世界が見えなくなる時間であって、すでに外廊下の照明が点っていた。
 中庭まで来た。
 ここで再び左右を見て、一瞬、銅像転落現場の石庭へ行こうか迷ったが、
「違う」
 と僕は食堂脇の外階段へ全力疾走する。
 ちなみに食堂棟は、一階に食堂と自習室、二階は売店、書店、談話室。三階には喫茶、集会室、会議室があって、さらに上に立ち入り禁止の屋上があるという構造だ。
 階段の途中でみたび携帯を鳴らしてみる。
 ピピピピ……。
 と、今度はかすかな電子音が頭上から聞こえた。
「幽齋!」
 くたくたの足で二階、三階と駆け上がって、屋上へ。
 扉が開いている――。
「幽齋っ!」
 最後の二段をすっ飛ばして屋上へ立った僕はぜえぜえ、荒い呼吸をしながら、なるほど、もしこの場に探偵の助手がいたなら、間違いなくあきれ果てただろう、と思った。なぜなら蓮花の危機を予想していた僕でさえ、あきれたからだ。
 扉のすぐ側に口を開けた鞄があって、そこから携帯電話の呼び出し音が聞こえていた。
 屋上は、なるほど庭園にする計画があったことも頷けるだけの広さがあり、廃材や古ベンチ、首の欠けた小便小僧に足の無いミロのヴィーナス、腕を失った考える人像、さらには照明や映写機の古道具といった、よくわからない舞台装置が転がっていた。
 そして、
「せ、先輩……?」
 蓮花がいた。
 高々と、屋上からさらに十メートルくらい上空へ持ち上げられながら――。
「何だ、これは……」
 蓮花を持ち上げていたのは、ぐねぐねと長く伸びた、白い、少女の右手であった。そのようにして蓮花を持ち上げ、夕闇に黒髪を広げていた少女は、見まごうことなきクラスメイト、
「小刀さん……」
 なのであった。
 屋上は見晴しが良い。
 学園の南は海で、西の夕焼けの美しさと、東に広がりつつある青い暗黒色が印象的であった。北は街区。広がる家並、暮れなずむ夕空の下で街灯が点々と輝き出して、こちらも単純にきれいだ。東の空には十日過ぎの太い月が昇っていて、光を増している。
 その月光と同じ色の、小刀楓の右腕。制服の半ばからぐねぐねと伸びて、蓮花の身体をしっかり銜(くわ)え込んでいた。
 どうなっているんだ――とは、思わなかった。
 小刀楓をここで見つけた時点で答えは出ている。だがこの非現実的な状況を、自分自身に納得させるのにすこし時間を要した。そうして僕が、蓮花を高々と掲げるクラスメイトを見つめていると、
「来てくれたの、惟任くん」
 当の小刀さんが振り返った。
「私の姿を見ても驚かないってことは、全部わかってるの」
「ああ――そのつもりだ。驚いてはいるけどね」
「そう」
「でも事情は承知している。全部わかった」
「じゃあ……どうするの。惟任くんは、この状況を変えるつもりはあるの」
「ある。つまり僕は、君の欲するところをすべて実現させるつもりで、ここへ来た」
「……」
 きっぱり言った僕を、小刀さんはしばらく無言で見つめていたが、やがて短く、
「そう。ありがとう」
 と言って、やがて蓮花はゆっくり、足元へと下ろされたのであった。
 

試し読みできます

惟任百里的初恋探偵物語(9)

 

