閉じる


七月の巻(おまけ)

七夕デート

七月の巻(おまけ)

15. 七夕デート


 蒼葉から衣装を貸してもらうこともしばしば。お下がりならぬ「お上がり」である。夏至の日とは逆で今日は紺のシフォンスカートに、白地のロング丈Tシャツという装い。長めのカーディガンを羽織っているのは、「櫻姉、天女のつもり?」と妹にからかわれた通り、七夕を意識したコーディネートということらしい。千歳に設定してもらったデータベース画面への入力作業はひと区切りつき、あとはデータの連結とwebへの転載をいつお願いするか、という段階に来ていた。眼鏡を外し、冴えない空をぼんやり眺めながら小休止。文花は息を呑む。「櫻さん、眼鏡は?」 妹がモデルなら、姉は女優といったところか。あまり見かけない櫻の素顔にチーフは驚きを隠せない。

 文花のそんな驚いた顔も、近視の櫻にはわからない。眼鏡をかけると、「じゃ、文花さん、私そろそろ調査に行って来ますんで」 時刻は十四時四十五分。

 「今日は九時から来てたんでしょ。自己早番だったんだから、勤務時間繰上げにしたら?無理に仕事にしなくても」

 「いいネタが見つかれば、情報誌の記事の足しに、って程度です。期待しないで待っててください。じゃ!」

 チーフに真相を話すと、どこにどう伝わるか予断を許さないので、聞き出されないうちにそそくさと退席。「七夕デート、だったりして...」 文花は眼鏡をかけて、ひと仕事。

 センターの最寄駅から、業平行きつけの商業施設までは、無料の送迎バスが出ている。橋を渡り、途中、千歳の住所の最寄駅(カフェめし店、キャッシュカードの一件があった銀行も同じ駅近在)を経由する。定員四十人のマイクロバスは、空席が多少残るくらいの客を乗せ、十五時ちょうどに出発。櫻はガサゴソと、色紙の見本のようなものを取り出す。「お店に着いたら、どこかで切らせてもらお」 バスは橋を渡り出した。干潟を探す櫻。信号待ちらしく、川の本流を過ぎた辺りで停車。「私達を見たって、嘘じゃなかったんだ」 小梅の視力に感心しつつも、こういう眺望の一つの要素としてクリーンアップする人々が映る(格好の良し悪しは別として?)、ということを客観的に認識するのであった。さすがはリーダーである。

 降車はできず、乗車のみ。停留所で待つ乗客の列の先の方に、調査同行者はいた。某リテール系ながら、いつものジーンズではなくスラックス姿の千歳君。マイバッグも普段通りだが、さすがに今日は軽めに見える。

 「千歳さん、こっちこっち!」 隣に確保しておいた空席へ誘導する櫻。ここからはせいぜい五分程で目的地に着く訳だが、その短時間が結構重要だったりする。「こんにちは。今日もまたイイ感じですね」 今日は、ではなく、今日も、とちゃんと言えている。数ヶ月前のシャイな彼は何処へ、というくらいの進歩である。

 向かい合って話し込むことはあっても、こうして隣り合って座るのは実は今回が初めての二人。心なしか、ぎこちない感じもあるが、「漂着モノログ、反響とか問合せとか、どうですか?」「桑川さんから、ツッコミメールが来たくらいかな」てな感じで無難に過ごしている。座席はほぼ満席、立ち客もチラホラ。大声で会話できるような車内環境ではないが、ご両人、ちょっと硬め。アラウンドサーティーの男女というのはこういうものなんだろか。

 「わぁ、大きい!」 建物を見上げての櫻嬢のご感想第一声である。壁面緑化も目を引く。屋上や大窓の一部にはソーラーパネルも設置してあるらしく、その発電量が入口に電光掲示されている。が、この薄曇りじゃせっかくの電光数字も「パッとしませんねぇ」。ごもっとも、である。

 インフォメーションで、フロアガイドの他に、環境配慮に関するリーフレットを入手。帰りのバスの時間もチェックして、「まずは作戦会議、しましょ」 今日もリーダーは櫻である。自然食のバイキングがあるかと思えば、ケーキバイキングの店もある。フードコートでも良かったが、ちょっと落ち着かない。

 「ここ、デザートが二つ選べて、ドリンク付き。千歳さん、甘いもの平気? あ、飴ダメでしたね」

 「いえ、甘党だからOKですよ」

 「変なの... ま、いっか。全面禁煙だし」

 さすがにマイカップは使えないものの、ドリンクのカップは実証試験とやらで、しっかり回収・リサイクルする仕掛けになっている。早くも取材ネタである。

 ミルクレープをつつきながら、アイスティーに口をつける櫻。焼プリンを掬いながら、アイスカフェオレをかき混ぜる千歳。この図だけ見ていると、確かにデート中のように見えるが、

 「やはり本多さんがお世話になっている回収スポットが先でしょうか」

 「その後、屋上へ行って見学できる設備を見てから、一階ずつ降りて来ますかね」

 「スーパー以外で買い物する時もマイバッグ使えばポイントって付くのかなぁ」

 といった具合で、巷の男女とは会話の中味が違ってたりする。調査は調査ということか。

 「その生クリーム、美味しそう」

 「あ」

 「いただきます♪」

 千歳のシフォンケーキに盛られたクリームは、ケーキの一部ともども櫻のフォークによって運ばれ、瞬く間に彼女の口中へ。「へへ。すみま千でした。よければこれどうぞ」 モンブランを勧める。「ミルクレープは崩れちゃうからダメね。本当はシェアしたかったけど」 千歳君は何を食べてるんだかわからない状態になってきた。甘くて黄色い糸状の物体... 頭の中がモンブラン、である。「卵が違うような気がします」とか辛うじて感想を言ってみるが、うわの空。櫻は「あぁ、契約農家の地卵使用とか、出てますね。じゃ、プリンも絶品?」 今度はスプーンが伸びてきた。今日も小悪魔さんな櫻である。

 カップの回収筒を見ながら、

 「今日は私もデジカメ持って来たんですけど、ちょっと旧式なので、千歳さんにフォローしてもらっていいですか」

 「じゃ、こっそりね。こういう店内って撮影禁止だったりしますから」

 「へへ。私も共犯?」

 平面駐車場につながる大きめの出入口に、一大回収スポットはあった。ペットボトルはかなり大きめの函が用意され、食品トレイ、牛乳パックが並ぶ。おまけに「え、自社ブランド(PB)の衣類もOK?」と彼女を唸らせる内容の貼り紙も。店内カウンターへお持ちください、とある。

 「こういう回収ルートがあるなら、この間みたいに衣類が漂着することはないと思うけど」

 「いや、きっと川で洗濯してたら流されちゃった、て」

 「千さん、マイナス1,000点!」

 笑いをこらえているようにも見えるが、咳払い一つ、「紙パックとかペットボトルの再生方法は何となくわかるけど、食品トレイがプラスチック素材に戻せるってのは知らなかったなぁ。トレイはトレイで循環させるだけだと思ってた...」 業平の言う通り、再生後の用途がしっかり掲出してある。荒川漂着ゴミもほんの一部ではあるが、ここに届けられ、再製品化されていることがわかりホッとする。が、しかし、である。そもそも捨てられないよう、漂流させないようにするには、の方が先だろう。先刻とは違う理由で固まっている千歳。櫻はそれを知ってか知らずか、

 「ねぇ千歳さん、お店の人にも荒川の現場、見てもらうと何か変わるんじゃない?」 さすがは櫻さん、である。場所を問わず、機転が利く。だが、より説得力を持たせるには、その店が売った商品、またはPB商品であることがハッキリしている必要がある。売り放しではなく、循環させるところまで面倒を見てこそ、社会的責任も果たせるというもの。自店を起源とするゴミであることがわかれば、そうそう放ってはおけまい。最低限のCSRである。

 そんなような話をしつつ、エレベーターで屋上へ直行。少し薄日が射してきて、パネルが鈍く反射している。緑化と呼ぶには物足りない観もあるが、テラス式庭園も展開してあって、憩えるようになっている。

 「光と緑の広場ですって。掃部先生が見たら、何て言うかしら?」

 「多分、ひかりとひろばって発音できないから、違う世界になりそう」

 「しかり、になっちゃう。お叱り? ハハハ」

 まだ笑いが収まらないご様子の櫻を引き連れるようにして、今度は階段で降りていく。三階の文具売場には、「エコ文具コーナー」が併設されていて、ペットボトル再生系の他、食品トレイ(PS(ポリスチレン))を再生した筆記具の数々が並んでいた。「要するにプラスチックを使う部分には、再生プラを適用できるってことでしょ」 なぁーんだ、とでも言いたげな口ぶりだったが、「あ、ハサミ」 取っ手というか、指穴を包む部位に再生材を使っているため、一応エコ文具である。再生材の感触を確かめるのかと思いきや、何色か見本紙を取り出し、ザクザクやり始めた。細長い紙切れを作っている。

 「櫻さん、それって?」

 「あ、切れ具合を試しているだけですから。フフ」

 眼鏡が光れば、ハサミも光る。これ以上は詮索しない千さんだった。


 メモリカードを入れると、プリントアウトできるセルフプリント機が二人の足を止めた。

 「この間の集合写真、出しましょう」

 「へぇ、これでねぇ...」

 四姉妹の写真なので、四枚でいいのだが、「私と蒼葉の分は一枚あればいいの。この一枚は千歳さん持ってて。で...」 操作を覚えた櫻は、自分で硬貨を追加して、中二少女+三十男の写真を四枚プリントアウト。「この一枚、頂戴」と来た。面白半分か、それとも... 「何なら店内で」とポートレートをその場で撮って渡すこともできなくはないが、店内撮影禁止というのが引っかかることもあってパス。ま、自分のはいいとして、今日の櫻さんはどこかで撮っておきたい、そんな想いに駆られる千歳。心の中で、笹の葉がサラサラ音を立て始めた。

 期せずして、楽器店が現れた。試奏コーナーらしき仕切られた空間をめざとく見つけた櫻は、同行者を誘いつつ、アップライトの電子ピアノに着席。音を確かめつつ、「CDとか写真のお礼を兼ねて、一曲披露させていただきます」

 先だっての音楽談議の際、秘密にしていた件は、つまりピアノ奏者だった、ということらしい。奏でるは千歳が貸したCDの一曲、ストリングスとピアノの例の佳品である。ストリングの部分もアレンジしてピアノ一つで巧みにまとめている。耳で憶えてここまで弾きこなしてしまうとは... 六分近くの曲だが、多少はしょって五分程度。だが、その五分は何事にも代え難い、優雅な時間となった。時を紡ぐ音楽というのはこういうのを指すのだろう。

 弾き終えて、会釈する櫻。言葉を失いかけた同行者は、我に返ったように「素晴らしい演奏でした。よくそこまで」と言うのがやっと(内心は大拍手)。櫻はちょっと照れた面持ち。これってシャッターチャンス?

