目次
1章 現代に巣くう忍たち
1 東大生、藤林悠輔
2 警視庁幹部、相馬泰
3 侵入者
2章 休日の忍たち
1 そして、平凡な一日が始まる
2 女子大生、進藤早紀
3 渋谷の通り魔
3章 足跡を残した忍たち
1 事件現場
2 警察官、上月静夜
3 容疑者、田上明央
4章 取調室の忍たち
1 テレビ記者、叶陽一郎
2 激突-伊賀と甲賀
3 静夜の罠
4 追跡者たち
5章 オモテの忍たち
1 お笑い芸人、風間英太
2 メイド、仁科ともえ
3 JAあおもり職員、応野邦彦
6章 ウラの忍たち
1 風魔の英太
2 戸隠のともえ
3 応変の邦彦
7章 アキバの忍たち
1 ともえと悠輔
2 帰り道
8章 学園祭の忍たち
1 東都大学若葉祭
2 舞台袖
3 トーキョーハンター
4 同業者
5 最強
9章 嵐の前の忍たち
1 ともえと早紀
2 ツイてるともえ
3 ツイてない悠輔
4 邪魔者
5 嵐が来る
10章 相見える忍たち
1 知らなくていい真実
2 悪い夢
3 百地悠輔という男
4 集いし5つの流派
5 赤い瞳の一族
6 ともえの提案
7 激突する赤と青
8 別れなさい
11章 動き出す忍たち
1 六本木のオフィス
2 戸隠の女王
3 忍者王
4 アキバのアイドル劇場
5 同盟
12章 恋煩いの忍たち
1 恋人は忍者
2 最後のデート
3 守ってみせる
13章 集結する忍たち
1 警視庁のメッセンジャー
2 集結した忍たち
3 悠輔の企み

閉じる


<<最初から読む

42 / 50ページ

3 忍者王

「──くそッ!」


 戦い終わりシャワーを浴びた悠輔は濡れ髪のまま小さな冷蔵庫を開けた


 よく見ると身体中至る所が切り傷だらけ──まあそういう光景を見るのは慣れた方だが、さすがに今日の事態には堪えた


 どこかの誰かさんのせいとは言わないが、どうしてあんなに日本で5本指に入るくらいの実力の忍者が集まってしまったのだろう。


 腕には自信がある悠輔でもさすがに彼ら全員を相手するのはどんなに命があっても足りない。


 だから──戸隠の姫の提案で水入りになったのは最初は頭に来たが内心安心したのも事実だった


 彼ら全員が自分を標的にしているならそれは3倍にして返すだけ──でも、そのためには自分はもっと強くならなきゃ無理だ


 もしかしたら最も恐れていたこと──大学生活どころじゃなくなる事態に発展するかも知れない。


 早紀にもおそらく自分の正体がばれてるだろうし、本当に踏んだり蹴ったりの一日だった。


「──くそッ!」


 もう何度同じ言葉を吐いたかわからない。


 悠輔は冷蔵庫の中からスポーツドリンクのペットボトルを取り出すと喉を鳴らしながら一気飲みした。


 そんな時だった。


 ちゃぶ台の上に置かれていた携帯電話がバイブと共に動き出した


 悠輔は不機嫌そうな表情を崩さず携帯電話の方へと歩いて行く


 サブディスプレイに映る発信先は──藤林圭輔。


「──父さん?」


 その名前を見て悠輔は驚きの色を顔に浮かべた。


珍しい──携帯を使って連絡なんて何年ぶりだろう。


まあ普段父親の連絡と言えば門下の者を使っての連絡ばかりなので、携帯の連絡は別の意味で稀だった。


悠輔は携帯を手に取ると表情を変えずに応答した


「よーう! 悠輔! 生きてるか?」


 開口一番、父圭輔はふざけた台詞を吐いた。


 それに対し悠輔は一瞬吹き出しそうになったが、すぐにその言葉の意味を悟った。


「生きてるって……もしかして今日の一件もう父さんの耳に?」


「当たり前だろ~今動画見てるけど、お前も災難だったなー。このメンツで生き残ったのが奇蹟だ」


 動画って──その言葉に悠輔は思わず絶句した


 今日の戦いの動画をだれが撮ってたというのか? 門下の者か? それとも静夜の息がかかった者か──どちらにしろ忍者王と呼ばれる藤林圭輔には今日の一件が筒抜けと言う訳だ


