目次
目次
てきすぽどーじん5号 「初体験」
「親不孝ウエストゲイパーク」 山田佳江
親不孝ウエストゲイパーク
親不孝ウエストゲイパーク(1)
親不孝ウエストゲイパーク(2)
親不孝ウエストゲイパーク(3)
親不孝ウエストゲイパーク(4)
「原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~」 シゾワンぷー
原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~
原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~(全)
「穴蔵の娘」 雨森
穴蔵の娘
穴蔵の娘(1)
穴蔵の娘(2)
穴蔵の娘(3)
穴蔵の娘(4)
穴蔵の娘(5)
「パラレルワールドの僕」 香吾悠理
パラレルワールドの僕
パラレルワールドの僕(1)
パラレルワールドの僕(2)
パラレルワールドの僕(3)
パラレルワールドの僕(4)
パラレルワールドの僕(5)
パラレルワールドの僕(6)
パラレルワールドの僕(7)
パラレルワールドの僕(8)
「テキスポで暮らした人たち」 蟹川森子編
テキスポで暮らした人たち
テキスポで暮らした人たち(1)
テキスポで暮らした人たち(2)
「惟任百里的初恋探偵物語」 あやまり堂
惟任百里的初恋探偵物語
惟任百里的初恋探偵物語(序)
惟任百里的初恋探偵物語(1)
惟任百里的初恋探偵物語(2)
惟任百里的初恋探偵物語(3)
惟任百里的初恋探偵物語(4)
惟任百里的初恋探偵物語(5)
惟任百里的初恋探偵物語(6)
惟任百里的初恋探偵物語(7)
惟任百里的初恋探偵物語(8)
惟任百里的初恋探偵物語(9)
誤訳捏造「OUTサイダー」 茶屋休石
誤訳捏造「OUTサイダー」
誤訳捏造「OUTサイダー」(序)
誤訳捏造「OUTサイダー」(1)
誤訳捏造「OUTサイダー」(2)
てきすとぽい広告
てきすとぽい
「異世界のメロディ」 松浦俊郎
異世界のメロディ
異世界のメロディ(序)
異世界のメロディ(1)
異世界のメロディ(2)
異世界のメロディ(3)
異世界のメロディ(4)
異世界のメロディ(5)
異世界のメロディ(6)
異世界のメロディ(7)
異世界のメロディ(8)
異世界のメロディ(9)
異世界のメロディ(10)
異世界のメロディ(11)
異世界のメロディ(12)
巻末の随筆
巻末容赦
てきすぽどーじん5号「感想会」のお知らせ
誤字脱字、誤植のお詫び
裏表紙
有料版購入者特典(PDF版ダウンロード)
購入者特典

閉じる


<<最初から読む

21 / 61ページ

試し読みできます

パラレルワールドの僕(6)