 「今度、千歳さんの曲も聴かせてくださいね」 こう不意を衝かれてしまっては、ポートレートを撮るどころではなかったりする。


 二階は衣料品中心。自社ブランド服の売場では、確かに古着回収コーナーが設けられている。

 「流れ着いた服でも、ここの商品だってわかれば引き取ってくれるのかなぁ」

 「普通に洗濯しないとダメでしょうね」

 「千さんは川でセンタク...」

 だいぶ慣れてきた千歳だったが、ここまで来るともう笑うしかない。今度は櫻が千歳を引っ張るようにして、一階へ。イベント広場にやって来た。

 「今日は七夕ですものね」 この手の商業施設では当たり前、とでも言おうか、大きな七夕飾りが施してあって、竹枝には短冊が吊るせるようになっている。その場で思い思い願い事を書き綴る家族客。そこに二人も紛れるが、「千歳さん、これ使って」 渡された短冊はエコハサミで試し切りしていた一枚だった。

 「これって? 何か特殊な感じだけど」

 「水溶性なんですって。ある紙メーカーから見本でもらったんです。とにかく、書いてみて」

 勧められるまま、ペンで願い事を書いてみる。このペンも軸やキャップが再生プラのようだ。なかなかの徹底ぶり。「じゃ、短冊持って、荒川に行きましょ」

 業平がRSB(リバーサイドバイク)でさっと乗りつける位置合いにあるこの施設。荒川河川敷にもすぐに出られるのが特徴。曇ってはいてもまだまだ明るい。今、正に七日の夕べ。いつもと勝手は違うものの川辺を歩くのは馴れた風の足取りで、二人は水際へ通じる細道を悠々と進んでいた。ゴミ箱干潟のある場所と同様、ヨシが屹立(きつりつ)し、微風にそよいでいる。川を覗き込むと、そこは僅かばかりの砂地が顔を出している程度。それでも何となく似たようなゴミ景色が散見される。「あぁ、ここでも...」 呟く千歳。彼の肩をたたく櫻。「今日は川の日だけど、七夕よ。ゴミは目をつぶりましょう」 川の日だからここに来た訳か、と今になって合点が行くも、じゃ短冊は... そっか! 「ここに付けるのがやっとね。千歳さんも付けて」 ソーイングセットから引っ張り出した糸を使って結わえている。笹の代わりにヨシというのが風流である。

 こうして、二人の願い事は荒川の畔でサラサラと揺られることとなった。「荒川がキレイになりますように」に対し、「川・街・人が元気になりますように」とは櫻の一枚。水溶性の紙を使ったのは、一応、環境配慮を考えてのことだが、「何かその方がロマンチックかなぁって」とのこと。「あ、そうだこれも...」 櫻はもう一枚、付け足しに戻った。

 「なぁんだ、櫻さん、ズルイなぁ」

 「いいからいいから」

 何て書いてあるのか気になる彼だったが、逆方向に背中を押されては仕方ない。代わりと言っては何だけど、ここで一枚、写真を撮らせてもらうことにした。題して「ヨシと織姫」。フラッシュなしでも上手く撮れるのがありがたい。櫻は俄かカメラマンに気を留めることもなく、真剣に括っている。「あ、もう五時過ぎ。戻らなきゃ」 彼女が残した一枚には、何やら相合傘らしき絵が描かれていた。川の神様、聞き入れてくれるだろうか。


 川沿いにこのまま歩いて帰ることも可能なのだが、天気も不安定だし、実は肝心のスーパーの調査をしてなかったため、再び店に戻るご両人。「蒼葉に怪しまれるから、今日はここでお弁当買って帰りますね」というのも理由の一つ。つまり、七夕デートにしては、映画館にも行かず、ディナーもなし、なのである。弁えというか、抑制の効いた距離感がわかるというもの。さすがはアラウンドサーティー?

 平面駐車場はよく見ると、廃タイヤなどから再生したゴムチップが路面舗装に混ぜられていたり、車止めがさりげなく再生プラだったり、でネタが尽きない。店外なら撮影自由(?)ということで、ちょっと暗めながら何枚か記録する。この調子だとスーパー店内もネタに事欠かないだろう。撮影できないのが惜しい。

 タイムサービスが始まった直後ということもあって、弁当・惣菜コーナーはちょっとした人だかり。「廃プラ回収があるから、まぁ許されますよね」 櫻は二人分の弁当類を手にする。干潟ではおなじみの容器類。使い捨てを助長する側面はあるが、ゴミにするかしないかは、買った人の意識に委ねられてもいる。

 「いわゆる容器包装って、事業者責任がどうこうって言うけど、購入者責任てのもありますよね」

 「売場とは逆の発想で、商品の『戻し場』なんてのを作ったら、ゴミは随分減るでしょうね。用済みの袋とか容器とかを家から持って来て、同じ商品か、類似した商品の棚に返すって。現実的じゃないかも知れないけど」

 「循環型、ってそういうのを言うんでしょうね。あとは、量に応じてキャッシュバックされるとか」

 容器の一部に実験的にバイオプラスチックを採り入れ始めたことが紹介されている。漂流・漂着することがあっても、いつかは自然分解し得る、となればクリーンアップする側としては手間が減る訳だが、「やっぱりリサイクルに回すのが筋ですよね」 生分解性プラスチック(BDP)、バイオマスプラスチック(BMP)の別を問わず、リサイクル適性はある。櫻がどこまで了知しているかは不明だが、現場経験を少なからず積んだことで、そういう循環志向然としたものが自ずと身に付いたようだ。

 発明家が感心していたバーコード一括読み取り機があるセルフレジへ行き、クレジットカードを通す。

 「櫻さん、そのカードって再発行した例の?」

 「へへ、そうです。お恥ずかしい限り」

 でも、そのカードの一件があったから、今こうしてここに二人が居るのである。随分と昔のことのように思い返す千歳。カード様様というのは大げさか。櫻はマイバッグに詰めると、スタンプを押してもらいにサービスカウンターへ。その間、千歳は通常のレジで会計(電子マネー利用)し、その場でスタンプをもらう。調査を兼ねてのお買い物。こういう客が来ると、店側も張り合いが出るだろう。


 最終の送迎バスは、十八時発。混雑を予想して十分前に乗り込み、座席を確保する。そんな計画的なお二人さんは、次のクリーンアップのプランニングにも余念がない。

 「今度の自由研究向けクリーンアップは参加者限定でいいんでしょうけど、定期的なクリーンアップの方は、今後どうしますかね?」

 「そうですね。私は今のままでもいいと思いますけど、もしオープンにするなら、いろいろと注意事項とか実施手順とか考えないといけないですよね。ボランティア保険の対応とかもあるし」

 「そうか。受付とか、見張りとか...」

 「流域で一斉に取り組む時だけオープンにするとか、ね。ま、ゆっくり考えましょ」

 櫻は思うところがあるようで、一人コクリと頷き、ニコニコしている。いわゆる会場運営について、櫻とは同意見であることがわかり、千歳もホッとひと息つく。

 二人を乗せたバスは、無情にも順調に走行し、五分と経たぬ間に最初の停留所に着く。今日はここまで憂い顔をしなかった櫻嬢だったが、ここへ来て急遽顔が曇った。「じゃ、櫻さん、また」と千歳が手を振って降車しかけると、あわてて席を立ち、

 「あーぁ、降りちゃった」

 「櫻さん、たら...」

 何人かの客とともに二人を降ろし、バスは右折。橋の方向へ去って行った。

 「淑女が一人で橋を渡って帰ろうとしています。千さんなら、どうします?」

 「拙宅経由、でいいですか?」

 「ドキ」

 「いや、荷物を置きつつ、自転車を、と思って」

 「あ、そうですね。ハハハ」

 櫻は自分でもよくわからない感情に押されている。ただ、わからないとは云っても、そういう情況にあることが彼に少なからず伝わっている、という点は察知していた。だが、根本的にシャイな千歳君は、残念ながら鈍さが先に立つ。心の中は二人して、笹の葉状態? いや、サラサラというよりはフワフワか。

 自転車のカギは持っている。買った弁当類を郵便受けに入れて来るだけ。女性心理への反応は鈍足だが、それに反比例するように、この行って戻っては実にスピーディーだった。

 「あれ、もういいんですか?」

 「暗くなっちゃうといけないから」

 河川敷に出てからは、いつもなら干潟方面に向かう千歳だが、今夕は左折して橋へ。自転車をかなりゆっくり押しながら進むも、櫻の歩速はそれ以上にノロノロ。自転車を押す人物は違えども、状況は似通っている。五月の回の緊張感が甦ってきた。しかし、

 「今日の調査結果はまとまりそうですか?」 二ヶ月という期間、そしてその間の場数というものが彼を多少は進化させていて、ごく自然に緊張感を解いてみせた。櫻はキョトンとしつつも、