「で、今日は何の用? 今日のダメ出しでもしに来たの?」


「いや。ダメ出しするほどでもないだろ。お前はいつもと同じように完璧だった──ただ相手が悪かっただけ」


 そう言うと圭輔は小さなため息をついて言葉を続けた。


「お前、俺が東京行き許したときの約束事覚えてるか?」


「え──?」


 圭輔その言葉に悠輔は一瞬ためらいを覚えたが、すぐに言葉を返した

「1.勉学に勤しむ一方で伊賀藤林流東京支部を率いる事を忘れないこと。2.一般人に絶対正体を見せないこと。3.女遊びは大いにしてよし、でも深みにはまるな──」


「おー流石俺の息子だ。ちゃんと覚えてるじゃないか」


「馬鹿にしないでよ。これ高校卒業の夜に一筆書かされたんだよ」


「そうだっけ?まーいいや」


 そう言うと圭輔は小さな息を吐くと今までのおちゃらけた態度が一転した


「だけど、悠輔……今日これが破られたの気づいてるか?」


 その瞬間、悠輔はハッと息を呑んだ。


 一瞬、眼鏡の奥に光る父の真紅の瞳が頭を過ぎった


「まあ成り行きと言えば否定しないんだが、お前の交際相手──たしか進藤早紀さんだっけか──彼女におそらくお前の正体がばれている。これがどういう意味か解るか?悠輔?」


