閉じる


(登場人物)

試し読みできます

登場人物3

   【登場人物】
●伊勢新九郎

幕府申次衆となり、今川氏親の家督相続に力を尽くす。
●大道寺一党

大道寺発専、多目権兵衛(多目殿)、在竹兵衛ノ尉、荒川又次郎、荒木兵庫、山中才四郎、大道寺源六
●笠原信為、平井修理

もと備中伊勢家の家臣
●吉原衛門三郎

富士下方郡の国人。鎌倉以来の御家人。
●北川殿

駿河守護の若き未亡人。父は伊勢盛定、子は今川龍王丸。
●今川氏親

龍王丸。実は伊勢新九郎と北川殿の子。
●小鹿範満

今川家の家督を狙う今川一族の有力者。
●興津木工助

小鹿範満の老臣。範満からは嫌われている。
●山内上杉顕定

関東管領。上州を本拠としている。父は越後上杉房定。
●扇谷上杉定正

相模守護。扇谷家当主として関東管領を補佐する。
●長尾忠景

山内上杉家の家宰。山内、越後両上杉家に気に入られることしか考えない。
●太田道灌

扇谷上杉家の家宰。長尾景春の乱を鎮圧して武名をあげた。
●斎藤安元

太田道灌の片腕。戦上手。
●聖護院道興

准后。大僧正。全国の修験の支配をめざす。
●足利義尚

第九代将軍(公方)。足利義政と日野富子の子。
●足利義材

足利義視の子、義尚の従兄弟。第十代将軍となる。
●細川政元

右京大夫。細川勝元の嫡子。足利義尚と同年齢。
●細川政国

細川庶流の守護。勝元以来、本家の補佐役を務める。
●司箭院興仙

修験の術者。細川政元に仕える。
●上原元秀

細川政元の謀臣。細川政権樹立のため策謀をめぐらす。
●槙島六郎

宇治槇島城主の国人、奉公衆でもある。
●足利政知

堀越公方。古河公方に対抗して東下。足利義政の兄。
●足利茶々丸

足利政知の長子。父の政知からは忠誠を疑われる。
●遠山直景

堀越公方の奉公衆。細川政元と気脈を通じている。
●鵜羽

駿河国人である葛山維貞の娘。
●伊勢貞宗

政所執事。幕府の行政を握る。子に貞陸。
●畠山政長

畠山義就と家督を争う。足利義材とともに政権を握る。
●清水幸政

清幸政。幕府の若手奉行。麒麟児の異名がある。
●進藤昌家

南山城の稲屋妻荘を支配する公文。山城国一揆の指導者。
●狛山城守

南山城の狛野荘を支配する下司。山城国一揆の旗頭の一人。
●作左衛門

南山城の名主(地侍)。新九郎の幼ななじみ。
●キンヤの又

南山城の馬借の頭領。山城国一揆に参加。
●須々

キンヤの又に仕える女。
●蓮如

浄土真宗本願寺派の留守職(法主)。


« 前の章