 「私もブログ始めればいいのかなぁ」

 「センターのホームページの中に『櫻さんコーナー』作ったら?」

 「情報誌の方が優先だから、手が回るかどうか」

 「ブログに記事を書きためておいて、余力があれば紙面に編集し直せばいいんですよ」

 「そうかぁ。千さんに1,000点!」

 てな訳で、またセンターに顔を出すことが決まりそうな予感。「そうそう、データベースの進捗状況も見てもらいたいし」 櫻の晴れ晴れした表情が空模様にも乗り移ったか、西の方が明るくなってきた。オレンジの光が微かに川面に跳ね返っている。干潟が望める場所に来て、ちょっと立ち止まってみる二人。

 「かくして、織姫と彦星は離れ離れ...」

 「え?」

 「千歳さん、名残惜しいけど、また一年後、ね」

 「今日、エイプリルフールでしたっけ?」

 「フフ。またデー... いや調査にご一緒してくださいね♪」

 「あ、ハイ」と千歳が言葉を継ぐところ、すかさず「じゃ、織姫はここで失礼します。ありがとうございましたっ!」 やや早歩きで先を急ぐ一人の淑女。長めのカーディガンは、その広い袖とともに、ヒラヒラと舞っている。織姫、いや天女? 千歳は幻を見ているような錯覚とともに櫻の後姿をしばし眺めていた。潮は満ち、干潟は大方隠れている。水位が増す程、織姫と彦星の距離は遠くなる。川は男女をつないだり隔てたり、不思議なものである。やがて櫻姫の姿は見えなくなった。川を漂うオレンジの紋様が哀愁を誘う。彦星は家路に向け、ゆっくりと自転車を漕ぎ出した。雲の切れ間は閉じたり開いたりを繰り返している。天空の川は現われるだろうか。

 

【参考情報】 飲料容器の店頭回収 / 回収スポットの例 / バイオプラスチックって?


学びの場

16. 学びの場


 夏休み最初の日曜日に向け、櫻リーダーは当日の段取りなどを思い描いていた。「蒼葉は来ないけど、弥生ちゃんと十代姉妹と先生と千...」 千歳さんと言いかけたところで、息が上がり、ハッとする。説明しにくい感覚である。「少人数だから、終わったらその場でお弁当、かな。多めに用意すればいいんだし」 次回打合せの日程調整の件に加え、弁当の提案を盛り込んで、千歳と弥生に同報メールを打つ櫻。「そう言えば、業平(ごうへい)さんて来るんだったっけ?」 p.s.でその旨の確認も入れて発信。


 弥生からはツッコミ系、櫻からはこんな感じの業務連絡系、そしてこの二人ほどではないが、文花や南実からも時にメールが来るようになっていた。名刺交換した甲斐があったと言うものだが、こっちのお二人からのメールは、内容的には漂着モノログに関するあれやこれやで一読する限りは当たり障りがない一方、どこか探りというか思惑めいたものが行間から感じられるのが特徴。こういう探りの入れ方は即ち研究機関関係者ならではの業なのか。仕事のメールはそこそこ捌(さば)けるものの、こうしたメールの処し方には正直窮する千歳君であった。七日を過ぎて以降、文花からは「七夕は何かいいことありました?」とか、南実からは「櫻さんにもよろしくお伝え何々」とか。で、共通していたのは「何か面白い話があれば教えて」系の一文。櫻から弁当提案の話もあったことなので、研究機関の先輩・後輩それぞれに夏休み最初の日曜の臨時イベントの予定を書いて、サラリと返信。フッと息をつく彼だが、この件、リーダーにお伺いを立てなくてよかったのかな? 梅雨が本格化し始め、この日も雨。自由研究デー当日の空模様、そして人間模様が気がかりである。


 朝方まで雨が残っていたものの、日頃の行いが善いせいか、今は何とか曇り空。屋外のイベントでは、天候の如何によって決行とか中止とか、連絡を回し合うものだが、千歳も櫻もケータイ不所持なものだから、出たとこ勝負になっているのが実状。参加予定者が限定的なのでメールで連絡がつく人には同報で流してもいいのだが、ブログの中に一筆載せてカバーしてみる。天候不順、足元不安定ながら、一応決行の旨、モノログの一角に掲載。集合時刻の一時間前のことである。

 櫻の方は天気のことなどお構いなし。着々と弁当の準備を進めている。「蒼葉ぁ、レジャーシート、持って来て」 備品の方も万全を期す。「まるでピクニックね。あ、一つ頂戴」

 切ったばかりの粒々パンに、櫻風デリの一つを乗せて早々と口に運ぶ。

 「蒼葉ったらぁ」

 「毒見ですよ。誰かさんに食べてもらうんでしょ」

 「...」

 何かマズイこと言ったかな、と口に手を当てつつ、妹は先に家を出る。「あ、私もそろそろ出なきゃ」 時計は九時半を指していた。


 「あれ、千歳さん?」 橋を折れて河川敷道路をしばらく走っていたら、いつもなら徒歩の彼が前を自転車で走行中。ノロノロ運転(河川敷ランナーの方が速い)なので、ちょっと加速すれば追いつきそうなものだが、あえて距離を保ちながら尾行するように走る櫻。「PC系は速いけど、普段はスローなのかな。ハハ」 湿気を含んだ蒸し暑い風が時折吹いてくる。風速二から三メートル、といったところか。自転車を飛ばせば吹っ切れる気もするが、かえってジメジメ感がまとわりつきそうな気も。千歳としても風が絡みつく感じは受けていたが、それ以上に「何か後ろに気配というか...」 干潟方面に下りる坂道の手前でふと停車。櫻はあわててブレーキをかける。「あ」

 「なーんだ、櫻さんじゃあないですか」

 「ハハ、バレちゃった」

 「声かけてくれればいいのに」

 「淑女は奥ゆかしくなくちゃ。あ、でもどうして自転車なんですか?」

 「資源ゴミ担当の業平君がお休みなので、代わりに、と思って。上旬はいいんだけど、月末が近くなると立て込んでくるみたいで」

 蒸し暑さもあるだろうけど、どうも必要以上に顔が紅潮しているようだ。櫻は帽子に手を当てるフリをしつつ、頬を確かめてみる。今はちょうど水の準備中。顔にちょっと水を浸してみる。「わぁ、生ぬるいぃ」


 当地での自転車デビューは、この少女も同じ。小梅は時にぬかるんだ土にタイヤをとられながら、グランドの脇をクネクネ走っていた。前方にはアラウンドサーティーのご両人。そしてその妹を追うように、直線的にRSB(リバーサイドバイク)を走らせるは姉の初音嬢。姉妹そろって来るかと思いきや、姉は妹に内緒で先発。カフェめし店を経由してのご来場である。

 「お、おはようございますぅ」

 「あら、小梅さん、あと、フフフ」

 少女がこわばったような不可思議そうな顔をしているので、千歳が手でちょいと指し示す。

 「あっ、お姉ちゃん!」

 「来てやったぞ。隅田さん、千住さん、今日はよろしくお願いします」

 妹は複雑な表情ながらもどこか嬉しそう。そんな妹を見て姉も微かに笑みを浮かべる。それにしてもさすがはティーンのお姉さんは、ハーフじゃなくてショートのデニムに、パーカ+キャミと来た。カフェ勤務中の落ち着いた服装に見慣れているだけに、この変貌ぶりにはビックリ。ヘソ出しまではいかないが、目の遣り場がちょっと... そんな三十男であった。「千さん、水こぼれてる」「あ、いけね」 水は大切にね。

 定刻に現地にいるのは今のところこの四人。あとは弥生と掃部(かもん)先生が来れば、前回のお約束の範囲でメンバーがそろう。その弥生は、自身同様アンテナは高いが、なぜか変わり者と評する弟君、六月(むつき)君を連れて、バスで橋を渡っているところだった。

 「今日は本物の青ガエルが出てくるかもよ」

 「東急のあの車両がいいの。オイラ、本物は苦手だし」

 「あ、降りなきゃ」

 あまり下車する人がいる停留所ではないのだが、この姉弟の他に、一人の女性も降り立った。長めのワンピースにニットを羽織り、「日傘ハット」を目深に被っている。薄色だがサングラスをかけているので、どこの誰かはこれではわからない。

 「姉ちゃん、あの人、付いてくるよ」

 「しかもクシャミしながらってのがまた気になるわぁ。急ご」

 何とも場違いな格好をしたこの女性。しかもサンダル履きだったりするものだから、歩くのには不利。若い姉弟にすっかり先を越されてしまった。「あの二人も干潟?」

 こっちは濃い目のサングラスに麦藁帽。先生のバイクが徐行しながら近づいてきた。サングラスだけなら、チョイ悪オヤジが往く、といった態だが、麦藁がその演出を帳消しにしている。後姿だけを見れば、少年オヤジである。女性の方は何となく気付いたが、先生はわからない。「ありゃ海辺スタイルだな」 この時、前方からは久々にあの人が向かってきていた。ただでさえ速さが出る電動アシスト車だが、力いっぱいペダルを踏んですっ飛ばして接近してくる。先生はただの自転車と思っていたようだが、読みが違った。速い速い。

 「キャ」

 「ととと」

 曲がる手前で速度を落としていたとは云え、ブレーキを制御し損ねた。右折する側が一時停止するのが筋だが、ところどころ濡れた路面がスリップを誘ったのである。直進すると思ったバイクが急に左折、というのもアクシデントの一因。後輪に危うく衝突しかけたが、運動能力が幸いしてか辛うじて回避。掃部公の方も先に曲がり切れると読んでいたので、右折車とわかっていながらブレーキをかけなかった。危ない危ない。