 それを聞いて悠輔は答えに躊躇いを覚えた


 だけど、逃げるわけにはいかない。それは突き付けられた現実なのだから──


「うちの掟では正体を知った人間は消す──ってことになるね」


「そうだな……」


 圭輔は淡々とした口調でそう肯定した


 さすが、日本一残酷な忍者と呼ばれる藤林圭輔だ──正体を知ったならば例え息子の交際相手でも手にかけろと平気で命令しかねない。


「こればかりはお前の一存を組まないと何とも言えない。だけどお前に残された道は3つ──何も言わず彼女と別れるか、うちの術で彼女の記憶を消すか──それとも」


「じゃあ、別れる」


 悠輔の答えは早かった。


 否、これしか最善の方法が無いと言ってもよかった


「お前はそれで良いんだな?」


「例外は認められないでしょう。大家元」


「解ってるんなら何も言わないよ──」


 圭輔はそう言うとククと小さく笑った


 電話でも相変わらず威圧感たっぷりだ。聞いてて風呂上がりの背中の汗が一気に引いた気がした。


「だけどなー悠輔。女遊びは禁止してるわけじゃないから。また新しい彼女つくればいいじゃないか」


「──そんな気になれるか」


 その言葉は悠輔の口から驚くほど綺麗に吐かれた


 なんで出たんだろう──一瞬、悠輔は自分のその言葉に驚きを隠せなかった。


「悠輔?」


 父圭輔はその言葉に困惑した様子だった。


 悠輔は急いで頭を整理し、まるで取り繕うように一言言った


「僕は父さんみたいな女好きじゃない。だから……とっかえひっかえ彼女を返るなんて考えられない」


「まあ、そうだけど……」


「こういう事態になったからには僕は表の生活を投げ打ってでも彼らと決着を付ける覚悟は出来ている──だから……当分彼女なんて──」


 その言葉を言いながら悠輔の心に大きな迷いが生まれていた。


 掟のために別れなきゃいけない女──だけどそれが正しいのか悠輔には解らなくなっていった


 こんな僕にも未練心が残ってるとはな──悠輔は一つ苦笑いをしてまた言葉を続けた


「だから、父さん。僕が引き起こした事態に僕は僕なりの形で片を付ける。だから父さん、もう口出ししないで欲しい」


 その一言に電話の向こうの圭輔は小さく笑った。


「ほう……じゃあそのお前なりの片の付け方っていうのを見届けるとするか」


4 アキバのアイドル劇場

翌日──


風間英太は表のお笑いの世界へ舞い戻っていた。


 とはいえ駆け出しのトーキョーハンターに待っている仕事はスポットライトの当たらないステージの前座──


「東京タワー!」


決めギャグを繰り出す度昨日の激闘の痛みが身体を軋ませる。


 だけど、それを顔に出しては芸としてまずいと思うからいつものように明るく振る舞ってみせる


「おいおい、東京タワーって古いなあ」


「スカイツリーにしろよ。カス」


 観客からの痛いヤジが英太たちを襲う。


 無理もない。今日の舞台は秋葉原だ。


 最近流行のアイドルグループの舞台の前座だと張り切ってやってきたら、とんでもない公開処刑だった


 相手はマサシと同じようなオタクばかり──しかも生半可なオタクなんかおらずみんなガッチガチのアイドルオタばかり


 これじゃあトーキョーハンターの最強のネタがウケるはずもなく、コテンパンに打ちのめされるだけだった。


「マサシ君今日もやっちゃってくださいッ!」


 ああ、この中で俺の真の姿を知ってるヤツなんて誰もいないんだろうなあ──


 英太はオタクで埋まったしんと静まりかえる観客席を見つめながらふとそう思った


 ここで風魔忍術使ったらどうなるかな? みんな俺のこと少しは尊敬するかな? この小憎たらしいアイドルオタを打ちのめすことはできるかな──


 ──そう、こんなメイド姿をしたカワイイアイドルオタ


「……!!


 英太はその瞬間ステージ上で仰天した。


 目が──合ってしまったのだ。フリフリのヘッドセットにフリルをたくさん付けたワンピースを着たメイドの少女と。


 いや、ここは秋葉原だ。そう言うアイドルオタクは山の数ほどいる。


 だけど──英太の目に飛び込んできたのはそんじょそこらのメイドさんではない。


 金髪のツインテールにくりっとした大きな目の中に暗い炎を灯した戸隠の女頭目その人物だったのだ


(が ん ば れ エータ!)


 彼女は声を出さずに唇の動きだけで英太にエールを送る。


 なるほど読唇術で読み取れと言うことか──


(あとで屋上で待ってるから。楽しみにしててね)


「……ちょ!エータッ!!


