閉じる


修羅場

修羅場

さて、そうなると問題は、仙台の仲間や彼女達の事だ。


10人ほど面倒を見ていた俺の後輩たちは、俺の考えを話すと大賛成してくれた。


「雄一さん、まさに適職じゃないっすか!」

「俺らの事は心配しないでください。
今まで世話になりっぱなしだったし、これ以上甘えてられません」


こいつらと別れるのは正直寂しかったが、
元は同郷の奴等だ。帰ってくればいつでも会えるだろうと考えていた。


後輩たちは良いとして、問題は5人の彼女たちだ。


(別れ話を言わなきゃなぁ…)


マイ
美優
サチコ

…あと二人は誰だっけ?


とにかく、彼女たちに別れを言わなけりゃいけなかった。



それぞれに、歌舞伎町に行くことを告げる。

彼女たちの反応は様々だった。


あ、そう。と一言いい、冷ややかな視線を送る女。

泣きじゃくってしまってグダグダの別れになってしまった女。



その中でも印象的だったのが、マイだった。

「ユウくんなら絶対成功するよ!応援してる!」

俺の目を見て、真っ直ぐな瞳で言ってくれた。

「いつかユウくんの店に行くから、その時は宜しくね!」



マイは、健気で優しい子だった。
切っ掛けは、ある居酒屋チェーン店で俺が飲んでいて、、
ある事件があって店員であるマイが声をかけてきて、それから付き合いが始まった。


居酒屋で接客をするマイにとって、
水商売はそんなに他人事のように思えなかったのかもしれない。


1人で歌舞伎町に行くという俺の勝手な判断は、このマイによって少し救われた気がした。

しかし後日、マイにはもっと大きく救ってもらう事になる。


「さて…問題は美優だな」


美優とは、その時一緒に暮らしていた。

10人の後輩がいる、俺の家の中でだ。


美優は当時23~24歳ぐらいだったが、金融の会社を経営していた。

綺麗な顔つきをしていたが、プライドが高くちょっと性格がきつい所があった。


出しっぱなしにしていた通帳を一度見たことがあるが、
預金額は3,000万円を超していて驚いた事を覚えている。



そんな彼女の口癖は、「不良は大嫌い」。

…なのだが、俺の家に住んでいる10人ほどの後輩は、みんな揃いも揃って不良だ。


そんな奴等を世話してる俺も当然不良。…と言うか俺が一番の不良だ。


後輩たちと華を咲かせる武勇伝を、美優は冷ややかな目で見ていたのを思い出す。




「美優…俺、歌舞伎町でホストになるから」


言った瞬間、美優の顔が途端に険しくなる。


「…何言ってるの?私はどうなるの?」


俺ははっきりとした答えを告げれずにいた。

美優を連れて行くという選択肢もあったからだ。


しかし、美優は会社も経営している。

そう簡単には行かなかった。



それから数日間、何とももやもやした状態の中、美優との生活は続いた。



そんなある日、事件は起きた。

いつものように、夕食後、後輩たちとテレビを見ながら談笑していた。


そして笑いながらテレビを見ていると、背後から何かを叩きつけるような湿っぽい音が聞こえた。


ベチャ!!


後ろを振り返ると、濡れた後輩の靴下が床に叩きつけられていた。


そしてその後ろには、鬼のような形相の美優がこちらを睨んでいた。


「なんであたしが、こんな不良たちの靴下を洗わなきゃいけないのよ!!」


美優の中で何かが切れたらしい。

次々に洗いかけの洗濯物、主に靴下を俺や後輩に向かって投げてきた。



美優は、ずっと我慢していたのだろう。

俺の彼女だったが故に、大嫌いな不良である後輩の世話も黙ってやっていた。


洗濯だって、当時1日に3回は回していた。
土方をやっていた後輩たちの靴下は、そりゃあ滅茶苦茶に汚かった。


女社長が、大嫌いな不良の靴下を洗濯する毎日。


そしてそこにきて、俺のホストになる宣言。


切れてもしょうがないのかも知れない。


しかし、この時は俺の方も切れてしまった。


「てめぇ!こんな不良達ってなんだよ!!
俺だって不良だよ!!」



家族のように思っていた後輩たちを馬鹿にされて、
俺の中で何かが抑えられなかった。


大声に一瞬ビクッとした美優だったが、
直ぐにまた洗濯物を投げつけながら罵声を浴びせてくる。


後輩たちが止めに入ったが、
こうなった俺は誰も止められない。


俺は後輩の静止を振り切って美優の腕をつかみ、家の外に出して鍵を閉めてしまった。



ドンドンと壁を叩きながら、喚く美優。
俺は相当怒っていたので、すぐに入れたらまた面倒な事になると思いしばらく放置していた。


それから20~30分は経っただろうか、気がついたら外が静かになっていた。


少しは落ち着いたか…?


ちょっと悪い事したなと思い、中に入れようと玄関のドアを開けると、美優が居ない。


もしや、そのまま友人の家にでも行ったか?


そう思ったが、違った。
美優は台所の鍵のかかっていないドアからこっそり家に侵入していたのだ。


そしてドアを閉めて居間に戻ろうとする俺の視界に、美優が写った。


そこには、果物ナイフをこちらに向けて構えている美優が居た。