 「危ないなぁ、オヤジっ!」

 「何だぁ、そっちがスピード出すからだろっ」

 アクシデントの現場を目撃していた女性が立ち止まる。

 「先生、どうなさったの?」

 お互いサングラスをちょいと上げて顔を見合わせる。

 「おや、これは矢ノ倉女史。いや、このお嬢さんがさぁ...」

 「あ、先輩?」

 「何だい、知り合いかよ」

 「南実ちゃん、今のはあなたの一時停止違反。悪態ついちゃダメ」

 「だって、急に曲がるんだもん」

 「ね、掃部センセ」

 「エッ、カモン... 掃部清澄さん、ですか?」


 十時十五分になっていた。退潮が始まっていたが、まだ水位が高めなので陸から干潟を眺める四人+姉弟がいる。リーダーは今回、受付用紙をちゃんと作ってきた。クリップボードにそれを挟んで名前を書きながら回覧する。初音と六月は干潟初登場だが、初対面が多い分、六月にはより負荷がかかりそうな場面。だが、姉から事前にレクチャーを受けていたようで、顔と名前をすぐに一致させると、「小梅さんて、先輩?」 小学校が同じことをつきとめたりしている。変わり者というよりは、強者(つわもの)である。物怖じしない、人見知りしない、千歳としては見習うべきところ大である。初音嬢は「このゴミ、マジっスか?」とか言っちゃって、店内での言葉遣いと大違い。またしても面食らう千歳に対し、櫻は「マジなんすよ。ね、小梅さん?」てな感じで飄々とやっている。小梅は得意げに姉に解説を始めた。橋の近くではプレジャーボートが行ったり来たり。その波が寄せては返す。「先生来ないけど、そろそろ始めますか?」


 細道は前よりも広めになった。六人は悠々と干潟へ下りて行く。すると、ヨシ群の後方から何やら問答調の会話が聞こえてきた。「あれ、またお客さん?」 櫻は引き返して様子を見に行く。千歳は「いやぁ、おそろいで来ちゃったよ」と内心焦りつつ、そそくさと干潟に着地。今のところ最年長の隅田氏は現場責任者の如く、「皆さん、潮が引いた直後はまだ凹みますから、足元には気を付けてくださいね。あと、刺さると危険なゴミもいろいろ落ちてますから、手にする時は十分注意して...」 陸から見下ろすのとはまた違う光景、そして漂着する物体のその異様さ・多様さ、初干潟の初音はしばし唖然としている。「前回はもっと多かったんだよ」 妹が一言。今日は姉に対して遠慮は要らない。話しかけて怒られても、きっと弥生と櫻がかばってくれる、そんな安心感があった。だが、それは杞憂というもの。今日の実姉は昔のような優しさを垣間見せる。

 「小梅、自由研究ってここ?」

 「ゴミがね、生き物を困らせてるって聞いたんだー」

 「手伝えること、ある?」

 小梅は小振りの画板に画用紙を付けて、

 「マップを描くの。で、カニとかハゼが見つかったら、その場所に描いて、近くにゴミがあったら、それも書き足して、って感じ。お姉ちゃんはあとでチェックして」

 「カニ? ハゼ?」

 「ハゼはね、あのオジサンが釣ってくれるんだ」

 蟹股のハゼ釣りおじさんが「ワハハ」とかやりながら下りて来た。南実がひと降り、続いて櫻が文花の手をとりつつ何とか着地。道が拡がったのに加え、ここの段差もこの数ヶ月間で人の行き来ができたせいか、他の釣り人が手入れしたか、上り下りしやすいような勾配になっているのだが、サンダル履きでは難がある。しかも大きめのカゴ状のバッグを提げていては仕方ない。

 「あれ、さっきのクシャミさんだ」 咄嗟(とっさ)のツッコミは六月君。すかさず「クシュン、ハァ」 千歳は笑いを堪えるように、「文花さん、何だかお忍びの芸能人みたいですね」

 「ハ、そう? クシュン」

 「ハハ、俺が刈った後でまた出てきたか。だから根絶やしにしねぇとダメなんだ」

 「まさか私がイネ科花粉症だったなんて、ハ...」(クシュン)

 可笑しそうな表情を見せながらも、怪訝顔の櫻。「矢ノ倉さんと小松さん、です。えーと、元先輩と後輩のご関係、でいいですか?」 ボードを取り出し、記名を勧める。

 「欄が手狭だけど、先生は別格だから...」

 「あぁ、俺はこれがあるからさ」と言いつつ、「清掃部」と書かれた大きめの名札を着用。「清掃部のかもん・きよし先生です。ヘヘ」 小梅が紹介する。

 「ありがとさん。それにしても、今日もまた美人さんばっかりだなぁ、ヨシヨシ」

 かくして人数が増えることを見越したように水位が下がった干潟には、総勢九名の男女がそろった。六月は早速、名前を確認しつつ、呼びかける。

 「墨田区に文(ぶん)花(か)ってとこありますけど、『ふみか』さんなんですよね」

 「文花なんて、よく知ってるわねぇ。雨水の調査で一回行ったことあるけど、六月君、何かご縁でもあるの? ハ、ハァ」(クシャミ中断)

 「東武亀戸線の駅めぐりしたんです」

 実姉は年が離れてて話にならないとか言っている割には、さらにお年(この日の女性最年長)の文花にはこの調子。姉のラフな格好に見飽きているせいか、エレガントなこの海辺スタイルがお気に召した、ともとれる。

 十時半を回った。改めてリーダーの出番である。「じゃ、小梅さんと六月君はさっき眺めてもらってプランができたと思うから、その自分で考えたプランに沿ってまずは調べてみてね。で、二人のお姉さんはサポート役、でいいかしら?」 手を挙げる弥生と初音。「じゃ俺はまたウロウロしてればいいかな」 先生はすぐにでも釣りに興じたいところだったが、どうも干潟の様子がいつもと違うことを察したようで、その点検を兼ねての志願だった。五人は何となく動き出した。

 次に櫻は千歳の方をチラと見てから、

 「チーフはクシャミが止まらないみたいだから、被害が少ないところを探して、って言いたいところだけど、干潟を見下ろせる場所で見張り役ってのはいかがですか?」

 「でも、折角下りて来た訳だし、ちょっと散歩してから、じゃダメ?」

 南実は首を振っているが、現場経験が少ない文花としては、一遇のチャンスである。「何が出てきても知りませんよぉ」 クシャミしながら、ソロソロと歩くチーフ。どうも危なっかしい。

 「私、この束突っついてますね。何か出てきたら、あの子たちにも」

 「ゴミ相談室ね。了解です。そうそう、千歳さん、ちょっと」

 陸に上がる二人を見送りつつ、南実は「やっぱり?」と訝る。ヨシ束の周りには飲みかけでフタをしたペットボトルが転がっていて、その甘味をキャッチしたか、小アリが行列を作っている。「ホレホレ」 アリを枝で散らす南実。ちょっと荒れ気味のお嬢さんであった。

 「千さんたら、ヤダなぁ。二人が来ること知ってたら、段取りアレンジしたのに」 生乾きの草地にレジャーシートを二人で展(ひろ)げつつも、いつになくご機嫌斜めの櫻がブツブツ口調。千歳はあわてて、

 「いえ、お二人から何かネタがあれば知らせるように頼まれてたんで、こういうのがあるよって。本当にいらっしゃるとは、て感じです」

 「フーン」

 言葉少なのリーダーは、細道を戻る。手持ちぶさたの千歳は、デジカメを取り出して、バッグを置く。面々の手荷物は、干潟中央になぎ倒されていた枝葉の上に暫定的に置いてもらっていた。櫻は一人でこれらを引き上げてきて、シートの上に並べ始める。「あ、気が付かなくて」 ちょっとした沈黙。そこへ息を切らせて弥生が駆け上がってきた。

 「櫻さん、データカードってあります?」

 「あれ、ケータイ使うんじゃ?」

 「あの子ったら、何を思ったか数だけじゃなくて銘柄を調べようなんて言い出すから、メモできなくて」

 「じゃ、ボードごとどうぞ!」

 「あれ、千さんここにいたんですか」

 「千さんはいいの。行ってらっしゃい!」

 「喧嘩しちゃダメですよぉ」

 弥生にちょっと救われた。「じゃ櫻さん、僕は撮影係してますね」

 「はいはい」 手を振りつつもまだ曇った顔をしている。「そんなに怒らなくてもなぁ」スクープネタへの反応は速いが、女性心理についてはそうはいかないようである。こういう局面の打開方法を会得していない千歳君。いや、打開というよりも心情理解がまず必要なようだ。

 文花が来るまで、ここで会場監視することにした櫻。心模様とは裏腹に空模様は好転してきた。プレジャーボートが下流へ向かってきた。やがて小刻みな波が干潟を洗い始める。誰かが騒ぎ出しそうだったが、思いがけず静かなまま。櫻の胸中にも波、波。すると今度はペレットを洗い出すのに使う容器を探しに南実が上がって来た。何とも言えないタイミングである。

 「ヨシを洗うのに丁度いいのがなくて。どこかに落ちてないですかね」

 「あぁ、細道の脇のヨシの間にいろいろ絡まってたけど、バケツじゃないとダメよね」

 ちょっとキョロキョロやっていた南実だったが、深呼吸すると、直球勝負に出た。

 「櫻さん、隅田さんて彼氏、ですか?」

 「え、いや、あの...」


 雲が切れ始め、光が注ぎ出す。「今日はね、陽射しが出てきたら大変よ。今も二十七度くらいあるけど、もっと暑くなるから」 観天望気をしながら、初音がにこやかに予報する。小梅は画板を姉に預け、汗を拭う。マップのアウトラインは描き上がりつつあった。

 温度上昇を受け、周囲の草々から蒸気が上がって来るのがわかる。櫻と南実を煽るような自然熱。櫻の心の波が高まってきた。

 「櫻さんにその気がないんだったら...」 南実がそう言いかけた時、「キャー!!」 文花の大声が響いた。チーフを、先輩を、放ってはおけない。「南実さん」「ハイ!」 二人はその理由が十分にわかっていた。あるものに遭遇してしまったのである。