 ぼんやり彼女のメッセージを読み取っていた英太を邪魔したのはレッドリボン軍のTシャツを着たマサシだった


「ちゃんとツッコめお! オタクたちが笑ってるだろッ」


「あ……」


 その瞬間英太は素に戻ってしまった。


その瞬間会場を埋め尽くしていたアイドルオタたちから激しいブーイングが飛んだ。


「さっさと引っ込めチャラ男!」


「俺たちはシスコスフィアが見たいんだ!」


──あの野郎……


ネタに戻った英太は悔しげな表情を浮かべ先ほど彼女が居た席を見た


だが彼女はまるで煙のようにその場から消えて無くなっていた──


5 同盟

『会いたかったー♪ 会いたかったー♪ あなたに会いたかったー♪』


 シスコスフィアという秋葉原では熱狂的に愛されているアイドルグループのヒット曲が大音量で外に漏れてきている


何という薄っぺらい歌詞だ。一体何回会いたかったを連発すればいいと思っているのだろう。


英太は劇場の非常階段を一人登りながら不機嫌そうにため息をつきながらそう思った


先ほど英太たちの漫才に散々文句を言い散らかしていたアイドルオタたちは急に息を吹き返し得意のオタ芸を披露している頃だろう


 そして英太の相方マサシも、そのオタクたちに混ざってシスコスフィアのアツコちゃんにお熱を挙げているのだろう


 だけど英太はそんなことどうでもよかった


 アイツのお陰で不始末はあったかも知れないが無難に舞台は済ませた。あとは向こうの要求を聞くだけだ──


英太は劇場の屋上に続く扉をゆっくり開ける。


その瞳は深い夜の帳が降りたかのように暗く光っていた。


そしてその視線の先にいるのは屋上の端にちょこんと座った一人のメイド姿の少女──仁科ともえだった。


「エータ! おっそーい!!


