目次
目次
てきすぽどーじん5号 「初体験」
「親不孝ウエストゲイパーク」 山田佳江
親不孝ウエストゲイパーク
親不孝ウエストゲイパーク(1)
親不孝ウエストゲイパーク(2)
親不孝ウエストゲイパーク(3)
親不孝ウエストゲイパーク(4)
「原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~」 シゾワンぷー
原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~
原発少女・福島もんじゅ ~パイロット版~(全)
「穴蔵の娘」 雨森
穴蔵の娘
穴蔵の娘(1)
穴蔵の娘(2)
穴蔵の娘(3)
穴蔵の娘(4)
穴蔵の娘(5)
「パラレルワールドの僕」 香吾悠理
パラレルワールドの僕
パラレルワールドの僕(1)
パラレルワールドの僕(2)
パラレルワールドの僕(3)
パラレルワールドの僕(4)
パラレルワールドの僕(5)
パラレルワールドの僕(6)
パラレルワールドの僕(7)
パラレルワールドの僕(8)
「テキスポで暮らした人たち」 蟹川森子編
テキスポで暮らした人たち
テキスポで暮らした人たち(1)
テキスポで暮らした人たち(2)
「惟任百里的初恋探偵物語」 あやまり堂
惟任百里的初恋探偵物語
惟任百里的初恋探偵物語(序)
惟任百里的初恋探偵物語(1)
惟任百里的初恋探偵物語(2)
惟任百里的初恋探偵物語(3)
惟任百里的初恋探偵物語(4)
惟任百里的初恋探偵物語(5)
惟任百里的初恋探偵物語(6)
惟任百里的初恋探偵物語(7)
惟任百里的初恋探偵物語(8)
惟任百里的初恋探偵物語(9)
誤訳捏造「OUTサイダー」 茶屋休石
誤訳捏造「OUTサイダー」
誤訳捏造「OUTサイダー」(序)
誤訳捏造「OUTサイダー」(1)
誤訳捏造「OUTサイダー」(2)
てきすとぽい広告
てきすとぽい
「異世界のメロディ」 松浦俊郎
異世界のメロディ
異世界のメロディ(序)
異世界のメロディ(1)
異世界のメロディ(2)
異世界のメロディ(3)
異世界のメロディ(4)
異世界のメロディ(5)
異世界のメロディ(6)
異世界のメロディ(7)
異世界のメロディ(8)
異世界のメロディ(9)
異世界のメロディ(10)
異世界のメロディ(11)
異世界のメロディ(12)
巻末の随筆
巻末容赦
てきすぽどーじん5号「感想会」のお知らせ
誤字脱字、誤植のお詫び
裏表紙
有料版購入者特典(PDF版ダウンロード)
購入者特典

閉じる


<<最初から読む

14 / 61ページ

試し読みできます

穴蔵の娘(5)

 

 町のあちらこちらで朝顔が花を咲かせる季節となった。この日も、四谷本塩町の上田道場では鋭い気勢の声が上がる。
 上田孫兵衛は可愛がっていた弟弟子の思いがけない死に驚き嘆いた様子だったが、以降は門人の風紀にとやかく口を出すようになり弟子達を辟易させていた。
 孫兵衛の気がかりはまだ他にもあった。彦四郎の事件から七日が過ぎても道場にまだ顔を見せない向井徳之介の事である。
 門人から聞いた話では、徳之介はずっと病の床に臥せっていると言う。いずれにせよ、友人であった彦四郎の末路が堪えたのだろう。孫兵衛はやりきれない思いを気勢に隠して竹刀を振るった。