 女性六人中、上から二番目と三番目が駆けつけてきた。最年長さんは上流側で固まっている。先生がすでにフォローしたようだったが、

 「いやぁ、枝でつついたら、余計に怖がっちゃって」

 「ほら、文花さん、もう姿見えませんから」

 「しょうがないなぁ、先輩は」

 文花が現場に出て来られない確たる理由はこれ。「魚嫌い」である。形ある状態(つまり動いている)ならまだいい。「キャ」程度で済んだはず。今回はよりによってコイの白骨骨格を見てしまったものだから万事休す。「ハ、ハハ」 クシャミを止める程の衝撃を受けた模様。櫻と南実に引きずられるようにして、その場から退却。シートに腰を下ろすと安心したか、水筒をゴクゴクやり出した。

さ「じゃあ、しばらく休んでてくださいね」

み「これでまた現場に足が向かなくなりそう」

さ「虫はてんで平気なのにね。言わんこっちゃないワ」

 先刻の蒸気は収まったようだ。南実はまだ心中が蒸す感じが残っていたが、先輩から「南実ちゃーん」なんて呼び止められたもんだから、すっかり拍子抜け。ヨシの蔭から何やらプラスチック製のトレイのようなものを見つけ出してから、「今、行きますから!」

 櫻はようやく干潟に降り立った。「南実さんて、手強いわぁ」 眼鏡が鈍く反射する。千歳は遠くから恐々と櫻を見ている。「櫻さんて、コワイ人?」 何だかんだで、時すでに十一時近く。船が届ける波はよく見ると泥交じりで茶褐色。雨の後は水が濁るってこれのことか? 一連の波の動きがわかるように連写する撮影係であった。

 点検を終えた掃部公は、釣竿キットを持ち出し、下流側へ。干潟の奥にたまっていた飲料容器の銘柄調査をざっと済ませた姉弟は、通りがかりの先生をつかまえる。

 「先生、この間はこんな感じじゃなかったですよね?」 カニの巣穴の上方はヨシで覆われていた。その崖土が削り取られ、ヨシの根っこが露わになっているのである。

 「ご明答。この間、台風来たろ。あれで荒川も増水したみたいなんだな。その証拠がこのヨシの根っこと、そこのゴミさ」

 「あ、気付かなんだ」 弥生も見上げないとわからない高さ。干潟面から五十糎ほどの高さから生えている背高なヨシの真ん中あたりだから、三人の足元からだと二メートルほどになるだろうか。トレイやらカップめんがヨシに絡んで留まっている。六月の目線からはさらに上に見えることだろう。こんな位置まで水面が? 俄かには信じ難い弥生だったが、土が浚(さら)われるくらいなんだから、ウソではなさそう。

 少年の目前には、ヒョロヒョロした根が錯綜している。おそるおそる根元を引っ張ってみる六月君。先生が「あっ」と声を上げた時はすでに遅し。ヨシ群の一部が崩落してきた。気鋭の姉もさすがに「ヒエー」となる。

 幸いその三メートル近いヨシ束は彼等を直撃することはなく、葉の重みに任せて逆方向に倒れてくれた。

 「この子はもう」

 「面目ない」

 「いいさいいさ。何事も経験。おかげでゴミが出てきたさ」

 ペットボトルがコロコロと出てきた。これでまた銘柄が増える。一つはミネラルウォーター。もう一つはスポーツ飲料である。養分補給? ヨシにとってはありがた迷惑な話である。

 「あれ、何だこのフィギュア?」 軍手で泥を払うも、うまくいかない。水際でバシャバシャやり出した。「初代モビルスーツ?」 弥生がチェックする。これって結構なお宝では?


 ヨシの崩落事件で、一女・三女を除く、四人(本日の定刻集合組)が集まってきた。少女はめざとく生き物を見つける。「あ、カニが出てきた」 人が近づくと穴に引っ込むものだが、このカニは今日の少年のように物怖じしない。おそらく巣穴内部でも変化があって飛び出して来たのだろう。「クロベンケイって言うんだよ。ね、先生」 六月は眼鏡を外して、覗き込む。似たもの同士の対面、といきたかったが、実は内弁慶カニだった。身を翻して穴へ。その後はずっと引きこもって出てこない。やんちゃ系だとヨシで穴を突っついたりしそうなところだが、少年はじっと待つ。「そっとしておいてやるもんだよ、ね」 これには千歳をはじめ、一同感服。この感性が変わり者たる所以(ゆえん)なんだろうか。

 気が付くと、千歳の隣に櫻が立っていて、変にニコニコしている。

 「千歳さん、さっきはゴメンナサイ。何かツンツンしちゃって。エへへ」

 「いやぁ、リーダーにちゃんと話をしなかったんだから、悪うございました。干潟何周?」

 「じゃ一緒に一周」

 弥生はそんな二人を微笑ましく見送る。六月はめでたくカニと対面中。


 「さーて、釣りの時間だよぉ」 いつしか組み立て終わった竿を担いで、先生が動き始めた。十代姉妹が続く。妹は何を思ったか、崩落ヨシの近所から特盛サイズのカップめん容器を拾い上げて持ち出す。水位がさらに下がり、積石も歩きやすくなっていた。程なく、干潟マップにはハゼが加わることになる。だが、描くだけでは物足りなかった少女は、数匹のハゼをカップに泳がせて、他のお姉さん達に見せに戻った。

 途中、四女は「へぇ泳ぐんだぁ」、二女に見せると「あら小梅さんたら。お昼に食べちゃう?」てな具合。小梅はその反応が可笑しくて仕方ない。本日初対面の残り二人のお姉さん方はどうだろう?


 先輩の横で微細ゴミ調査をしていた南実だが、成果が乏しいようで退屈気味。そこへ六女が現れた。「こ、小松さん、これ。清さんが釣ったんだよ」 荒れがちだった南実だったが、これにはさすがに表情が緩む。

 「あ、アベハゼ?」

 「マハゼじゃなくて?」

 「夏のマハゼもこのくらいだけど、これはもともと小っちゃいの。泥が多いところに出てくるんだって」

 南実がちょっと目を離した隙に、止せばいいのに一女のところにも見せに行ってしまった。「あ、小梅ちゃん、ダメ」

 「えーと、矢ノ倉さん?」 干潟を一望しつつもまだ放心状態の文花は、ハゼを見たくらいでは動じなくなっていた。「まぁ、カワイイわね」 異名「ダボハゼ」は、カワイイてのが気に入らなかったか、ひと跳ねしてみせた。「キャ!」 我に返ったか。だが、「も一回、見せて」 一女なりに努力はしているようである。クシャミはさっきから止まったまま。

 カップをその場に置いて、六女と三女は干潟へ。五女はマップのチェック中である。生き物への影響という点では、袋ゴミは見逃せない。マップには袋の絵がチラホラ描かれていたが、何の袋かがハッキリしない。

 「お姉ちゃん、そこの袋拡げてみて」 初音はおっかなびっくりだったが、肥料袋の一つを持ち上げる。すると、パラパラと粒状のブツが落ちてきた。

 「あー、こんなところに!」 南実は嬉々として、「石島姉妹、でかした」 姉妹はキョトン。南実のレジンペレット講座が始まった。盛り沢山の自由研究である。

 そんな様子を垣間見ていたチーフは、自問自答モード。「環境教育って、レクチャー式になりがちだけど、それだと時々『どうだ』とか『スゴイだろ』とか、講師の自賛、いや自己表現にすり変わっちゃうのよね。ここは子どもが自分でテーマを見つけて、自力で学んでく感じ。大人はそれをサポートするだけ...」 一匹のダボがまた跳ねる。文花はもう驚かない。


 十一時半を回る。自由研究用のゴミ調査が一段落したのを確認して、櫻はクリーンアップ開始の合図をする。見張り番は掃部先生に交代。多少免疫のついたチーフが干潟に下りて来た。

 「とは言っても、実は今日、袋が足りなくて... 放っておくとマズそうなのだけ拾って数えましょう。続きは次回、八月五日に」

 「櫻さん、この袋、使えないの?」

 小梅がハキハキと問うている。実姉は吃驚(びっくり)せずにはいられない。

 「こりゃ失礼。使えそうなのあった?」

 「この大袋なんて、どうでしょう?」

 初音が拡げておいた一枚は、四十五リットルの倍ほどの大きさの透明なもの。多少穴が開いているようだが、軽くて大きめのゴミなら何とか使えそうだ。

 という訳で、四月の回同様、ターゲット限定型で収集が始まる。増水で流されてしまったのか、食品の包装類やら発泡スチロール片など軽めのゴミが目立たないのが今回の特徴。全体的に量が少なく見受けるが、ヨシがキャッチした分を忘れてはいけない。崩落を招かない程度にそれらを引っ張り出すとどうなるか、である。ヨシに隠れたものも含め、特に多かったのはペットボトルだが、これは弥生・六月チームが銘柄を調べつつポイポイやってあったので、集めるのに時間はかからなかった。ただ、アリがたかるもの、泥まみれのもの、再資源化可能レベルと、銘柄とは異なる分別が必要になるので、その時間は加算しなければいけない。あまり身動きのとれないサンダルの人は、集まってきたボトルの飲み残し処理をやっている。

 初音嬢は、チェックを終えた袋を丸めながら、支給された四十五リットルに放り込んでいた。「奉仕活動って、半強制的な感じがするけど、今日のはこう『何とかしなきゃ』って自分で思うから張り合いがあるっていうか...」 ボランティア、奉仕、社会活動、それらの違いって何だろう?とか真面目に考える十代の女性がそこにいた。千歳は片付けながらもスクープ探し。あまり真新しいものはなかったが、しゃもじと果物カゴと「はい、千さんこれも」 弥生が差し出したのは例の機動戦士である。「ネットオークション、かけてみる?」「いえ、記念にとっときます」