 彼女は英太の姿を見るなり口を尖らせて一言言い放った


 それに対し彼は顔を引きつらせながら拳を握りわなわなと震わせた


「てめえ……あれだけ俺をかき回しておいて言いたいのはそれだけか」


「かき回すって?」


 まるでともえちゃんわかんなーいと言わんばかりに彼女はきょとんとした表情を浮かべ英太を見た


その表情が余計腹立たしく思え英太は鋭くともえを睨み付けた。


「てめえが変なところで心読出すから、漫才の方で素が出たじゃねえか……」


「あら、じゃあ大声で叫んだ方がよかったかなあ?」


「アホかッ! そう言う問題じゃねえよ」


 そう言うと英太は強い口調でともえに言い放った。


「つまり、俺が言いたいのは俺はステージの上、つまり表の仕事の真っ最中ってワケ! そんな時に割り込んで忍者の術使うアホがどこに──」


「まあ、あんたが仕事でヘマしようがしまいがどうでも良いんだけどね」


 そう言うとともえはツインテールの毛先をいじりながら英太の文句をぴしゃりとはね除けた。


 それに対し英太はさらに彼女に対し憎しみを増大させるかのようにじろっと睨み付ける


 その視線の中には幾分かの殺気が混ぜていた。


「で、お前の目的はなんだ? 戸隠の姫さんよぉ」


「あんたの表の仕事を邪魔しに来たわけじゃないんだけど、たまたまバイト帰りに近く通りかかったらあんたたち見つけたからちょうどいいと思って──」


「だから用件を言えよ」


 英太はそう言うと屋上のフェンスにもたれかかると鋭い視線でともえを睨んだ


 その顔は風魔の奥義継承者の顔へと一瞬で変わっていた


「もう……せっかちなヤツね……」


 そう言うとともえは屋上の縁に立つと器用にくるっと英太を器用に振り返った。


「ねえ、エータ。私と組まない?」


「……はぁ?」


 ともえの急な提案に英太は困惑の色を隠せなかった。


 一体いきなり何を言い出すんだ? 昨日までお互いにいがみ合ってた関係だったのに急に手を組めなど──


「何企んでやがる」


英太はフェンス越しにともえを睨み付けた。


 だがともえはいつもと同じように可愛子ぶった表情を浮かべている


「別にぃ~適当な流派がないからあんたを誘っただけだけど?」


「嘘付け。お前ら戸隠は昨日の件を見てヤバイとでも思ったか? 応変には目の敵にされ伊賀には袖に振られ──まあお前にとっては散々な一日だったよなあ」


 英太の挑発的な言葉は相変わらずのともえの顔に変化を生んだ。


 それを聞いて彼女はムッとした表情を浮かべ英太をじろっと睨み付けた


「うるさい」


 フェンス越しに英太を見つめるその瞳は闇に覆われたかのように暗くどこか病的にさえも思えた


 その瞬間彼女はアキバのアイドルメイドから戸隠流の女頭目の表情に変わった。


「その態度は俺の言ったことはまんざら外れじゃないって事か……」


 そんなともえの態度の変化を見て英太はニヤッと笑みを浮かべる


 そして更に彼女を挑発するかのように言い放った。


「伊賀とも応変とも戦う羽目になるから俺たちと組もうって話だったら俺は乗らないね。だって──第一お前との借りがまだ残ってる」


「そんなのどうだって良い! 今はあんたたちが味方になって欲しいのっ!」


「ほう……そんなに切羽詰まってるのか? 戸隠さんよ」


 英太のその一言にともえはうっと声を詰まらす。


 どうやら彼女の状況は相当切迫している。馬鹿な奴だ、顔にわかりやすくそう書いているじゃないか。


「そんなに味方が欲しいのなら他に当たれ。ほら──なんて言ったっけ……甲賀の根暗そうな兄ちゃん」


「上月静夜?」


「そうそう、あいつだって俺と同じ立場だぜ? そっちの方を先にコンタクト取った方がよくね?」


 その言葉にともえは一瞬考え込んでみたがすぐに呆れたようなため息を吐いた


「私、しずちゃんのこと苦手だなー」


 そう言うとともえは劇場の屋上に小さく腰掛けた


「だってしずちゃん何考えてるんだかさっぱり分かんないんだもん──それならちょっとくらい単細胞でわかりやすいあんたの方が……」


「おい。今俺のこと単細胞って言っただろ」


 英太はその一言にムッとした表情を隠さなかった


 だがともえはそれを無視してそのまま言葉を続けた。


「それにあんただって味方が居る方がこの先楽だと思うわ。だって悠輔って敵作りすぎだもん。あんたが倒す前に別の誰かが悠輔殺しちゃったらどうすんの?」


「それは──」


 それはその時、家元を倒した奴を倒せば最強じゃねえか──


 英太はそう言いたかったがその前に、フェンスの向こう側のともえは淡々と言葉を続けた


「この話、正式な同盟と取っていいのよ。エータ」


「は──?同盟?」


「そう、戸隠と風魔の同盟よ。まあそんな話になるとあたしたちの親同士の話し合いが必要かも知れないけど──」


 えらい大がかりな話になってきたな──ともえの話を聞いて英太は深いため息をついた。


 最初はただ闇雲に最強だけを目指して飛び込んだこの争い──それはもう英太個人では収集着かない大きな抗争に発展しているのは確かな話だ


 だけどこんなエキセントリックな女と同盟関係になれるのか? こちらにもちゃんと利があるものなのだろうか──


