閉じる


<<最初から読む

24 / 26ページ

初指名

花ごころを無断欠勤した事実。


それは、俺がホストの道を挫折した事を意味していた。



…一体俺はこれから、どうすればいいんだろう。


俺は、自分が良いと思うやり方を客にぶつけてみた。
しかし、その事は結果的に客を不快にさせただけだった。


だからと言って、何も工夫をしないでこのままだと、
いつまで経っても指名がもらえる気がしない。



俺より年下で後輩のシゲキが、昨日初指名をもらった。


俺よりも年下が多い花ごころのメンバーの中で、
ずっと最下位でこのままやって行かなければならないんだろうか。



一つ悪い方向を考えると、次々とネガティブな考えが押し寄せてくる。



皆は内心、俺を見下してるんだろうな…

このまま一番下っ端のままで、どんどん歳をとって行くんだろうか…

カツヤ君には給料泥棒って思われてんだろうな…

そもそも、呼んでくれたカツヤ君の顔を潰してしまってるよな…

俺が居なくても、当たり前のように花ごころは営業できるんだろう…



「…俺がホストをしている意味ってあるのか…?」



そんな事を考えながら、さっきスーパーから買ってきた、
賞味期限間近の割引された菓子パンを頬張る。


いつの間にか俺は泣いていた。


必死にこらえようとしても、嗚咽は止まらず、
菓子パンを口に入れたまましばらく泣いていた。



うぐっ…くっ……ぐっ……!


涙が口に入り、塩の味がする。



…誰がこんなみじめな俺を想像するだろうか。
仙台に居た頃の、自信たっぷりな俺からはとても想像出来ないこんな俺を。




……仙台、か。



仙台に帰ったら、世話をしていた後輩たちも居る。

きっと歓迎してくれるだろう。



仕事も、仙台で何か探せばなんとかなるかも知れない。
少なくとも、こんなみじめな気持ちでいる事はなくなるだろう。



金だってそうだ。
こんな、毎日満足に食べる事もままならない生活がいつまで続くのかわからない。
泊まる所だって、知人の家を転々と移動している根なし草の様な日々。



客からはいびられ、文句を言われ、愚痴を聞かされ、
新人いびりで無理矢理酒を飲まされる毎日。


店での順位は最下位で、
勤めて半年で未だに一件の指名も取れていない店のお荷物。



一旗あげてやろうと躍起になっていた最初の頃のあの情熱は、
今にも消えてしまいそうな風前の灯になっていた。


「仙台に帰る……そんな選択肢も、あるのかもしれないな」



これは、今思えば逃避以外の何者でもなかった。
とにかく、このみじめな気持から逃げたかった。



慕ってくれる後輩と過ごすと、また自信を取り戻せるかも知れない。



そうだ、仙台には残してきた何人もの彼女もいたじゃないか。

今の、全く女っ気の無い生活もまた抜け出せるな。


マイ、美優、サチコ……


あ、美優は駄目だった…あんなこともあったしな。



そんな事を考えていると、携帯に一本の着信が入った。


ピリリリリリリ…ピリリリリリリ…


ちなみに、これは1990年前半の話。

携帯を持っている人はまだ多くなく、
俺も花ごころに勤めるようになってから携帯を持ち出した。

今では見ない、セルラーの携帯電話だ。



(店からだろうか…)



無断欠勤した訳を説明しようと構えてから電話に出たのだが、
相手の声を聴いた瞬間、俺は耳を疑った。



「もしもしユウくん?マイだけど!」


マイ…!!


何と言う偶然、たった今思い出していた、仙台の元彼女だった。



「マイか!?何でこの番号を…?」


「良かった、繋がった!へへ、この番号、聡君に聞いたんだ」


聡…仙台に残してきた、俺が世話していた後輩だ。
そういえば後輩たちには電話番号を教えていたんだった。



「ちょっとユウ君の事を思い出してさ…声が聴きたくなっちゃって」

「元気にしてる…?ユウ君今ホストやってんだよね、どう調子は?」


「あ、あぁ。…ボチボチだよ」


「ユウ君の事だから、もうガンガン稼いじゃってるんだろうな~。
こっちでもモテモテだったもんね!」



ズキン、と心が締め付けられた。



「いいなー、私もユウ君に接客されたいな。
シャンパン入りまーす!とか言われてみたい」


「そうだな…」


「凄かったもんねー、こっちでのユウ君の人気。
女の子をとっかえひっかえしてさー、あははっ」


「いや…全然そんな事ないよ」


「またまたー!そんな事言って、店でも人気なんでしょ?
あ、もしかしてもうNo.1とかなってたり!?」


ズキン


「まだ半年だからさすがに無いかな?
でも上位には入ってそうだよね!」


ズキン


「……もう止めてくれ」


「えっ?」


「…うるせぇな、もう昔とは違うんだよ!!」


「…ど、どうしたの、ユウ君?」



マイの一言一言が胸に突き刺さった。
どうしようもない苛立ちが襲ってきて、つい声を荒げてしまった。


(お前は本当に俺なのか?)