 
「じゃあ自己紹介をなさい」
「そうですね、自己紹介してみてください」
 弁護士とSp-2が二人揃って口にした。
 二人にとって自己PRは命だからだろうか。
「ええっ……、ぼ、僕は、うーん……、タケです、よろしくお願いします!!」
 どもって、なんとかした自己紹介はその程度だった。
 おどおどした態度はそのまま顔に出ているし、速攻で二人どころか、中卒にさえダメ出しされた。
 というのも、気がとても弱いのだと知らされた。タケは、源氏名だろうか?
「お前、その程度でそんな世界無理だ。体力もねー、上手く話もできねー、どんな生活したらそこまで馬鹿になるんだ」
 すると彼……ホストはまた別の方向を指をさす。
 そこにあるのは、今自分の家と全く同じ家だった。
 と、思ったが、ちがった。似てるけど違う。もっと広い家、庭も若干違うし、塗装も違う。しかしこのあたりの景色は今の家の近くである。
「五人兄弟の長男。父さんと母さんはすごく仲がいいし、お金もある。けど、五人兄弟だから、自分自身はあまりお金がないからホストをやって稼ごうと思うんだけど、客引きすら出来なくて……下積みで……」
「へー。パパとママ頑張るわね、五人も。いいなあー。アンタ坊っちゃんでしょ」
 確かに見たところ、坊っちゃんだ。無駄に変な所だけいいものを着ていたりする。
 腕時計も高級なものだと思うが、それを使いこなせてないのが十分に伝わる。
「うん」
 素直に頷くホストに、中卒と弁護士がそろって喝を入れた。
「自分に自信を持ってください。そして清潔感がないのではだめです、髭のそり残しはあるし、指摘された通りニキビ跡も治そうとしない」
「そうそう、それに金かけりゃいいってもんじゃねーぞ、何で自信がそこまでねぇんだ!!」
 それは僕からもいいたい。肌が弱いのは皆同じだから、僕も洗顔はしっかりやって、安い化粧水で整える程度はする。
 僕もニキビ跡はあるが、ホストはもっとひどかった。
 これで話がまともにできないのは終わってる。職業的に。
「あ、えーと、最近は職場の近くに引っ越してるんで、インスタントラーメンです。僕は料理苦手なので、インスタントばっかりです。学校は、でも、一応四大です……」
 と、見せられたのは書きかけの書類。
 履歴書と書いてあるあたり、この仕事をやめたがっているらしい。が、踏ん切りがついていない。
 皆で覗きこむ。確かに……信じられないほどの学校を出てると来た。
 弁護士と肩を並べてもいいくらいの。
「それで何で真逆な二人が……」
 一方は弁護士の卵で、苦労人。けれど根性や努力を惜しまない。
 一方は売れないホスト、けれど家族には恵まれている。
「あ、はい。僕は、憧れただけです。何をしたいとかそういうのが特にはないので……、ホストになれば、売れるかなってだけで。でも無理みたいです……」
 頭を抱えてうずくまる。その履歴書を握りしめてがみがみ怒鳴るのは、中卒だった。
「自信がなけりゃそんな奴についていく奴もいないだろうが!! 馬鹿か!! 数字やら文章は出来て世渡り下手とか!!」
 それをなだめるのは周り。
 そこに更に割って入ったのは、眼が死んでる僕だった。

 

試し読みできます

パラレルワールドの僕(7)