「――二人一緒だよ」 消え入りそうな小さな声で男は呟いた。下僕に雨戸を閉め切るように命じていたため、昼八ッ刻にも関わらず部屋の中は夜のように薄暗い。
『痛くないの?』
「ふふ、大丈夫さ」 男は恍惚とした顔で愛しげに脇腹をさすった。きつく巻いたサラシからは、膿の混じった血が滲んでいる。
「さすが、錆びたとは言え彦さんだ。あれだけの傷を受けながら私の腹に良い穴を空けてくれた」
 ころころと笑う可愛い娘の声が男の身体に響いてくる。
「何もかも彦さんのお陰だ」
『わたしをいじめる人はもういないのね』
「そう、もう誰もいない。私達を邪魔する者は、もう誰もいないよ」
『嬉しい』
 男は声に応えるように自分の身体を腕で抱いた。腹のサラシに血がまたじわりと広がった。
「私の罪は、全部彦さんが被ってくれる。可哀相、とお前は思うかもしれないが、こうなったのも言うなれば全部彦さんの自業自得なんだ」
『そう』
 内なる娘の声に男は大きく頷いた。
「私がお前に贈ったあの歌だ。もし、おまえが詠んでいてくれた事を彦さんから知らされなければ、きっと私は今もつまらない棒振りをやっていただろう。――言い様によっちゃァ、私は彦さんの地獄への道連れにされた、とも言えるな」
『でも、あの女は三浦さまを選んだけど、わたしはあなたを選んだのよ』
「ああ」男は膝をかかえ込むように背を丸める。
『わたしたち、もうずうっと一緒なのね』
「そうだよ。例え私が死に果てても、いずれ棺桶の中、土の中だ。あなぐらの中でずっとずっと、二人一緒だよ」
 男は眼を閉じた。もはや傷の痛みも、良心の疼きもない。腹から響く愛しい娘の声に包まれ、男は幸福だった。



〈終〉


試し読みできます

パラレルワールドの僕








パラレルワールドの僕



香吾 悠理





試し読みできます

パラレルワールドの僕(1)

 

 僕は何をしたいんだろう?
 僕は何をしているんだろう?
 僕は何でこんな道を選んだんだろう?

 窓から見える星はとても綺麗で、十年経っても変わらない。
 僕は最近ほぼ毎日、空を見上げるようになった。
 僕はやっと社会人になれたけど、もっと道があったんじゃないの?
 例えば……贅沢言うなら、俳優とか?
 もしかしたら親が熱狂的なステージママとか言う奴だったら、今頃天才と称されるほどの絵描きとか、音楽家になれたかも。
 明日で二十三歳。
 平凡な日常なんてつまらないんだよなあ。
 他の僕はなにをしてるのかな、俗に言うパラレルワールドとか言うの。
 あの時僕があの子にアタックしてたら……、あの時僕がこの会社に入るのをやめたら……、あの時僕が別の学校に受かっていたら……。
 駄目だな、五月病?
 こんなことしても何もならないのは知っているけど、恋人もいなければ社会人にようやくなれた僕はあまりにもちっぽけなんだよ。困ったね。
 さて、寝よう。
 ベッドの中はとても温かいけれど、明日はすぐに起きて会社に行かないと。
 誕生日、誰が祝ってくれるかな。

 


試し読みできます

パラレルワールドの僕(2)

 

『お誕生日おめでとうございます!! ではこの死神……もとい、案内人から素敵なプレゼントご用意いたします。貴方はパラレルの自分を見たいと思いましたね、そう言うのはお任せください。私はそういうの得意なので、会わせてあげますよ。ただし、時間は数時間、貴方が起きるまで』

 妙に明るい声が響く。
 夢の中なのに……。頭に直接来るような……。

『まあまあ、他の世界も貴方も同じことを思っているのです、なので折角です、この時間を夢だとでも思っていいので、存分に話してらっしゃい。はいはい、貴方の出身地は……えーと、福井県ですね。福井県福井市、懐かしい貴方の大好きな川の近く、タニシやザリガニがとれたあの場所で、どうぞ話あってきてください!』

 なんだか見えてきた。
 懐かしいなあ、三歳の時によく遊んだあの川だ。
 今はどうなっているのかな。僕はいま東京にいるから、もう行かないけど……。


 

試し読みできます

パラレルワールドの僕(3)

