閉じる


<<最初から読む

1 / 4ページ

試し読みできます

ネット心中の志願者たち

  • 「ネット心中」の志願者たち


 「自殺系サイト」で心中相手を呼びかけて、見知らぬ者同士が一緒に自殺する「ネット心中」が、インターネット時代に新たな方法として登場した。彼ら彼女らはなぜ、見知らぬ者同士で心中を図ったのだろうか。

 一方、実行までにはいたっていないが、「ネット心中」を試みるメールのやりとりを経験した人たちがいる。その経験者たちは、なぜ「自殺系サイト」につなぎ、「ネット心中」を呼びかけたり、呼びかけに応じたのか。話を聞くことができた。


「もう毎日にウンザリです」 奈緒の場合


 「ネット心中」を志願していた奈緒(23)=九州地方在住=が私自身のサイトで行った「ネット心中アンケート」に対して答えてくれた。そのことをきっかけに取材を申し込んだ。鬱状態であるため、メールでの取材ならよいというので、メール交換を始めた。その末、奈緒に会うことができた。私は九州におもむき、彼女の自殺願望と「ネット心中」の結びつきを探った。


 そもそも奈緒が自殺願望を抱いていたのは、いつ頃からだったのだろうか。

 「初めて自殺願望を抱いたのは中学生の時だから15才頃かな。イジメが嫌で学校の屋上から飛び下りようとしたんです。自分なんて、いても、いなくても一緒かな、と思って」

 いじめは中学2年のとき始まった。理由が分からないが、一部の男子生徒がモノを隠したり、モノを投げられたり、机を倒したりしていた。それは授業中でも行われ、教師は気が付いていただろうと、奈緒は言うが、教師が介入することはなかった。

 そうした状況の中で、4階建ての中学校校舎の屋上から飛び下りようとしたのだ。学校で死のうとしたのは、いじめた人たちへの復讐の意味もあった。学校に行く前に、遺書を書いて、自分の部屋の机の中に入れておいた。

 しかし、フェンスを乗り越えようとした時に、知らない女子生徒に見られて、「キャー!」と叫ばれた。奈緒は「誰かくる」と思い、その場から逃げ出した。

 「結局飛び下りれなかった。その時、見つかっていなければ、飛び下りたと思う。自殺をしようとしたのは、自分が嫌いだったから。クラスの人たちとうまくやっていけないし、とにかく嫌だったんです。何もかもどうでもいいや、って。でも、今でも思います。『飛び下りようと思えばできたのに、どうしてしなかったのだろう』と。」

 中学から抱き続ける自殺願望。たしかに、いじめをきっかけにした自殺も多いことだろう。1986年2月、「このままじゃ『生きジゴク』になっちゃうよ」との遺書を残した東京・中野区の中学2年生の自殺は、「いじめ自殺」の存在を大きくアピールした。94年11月、愛知県西尾市の中学2年生が自殺した時も、マスコミは大きく報道。その影響からか、全国でいじめ自殺が相次いだ。だから、いじめがどんなものであれ、本人にとって堪え難いものであれば、自殺に結びつくのは想像がつく。

 いじめは、最初ははっきりとした理由がないものもある。ただ、何かきっかけがあれば、始まり、そのいじめが継続する。そうしたいじめはそのクラスの人間関係、力関係によって決まるのだろう。しかも、奈緒さんの場合、授業中のいじめもあり、教師への不信につながる。ただ、いじめだけでなく、別の理由も自殺願望の背景にあるようだ。

 「実は…あんまり話したくはなかったんだけど、自殺願望のホントの理由はイジメも1つなんだけど、一番は家族の問題だったんです。今もそれを引きづってます」

 奈緒は「上手く整理して話せるか自信がありません」と言いながらも、家族のことについて話し始めた。



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格250円(税込)

読者登録

渋井哲也さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について