 
 目が死んでいるというより、目つきが鋭くて、怖い雰囲気を受けた。
 手元には水張りされた用紙、もう片方は絵の具の乗ったパレットに、服が汚れないようにエプロンをかけた僕。
 外見を気にしないタイプらしく、髭も生えていれば髪の毛も長め。
 けれど誰よりも強いプライドを感じさせた。
「目的もなく生きるなんて信じられないね」
 第一声から、このホストを敵に回す発言だと思った。
 霧に囲まれた場所で、川と橋を描いている。
 それが見て驚いた、大雑把に形しかとっていないのに、あまりにリアルかつ、色彩が複雑でまねができない。
その絵を見るなり、周りも感心して声を出した。
「あら綺麗な絵」
「おお、すげぇなこりゃ」
「貴方は絵描きですか」
 絵描きという言葉に、眉間にしわがよる。
 何が彼の心に引っかかったかわからないが、弁護士に厳しい言葉を投げかける。
「ただの絵描きだと、芸術家ととってもらいたい。私が目指すのはレンブラント! 光と影の魔術師だ。ただの絵描きなんかと同列にしないでほしい」
 怖いくらいのプライドの高い僕がここにいる。
 その間にもさらさらと仕上げていくが、確かにこの技術は群を抜いていると思う。
「この油のついたもんでぺたぺた塗ってるけど、何でお前はそんなに嫌な奴なの?」
 中卒の心ない発言で、場は一層静まった。
「これだから頭がパーな奴は困る」
 やはり喧嘩が始まって、中卒が絵描きに食ってかかった。
 が、一方的に怒鳴ったりけり倒そうとしているのは中卒であって、絵描きはそれを無視してぺたぺたと描き続ける。
けれどそのプライドの高さと技術はどこで養ったのか、僕も知りたくなって、よそよそしくきいてみた。
 僕に聞いているのに、僕が怖いとはこれはいかに。
 絵描きは筆を持ったまま、まっすぐを指差す。その先に見えたのは、なぜか海外の景色
だった。
「私の家はイギリス、その次はフランス。父が海外に転勤になったので、そのままついていった。私はイギリスの景色が好きだ。この景色も好きだが、もっと好きなのは、四歳から十歳まで暮らしていた、イギリス郊外。弁護士候補とダメホストには地名を出せば分かるかもしれないが、どうでもいい。フランスはとても汚い街でな、華やかなのは旅行くらいだよ。だが街自体は芸術といっても過言ではない」
 あ、何かわかったがする。芸術芸術うるさいのは、美術館に入り浸って絵を見続けていたからだろう。
 僕も、小さなころ、まだ福井にいたときは、絵を描くのが好きだったから。
 いつからか、描くのをやめてしまったけれど。
 そう言えば数日前にルーヴル美術館のことを特集していたな、テレビが。行ってみたい、なんて思ったっけ。
「フランス?」
「パリはセーヌ川の近くにある美術館。サモトラケのニケをはじめ、様々な美術品のある所だ。十歳のころに絵を描き始め、そのころにはパリの郊外に引っ越した。見えるか、あの茶色い煉瓦の建物、曲線の美しいベランダ」
 狭い道が見え、その上の方を指さす。
 狭い道はあまり光が入らないが、典型的な海外の光景。その上の二回に、彼の家はあるそうだ。
 曲線が美しいというのは、恐らく手すりの部分のことだろう。
「狭い場所ですね」
 ホストが首を突っ込む。確かに君の家と比べたらいけないとは思うが。
「美的センスの乏しい男だな、君は。一日ではルーヴル美術館は回れないが、子供なら無料で入れる。私は絵を描き始めてから毎日そこへ通った。私にとっての故郷とも言える」
「パパとママはなにしてんの?」
 Sp-2が興味な下げに聞く。綺麗なものは好きそうだと思ったが、絵自体に興味はあまりない様子だ。
 それより家族がどういうことをへてそうなったのかが気になっているらしい。
「うむ。君たちの知っている父は母と離婚したよ。だがすぐにイギリス人が母になった。父は英語を喋ることができるようになって、人脈もあり、海外の支店にいる」
「離婚?」
「……私が気になっているのはそこだ。絵描きとして大成するには難しい。だが私はくだらないオタク文化というものには触れたくない。日本のものは特に興味がない。母悪い人ではないが、やはり自分の子ではないからな、弟の方を可愛がっている」
 ああ、いちいち嫌な奴だ。
 けれど、絵を見ながらついたため息は深い。
「今はいい時代になった。インターネット、絵画展。それらのおかげで、私は仕事に困らない。昔の芸術家は、評価されるのは死んだあとだったりする。もうかっていたのは画商。そこのオカマ。周りはライバルだという気持ちが少しは組める」
 Sp-2に向かって筆を向ける。絵の具がちって、床を汚した。
「絵描きも仲間もいるが、皆ライバルだ。私にはない絵の描き方をする。だが私は私の絵を描きたい。そうなれば周りはライバルなのだ」
「やーだ一緒にしないでよ、私はアンタみたいなのじゃないよ。一緒にコスメも何でも選べるお友達。ま、ライバルには変わりないけど?」
「私は私の世界になっているから、ここでどんな絵を描いた、評価について話しても誰も知らないだろう。何せお前たちの世界に、絵描きの私は存在しないのだから」
 ん、と、誰もが言葉を漏らした。
 そうだ。パラレルワールド。
 彼がいる世界で彼は評価されてても、僕はこの人を知らない。
 だって、この人は僕でありながら別の道を行って、別の世界を作り上げた人。
 それは皆そうだ。
 家族がいてお金に苦労しないけれど、コミュニケーションの不足しているホストの僕。
 女の道を行こうと思った僕。きっと彼には友達が多いだろう。びしばし突っ込む割らには、話し方が気さくで、友達だったら面白そうだと思う。
 中卒で劣等感を持っているが、それでも働いて、自分なりの物をつかんでいる彼。
 一見完璧に見えて、裏で相当な苦労をして、これから親を助けようとしている弁護士の卵。
 そして、プライドが高いが、周りの圧力に負けずに絵を描き続け、何かをつかもうとする彼。


