twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格380円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 作者 genshi-magazine
価格 380円(税込)
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

2,920 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 76ページ (Web閲覧)
196ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
言志 Vol.4-日本を主語とした電子マガジン

コメント一覧

やはり、戦後の大手メディアは まともなメディアがいないのだと感じた。 また、週間朝日の橋下市長に対する記事に関しての批判は かなり同意するところがあるが 藤井聡先生が書いているように戦後メディアにはスパイが かなり紛れ込んでいるという 機密文章まであるので ヤラセも含めて戦後メディアの報道にはかなり国民は 注意しないといけないと思う。 また、中野剛志先生は「サラリーマン根性」ということで マスコミ業界だけの問題ではない と書いているが ただマスコミ業界というのは 競争がなさ過ぎるとかの特殊な状況があるので ほかの業界よりも問題が大きくなっているのではないかと思う。 ただ、どちらにしろ選挙が近くなっているので 国民は戦後メディアに頼らないで 情報をとっていくことを しないと政権交代と同じことになる。 その状況で、言志とチャンネル桜は貴重な存在だと思う。
0422tf : 2012-11-24 11:30:14

第4号発刊、待ってました。 目次を見ただけで、毎回、一刻も早く全部読みたくなりますね。
桜小路優馬 : 2012-11-12 00:17:03

ありがとうございました。現下の政局を見抜かれた眼力に感謝いたします。と共に、地下の三島由紀夫氏も、「言志」発行を心より、喜んで折られると感じています。小生も未熟ながら、言論のペンで、陰湿な戦後体制を打破することを、誓います。                 真田清秋より、感謝を込めて★
samurai10 : 2012-11-11 12:19:42

今回の水島社長の巻頭言を読み、まさに自分が心の奥底に抱いていた事だと思いました。石原氏や維新の会に感じる違和感、抵抗感。それは彼らが、日本を心の底から愛していないのではないか?という疑問につながります。 日本の歴史、文化、精神性は素晴らしいです。是非これをもう一度復活させたいです。たくさんの日本人がそう思っています。 安倍総裁の戦後レジームからの脱却!微力ながら私も共に闘っていきます。
ゲスト : 2012-11-10 13:46:36

facebook コメント一覧