閉じる


<<最初から読む

14 / 17ページ

お空みたいな青いろの、
すてきなネクタイしめまして――

 He wore a sweet tie,
    As blue as the sky ―


おまけにたいそうご立派な
ボタンとほおひげしてたのです。

 And his whiskers and buttons
    were very big.


   おしまい   THE END


ポター作品リスト

Beatrix Potter作品の日本における著作権は消滅し、パブリックドメインに帰しています。
翻訳の底本はFREDERICK WARNE出版の The original and authorized edition です。


1.The Tale of Peter Rabbit (1902) 【ピーターラビットの話:2012.3】
2.The Tale of Squirrel Nutkin (1903) 【りすのナトキンの話:2012.3】
3.The Tailor of Gloucester (1903) 【グロスターの仕立屋:2012.4】
4.The Tale of Benjamin Bunny (1904) 【ベンジャミンバニーの話:2012.3】
5.The Tale of Two Bad Mice (1904) 【二匹のいたずらねずみの話:2012.12】
6.The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle (1905) 【ティギーウィンクルさんの話:2012.5】
7.The Tale of the Pie and the Patty-Pan (1905) 【パイと焼き型の話:執筆中】
8.The Tale of Mr. Jeremy Fisher (1906)
9.The Story of A Fierce Bad Rabbit (1906) 【あらくれやくざうさぎ物語:2012.12】
10.The Story of Miss Moppet (1906) 【モペット嬢物語:2012.12】
11.The Tale of Tom Kitten (1907) 【子ねこのトムの話:執筆中】
12.The Tale of Jemima Puddle-Duck (1908)
13.The Tale of Samuel Whiskers or, The Roly-Poly Pudding (1908)
     【サミュエル・ウィスカーズの話 もしくは、うずまきプディング:2013.4】
14.The Tale of the Flopsy Bunnies (1909) 【フロプシーのちびっこたちの話:2012.4】
15.The Tale of Ginger and Pickles (1909) 【ジンジャーとピクルズの話:2013.1】
16.The Tale of Mrs. Tittlemouse (1910)
17.The Tale of Timmy Tiptoes (1911)
18.The Tale of Mr. Tod (1912) 【ミスタートッドの話:2012.11】
19.The Tale of Pigling Bland (1913) 【ピグリンブランドの話:2013.12】 NEW
20.Appley Dapply's Nursery Rhymes (1917) 【アプリィ・ダプリィの童謡:2012.4】
21.The Tale of Johnny Town-Mouse (1918)
22.Cecily Parsley's Nursery Rhymes (1922) 【セシリ・パセリの童謡:2012.4】
23.The Tale of Little Pig Robinson (1930) 【こぶたのロビンソンの話:執筆中】


原文参照:
   Project Gutenberg : Books by Potter, Beatrix
   Arthur's Classic Novels / Beatrix Potter


奥付



アプリィ・ダプリィの童謡(わらべうた)


http://p.booklog.jp/book/58179


作者 : ビアトリクス・ポター
訳者 : 橘 柑子
作者プロフィール:http://ja.wikipedia.org/wiki/ビアトリクス・ポター
訳者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/tokijikudou/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/58179

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/58179



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

橘こうじさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について