閉じる


<<最初から読む

5 / 26ページ

ハイヒールビール

カウンターを合わせて、7席ほどしかない店内。

まだ開店前の、薄暗い店内を見回して、
どこかで抱いていた華やかなホストクラブとの差異に、俺は少し混乱していた。


しかし、当時の歌舞伎町には10店舗ほどしかホストクラブが無い時代。
(ちなみに現在は歌舞伎町内に150~200店舗ほど存在する。)


”店が小さいから流行っていないんじゃないか”と言う俺の想像は、
その後見事に打ち砕かれることになる。


「雄一。俺と一緒に店をやってる、ワタルだ」


カツヤ君はそう言って、店内で開店の準備をしていた人を紹介した。

ワタルと呼ばれたその人は、俺より少し若く見えた。


「初めまして、よろしく。」


人懐っこい笑顔を見せるワタル君。

聞けば、やはり俺より2つ下だと言う。

ちなみにカツヤ君は俺の1つ上にあたる。


いかにも美少年と言う感じのワタル君。

当時ジャニーズJrに所属していたことからも、その美男ぶりは窺い知れる。


ワタル君とカツヤ君は、共同出資で花ごころを経営していた。


実はこのワタル君、家族の不幸で一時花ごころを離れて実家に帰っていて、
俺が店に入った日が調度ワタル君が復帰する日だったらしい。


カツヤ君はとにかく俺に対して厳しかったが、
ワタル君は優しい所があり、まさに飴と鞭と言う感じだった。


「ホストは初めてらしいですね」


テーブルを拭きながらワタルさんが尋ねる。


「あ、はい。よろしくお願いします」

「この店はまだ開店して半年くらいなんですけどね。
結構お客さんは入ってるんです。
いきなりヘルプに入ってもらうと思うんですけど、よろしくお願いします。」


(いきなりヘルプか…)


「わかりました」


俺は少し戸惑った様子を見せたが、
内心は早く実戦に就ける事に喜んでいた。


なにがなんでものし上がってやろう。

そう思っていたからだ。


「今日は俺の客や、キョウヘイの客もいっぱい来ますから。なぁキョウヘイ」


ワタル君に振られて、いかにも盛り上げ役と言った感じの青年がそう答える。


「そうっすね!よろしくお願いします!」


彼がキョウヘイちゃん。この当時は19歳だったと思う。


当時の花ごころのNo.1ホストだった。


俺は当面の間、打倒・キョウヘイを目標にする事となる。

ちなみに彼もジャニーズJrに所属していた。


「よろしくお願いします。キョウヘイさん」


「キョウヘイでいいですよ、雄一さん。
実は…俺の先輩が、雄一さんの後輩だったんです!
そんな人からさん付けで呼んでもらうなんてできませんよ。」


どうやらキョウヘイちゃんは、俺の後輩の後輩だったらしく、
ホストとしては後輩にあたる俺だが、色々と立ててくれていた。


ホストとしてはまだペーペーだった俺だが、
過去の事もあり、そこいらの”普通の新人”じゃなかった事は確かだ。


そう言った面では、随分と便利だったこともある。


しかしいきなりホストの先輩を呼び捨てにする事は出来ず、
”キョウヘイちゃん”と呼ぶ事で落ち着いた。



店に入った頃には既に夕方。
そんなこんなをしている内に、開店の時間近づいてきた。


さすがホスト、みんなビシッとした格好をしている。


俺はと言ったら当然、仙台から着てきた一張羅。
着の身着のままのヨレヨレスーツのままだ。


(…まぁ、初日で買いに行く時間もなかったし、これはしょうがない。
突っ込まれたら事情を説明しよう。)