 
 あの懐かしい川のそば、当時のままでそこに何人もの男が座る。周りは濃い霧に囲まれているが、川だけは随分はっきりと見えた。
 眼が合えば皆が立ちあがって、頭を下げた。
 アレ? 皆、若干違うけど……基礎は僕じゃないか?
 そんなまさか。そうか、これは夢だっけ。
「はじめまして」
 数えるには五人、自分のそっくりさんがそこにいた。
 最初に礼儀正しくお辞儀をした男は、高そうなスーツを着込んだ眼鏡の男。清潔で爽やかという第一印象。
 握手を求められて、握手を交わした。その感触も生々しい。
 本当に夢かな?
「私は弁護士を目指していまして……」
 うわっ。資格の勉強中なのか。
 相当見た目はキレ者に見えるけど、これも僕なのは間違いない。でもどうしてこんなに別人になったのだろう。
「おかしいでしょう、原点は同じなのにこうして皆……まあ、全て私ですが。会ってみると、全く違うので、驚きました」
 丁寧な口調だ。あいさつです、と気軽に見せてくれた生徒手帳は、驚くほどレベルの高い大学だった。
 僕は目指すことすらやめるくらいの。
 しかしあまりに落ち着きすぎるせいで、僕でいながら嫌な奴、という印象を持ってしまった。
 異性にはもてそうだけど、自信ありそうなその姿と学歴に、不愉快な気分にさせられる。
「何が君は不満なの」
 僕はなんだかつまらなくなって、眼をそらして彼と話すことになった。周りの視線も突き刺さる。
「いい学校入って、弁護士を目指して、高いスーツで…?」
 相手はつかれたように溜息を出すと同時に呟いた。
「そう見えるでしょう。私は最近思うんです。別の人生だったらこんな疲れたことはしないのに、と」
 周りもうんうんと同じ声を出した。口調や姿は若干違っても、声は僕だった。
「君の住んでいる場所は?」
 彼を弁護士と適当に名付けることにした。まだ弁護士ではないけれど、もう弁護士に近い状態だ。
「埼玉です。私の分岐点は、貴方よりもここを離れることが早かったことです」
 辺りを見回した。
 濃い霧、目の前にある汚い川、手すりのない、コンクリートの小さな橋。
 そこで彼が指をさしたのは、川の向こう、少しだけ見える田んぼだった。
 何とか眼を細めてみると、家が見えた。
 けど、なんだぼろっちい汚い家だなあ。一階建、庭なし、門もさびている。
「あれが現在の私の家です」
 そんな馬鹿な! こんな完璧な男があんな家にすむはずない!!
 僕だって二階建の、一軒家なのに。庭はあっても凄く狭いけど。
「私は、もう少しだけでいいから、お金のある家にすみたかった。両親はすでに離婚して、父とすんでいます。これが決定打です。両親の離婚さえなければ、と」
 指差す彼を見ると、横顔は哀愁のある顔だった。
 じゃあそのスーツはどこで買ったんだ、と聞くと、彼は困ったように笑った。
「父がとても頑張ってくれて、私はエスカレーター式の学校に入りました。おかげで父は随分とやせ細ってしまいました。母は再婚しているのであったことがありません。なのでこのスーツは、私が勉強しながらアルバイトをして、稼いだお金で買ったものです」
 僕の両親はとても仲がいい。
 それが離婚だなんて考えられない。その考えは読まれているのだろうか、やはり彼は遠慮がちに笑った。
「引っ越しがきっかけです。貴方よりも早くに引っ越しましたが、それと同時に私には兄弟ができるはずでした。弟か妹か。それが、引っ越したせいで流産してしまいました。ストレスや疲労によるものだとか。そこで離婚を切り出したのが母です。今もあの家は借家ですよ」
 兄弟か。一人っ子だから考えたことなかった。
「試験は何度も落ちました。そのたびに勉強しながら、大学も通ってアルバイトも。体を若干壊してしまいました」
 そういえば、やつれているようにも見える。
「努力だけでは何にもならない時もあるんです。ただ、私はちゃんと資格をとったなら、父を安心させます。けれど、やはり心は疲れてしまっていて……その時に現れたのがここです。懐かしいです、ね、皆さん?」
 ここが分岐点だということらしい。
 弁護士の言う通り、皆は何度も頷いた。
 はあ、この男、見た目はなんの大変さを感じさせないけど、離婚に流産に、金銭関係で苦労してるんだ。
 離婚は一番痛いな。けど、それで終わらないらしいのが彼だった。
「でも私は負けませんよ。もっと勉強して、人を助けるんです。それが夢です」
 ……ちょっと僕じゃないんじゃないかと思ってきた。
 こんなに正義感あふれるまっすぐな人間にどうやってなるんだろう。けど、その裏で相当の苦労があることは分かった。

 


読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について