twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格680円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 夏井ドック
価格 680円(税込)
タグ 東日本大震災大東亜戦争太平洋戦争日露戦争ユダヤ人フランス革命ロシア革命マルクス主義ルーズベルトゾルゲ尾崎秀実ファシズムナチズム中国覇権パラダイムノーベル賞自由平等民主主義ユダヤ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

4 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 34ページ (Web閲覧)
109ページ (PDF)
試し読み:5ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 是非、若い方にも読んで欲しい一冊に仕上げてみた。教科書ではわからない近代史の裏側、影の世界勢力の存在を描いてみた。ところで、東日本大震災で自分の人生を見つめ直したという人も多いのではないだろうか。皆様は日本に友好的な国といったら、どこの国を思い浮かぶだろうか。大震災で巨額の義捐金を寄せていただいた台湾?「トモダチ作戦」のアメリカ?アルゼンチンやトルコはどうだろう?そして国家を持てなかったユダヤ人とは何者で、日本とも大いにかかわりがあることをご存知だろうか。歴史問題で中国や韓国に責められっぱなしの日本とは何だろうか。「自由」と「平等」は相反する理念ということをご存知だろうか。「民主主義」という発想はどこから出てきたのだろうか。日本の国体とはどのような関係になるのだろうか。何よりも日本国憲法の生い立ちをご存知だろうか。本書が少しでもお役に立つことができればと考える。福島第一原発の事故の政府や国の対応を見るにつけ、どこか、大東亜戦争と共通するものを感じた。それは「危機管理」と「国民性」である。大東亜戦争には私の父は海軍として出征したが、父とは多くを語ることはなかった。「父が何歳で海軍に志願したのか、終戦は何歳だったのか」「何故、戦場にいくことになったのか」考えたことがなかった。そして「大震災と大東亜戦争の共通点が何故、生じたのか」を疑問に思った。日本人の近代史には「ユダヤ人」の歴史が深く関係している。我々はどういう時代の中に生を受け、この世で生きてきたのだろう。そして、この日本を守り、子孫に受け継いでいくにはどうしら良いのだろう。今、我々はパラダイムの転換に迫られている。

この本には試し読みが 5 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣り漫画「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」最新作!...

もっとみる