そう考えていたのだが、甘かった。


俺は初日だから当然指名など無い。

となると、”誰も指名をしない客”、
若しくは”指名したホストが既に他の客についていた時”などに代役として入る事になる。


俺のホストデビューは、後者からだった。


始めて相手をした客の名は、蘭丸。

お客に向かってこの言い方は有り得ないかも知れないが、”この客はとんでも無かった”。


「失礼します!」


「…」


いきなり無視を決め込む蘭丸。

それもその筈…蘭丸のお目当てのホストが他の席についていて、
嫉妬と苛立ちでとんでもなく不機嫌だったのだ。


「俺今日が初めてなんです、よろしく!」


「お名前は何て言うんですか?」


「ここには良く来るのかな?」


何とか会話に繋げようとするも、不発。


一番最初に喋った言葉は、


「せっかくだから何か喋ろうよ」


「…なんであんたなんかと喋らなきゃいけないのよ。」


これだった。



その後も、蘭丸は暴言を吐き続ける。


「よくあんたみたいなのがホストになれたわね?」


「なにその格好、舐めてんの!?」


蘭丸は既にボトルを数本開けていた。

新人の俺は、蘭丸の鬱憤を晴らす格好のカモだったろう。



今まで俺は、周りの女に所謂”チヤホヤ”されて育ってきた。


悪い男がモテていた時代。

女に不自由するなんて一度も無かった。


ガキ大将だったガキの頃、総長だった暴走族時代、アウトローの時代は、
いくら俺が邪険に扱おうと、勝手に女がついてきた。


俺だったら、女相手の商売なんて楽勝なんじゃないか?
そう調子づいていた所に、この現実。


目当てのホストに夢中な女には、
俺なんて眼中に入っていなかった。



今まで俺が思っていた女の本性は幻想だったのか…
そう感じ、凄く困惑した表情を浮かべていたのが彼女に伝わったのだろう。


「…あんた何つまんなさそうな顔してんの?」


俺が浮かない顔をしていたのが蘭丸にとっては気に入らなかったようだ。


「ふざけんなよ!客を楽しませんのがホストだろうが、何様だよ!」


そう言うと、蘭丸はおもむろに履いていたハイヒールを脱ぎ、それにビールを注ぎ始めた。


ドボドボドボ…


俺は目の前の光景に目を疑い、
これからされるであろう要求を想像し更に困惑の表情を浮かべていた。


「あんたグラス要らないでしょ?」


そう言って、並々とビールが注がれたハイヒールを、俺の前にグイと突き出す。

…これを飲めと、アゴを突き出す蘭丸。


季節は夏。
蒸れたハイヒールをビールの匂いが鼻を衝く。


…これが……ホストの世界か。

俺は、恐る恐る口を付け、人生初のハイヒールビールを飲み干した。


素直にハイヒールビールを飲んだことに少し気を良くした蘭丸は、
空になったハイヒールに次々ビールを注ぎ始める。


結局その日は、
蘭丸の席についてた間は最後までハイヒールでビールを飲まされた。


歌舞伎町の夜は長い。

洗礼の初日はまだまだ続く。

トモミさん

ホスト初日、延々と蘭丸にハイヒールでビールを飲まされる俺。

もう、味なんて分からない。


屈辱的な事をされている…それだけだった。

蘭丸は相変わらず不機嫌で、
本命のホストの様子を横目で気にしているようだった。


ふと周りを見ると、カツヤくんと目が合った。
カツヤ君はしょうがねぇな、と言った顔で同情するようにこちらを見ていた。


良く見ると周りの客もこっちを見て気にしているようだった。
まぁ、こんな光景なんてそうあるもんじゃないだろうからな。


恥ずかしさと悔しさとでぐちゃぐちゃになって、ろくに蘭丸と何を話したのか覚えていない。



その光景が2時間ほど続いただろうか。


「帰る。」


とうとうお目当てのホストに席についてもらえなかった蘭丸。

今日は諦めたのだろう。吐き捨てるようにそう言った。


ようやく解放される…
俺はホッとしていた。

しかし、蘭丸が口にしたセリフは、


「…靴が無い。」


履いて帰る靴は、ビールが何回も注がれてとても履けたものじゃなかった。
結局、俺は店を抜けて蘭丸の履く靴を買いに行く事になった。



蘭丸が店を出て、俺は次の指示を待つことになった。
しかし、狭い敷地なのに、客が入る入る。

常に満席で、7名程のホストがせわしなく動いていた。


「雄一、大変だったな」


先ほどの光景を見ていたカツヤ君が労う。


「ビックリですよ。あんな事よくあるんですか?」


「いやぁ、滅多にないな。でも、あんな感じのクセのある客は多いぞ。」


カツヤ君は同情の色を浮かべながらも、
ホストの裏の世界を俺に見せられた事で少し得意げだった。


「それより雄一、今から俺の席のヘルプについてくれ。
その子の”枝”がお前に来るかもしれないからな。」


「はい、分かりました。…ちなみに枝ってなんですか?」


「ああ、ホストでは、中心となる客を”幹”と言って、
繋がりの子を”枝”って呼んでんだ。
今から来るのは俺の”幹”、
その客が”枝”を連れてくるから、
上手くその枝を引いてお前の幹にするんだな。」


「はぁ、なるほど」


すると、席を移動する合間のキョウヘイが会話に入ってきた。


「カツヤさん、もしかして”トモミさん”っすか!?
…雄一さん、ご愁傷様です!」


「オイオイ…なんでトモミの席につくのがご愁傷様なんだよ。」


「いやぁ、新人にあそこの席につかせるのはちょっと酷ですよ。
正直、俺だってやりにくいですもん。」


どうやらNo.1のキョウヘイですら臆しているトモミと言う女性の席に、
これから俺は着かなければならないらしい。


それからすぐにその”幹”が”枝”を連れて来店した。


「「いらっしゃいませ」」


トモミと言われたその女性は、
遠目から見ても美人だとわかるほどはっきりした顔立ちをしていた。

濃いめの化粧にソバージュがかった髪、年は20後半くらいに見えた。


4人ほどのその集団が案内されて席に着き、
俺もカツヤ君に続いてその席に移動する。


「トモミちゃん、俺の後輩の雄一。
今日から入った新人だ。可愛がってやってくれ。」


「初めまして。雄一です。よろしくお願いします」


「カツヤの後輩なの?よろしくね」


後でわかった事だが、
このトモミさんと言う人の席はとても新人が付けるような場所ではなかったらしい。


トモミさんはとにかく厳しく、他のホストからも一目置かれているようだった。

先ほどキョウヘイが言ったセリフからもそれは伺える。


しかし、何故か俺はこのトモミさんに可愛がられる事になる。
勿論、本命のカツヤ君程じゃないが。


思うに、カツヤ君の後輩だという事が功を奏したのだろう。

他の新人だったら散々いじられていただろうヘルプを、
俺は難なく乗り切る事が出来た。


「あなたも不良だったの?
不良はここでは人気が出るのよ。頑張ってね。」

”ここ”とはホスト業界と言う意味だろう。


当時黎明期だったホスト業界では、不良だと有利な所は確かにあった。


のし上がってやろうと言うハングリー精神が大きい奴が多かった事。

店同士や外部とのトラブルにも臆しなかった事。

同族とも言える、レディース上がりの子がキャバクラで働く事が多かった事。

何故キャバクラの子に知り合いが多い事が有利なのかは、追々わかるだろう。


「有難うございます。頑張ります」


俺は、このトモミさんに色々な事を教えてもらった。
酒の注ぎ方。水割りの作り方。タイミング。煙草の付け方。マナー。


今考えると、ホストが客に接客を教えてもらうなんてヒドい話だ。

しかし初日、右も左も分からない俺の先生は、このトモミさんだった。


「それにしても…随分な格好してるわね。」


トモミさんが俺の格好を見て眉をひそめる。


一張羅とはいえ、ヨレヨレのスーツで接客する姿は、
およそホストには似つかわしくないものだった。


これでお金を取るんだから、随分非常識なものだ。


さっきの蘭丸も、俺がキチンとした格好をしていればあるいは態度が違ったのかもしれない。


「ごめんねぇトモミちゃん。
こいつ仙台から今日来たばっかりで、かくかくしかじか、
サイフだけしか持ってきてないのよ。」


カツヤ君がフォローを入れてくれた。


余談だが、年に関係なく、基本的にホストは客を”~ちゃん”と呼ぶ事が多い。
無礼かも知れないが、ホストクラブでは通例となっている。

勿論、そう呼ばれることを嫌がる人には違う呼び方をするし、
ホストの方から自主的にちゃん付けじゃない呼び方をするケースもある。

俺は後者で、恐縮と尊敬と雰囲気から、トモミさんと呼んでいた。


話は戻り、俺が仙台から来たいきさつを聞いたトモミさん一向。

カツヤ君の話を聞くやいなや、爆笑されてしまった。


「あはは、凄い事するね、それでこそカツヤの後輩!」


どうやら更に気に入ってもらえたらしい。


「そうだ雄一、明日トモミちゃんの買い物に付き合ってやってくれ。」


突然のカツヤ君からの提案。

どうやら明日はカツヤ君が用事で外せないらしく、
代理で俺に行ってもらいたいとの事だ。


「あら、君が付き合ってくれるの?」


「あ、はい。分かりました。よろしくお願いします」


会って二日目だと言うのに、俺がトモミさんの買い物に付き合う事になった。



その後も、トモミさんの指導を受けつつ、店は終了。
そして翌日、トモミさんと待ち合わせて買い物に付き合った。


トモミさんの買い物なのに、向かった先はスーツ店。


「雄一君に新しいスーツ買ってあげる。
ホストがそんなだらしない格好していたら駄目よ」


そういって、ポンと15万円ぐらいするスーツを買ってもらった。


はっきり言って会って二日目の新人ホストに使う金額じゃない。
しかし、カツヤ君の後輩だから良くしてくれたのだろう。


と言ってもこのトモミさん、元から資産家で金をたっぷり持っていた。

いつかトモミさんの家に行った時に、
銀行にある様な、部屋半分ぐらいの大きさの金庫があったぐらいだ。


トモミさん自身の買い物も済んで、夕食のすき焼きを食べに行った。
ここでも会計時に驚くくらいの金額を奢ってもらった。


そしてそのまま同伴して、花ごころへと向かった。


その後も、トモミさんには色々と懇意にしてもらう事になる。

ユウキ

ホスト生活2日目にしてみんなに恐れられているトモミさんに同伴をしてもらった俺。


やっぱりホストって俺の天職なんじゃないか…?
このまま一気にのし上がってやる!


そう言う調子に乗った思いは、すぐに消え去った。
その後しばらくは全く指名も取れなかったし、同伴も出来なかったからだ。


ホストクラブでは、人気があるほど更に人気が出やすいシステムになっている。


店に初めて来る新規客(ホスト業界ではこれを本番と呼ぶ)が来店すると、
まずNo.1のホストがつく事になる。

No.1が忙しいときはNo.2と言うように、上位のホストから付く。
新規客をてっとり早く店の顧客に取り入れる為には、確かに効率がいい…

しかしその反面、下位のホストにとっては中々本番に巡り会えず、
結果指名が取りにくくなるのだ。


別にそれを言い訳にするわけではないが、
中々指名が取れない苦難の日々はここから始まる事になる。



さて、2日目。
トモミさんと同伴してきた俺にキョウヘイが茶々を入れる。


「やりますねー雄一さん、トモミさんと同伴!
普通あの人と同伴なんて出来ないですよ」


それが、新人だから同伴出来ないと言う意味なのか、
精神的なものなのかはわからないが。

そして、その会話に割って入って来るホストが1人。


「2日目から同伴なんて、流石っすね!」


ユウキだ。
彼は、いかにも元ヤンキーな、イケイケの男だった。

当時は17~8歳くらいだっただろうか。
とにかく喧嘩っ早くて、花ごころの切り込み隊長と言う感じだった。


当然、後輩にも厳しく、上下関係をきっちりする男だ。
しかしこのユウキ、俺に対して特に礼儀が正しいのは、年令の差以外に別の理由があった。


俺がアウトローの時代に、俺のシマにひとつの暴走族を立ち上げていた。
言わば会の創始者だ。


極勇会と付けたその団体は、立ち上げ当初は50名程度の規模だったのだが、
どんどんとその勢力を増していて、その当時は200名くらいの団体になっていた。


実はユウキはそこのメンバーだった。
俺はユウキの顔を知らなかったが、向こうは当然俺の顔を知っていた。


新人ホストとして俺が店に入ってきたときは、
さぞビックリしただろう。

しかもユウキは人気もあり、店ではNo.2~3の順位だった。
俺はと言えば、当然この時点では店での順位は最下位。

今思えば、あんなに立場が強かった俺が、
ホストとしてはユウキの下に位置していると言うことを、
無意識にユウキは優越感を持って居たように思う。

しかしあくまでそれはユウキの内心を勝手に想像しただけで、ユウキは俺の事を立ててくれていた。


このユウキ絡みで、
この後のひと騒動を引き起こす事になるとは、この時は思っていなかった。

ポリス

ユウキとの会話は続く。


「いやいや、たまたまカツヤ君のおかげで同伴してもらえただけだしな。」


「いや、でも雄一さんならすぐに人気が出ますよ!頑張ってください。」


頑張ってください…か。

ユウキの言葉が妙に上から言ってるように聞こえたが、まぁいい。

そのうち巻き返してやる。


「そう言えば極勇会の方はどうだ?」


最近話を聞いてなかったので、会の事が気にはなっていた。


「俺はもう抜けて居ないんですけど、順調にやってるみたいですよ。
あ、そうだ。雄一さん、ケイジさんを覚えてますか?
雄一さんが店に来る事を話したら、会いたがってましたよ」


「ケイジ……ポリスか?」


ケイジと言うそいつは、俺が義勇を立ち上げたときに居たメンバーの1人だ。

あだ名は、ケイジ(刑事)だからポリス。
ユウキの先輩にあたる。


ポリスは、お坊ちゃんだった。

普通暴走族になるような奴ってのは、
家庭が複雑だったり、最初から何処か尖ってる様な所もあるのだが、
ポリスの家は全く普通の家庭だった。

むしろ親は公務員をやって居る様な、躾に厳しい家だった。
確か最初は学校の成績もかなり良かった筈だ。


そんな、ごく真面目で順調な中学時代を過ごした様だが、
あるきっかけで、高校の途中で”不良デビュー“してしまった。


出会った当初は、黒髪でオドオドしていて、
いかにも”真面目くん”って言葉が似合っていたポリス。


そんなポリスも、段々と場数を踏んで行く度に、気合が入って行った。

最初はポリスの事をからかっていたメンバーも、
色んな事を一緒にやって行く度に段々と仲間意識を持つ様になったのか、
いつしかポリスは極勇会に欠かせないメンバーになっていた。


「そうか、俺も久し振りに会いたいと伝えて置いてくれ。」


「うっす、伝えときますね!」


この事がきっかけでポリスと会う事になったのだが、それが思わぬ事件を起こす事になる。


話は戻り、2日目の花ごころも盛況だ。
トモミさんに着いた後は、色々な人のヘルプに付いた。


ホストと言う仕事は、決して楽で楽しいものではなかった。
少なくとも俺にとっては。


とにかく、客はストレスを溜めている。
その発散に店に来ているんだから、楽な筈はない。

別に女に不自由していなかった俺にとっては、女と話す事が楽しい訳じゃなかった。

この頃は、仕事としてホストをやっている意識が強く、
辛いけど頑張らなきゃと言う思いが強かった。


ホスト業界は狭いもんで、色々な情報が筒抜けで入ってくる。
俺が仙台から帰って来た事も、瞬く間に広まったようだ。


前にも書いたが、この頃のホストは元ヤンが多かった。

俺もそうなのだが、過去に付き合いのあった先輩や後輩が他店で働いていて、
それらの店に挨拶に行く事も多かった。


「何か困った事があったら言ってくれ 」


他店で働いているホストの先輩から、声をかけてもらう事もしばしば。

当時、ホストの店同士の諍いは結構多かったのだが、
俺は他店に知り合いが居た事で、ホストとしてやりやすかったのも事実だ。


そうしている間に、ポリスとの約束の日が近づいて来た。

久々に会うポリス。
俺は奴がどう変わってるか楽しみだった。


しかし、約束の日にポリスと会う事は出来なかった。

スウィートヘブン

「ケイジさんがやられました!」


いつものように開店の準備をしている俺に、
ユウキが真剣な顔をしてそう告げた。

ポリスとの会う約束をしていた、2日ほど前の事だった。


「…何やらかしたんだ?」


正直、喧嘩をする事自体は特別珍しくない。
暴走族だからな。

しかし、今回の喧嘩は少し事情が違ったようだ。


「ケイジさんをやったのは、スウィートヘブンの奴等です。」


スウィートヘブン…初耳だった。

何か暴走族らしくない名前だな…そう思ってると、
横からアツヒコ君が会話に入ってくる。


「スウィートヘブンか、あそこタチが悪りぃんだよな」


アツヒコ君も、花ごころで働いている先輩ホストだ。
しかし俺よりも歳は下の為、君付けで読んでいる。


「アツヒコ君も知ってんの?」


暴走族上がりではない彼が知っている程、
そのスゥイートヘブンと言う団体は大きいのかと思ったが…どうやらそうではないらしい。


「スウィートヘブンはキャバクラですね。」


「……キャバクラ?」


予想外の答えに拍子抜けした声が出てしまった。


「何でキャバクラなんかにポリスがやられんだ?無銭飲食でもしたのか?」


「いや、雄一さん。あそこはボッタクリっすから。
それでそのポリスって人、被害に遭ったんじゃないすか?」


アツヒコ君がそう言ったが、それも少し違ったようだ。


「いやアツさん、確かにボッタクリが関係してるんすけど、
ケイジさん本人がその被害に遭った訳じゃないらしんすよ。
何でも、ボッタクリの被害に遭おうとしてる人を助けようとしたらしくって…。
それで店の奴から袋叩きにあったらしいんです」


「ボッタクられようとしてる人を助けた…?」


何と言うか…呆れる程お人よしだ。

ポリスは、昔から正義感の強いやつだった。
極勇会の中でも、汚い事や曲がった事にはとことん反発していた。


「そうです。でも、たまたまって訳じゃなく、
ケイジさん前からあの店に対してイザコザがあったみたいすからね。」


後にわかった事だが、ポリスの連れが店にぼったくられた事もあったらしい。
きっとそう言った鬱憤が溜まってたんだろう。


「マジで奴ら調子に乗ってるからな。この間俺も揉めたわ。
俺の客でたまたまその店で働いてる娘が居たんだけど、
その娘が帰ってから俺の携帯にボーイから連絡がかかってきて、
”てめぇうちの店の従業員たぶらかしてんじゃんーよ”だと」


どうやらそのスウィートヘブンって店の奴等は、相当タチが悪いらしい。


折角久々にポリスに会えると思ったのに、また今度になりそうだ。


「とにかく、そんなだったら明後日会うのは難しそうだな。」


「難しいどころじゃないですよ!
…ケイジさんまだ意識戻ってないんですから。」


「…何だって?」


読者登録

北条雄一さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について