 というわけで――。
 以上で、この物語は終りである。
 僕が彼女の要求を呑んだことで、小刀楓の企てた一連の計画は完成を見たというわけで、僕の中でもこの一件は終了である。
 なるほど現に被害者である幽齋蓮花がこの場にいるからには、僕一人で勝手に終るわけには行かないけど、とりあえず、僕の中で――そして小刀楓の中においてもおそらく、区切りがついただろう。
「先輩……」
 よろめきながら、蓮花が立ち上がった。
 苦しかったのと、未だ驚愕から覚めないのとで、やや朦朧としている様子ながら、蓮花は一歩、僕に近づきながら、
「トリックは、分りましたか?」
 と訊いた。この状況でそれが気になるとは、探偵部の意地も大したもの――だが、僕は首を振って、
「トリックなんてものは最初から無かったんだ、幽齋。おまえが今体験したとおり、騎馬武者像も図書館の本棚も、小刀さんが自分の力で持ち上げていたんだ」
「どういうことですか。そんなの、物理的に……」
「小刀さんは、妖怪部の部長だ」
「……?」
「つまり、小刀さんは妖怪の力を用いることで、どんな重たいものでも持ち上げることができるんだ」
「……」
 蓮花が、うん? という顔で小首を傾げた。いくらか愛嬌のある、かわいらしい仕草である。
「えっと、何を言ってるんですかね、百里先輩は。もう一回言ってください」
「よし。よく聞け、幽齋。小刀さんは妖怪の力を使って、どんな重たいものを投げることができる」
「……だから、何て言うか、そんなんじゃ収まりませんよ、色々と。だいたい、探偵方法に超自然能力を用いてはならないとか、ミステリーに超能力を駆使する人物を登場させたらいけないとか、分ってますか? 妖怪の力とか、仏の顔に水ですよ」
「だがそういう力が実際に使用されたから仕方ない。そういうものだったんだ。本人に聞いてみれば分る――小刀さん、その腕に宿っている妖怪は、何という種類の妖怪なんだ?」
「五頭竜」
 小刀さんは、こともなげに言った。
 蓮花は、相変らずの表情。
 だが僕の方はそれでさらに納得が行った――五つも首を持つ竜なら、どんな重たいものでも持ち上げることが出来るだろう。そしてまた、このような手段を小刀さんが取るに至った動機も、五頭竜ということであれば、やはり理解できる……。
「江ノ島の竜だね、小刀さん」
 尋ねると、小刀さんは無言で頷く。
 僕は一歩近づいて、
「ありがとう。僕が弁財天じゃおかしいだろうけど、君の願いを叶えたいと思う。それでこの事件の幕を引いてくれるか」
「……」
 小刀楓はしばらく無言で、やや俯きがちに視線を僕と、蓮花との間へ漂わせていたが、ややあってからかすかに、
「うん」
 と答えたのであった。
 さっと吹いてきた風は、もう夜の気配が濃厚だった。
「あの……ですね、先輩」
 蓮花が、口をとがらせる。ものすごく不満そうである。
「意味が分りません。トリックも謎ですけど、全部独り合点に納得されるのが一番困ります。ちゃんと説明してください。そもそもどうしてここが分ったんですか?」
「話して聞かせるのも馬鹿みたいな気がするけど――」
 と、僕は一瞬、小刀さんの顔色を窺ってから、
「まず僕がここへ来たのは、単純に言って、幽齋が危ないと直感したからだ。そしてそのことは、僕が小刀さんの動機に気づいたから、直感できた」
「動機って?」
「前に僕は、思春期男子に特有の、強烈な自意識といったものを捨て去った自信がある――と言ったことがあっただろう」
「いいえ」
「いや、あったはずだ! まあ、とにかく僕が確信しているのは、僕のような男子を誰かが好きになることはない、ということだ。でも今回二度も続けざまに僕と幽齋が二人きりでいる時間に、妙な事件が起きた。そしてそれを起こしたのは、クラスメイトの小刀さんだった……ということで、一つの推論が出てきた。要するに小刀さんは、僕と幽齋とが二人きりでいるのが気にくわなかったのではないかという疑問。これは単に、思春期男子にふさわしい自意識に従った推理だけど」
「……そんな推理は却下ですよ、先輩」