 六月と小梅は、カニの巣穴に詰まりかけていた小袋や、ヨシに引っかかっていたヒモ状のものを取り払っている。ゴミと生き物の因果性を改めて認識できたようだ。

 マップに描き止めた袋の数は、とにかく大きめのものが五、概ね三十糎前後の中レベルが十五、容器包装系など十糎以下の小物が三十余り。これらとは別にレジ袋が八つ、肥料袋が三つ、土嚢(どのう)袋が二つ、さらにはクルマのカバーと思しき特大のシート片も見つかった。梱包用ヒモが数片、ヒモ状のものもいくつか。それに南実先生が洗い出したペレットが「今日はこんなところでしょ」と言いつつも、二十ほど。短時間ながら社会の縮図のようなマップ(下書き)が描出された。

 ここでケータイを取り出す弥生。「じゃ、データ入力するよ」 袋の破片、食品の包装・容器、袋類(二タイプ)、と読み替えが必要だが、新たにデータ保留機能が付いたので、多少間違えても修正が利く。ここへ来て、弥生の正体を知った一女と三女は声をそろえるように、「あ、そうか、桑川さんてプログラマーの...」 とかやっている。

 「そうですよ。小松さんの後付け仕様には参りましたけど」

 「先月は私と桑川さん、行き違いだったみたいで。話は櫻さんからいろいろと」

 弥生株は急上昇。普段はあまり相手にしない弟君も見直したようである。

 「じゃ、六月君。缶、ビン、ペットボトル、申告して」

 「あ、ハイ」 素直でイイお返事である。

 複数タイプのコーヒー、メジャーどころの炭酸飲料、アロエやオレンジなどの果汁系、各種アルコール類、ココア、トマトジュース、スープもある。缶類はボトル缶も含めて二十余り。ビンは十ほど。半分はラベルが剥がれていて銘柄不明。判別できたのは、栄養剤がいくつかと何かの錠剤の薬瓶といったところ。そして、主役のペットボトルはと言えば、ドラッグストア級のラインアップである。複数タイプはコーヒーの他に、緑茶やウーロン茶も。紅茶にソーダに梅酒に、ヨシにはいい迷惑と思われるスポーツ飲料&ミネラルウォーター。大小様々、メーカー各社揃い踏み状態で合計実に三十有数。サラダオイルの空ボトルや焼酎の大ボトルも転がっていた。ヨシの蔭にはまだまだ隠れてそうだが、これだけ数え上げれば上等だろう。

 「それにしてもよく調べたねぇ。銘柄とメーカーがわかると、より具体的な対策とか立てられそう」 千歳が賛辞を送ると、「次回はフタを調べてみます」 頼もしい返事が返ってきた。

 南実と文花はカウント画面の操作を教わっている。「私のケータイ... あ、お店だ」 初音は仕方なく、お姉さん達の画面を見せてもらっている。その傍らでは、数え終わった自由研究ゴミを袋に入れ直す仲良し二人。小さい方の仲良し二人は、干潟を何周かしつつ、実地見聞を続けている。お騒がせボートはいつしか撤退していた。波が来ない静かな干潟は憩いの場として最適。だが今日は憩い以上に、「学びの場」というのが大きかった。時には黙考の場だったり、創作の場だったり、生態系がそうであるように、実に多様である。太陽が真上から降り注ぎ出した。そろそろ正午になろうとしている。


 先生はダボハゼが弱ってきたのを見逃さなかった。器を持って下りて来ると、

 「じゃ俺はまたひと釣りしてくらぁ」

 「あら、センセ。お昼は?」

 「俺の食事はウナギ。釣るまでは戻って来ねぇから」

 「ウナギ?」 一同騒然。

 「へへ、土用の丑も近いしさ。ま、稚魚だけどな」

 本当は網で掬(すく)うところなのだが、この辺は掃部流のジョークである。南実はウナギの真相を確かめるつもりか、興味津々で先生を追う。彼女にとっては伝説的存在とも云える掃部先生。直伝を受ける絶好の機会を易々と逃す訳にはいかない。仲良しご両人と一緒にお昼を共にするのが居たたまれない、というのも動機ではあったが。「じゃ、皆さんまたあとで」 サンバイザーを着け、駆け出した。

 

【参考情報】 墨田区文花 / ウナギの稚魚


届けたい・・・

17. 届けたい・・・


 様々な銘柄の飲料容器をひと洗いしつつ、手を洗う七人。スーパー行きは毎度の如く日光浴。四十五リットル一つに収まりそうだ。九十リットル級の大袋には、再資源化に向かなそうなペットボトルや軽めの不燃系がいくつか。あとは、小梅の自由研究ネタの袋類が入ったのが一つ。レジンペレットなど微細系は南実が回収済み。臨時イベントなので、こんな按配である。

 ペットボトルの類は思う存分、陽光を浴びてもらった方がいい。逆にそうは言ってはいられないのが夏の河川敷利用者である。若い姉妹と男二人は帽子を被っていない。見るからに暑そうである。一・二・四の女性三人はしっかり着帽していて、無帽の四人を気にかけつつも涼しげな顔をしている。「いやぁ、こんなに日が照ってくるとは予想できませんでした」 初音は気象予報士のようなことを言いながら、RSB(リバーサイドバイク)の前カゴをそのまま取り外して、一同のもとへ持って来た。

 「え、初音さん、そのバスケット...」

 「店長が気前いいもので。今朝作って持って来ました」

 「お姉ちゃん、スゴイ!」

 日替わりデニッシュを一週間分まとめたような豪華ランチパックが出てきた。櫻もデリやら白物でないパン類を多めに持ち込んでいたので、この時点で相当量に。さらに最年長女性がここぞとばかりにお荷物を広げる。「この間の大雨でどうなるかと思ったけど、ホラこの通り」

 ご自慢の自家製野菜が顔を出す。弥生にもおなじみのニンジンとキュウリのスティックの他、そのまま食べて全く差し支えなさそうなトマトとトウモロコシ。旬の地場モノである。ある程度スッキリした干潟、幾分透明度が回復した川の流れ。心地良い風景とこの健康的な昼の膳。正にピクニックである。弥生と六月はバスに乗る前にバタバタと調達したおにぎりが数個。「本当は何か用意しようと思ったんだけどぉ、へへ」 ちょっと株が下がった姉を横目に、弟は早速トウモロコシにかぶりつく。「そう言えば千さん、お弁当は?」 弥生のツッコミが飛んで来た。

 「櫻さんにお任せしちゃってて、その...」

 「まぁ、妬けるというか灼けるというか」

 櫻は蒸し暑いんだか、照れてるんだか、とにかく赤らんだ顔で、話を逸らそうとする。

 「今日はこの出番、なかったわ」

 「あ、櫻さん、そのカウンタ...」

 「私、カウンター係ですから」

 いつもセンターで繰り広げられている掛け合いが始まった。

 「収穫前のトマトを数えるのに使おうと思ったら、見つからないんだもん」

 「なぁんだ、チーフだって私用じゃないですか」

 「カウンタとしては、ゴミの傍でカチカチやられるの不本意なんじゃないのぉ」

 「トマトくらい自分で数えろって、言ってますよ」

 若い姉妹はそのトマトを齧(かじ)りながらククク。千歳も笑いを止めるのにひと苦労。

 「そうそう、先生と研究員の分、とっとかないと。初音さん、櫻さん、この辺のいいかしら?」 用意のいいチーフはラップを取り出すと、まだ手付かずの分を適当にくるんでキープ。こうして、多めと思われたランチ一式は消化されていった。サスティナブルな会食である。ちょっと落ち着いたところで、千歳は思い出したようにバッグをガサゴソやり出す。

 「はい、これは桑川さんの分。石島さんは二枚」

こ「あ、ありがとうございます」

や「千さん、ポイント稼ぐのうまいなぁ。今、何点?」

 妹は姉に、姉は弟にそれぞれ今日来られなかった人物について話をしつつ、ケラケラやっている。文花も「この人が噂のGo Hey氏?」と首を突っ込んでみたり。櫻は優しいお兄さんにウインク。今度は千歳が紅くなっている。


 「小梅さん、さっきのマップ、も一回見せて」

 「まだ下書きなんだけど」

 「字も上手いけど、絵はもっと上手なのねぇ」

 実姉は複雑な心持ちだったが、妹が目を輝かせる瞬間を目の当たりにして、気持ちが変わった。話術というか呼吸というか、そういうものを少しは見習おう、と。櫻はいいお手本だった。


 さて、ちっとも戻ってこない釣り人と俄か助手はと言えば、

 「先生、あの自然再生の本てどのくらい浸透したんでしょうか」

 「さぁね。お役人が少しでも読んでくれれば御の字なんだけどな」

 「私、先生が止めさせた造成地(再生事業地)とか実際に行ってみて、『人が余計なことをしなくても自然は還ってくる』て本当だなぁ、ってつくづく...」

 いい読者がいてくれたものである。加えて言うなら「自然には自然の都合がある。それを人の都合で恣意的に変えてしまっていいようはずがない」という一節。自分で言葉を継いでいた掃部先生は感極まったか、手元が狂い、餌のアオイソメを落としてしまった。「あっ、いけね」 暫時沈黙が流れる。が、マハゼが跳ねるのに呼応するように、助手は沈黙を破る。

 「あ、それと一時停止違反、すみませんでした。私、あせってて」

 「いやいや。あれくらい元気がなくちゃあ、な。俺も目測誤っちまったからいけねぇんだ。いいってことよ」

 傍から見ていると親子のようなワンシーンである。なかなか戻ってこない訳だ。


 塾も今日は夏休み。余裕綽々(しゃくしゃく)の妹に対し、姉の方はパタパタ支度を始めるや否や、「私、そろそろお店戻りますね」と一言。挨拶もままならない状態で、RSBひとっ走り。「気を付けてねぇ!」 櫻の声、届いたんだか?