「そうなると……即答はできかねないな」


 英太は一言そう言うとフェンスに身体をもたれかけさせた。


「お前の言うとおり、同盟となるとまず俺のじいちゃんに聞かないと何とも言えない。だけど……」


「だけど?」


「お前も気づいてるだろ。燃え上がった炎はいきなりは消せない。この抗争──おそらく今よりもっと酷くなるだろう。だから──同盟っていうのは俺自身は賛成だ」


 本当に物事を複雑にしてる張本人はだれだ? 英太はムッとした表情で腕組みした。


 自分はただ最強の座さえ手に入ればそれで満足なのに──まるで皆がそれを阻んでいるようにしか英太には見えなかった。


「ホント? じゃあ、あんた味方になってくれる──」


「ちょっと待った」


 そう言うと英太はフェンスを前にして手をかざした


「俺はこの前の借りを忘れた訳じゃないぞ──機会がくればお前と再戦するからな。その時は覚悟しとけよ」


「えー!あんたどこまでもねちっこい男ねー!」


「ねちっこいって言うな! 俺はただお前に負けたことが納得いってない──」


「はいはい。わかったから。あたしは逃げも隠れもしませんよ」


 ともえはそう言うと持っていたフリフリレースの日傘を差した


 そして英太の方をくるりと向いてニッコリ笑った。


「じゃあ、エータ。今度会うまでに生きていてね」


 そう言ったともえはそのまま後ろに軽く飛んだ


 そして日傘を落下傘代わりにそのまま地上の大通りへと舞い降りていく


 その姿を見て英太は小さく舌打ちすると小さな声で呟いた。


「今度会うとき生きてないのはお前かもよ……」


1 恋人は忍者

あの事件の後、進藤早紀は2日ぶりに大学に出席した。


 本当にこの2日間、長く深く悪い夢の中で溺れているような錯覚を起こす日々だった。


 夢──と言ってしまえば楽になる。だけどあの日の出来事は完全な現実だった。


 それを思い知ったときああ逃げられないんだなという絶望感が早紀の心を支配した


 思い出すのはあの情けない東大生の藤林悠輔のことばかり。


 否、それは自分に見せていた偽りの顔。本当の顔は──あの時会った男が言うとおりなら悠輔は忍者であるはずだった。


 一体どうしたらそんな荒唐無稽な話を信用できるのだろう。忍者?フィクションの中の生き物でしょ?


 だけどその日起きた事件はそれを信じなければいけないと突き付けられた。


 悠輔の他にも忍者は居る。あの黒服の男、大きな身体の男、そして──


 ──仁科ともえ。


 早紀の飲み物に睡眠剤を入れて拉致しようとしてあげくには殺そうとした友達


 きっと彼女も忍者なのだろう。そうじゃないと説明が付かない。


 この2日──悠輔からもともえからも連絡はぱったりと途絶えていた


 ともえはともかく、悠輔から連絡がないことは早紀に苛立ちを覚えさせた。


 あんな事があってどうして連絡が来ないのだろう。普通なら真っ先に連絡をくれたっていいだろうに──否、いれるべきだ。


別に自分から入れてもいいのだけど、さすがにあの事件のあとだけになんだか気が引ける


悠輔自身が連絡をくれればどれだけ楽になるかわからないのに──あの人は果てしなく鈍感だ。


「早紀おはよー」


 教室に入ると数人の友達に挨拶された


 だけどおしゃべりだったはずの早紀は彼女たちに小さく挨拶するだけであまり深い会話に入ろうとはおもわなかった


 席に座ると、教科書を出す前に携帯電話を手に取っていた


 発信、メール受信一通り確認したけどやっぱり連絡は来てない。


 本当にどういうつもりなんだろう──これ以上連絡がなかあったら本気で悠輔との信頼関係が音を立てて崩れていきそうだった。


 否──もしかしたら彼はそれを狙っているのかも知れない。


 秘密を知った自分に対し悠輔はそのまま関係の自然消滅を願ってるのかも知れない。


だけど──早紀はこのまま悠輔との関係を終わらせるつもりは毛頭無かった


まだ秘密を信じた訳じゃない。だって『忍者』としての彼を実際には見てないのだから──


「さーきちゃん」


 また女友達に話しかけられた。


 早紀は携帯電話をポケットの中に入れると後ろを振り向いた


 その瞬間早紀の全身は凍り付いた。


 目の前にいたのは全身白いフリフリレースのドレスに厚底ブーツ、金髪のツインテールに真っ赤なリボンをつけた──仁科ともえだった。


「どうしたの? 顔真っ青だよ」


 ともえはニコニコしながら早紀の顔をのぞき込む


 無理もない。早紀を昏睡させ拉致し殺害しようとした張本人が目の前にいるのだから──


 だがともえは相変わらずの態度で早紀をいたぶるかのように接してきた。


「なあに?どうしたの早紀ちゃん?あたしの顔なにか付いてる──!!


 その瞬間、早紀は思いっきりともえの手を掴んだ


 勢いとはなんと恐ろしいものだろう。彼女は忍者だと言うことを忘れていた早紀だったが、そのまま席を立ち上がるとともえをつれて一気に教室の外までかけだしていた。


 そしてそのまま近くの女子トイレにともえを連れて行くと逃げられないように壁際に追い込みそして彼女をじろりと睨み付けた。


「何よ! あんたあたしを誰だとおもってんの!!