(随分落ちぶれちまったな!)

(ホストなんて楽勝って思ってたんじゃないのか?)


まるで過去の自分が、今のみじめな自分を笑いに来たように感じた。




「マイ…怒鳴ってごめんな、折角電話くれたのに悪い、
……今はちょっと話す気分じゃねーんだ」


「え、え!?どうしたの?何があったの?」


「じゃあな……」


「待って!話を聞かせて、何でも相談に乗るよ!」


「!」


”何でも相談に乗るよ……”


その言葉は、俺がホストとして客に投げかけていた言葉だった。



そうか…俺は悩んでる人に対してこういう風に接してきたんだ。

マイも、今俺の悩みを聞こうとしてくれている。



俺は、マイの真剣な声に応えるように、
少しずつ自分の事を話始めた。



ホストの世界の事、

極貧の生活を続けている事、

客とのトラブルの事、

未だに一件の指名も取れていない事、

店では最下位のホストだという事。



マイは、時折相槌を打つくらいで、黙って俺の話を聞いていた。


「……だから、昔の俺とは違うんだ」


「…そう、なんだ。…ごめんなさい、あたしそんな事知らないで色々言っちゃって」


「いや、マイは悪くない。こっちこそ苛立っちまって悪かった…」


「……」

「……」


しばらく、沈黙が続いた。


マイは、かける言葉を探しているようだった。


「ユウ君、あのね」


「さっきユウ君は、昔の自分とは違うって言ってたけど…
そんな事無いと思う。ユウ君昔のままだよ」


「…」


「確かに、環境や周りの状況は変わったかもしれないけど…
でも、ユウ君の性格や考え方は、昔のままだよ」


「マイ…」


「昔から、一つの事に真剣に取り組んで、結果を出してきたよね」


「私が知ってる中でも、ユウ君何回か挫けそうになった事あるよ。
でもそれでも頑張って、
最後にはその挫けそうになった事まで力に変えて成功してきたじゃない」



「ユウ君は絶対にここで終わる人じゃないよ。
いま挫けてしまったら、全てが台無しになるよ。
ここでの挫折を、一生引きずる事になる。」



「この挫けそうになっている今も、
きっとこの先の成功に必要な事なんだよ!」



最後の方は、マイは泣きながら話していた。



俺も、マイには悟られないようにしていたが、
自然に涙が零れていた。


「…マイ、有難うな」



少し、マイに勇気をもらった。


もう少しだけ頑張ってみよう…そう思った。


「明日、また店に出てみる事にするよ」


「うん、うん…」


マイはまだ涙ぐんでいた。

俺はマイに感謝の言葉を告げ、電話を切った。





―翌日、花ごころ


「…おう。来たか…」


カツヤ君は無断欠勤の事を咎める事無く、そう言った。


「すみません、昨日俺…」

「謝らんでいい。その分しっかり働けよ」


カツヤ君も、俺が無断欠勤した理由がわかってたんだろう。
どこか普段よりも優しく感じた。


「ま、無断欠勤分はきちんと罰金しとくからな」

「はは…」


前言撤回。いつもとあんまり変わらないようだ。



遅刻や無断欠勤など、そう珍しくないホスト業界。
皆、何事も無かったように開店の準備をしている。



どころか、むしろ皆俺に同情的だった。

「雄一さん、俺このまま雄一さん飛ぶんじゃないかと思いましたよ…」


キョウヘイちゃんがそう言った。
飛ぶとは、そのまま辞めて居なくなる事だ。


一番気まずそうにしていたのは、シゲキだった。
あまり俺と言葉を交わすことなく、店内の掃除をしていた。


準備も終わり、花ごころが開店した。


開店から15分。

もう同じ過ちは繰り返さないようにしなければならない…
そう考えていた俺に、突然声がかかる。



「雄一さん、指名です!」




「…えっ!指名!?」




俺は耳を疑った。


あんなに待ち望んでいた初指名が、
こんなにあっさり来るとは思わなかった。


…一体、誰が?


