twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 小林 道憲
価格 無料
タグ 複雑系認識論モナドロジー自己組織化カオス近代科学不確定性原理内部観測相互連関性色彩論ライプニッツホワイトヘッド西田幾多郎感覚知覚アフォーダンスギブソン記憶発達学習進化論的認識論道具情報宇宙論
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

74 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 173ページ (Web閲覧)
195ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
認識を行為と生成からとらえる複雑系認識論の展開。われわれはどのようにしてものの認識に至るのか。動物はどのようにものを認識しているのか。万華鏡のように事象と事象が相互に映し合うモナドロジーの世界。われわれ観測者もその世界の中に参加し、行為しているのである。(〈生命の哲学〉コレクション5.『複雑系を哲学する』ミネルヴァ書房 2017年 所収)

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