 「初音さんて、いつもあんな感じ?」

 「ムラっ気はありますね。お天気屋さんかも。しょっちゅう顔色見てますよ」

 「ハハ、私も気を付けないと」

 「櫻さんは大丈夫ですよぉ」

 「私の場合は浮き沈みが、ね」

 十三時近くになった。ランチタイムは一旦お開き。袋の片付け分担は、スーパー行きが櫻、その他の大小一つずつを千歳、ということに決定。

 「四人でもうちょっと待機してるから、お二人はひとまず行ってらっしゃい」

 「ハイ、じゃ後ほどセンターで」

 自転車の二人は、櫻が左、千歳が右、それぞれに走って行った。「あの二人、何か絵になるわねぇ」 一女は何かを確信したようだった。


 干潟の下流側の突端を回り込んでさらに進むと、別の上陸ルートに出る。清澄と南実は、プチ探検をしながら一同のもとに引き返しつつあった。道中、赤黄色の花々の小群生に遭遇。「夕方になると開花すると思う。ヨイグサの一種で...」 南実を一瞥し、「その名は『コマツヨイグサ』。小松さん、だったよな」

 「聞いたことはありましたが、ここで出逢えるとは」

 「お導きだぁな。可愛がってあげなさい」

 「先生、またいらっしゃいますよね?」

 「美人に囲まれるの悪くないから、な。あとは風に訊(き)いとくれ」


 野球の試合は午后から。その準備が進んでいた。ピクニックが催されていた場所の隣地グランドでは、河川事務所にお勤めの監督さん率いるチームがキャッチボール中。監督は外野の乾き具合を確認しがてらブラブラしていた。

 「おぅ、石島じゃねぇか」

 「あちゃあ、掃部(かもん)先生。またご巡回ですか?」

 「今日は自由研究さ。あぁ、そこのし潟の崖地、ちょっと崩れちまったけど、手ぇ出さなくていいからな」

 監督さんは一礼すると、そそくさとベンチ方向へ去ってしまった。

 「清さん、あの方、石島さんて」

 「河川事務所の課長さ。最近ちっとは話がわかるようになってきたが、所長が変わるとそいつの意向に合わせちまうから、油断ならなくてよ」

 「いえ、今日の若手姉妹と苗字が同じだから、もしかしてって」

 「あいつにあんな愛らしい娘さんがいたら、ハゼもウナギも腰抜かすだろよ」 腰ってあったっけ?


 当の娘さんはボール探しに興じていた。父親が程近くにいようがそっちのけ。硬球だけかと思ったら、テニスボールがいくつかとミニサッカーボールまで出てきた。人目に付きそうな所に転がしておく。「あら、別ルートから帰って来たわ」 弥生と六月は二人を捜しに行っていたが、見つからないもんだからスゴスゴ引き返して来たところ。学者と研究者がそろって探検するからには、その足取りが簡単に掌握されては名が廃る。姉と弟は胸をなでおろしつつも「やられたぁ」となる。


 試合予定がない方のグランドのベンチで、遅いランチにありつく男女。何とも不思議な構図である。「こっちの二人は、さながら先生と助手ね」 文花は手を振りつつ、グランドを後にする。弥生、六月を連れ、その後方に自転車を押す小梅が続く。「三姉妹と末っ子って感じだな、ありゃ」(清談) レジャーシートに覆われていた草地からはユラユラと蒸気が上がっていた。気温は上昇一途。三十度、超えるだろうか。


 夏休みに入り、ちょっと息抜きモードの女性教諭。別件で某駅に来たが、例の無料送迎バスを見つけてしまったからには乗らない手はない。その複合商業施設に向かう途中のことである。

 「あれれ、六月君だ。と、石島さんかしら? 大きくなったわぁ。で、あの女性(ひと)、もしかして矢ノ倉?」

 橋半ば、バスはスロー走行なので、通行人をこのようにしかと認識できたりする。別に噂している訳ではないのだが、文花は再び「クシュン!」。しばらく止まっていた分、反応も過剰?

 「ぶんかさん、大丈夫ですか?」

 「だから、ぶんかじゃなくてぇ、ハ、ハァ」

 「そうそう、六月君。堀之内先生ってまだいる?」

 「担任だったりする」

 「へぇ、そうなんだぁ。元気?」

 「喜怒哀楽激しいけど、一応元気かな」

 今度はバス車内でクシャミをする女性一名。「あー、行っちゃった。ま、いっか」 何となく窓を叩いたりしてみたが、三姉妹と末っ子チームは誰一人気付かなかった。十三時半過ぎの出来事である。


 空のペットボトルをカラカラやり終えた櫻は、スーパーをとっくに後にしていたのだが、荒川沿いを走ることなく、送迎バスが通る道を進んでいた。明らかに遠回りなのだが、手強い誰かさんに捕まるとまた返事に窮する質問をされそうだったので、避けていたのである。「ハッキリさせておいた方がいいのかなぁ。そういうの苦手だな...」 ボンヤリ走っていたら、橋の方向へ右折するのを失念。「ハハ、私としたことが」 こんな調子だったので、先を歩く四人に追いつくことはなかった。


 「あれ千さん、一人?」

 センターの入口に佇む三十男。バリバリのイケメンではないが、三枚目でもない。韓流俳優で似たようなのがいたような、といったところ。日焼けしようなんて意識はなかったんだろうけど、干潟がビーチ代わりになっていたようで、陽射しを浴びるに任せてたら、期せずして夏男のような様になってしまった、という訳。海ではなく川で灼いちゃうあたりは三枚目(?)である。

 「櫻さんと待ち合わせして来なかったの? やぁねぇ」 チーフまでそんなこと...

 「途中で会わなかったんですか? 遅いからてっきり皆と一緒かと」 千歳の弁明空しく、

 「きっとどこかで待ってるんだよ。あーあ」 少年にまでこう言われちゃ立つ瀬なし。やっぱり三枚目な千さんであった。

 「お待たせっ! 皆、どしたの?」

 「さ、櫻さん、ハハ」

 千歳は全身から力が抜けるようだった。「隅田さん大丈夫、ですか?」 今、救いはこの少女のみ?


 「文花さん、空調早く」

 「はいはい。ただし、二十八度よ」

 「それじゃ外の気温と変わんないじゃないすか。除湿でいいから」

 「除湿? いっそのこと打ち水でもしようと思ったのに」

 「ったく。小梅さん、ああいう大人になっちゃダメよ」

 「へへへ。櫻さんも文花さんもおもしろーい」

 とまぁ、臨時開館となった環境情報センターは、乗っけから賑やかなのであった。

 打合せネタはいくつかあるが、今日のところは、①発行物や当面のイベントなど、櫻が入力を続けていた各団体の個別情報と連絡先などの基礎情報との連結、②その連結した結果をセンターのホームページにどう掲載するか、③データベースソフトとホームページを連動させるプログラムをどう作るか、④時間があれば、櫻の取材成果などを載せるコーナー(ブログもどき?)の設定、という感じ。議題をホワイトボードに書き出すチーフ。こうした仕切りはミーティング慣れしていないとできない。研究機関ご出身というだけのことはある。

 「ところで、あの若いお二人さんはあそこで平気かしら?」

 小梅はマップの清書を始め、六月はノートに罫線を引き、種類別の整理を試みようとしている。

 「あのくらいの年の子だと、ゲーム機とか持ち歩いて、放っておくとピコピコやってたりすると思うんだけど、違うのねぇ」 そんなことを気にかけながら、チーフは麦茶を用意しに行ってしまった。という訳で、まずは三人で①の議題。データベースソフトでのこの手の操作は、千歳にとってはお手の物。ただし、団体の名称が微妙に違ってたりするので、簡単には連結結果が表示されない。一つの団体の中に複数のグループが含まれていて、そのグループ名で月刊誌が発行されてたりするものだから、一筋縄ではいかないのである。円卓上のノートPCは熱を帯びてきた。十四時ともなれば外気温もピークを迎える。これでは空調も効かない?

 麦茶効果か、一口啜(すす)ったところで妙案が閃いた。「櫻さん、団体連絡先の電話番号(末尾四桁)って全部違いますか?」

 「えぇ多分」

 「じゃ、これでIDをとりましょう」

 弥生は千歳独特の実用的アプローチに感心したようで、ツッコミ封印中。しばらくして、団体の基礎情報の中に四桁のIDが割り振られ、今度は個別情報の中にIDを入れる用意ができた。幸い個別情報の方は、基礎情報ほどの件数にはなってなかったので、ちょっとした小細工を使い、ある程度一括してIDを入れ込むことができた。櫻のチェックも含め、ここまで十五分ほど。チーフは少女少年の様子を見たり、PC画面を覗いたり、落ち着かない様子だったが、①の件が早々と見通しが立ったとわかるや、窓際の席でゆったりと麦茶をカラコロやり始めた。日傘ハットは被っていないが、サングラスはそのまま。やはりお忍びさん気取り? その間、IDをキーに基礎と個別がつながった。次はこの情報をいかに広く発信するか、である。議題は②に移る。

 ホームページは役所の仕掛けと部分的に連動していて、ブラウザ上で記事の書き込みやコーナーの改廃ができるようにはなっている。容量上限は不明だが、PDFファイルの添付も一応可能。やや変則的だが、団体のよみ(あ行~わ行)に応じていくつかブロックに分け、一覧表形式のページを用意。そこに基礎+個別のPDF情報を並べ、クリックして見てもらう。そんな感じで当面はしのぐことにした。大人にとっても夏休みの宿題が与えられた格好である。記事を載せるのと手法は同じ。あとは櫻が時間を見つけてPDFを作ってアップして、という話でまとまった。個別情報の追加、基礎情報との連結、そこまでは確認済み。連結したデータはブラウザで閲覧しやすいサイズでPDF化できればいいので、今日はその調整に時間をかける。

 チーフは再び若い二人と話をしている。二人ともメドが立ったようで、余裕のコメント。

 「夏休みの宿題はさっさと片付けて、八月に思い切り遊ぶノダ」

 「今年みたいに梅雨が長引きそうだと、宿題するにはちょうどいいっていうか。ヘヘ」

 弥生の思惑(?)通り、すっかり意気投合した観のあるご両人。さすがのチーフも脱帽(いや脱サングラス)である。大人の方の宿題はいかに?