「とにかく聞いてくれ。仮に小刀さんの動機がそれであったとすれば、狙われていたのは僕でもあり、同時に幽齋――おまえでもある。正確に言えば、幽齋の方がより強い憎しみの対象になる。そんなふうに直感した僕は、慌てて戻ってきたというわけだ」
 僕は小刀さんの顔を今一度見て、これで良いかな――と確かめる。小刀さんは表情を変えないが、それはこれで良いという意味だろう。
「幽齋は、江ノ島って知ってるよな」
 と、ここでやや唐突に話を変える。
「江ノ島って、えっと、湘南でしたっけ。江ノ電が走ってるところですよね。この前の銅像ガッシャン事件で、お守りが落ちてた……それがどうかしましたか?」
「大昔、あそこには島は無かった」
「……?」
「そういう島さえなかった時代、あの地方に首が五つもある、おそろしい悪竜が出現して、村の子供を喰い殺すようになった。そこで、周辺八カ国の人間が話し合って、とりあえず各々の子供を生贄として、悪竜へ捧げることを決めたんだ。そしたら、これを不憫に思った弁財天がやって来て、一夜にして江ノ島を築いた。そして島へ悪竜を呼んで語らううちに、竜は弁財天へ惚れ込んだ。そしたら弁財天は、人への害を止めるのなら夫婦となっても良いが、どうするか――と聞いたんだ。これを竜は承知し、悪行を止めたから二人は夫婦となって、以後、江ノ島へ住まうこととなった……これが、江ノ島縁起というやつだ」
「初耳です。ていうか何でそんな話、知ってるんですか」
「今さっき検索で調べた。それはともかく、今度の事件は僕が弁財天で、小刀さんが竜だったということになる」
「え、っと、つまりどういうことですか?」
「――つまり私が惟任くんのことを好きだということ」
 小刀さんが、言った。夜風みたいに冷静な声である。
 端的に言えば、嫉妬による殺意。
 いや、僕には、殺意というほどはっきりした強い意志だったとは思えない。蓮花に対する苛立ちとか、僕に気づかせるためにとった、少し過剰な行動……。
 いずれにしても、僕が「望むところをすべて叶える」と認めた以上、小刀さんは二度とこのようなことを起すことはないはずだ。これが最良の選択かどうかは分らないが、とにかく被害は収まる。
「……ていうかそれって、つまりどういう意味ですか? これからどうなるっていうか、何て言うか……?」
「つまりこれから私と惟任くんとが、つきあうってこと。恋人同士になるの」
「……?」
「幽齋さん。あるいはこれは、惟任くんがあなたを助けるために口にした方便かもしれない。でも私は惟任くんがそんな嘘を吐かないことを望んでいるし、たとえ方便でも、今私の望みを叶えてくれるって言ったことは本当――そうよね、惟任くん?」
「うん、すくなくとも僕は嘘は吐かない」
「だから今日は帰るね。私は、私の望みを叶えたからこれで良い」
 言いながら、小刀さんはこちらへゆっくりと歩き始めた。
 暗闇で表情がよく分らないこともあるが、おそらく、冷静なままなのだろう。長いさらさらとした髪が風になびく。
「惟任くん――」
 そしてすれ違いざま、ふと呼びかけた小刀さんは、
「どうしたの」
 と振り返った僕に、ものすごく唐突な、疾風迅雷とでも言いたくなるような不意打ちのキスをして、颯爽とその場から立ち去るのだった。
 コツ、コツ、コツ……と、階段を下りる靴音が聞こえ続ける間、きんぴら牛蒡に入る短冊切りのこんにゃくみたいな感触が、僕のくちびるに残っていた。初めての口づけの感触とはそういうもだろうか……。
 茫然。
「……先輩っ!」
 振り返れば、幽齋蓮花が今にも泣き出しそうな顔で、
「私、あきらめませんから!」
 と一生懸命に叫んでいた。
 肩をふるわせ、目をうるませながら、
「私は絶対にあきらめません――こんな、怪力乱心の類で事件を解決するなんて、絶対に認めないんですからねっ!」
 わあんと声を上げると、蓮花は顔に手を当てながら僕の前を疾走していった。
 茫然。
 ばたばたばたと、階段を下りる音が聞こえるうちは、とりあえず僕は茫然としつづけた。
 そして、二人の気配が周囲から消えてから、僕はやっと意識を取り戻して、ゆっくりと、星の輝き始めた空を見上げて、
「何のことだ」
 と呟くのだった。