頭に10個ぐらい疑問符を浮かべながらテーブルに向かうと、
今度は目を疑った。



そこに居たのは、マイだった。


これから

「マイ!!何で…」



「…へへ、来ちゃった!」


テーブルに腰かけ、満面の笑みを浮かべてマイはそう言った。



「もしかして、昨日電話した時から東京に…?」


「ううん、あの時は仙台だったよ。
…ちょっと東京に来たくなって、来ちゃった。あはは」



ちょっと東京に来たくなって来た…


本当はそんな理由じゃなく、
昨日の電話で俺が落ち込んでいるのを知って来てくれたのは明らかだった。



「いやー、それにしてもユウ君凄いね!
スーツをビシッと決めちゃってさ!格好いいよ!」


マイはそう言って、褒めてくれた。
”サラリーマンみたいなダサいスーツ”と、今まで客に散々馬鹿にされたスーツを。


俺は、堪えていないと涙が今にも零れ落ちそうになっていた。


「マイ、ありがとうな」


「え!?いやいや…たまたまだよ、たまたま店に寄っただけだから、あはは」


マイはそう言って誤魔化した。


誤魔化したり冗談を言った後に、あははと笑う癖は昔から変わらない。



「さ、今日は飲むぞ~、楽しませてよね!ホストさん♪」


「はは…了解、お客様!」



こうして、俺の初の指名接客は始まった。



「マイは今も居酒屋で働いてるのか?」


「うん、そうだよ。あたし今チーフになってるんだ」


「へぇ、凄いな。頑張ってるじゃん」


「懐かしいよね。ユウくんがお客さんとして初めてうちの店に来た時…」


マイと付き合うきっかけになったのは、
マイが働いている居酒屋に俺が行った時に話しかけられたのが切っ掛けだ。


その日、居酒屋で、俺は後輩と一緒に飲んでいた。


「あぁ、あの時マイが客に絡まれたんだよな」


「そうそう、たちの悪い客だったねー!」


俺らの隣の席の客…40~50代くらいの中年の3人客が、マイに絡んでいた。


注文を聞きに来るたびにセクハラまがいの事を言ったり、
マイに無理矢理酒を飲ませようとしていた。


「完全に来る店間違えてたよな」


「あたしもう本っ当に嫌で、誰か助けて!って思ってた所を…
ユウ君が助けてくれたんだよね」


「はは、そんな事もあったな」


マイの嫌がる姿をそいつらは面白がり、
その客の行動は次第にエスカレートして行った。


俺も気になってはいたんだが、とうとうその客の一人が、
マイの胸を触り、マイがキャッと声を上げたところで我慢できなくなった。


「俺が手元の灰皿をそいつらに投げたんだよな」


「そうそう、そこで一言。
”ねぇ、あんたら何やってんの!?”って!!
格好よかったなー!あたし王子様に見えたもん、あはは」

そうやってマイは、声真似をした。


客の3人は、俺と後輩の睨みを見てビビったのか、
それからは大人しくしていた。


「その後、マイが俺らの席にお礼に来てくれたんだよな。
確か、焼酎のボトルを持って”これ御礼です”って」


「そう…でも、ボトルをあげたのは、別の意味もあったんだよ。」


「え、そうなの?」


「キープしてくれたら、また店に来てくれるかなって思って。
…あの時に、もうユウ君に惚れちゃってたんだよねあたし。あははっ」



その後、マイの策略(?)にはまった俺は、何度か店に足を運び、
マイと色々話すようになり、親密になって行った。


「あたしね、あの時思ったんだ。この人は絶対大物になる人だ、って。
女の勘ってやつ?あはは」


「…そして、いつかこの人に助けが必要な時は、
今度は私が助けようって、そう思ったんだ…」


「マイ…」


「ユウ君。あたし今まで会った人の中で、
ユウ君ほど頼りになる人は居なかったよ。
今もそう、ホストやってるユウ君、輝いて見えるもん」


「でも俺は、指名ゼロの最下位だぜ?」


「今日からは、指名ゼロじゃないでしょ?
いやー、あたしがこれからのユウ君の成功への道の第一歩となるなんて、光栄だな。あはは」


…ユウ君ほど頼りになる人は居なかった、か。



案外、人の頼りになる事に難しい事は必要ないのかもしれない。

俺は、無理に頼りになろうとしていたから、失敗しただけなのか。


俺は俺の信念のまま、流れに乗って真剣に客に向き合う事。

それが、結果として頼りになる…器の大きいホストになって行くのかも知れない。


「…マイ、有難う」


この日、マイが店に来てくれたことで、俺がどれだけ救われた事だろう。



この日を境に、俺は少しずつだが指名を取れるようになる。

そして、長かったホストの下積みの期間は終わり、次のステージに進む事となる。




《北条雄一伝〈h(エイチ)〉 ホスト下積み編 完》


奥付



北条雄一伝 <h(エイチ)>ホスト下積み編


http://p.booklog.jp/book/57813



著者 : 北条雄一

著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/hojoyuichi/profile


アメブロで続きを執筆中です

http://ameblo.jp/hojoyuichi/


ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/57813


第一版:2012/10




この本の内容は以上です。


読者登録

北条雄一さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について