 「じゃ、ごほうびに三時のおやつにしますか」 六人は手を休め、水羊羹にありつく。七月で異動になった須崎課長が挨拶で持って来た一品だとか。

 「エ、地域振興から環境の部署に?」

 「事業委託主になるってことかしらね」

 「何かやりやすいような、その逆のような...」

 おやつの後も打合せは続く。小梅と六月は、自由研究のブラッシュアップを兼ね、一階の図書館に下りて行った。宿題をするには打ってつけの環境である。


 「ところで弥生ちゃん。プログラム作ってもらうとしたら、どのくらいお支払いすればいいの?」

 「卒論のテーマにさせてもらえるなら、別に無償で構いませんよ」

 「じゃ、インターンってのはどう? 好きな時に来てもらえば、その時間分はバイト代も出せるし」

 「なーるほど!」

 「ねぇ、チーフ?」

 ホワイトボードに何やらメモをしつつ、議事を進めていた文花。ふと手が止まる。

 「桑川さん、週に何時間くらい来られそう?」

 「夏休みの間はそれなりに来れると思いますけど」

 「そうね。学生インターン... ひとまず期間限定ってことでよければ。OK」

 チーフなりに先を見据えての暫定的な承諾ということのようだった。インターンはインターンである。夏休みが明けたらまた考える、いやいっそ新たに人材を増やすというプランもなくはない。ある人物をすでに想定しているようにも窺える。

 ③の件は、弥生が来るようになれば随時対応可能ということで落着。試験用のwebサーバは、カウント画面の設定と同じく、千歳が持っている領域を使うことにした。残るは④、櫻さんコーナーの新設である。

 「センターのホームページの中って、ちょっと違和感あるかも...」 センターのホームページの記事投稿形式では、複数の画像を貼り付けるのが困難という事情もある。

ふ「それじゃあ、隅田さんのドメインを間借りしたら?」

ち「『漂着モノログ』はメジャー系ですけど、マイナー系でよければいくらでも」

や「誰かさんみたいに月に二回とかじゃなくて、日記調でマメに、ね」

ち「そもそもブログってのは、ジャーナリスティックなものなんだ。日々のよしなし事どうこう、じゃなくたって...」

 あとは、櫻本人の意向次第だろう。ここで進行係が切り出す。

 「まずはタイトルでしょう。ボードに書いてくから、言ってみて」

 「櫻が往く」は弥生発案。さくらでいいならと、千歳は「心はいつもさくら色」。

 「何それ? 千さんやっぱし」「エ、いや何となく」 櫻は俯いたまま。

 チーフは、何を思ったか「サクサク、ランラン♪」とか書いて「どう? ブログっぽいでしょ」と自賛している始末。こういう議論はえてして本人そっちのけで盛り上がるものである。しばらく考え込んでいたご当人は、

 「届けたい・・・ かな」

 勝手にさくら路線で話を進めていた三人は不意打ちに遭うと同時に、心を打たれていた。簡潔ながら広がりを感じさせるタイトル。即決である。弥生は内心「さすが櫻姉」と拍手を送る。チーフと千歳は「おそれいりました」と声をそろえつつ、低頭モード。

 「じゃ改めて、記事とか画像とか載せ方を書いたものをメールしますね」

 「ハイ! でも、千歳さんにはお世話になり放しで... スミマ千」(一礼)

 「何を仰いますやら」

 午後四時になろうとしている。二人だけの時間、ではないが、一日のうちで一緒に過ごしている時間としては最長を更新中である。午前中は途中から長く感じたが、午後、センターに来てからはとにかく早い気がする。櫻にとっては物憂げな夏の昼下がり。


 議事が済み、時間にゆとりができたので、今日はこの場でワイワイやりながら、モノログを更新することになった。図書館はまだ閉館時間ではなかったが、下の二人も戻って来た。宿題の成果を見せてもらいながら、「自発的環境教育」を引き続き模索しようと、文花は二人に面談を申し込む。円卓ではPCを操作する千歳と彼を囲む二人の女性。両手に花とは羨ましい。デジカメからメモリを取り出し、PCのスロットに入れる。午前中の記録が鮮やかに展開されていく。スクープ系のみならず、さりげなく人物も配されている写真の数々。肖像権を気にしてか、人物写真は控え気味にしていたのだが、最近はそうでもない模様。あるがままの記録を重視するようになっていた。

 「あれ? この最初の写真は」と弥生がツッコミを入れたところで、ベースの重低音がガツンと来る着メロとともに、彼女のケータイが鳴った。「あ、おばちゃんだ」

 「ちょっと千歳さん、この写真...」

 「織姫様です。よく撮れてるでしょ」

 「いつの間に? 弥生ちゃんに知れたら大変。危なかったぁ」

 千歳君はお気に入りの一枚をメモリ上にもそのまま残しておいた訳である。七夕(同行調査)時の他の画像は、彼のPC本体に移動させるとともに、櫻には某サイトのフォトアルバム機能を使ってコピーを渡してあった。そこまでは良かったのだが... 確かにヒヤヒヤものである。

 櫻には呆れられるか、咎(とが)められるか、と首をすぼめていた彼だったが、思いがけずにこやかだったので、小さくひと息。今は髪を下ろしている櫻。七夕は過ぎれど、またサラサラだか、ザワザワが始まった。あわてて視線を画面に戻す。

 「失礼しました。画像は選び終えましたか?」

 「蒼葉、何だって?」

 「仕事終わったから、寄れたらここに来るって」

 千歳は傍らでパタパタとやっている。いつもの早業かと思いきや、行事が変則的だった分、手こずっている? いや、

 「何か、定例のモノログよりも充実してない?」 弥生ご指摘の通りである。つまり、

 「今日は過去最多九人だったから、いろいろな視点が出てきた、ってことだと思う」

 文花との小面談を終えた二人から、櫻がネタを持って来た。「じゃ、これとこれも、ね」

 立派に仕上がったマップと一覧表。図書館で調べた成果として、用語解説のようなものもしっかり付されている。スキャンしてもよかったが、バッチリ載せる訳にもいかないので、デジカメで軽めに撮影して転載。これで七月二本目のモノログは概ね完了。作品がブログに載ったというのもさることながら、文花と話をする中でさらにモチベーションが高まっていたらしく、夏休み中は、自由研究をまだ続けるようなことを若い二人はのたまう。これは本人の資質なのか、それとも現場での実体験(現場力)の為せる業か、はたまた周りの大人達のサポート故か... どれも当てはまりそうである。

 「今朝は雨混じりだったから、行くかどうか迷ってたんです。でも、モノログ見たら『決行』って出てたから」 弥生にしては珍しく(?)モノログを評価するご発言。ブログの掲示板としての機能の有効性が少なからず立証されたことになる。

 「おかげで自由研究、バッチリさ」

 「ところで、桑川さんはブログとかやってそうだけど、どうなの?」

 「内緒、内緒」

 「それはないっし...」と言いかけた弟の口を塞ぐ姉。実の姉弟ならでは、のやりとりである。おあとがよろしいようで、ひと足先に帰途につく。

 「あれ、蒼葉と会わなくていいの?」

 「いえ、六月がお気に入りなもんで、会わせるとまた『萌えー』とかやり出すから。小梅ちゃんにも悪いし」

 六月君は年の近いお姉さんと談笑中。微笑ましい光景である。


 午後五時。二女がマップを見せてもらっていると、

 「あ、おばさん」

 「またぁ、お姉さんて言ってよね」

 マップ上では、水生関係の生き物のみならず、アリやチョウも描かれている。あいにく青ガエル(?)にはお目にかからなかったが、青が付く人がここに来て現れた。

 「へぇ、これ小梅ちゃんが描いたんだ」

 画家の目にどう映ったかはいざ知らず。だが、櫻の方はまたしても「いいもの」を思いついたようである。

 マップに載せてくれと言わんばかりにセミの声が届き始めた。セミが鳴り止むと少女は、「また来てもいいですか?」 照れながらもハッキリと一言。「もちろん!」 三人のお姉さんに見送られてのご帰宅である。


 「そうそう隅田さん、今日の手当は?」

 「時給じゃ申し訳ないし」

 「櫻嬢とのデート権ってどう?」

 「もう、お節介!」

 「七夕デート、楽しかった?」

 「だからあれは調査ですから!」

 「ほら、引っかかった。やっぱり一人じゃなかったんだ」

 「あ...」

 千歳は満更でもなさそうだったが、確かに余計なお世話ではある。苦笑いしつつ、話を戻す。

 「実質的な入力作業は櫻さん担当ですから、僕は別に」

 「ま、櫻さんから連絡してもらうわ。ね?」

 干潟では冴えないチーフだったが、ここへ来て絶好調である。

 後片付けをしながら、片手間にケータイメールを打つ先輩。送信先の後輩は、帰りがけ、定点調査スポットでペレットを捜索中。暑さも何のその。いつしか太陽の高度が下がっていた、という集中ぶり。当然、メール着信にも気付かない。


 橋の方向へ走り去って行く千歳を見送る姉妹。妹は姉をからかうように、

 「隅田川の花火を隅田さんと、とかいいの?」

 「ハハハ。今日は何か気疲れしちゃって... それどこじゃないわね」

 今夕は辛うじて晴れているが、梅雨はまだ続くんだそうな。櫻の胸中も梅雨の如く湿気ている。いつ明けるのか、これは愛妹にも誰にも予想できない。

 

【参考情報】 打ち水の効能