twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ヒューマンドラマ 作者 諸星中央
価格 100円(税込)
タグ 純文学短編小説生命殺処分
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

10 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 11ページ (Web閲覧)
32ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
生きることを放棄したはずの僕であったのに、図らずもニートとなってしまった。
それを憎みながらも僕は何もしなかった。自らを変える努力も、死に向かうことも。
そこへ母が仕事を持ってくる。そうして僕は働き始めた。動物愛護センター、いわゆる殺処分場で。
生命の喪失の場で時を過ごす僕は、ある日輝きを見る。生きることは醜い、しかし輝かしい。
そんな職場へある日、酷く怯えた様子の女の子が就職してきて……。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