 ぴぴ、と、懐かしい音が聞こえた。
 ……僕の携帯の目覚ましの音だ。

 

試し読みできます

パラレルワールドの僕(8)

 
 僕は皆と握手を交わすと、それぞれ目を合わせた。絵描きもいったん描くことをやめて、笑って見せた。
 今度は僕が言う番だ。
「僕は両親も健在、一軒家だけど、猫が沢山いる。何のとりえもないけれど、社会人になりたてなんだ。毎日行くのは大変だし、これといったものがないから……強くは言えないけど、僕からの視点で君たちに言えることがあるよ」
 まずは弁護士に向けて肩をたたく。
「上を向くのはいいけれど、働きすぎるのもよくないよ。ちょっと楽観的になろう、Sp-2さんくらいの楽観さもあるといいね」
「誰のこと、Sp-2って」
 中卒が言うが、周りは大体分かったらしい。彼を見て、笑う。
「あと、不良の僕。学歴コンプレックスはあるけど、毎日が楽しそうだし、発言力もある。友達と仲良くね」
「不良は余計だ。頑張るよ」
 次はホストだ。
「まずは自信を持て、そしてこの職は向いてない。この年齢でその学歴なら、まともな職に就けるんだ、見せつけてやればいいよ」
「う、うん、頑張ります」
 そしてプライドの高い絵描きの僕。
「周りに少しは気を許したらどうかな。僕に言われても嫌だろうけど、少しは別の方面の友達ができれば、心もほぐれると思うの」
 その言葉に、絵描きは何かに気づいたようだ。
「なるほど、別の方面か。考えておこう」
 あとはSp-2さんだ。
「別の世界の両親は仲良かったり、更に兄弟までいるんだ。このことだけは分かってほしいな。でも思いきった肉体改造したね」
「貴重な体験だったわ。ね、私きれいでしょ?」
「自分だから何とも言えない……」
 やはり胸に目がいく……。
 と思ったら、突然おしつけられて、胸で窒息しかけた。
 周りがひきはがしてくれたが、そのうち彼らはお互いに手を振ると、霧に紛れていった。


「今日は早く行くんじゃないの?」
 朝日がまぶしくて、目を細めた。
 先ほど見た夢を思い出して、目の前にいる、元気な母親に向けて笑った。
「うん、早くいかないとね」
「ほらー、皆に迷惑かけるわよ、さっさとしたくしなさい、ちゃんとアイロンかけておいたんだから」
 アイロンのかかった綺麗なシャツを見て、僕は笑う。
 別の世界の僕たちは、皆目を覚ましたかな?
 僕には僕の世界だもの、一生懸命やんなきゃね。
「早く帰ってきなさいよ、ケーキ作って待ってるから。お父さんもあんたの誕生日祝いたいって言ってるから」
「ありがとう」


 元気に家を出ていく彼を見て、骨の男と白いフードを着た男は話をしている。
『パラレルワールド?』
 白いコートの男は、船を渡すための準備をしながら、話しかけた。
『そうです。知りません? パラレルワールド』
『きいたことならある』
『そうです、それです。ここは全てにおいて通じてますが、もしかしたら別の人生をたどる私たちもいるかもしれないんですよ』
 特に興味を持たずに、相槌を打つ白いフードの男に、陽気な声は響く。
『珍しく別の世界の彼が、別の人生の自分を見てみたいというので、叶えてみました』
『暇つぶし?』
『乱暴に言うとそうです』
 来世と現世につながる橋に振りかえる。

『今のご自分を大切に』

 それだけ彼に伝えると、二人は霧の向こうに消えていった。






試し読みできます

テキスポで暮らした人たち







テキスポで暮らした人たち
 

あやまり堂× 山田佳江
聞き手=蟹川森子


 


試し読みできます

テキスポで暮らした人たち(1)

 
この対談は私、蟹川の勝手な希望であり、テキスポ(※1)で出会い「てきすぽどーじん(※2)」を主宰されているあやまり堂さんと、無計画書房(※3)を運営されている山田佳江さんへメールにて取材し、編集したものです。テキスポの在りし日の思いから、同人誌制作や文学フリマ、テキスポ消滅後から現在~これからを語っていただきたいと思い企画いたしました。おふたりは、私も含めてハングアウトなどを中心に意見交換をするようになりましたが、まずはおふたりがどのような経緯でテキスポに辿り着いたのかということから伺っていきたいと思います。

あやまり堂(以下、あ) あたくしの場合は、テキスポというのが始まったよと、どこかのニュースサイトで知ったのだと思います。このニュースを見て、(※4)だと思っていましたが、この記事の日付が、翌年3月のものだったので、記憶違いだった模様。たぶん、この辺のブログが、どこかのニュースまとめに転載されていて(※5)、それで知ったのだと思います。

山田佳江(以下、山) 夢を見たのです。夢の中で私は大学のキャンパスにいました。どこかから「もし望むのなら、この時代に戻してあげよう」と声がしました。「いいえ、結構です」と私が返事をしたところで、私は目を覚ましました。この夢の話を2ちゃんねるの創作文芸板でしたところ、「そのネタで小説を書くといい」と名無しさんにアドバイスを頂きました。こんなベタなネタで小説もないだろうと思ったのですが、ベタなネタをどう調理するかが作家の腕の見せどころなのだそうです。そうして「過去は変えられる」という掌編を書きました。書いたからにはどこかにアップしようということで、当時まだできたてほやほやだった「超文系サイトテキスポ」にアカウントを取って、投稿してみました。ベタなネタだと思っていた「過去は変えられる」は、思ったより評判が良く、テキスポのピックアップで紹介していただいたり、閲覧数第一位になったりしました。そんなこんなで気を良くし、テキスポに居着いてしまったのでした。

-テキスポが生まれる前は、他の小説サイトや、執筆活動などされていたのですか?

初めての公募小説を書いていた時(確か九年前くらいだったと思います)、インターネットで検索して流れ着いたのが、創作文芸板でした。ですので、小説を書くために2ちゃんねるを始めたようなものですし、情報収集の場も、当時は2ちゃんねるくらいしか持っていませんでした。現在はもう、2ちゃんねるにはほぼ書き込んでいなくて、ツイッターが主な生息地になっています。執筆活動は公募小説を軸と考えています。でも、短くてさらっと読める小説を、インターネットのどこかに置いておきたいとは思っています。テキスポが無くなってしまったので、まだ適切な活動場所が見つかっていないのかも知れません。

テキスポ以前は、大学の文学研究会というところに所属して、小説を書きまくってました。
年6回発行の冊子で、皆勤賞でした。現時点で126号くらいが出てる部誌で、一番書いてる部員だ、と威張っています。量だけは。ネットの小説サイト利用は、テキスポがほぼ初めてです。

- テキスポでどのようなことが行われてきたか、それはあやまり堂さんが「テキスポの歴史(※2)」でまとめられています。 約4年間、様々な本や企画が生まれました。

個人的にもっとも印象に残っているのは、「テキスポ鉄火場大賞」の荒れ模様です。あの荒れ方を見て、企画は適当に、気楽にやらなきゃだめだと学びました。コメント欄が荒れまくってましたが、主催者の挑発的な態度も原因だった気がしないでもないです。作品が投稿された後、「厳しい選考になりますので覚悟しておいてください」とかそんな強気のコメントをしていたことが、印象に残ってます。それを受けて、あやまり堂企画では、「投稿ありがとうございますー」しか言わないようにしようと決めたのでした。

テキスポといえば「800字バトル」の印象が強いですね。間違えていたら申し訳ないのですが、確か第一回800字バトルに、一番乗りで投稿したような記憶があります。「面白そうなことやってる!早く出さないとネタかぶっちゃう!」とか思って。あとは、大好きな大好きな「絵コメント」ですね。お絵描きサイトはいくつもあるのですが、あそこは特殊な場所でした。「小説も書くけれど絵を描くのも好き」な人がそれぞれ自分勝手に絵を描いて、だけどゆるーくつながっている感じもあって、今思えばツイッターに似ている場所でもありましたね。今思い出したんですけど、テキスポには「コミック」なんかもありましたよね。あれはどうなっちゃったんでしょうか。いつまで存在していたのかな。

 


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について