twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ファンタジー 作者 たくき よしみつ
価格 無料
タグ たくきよしみつ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

79 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
17ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
四半世紀を経て、仕事場天井裏から発掘された たくき よしみつ の未発表小説原稿。『マリアの父親』で第四回「小説すばる新人賞」を受賞する2年前の1988年執筆。
『マリアの父親』は原発やエネルギー問題を扱った小説だったため、受賞後も派手な宣伝などはされずに埋もれたが、現実に原発が爆発した今になって注目されている。
この未発表作品『鐸の音流るる丘に』にも、原発人災の責任を顧みようとしない現在の日本を予告していたかのような記述が随所に散りばめられている。
重いテーマを軽く読めるエンターテインメントに仕上げようという試みが、『マリアの父親』以前からされていたと分かる、たくき作品の中でも異色のファンタジー。
第一章は無料公開。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる