閉じる


ユウキ

ユウキ

ホスト生活2日目にしてみんなに恐れられているトモミさんに同伴をしてもらった俺。


やっぱりホストって俺の天職なんじゃないか…?
このまま一気にのし上がってやる!


そう言う調子に乗った思いは、すぐに消え去った。
その後しばらくは全く指名も取れなかったし、同伴も出来なかったからだ。


ホストクラブでは、人気があるほど更に人気が出やすいシステムになっている。


店に初めて来る新規客(ホスト業界ではこれを本番と呼ぶ)が来店すると、
まずNo.1のホストがつく事になる。

No.1が忙しいときはNo.2と言うように、上位のホストから付く。
新規客をてっとり早く店の顧客に取り入れる為には、確かに効率がいい…

しかしその反面、下位のホストにとっては中々本番に巡り会えず、
結果指名が取りにくくなるのだ。


別にそれを言い訳にするわけではないが、
中々指名が取れない苦難の日々はここから始まる事になる。



さて、2日目。
トモミさんと同伴してきた俺にキョウヘイが茶々を入れる。


「やりますねー雄一さん、トモミさんと同伴!
普通あの人と同伴なんて出来ないですよ」


それが、新人だから同伴出来ないと言う意味なのか、
精神的なものなのかはわからないが。

そして、その会話に割って入って来るホストが1人。


「2日目から同伴なんて、流石っすね!」


ユウキだ。
彼は、いかにも元ヤンキーな、イケイケの男だった。

当時は17~8歳くらいだっただろうか。
とにかく喧嘩っ早くて、花ごころの切り込み隊長と言う感じだった。


当然、後輩にも厳しく、上下関係をきっちりする男だ。
しかしこのユウキ、俺に対して特に礼儀が正しいのは、年令の差以外に別の理由があった。


俺がアウトローの時代に、俺のシマにひとつの暴走族を立ち上げていた。
言わば会の創始者だ。


極勇会と付けたその団体は、立ち上げ当初は50名程度の規模だったのだが、
どんどんとその勢力を増していて、その当時は200名くらいの団体になっていた。


実はユウキはそこのメンバーだった。
俺はユウキの顔を知らなかったが、向こうは当然俺の顔を知っていた。


新人ホストとして俺が店に入ってきたときは、
さぞビックリしただろう。

しかもユウキは人気もあり、店ではNo.2~3の順位だった。
俺はと言えば、当然この時点では店での順位は最下位。

今思えば、あんなに立場が強かった俺が、
ホストとしてはユウキの下に位置していると言うことを、
無意識にユウキは優越感を持って居たように思う。

しかしあくまでそれはユウキの内心を勝手に想像しただけで、ユウキは俺の事を立ててくれていた。


このユウキ絡みで、
この後のひと騒動を引き起こす事になるとは、この時は思っていなかった。