 ……まあ、そういう感じで。

 これが僕、惟任百里と、クラスメイト小刀楓、そして後輩の幽齋蓮花との、奇妙な三角関係の始まりなのであった。



 (了)

試し読みできます

誤訳捏造「OUTサイダー」







誤訳捏造「OUTサイダー」
The Outsider –by H. P. Lovecraft


誤訳 茶屋休石

 

試し読みできます

誤訳捏造「OUTサイダー」(序)

 

 
よるに だんしゃくさまは たくさんの こわいゆめをみました
それは おきゃくさんのへいたいさんたちが だんだん 
まじょや 
あくま、
おおきくて ひつぎのような いもむし
そんなかたちにかわっていってしまう
ながい ながい とてもこわいゆめでした

――John Keats



試し読みできます

誤訳捏造「OUTサイダー」(1)

 
 これって不幸ですか?
 子供の頃の記憶で思い出せるのは恐怖と憂鬱だけ。
 幸せってなんですか?
 だだっ広い部屋の中でひとりで過ごした暗い日々。
 鬱々と沈んだ部屋には古臭い本だけがやたらにあって、窓の外に見えるのは、蔦に締め付けられて苦しんで助けを求めるかのように枝を伸ばす木々。
 神様が僕にくれたものは他にもある。例えば退屈と落胆、それに不毛さとか、壊れたガラクタとか。そんな枯れ果てた記憶に僕は必死にしがみついていて、捨ててしまうことなんかできないでいる。
 真っ暗闇を満タンにした廊下に、蜘蛛の巣と影ぐらいしか見えないとてつもなく高い天井。そんな古城の恐怖を詰め込んだようなこの城で、僕は生まれたわけじゃないと思う。他にもジメジメしていて崩れかかった廊下の瓦礫、どこにいても臭ってくる呪われた臭い。過去の時代の死体が積み上げられてこの城の土台になっている。
 太陽の代わりに、蝋燭をぼぉっと眺めることがある。薄気味悪い木々が塔の天辺まで覆ってしまって、太陽の届かないこの場所ではそれがせめてものやすらぎだったりする。真っ黒な塔を超え、木々は未知の空の彼方へと伸びている。
 僕がここに住んでからだいぶ長い。どれくらいの長さかはわからないし、何もかもぼんやりとして、僕以外の誰かを思い出すことだってできないでいる。人間だけじゃなくて何か生きているものも。ただし、この城に住む鼠や蜘蛛、蝙蝠を除いての話だけど。
 多分、僕を育ててくれた人はとんでもなく歳をとっていたんだと思う。だから僕は「人間」って言われて最初に思い出すのは、この城みたいに歪んでしなびて腐ったやつ。城の土台に空いた穴蔵にばら撒かれた骨だってグロテスクだとは思わなくて、本の中で見る色つきの動物たちの絵よりも自然に思えるくらいだ。
 僕の知識は、全部本の中から学んだものだ。先生になってくれるような人はいなかったし、そもそも人間の声なんて聞いた記憶すら無い。自分の声だって聞いたことがないんだし、話す相手がいないんだから仕方ないでしょ?同じように自分の姿だって見たことがない。この城には鏡がないんだ。だから僕は本や絵画に出てくる若者の肖像画をみて、ぼんやりとこんな姿をしてるんだろうと思ったりする。多分、僕は若い。数えるくらいしか、思い出がないから。
 腐った堀に沈黙した木々。その先を超えることを夢に見ることはある。晴れ渡った世界。人々に囲まれ生活する僕。一度だけ、森を抜けようとしたことがあって、でも城を離れるに連れて、その影が大きく伸びてきて、恐怖が辺りに包み始めたんだ。夜の迷路の中から抜け出せなくなっちゃうんじゃないかって、そう思って、その時は結局急いで城に戻ってしまった。 
 僕は、夢のなかで時を待ち続けた。暗い孤独。光への切望。狂おしいまでの欲求は、懇願の手を空へと続く塔へと押し上げた。落ちて、死ぬかもしれない。けれど一度も太陽を見ずに死ぬよりはマシだ。僕は決心した。ぼんやりとした明かりの中で、擦り切れ老朽化した石段を休めるところまで登った。一息ついたあと小さな足がかりにしがみつきながら登った。
 不気味で黒く、音を出さない蝙蝠達にまとわりつかれた、邪悪な円柱。僕の遅々として進まない前進の前に薄まらない闇があり、冷気と黴が僕を苦しめる。光は未だ見えず、僕は戸惑いながら、僕の挑戦の軌跡を見下ろして身震いした。夜が訪れるのを恐れ、手でまわりを探ったり、上と下を見ながら自分がどこまで進んだのか目測しようとした。
 無限に続くかに見えた盲目と絶望の断崖の窪みから這い出してみると、突然、頭のてっぺんに何か固いものを感じた。屋根か、それとも何かの床。暗闇の中で手探りしてみても、びくともしない石しか無い。何かの境に触れるまで、僕は塔の周りをしがみつきながら周辺を探った。戸口らしきものを見つけたとき、僕は両の腕で押し上げるように、それを頭で押した。光は、見えなかった。そして僕は知った。これが終わりではないことを。落とし戸の板は下から続く塔の外周の石に続いていたから。とても高いところにある、広い場所を見渡す観測所のような部屋なのだろうと思う。僕は這いまわりながらも、落とし戸が完全に落ちてしまわないように注意深く動いた。けれど、その試みは無駄に終わった。僕は疲れ果て、床へと横たわった。戸口を開けるのにはてこか何かがなければ無理だろう。そしてそれは、ここには存在しない。
 僕は今、高く伸びた木々の遥か上、想像もしなかったような高みにいるのだろうと思う。床から起き上がって、窓を探しまわった。もしかしたら、空の上を見ることができるんじゃないか?昔、本で読んだ星や月をこの目でみれるんじゃないか?しかし、僕が手に入れたものは失望だけだった。見つけられたのは大きな大理石の棚だけ。心をかき乱すような大きくて醜い矩形の箱が収められている。この部屋には城から切り離された古い秘密が詰まっているんだ。戸惑いのさなか、僕の手は不意に戸口に触れた。石の扉は奇妙なでこぼこが掘られていた。
 


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について