 ともえはそれに反発する牙を見せるように彼女を暗い瞳で睨み返した。


「あんたねえ、よもや2日前のこと忘れてなんかないよね!? あたし、あんたを殺しかけたんだよ──」


「そんなの関係ないわ──」


 自分を殺しかけた女忍者を前にしても早紀はびっくりするほど冷静だった。


「もう一回聞くわ……あなたどうして私の命を狙ったの?」


「またそれ? 昨日もちゃんと言ったじゃない──」


「いいから答えて!」


 まるで辺り一帯に響き渡るような声で早紀はそう言い放った。


 その思いがけない迫力に早紀の命を狙った女忍者ともえは思わずたじろいだ様に見えた。


「──もう二度と言わないからね!」


 ともえは一言そう言うと不機嫌そうな顔で言葉を続けた。


「あんたを狙った理由は簡単。ただ一般人のあんたと伊賀藤林流家元の悠輔とじゃ不釣り合いだと思って仲を裂きたかっただけ。それに──」


「それに?」


 その一言にともえの言葉は途切れる


 しばらくの沈黙の後彼女の表情はさらに不機嫌になり憤りに似た言葉を吐いた


「あたし、中学の時悠輔の写真見せられてそのまま恋い焦がれちゃったんだよね──だからあたしは悠輔の許婚だって……勝手に勘違いして今日に至っちゃったんだよね。あーあ本当に馬鹿馬鹿しい。実際はその婚姻さえ悠輔には知らされてもなかったなんて──」


 まるで恨み節のような言葉を吐いたともえはハッと我に返りまるで取り繕うように言い返した


「と、ともかくあたしはあんたが邪魔だった。ついでに言えば悠輔も邪魔だった。邪魔者は潔く消しちゃえっていうのが私のスタンスだから。あんたを狙った理由はそこにあるわね」


 ともえの言葉を聞いても早紀はやはりすべてを理解することができなかった。


 忍者の世界がどれだけ予想に反しているか想像も付かないのは当たり前。だけど、それ以上に悠輔とともえの関係は複雑そうで何度聞いても理解することができない。


 もうちょっと詳しく教えて──そう聞きたいのは山々なのだが。ともえのことだ。「何度言わせるのよ」と今度こそ手の取り返しが付かないくらい怒り出すだろう。


「わかった。もうそのことはもう聞かない」


 早紀はそう言うと無理して威圧したような瞳でともえを見た


「じゃあ、悠輔のこと教えて!」


「は?」


「いわゆる……悠輔の裏の顔を教えて欲しいんだ」


 その一言にともえはさらに苛立った様子で早紀に突っかかった


「あんた悠輔の恋人なんでしょ? それなら本人つかまえて問いただせば良いんじゃない!」


「でも──!」


 悠輔から連絡が無くてこちらか連絡するのも気が引ける──そう言いたかったがそれを言ったらともえに何を言われるかわからなかったのでそれ以上何も言えなかった。


「──なるほどね」


 その瞬間ともえは平然とした表情で一言言い放った


「悠輔からの連絡がないのね。そりゃ聞きようがないわ」


「え──?」


 その瞬間早紀は驚きの余り自分の口に手を当てた。


 たしか、自分は何も口にしていない。何もしゃべってない──なのに何故ともえに心内を読み取られたのだろう


「忍者を舐めるんじゃないわよ。あんたの無防備な心なんてこちらは筒抜けよ」


 ともえはその瞬間勝ち誇った笑みを浮かべた。


 それは早紀が初めて怖いと思ったともえの姿だった。


「なあに? さっきの威勢は何処へ行っちゃったのかしら? 早紀ちゃん」


 一歩、また一歩退く早紀をともえは優越感を得たように追い詰める


 やっぱり私はこの娘には勝てない──早紀はそんなともえを見てそう思った。


 物理的にもダメ、精神的にもだめ、勝てる要素なんて何もないじゃない──


「これ以上用がないなら教室に帰るわよ。あたし、単位ギリギリなんだから。これで単位取れなかったら早紀ちゃん──わかってるわよね」


 ともえはひとつ恐ろしさを感じさせる笑顔を浮かべると、そのまま踵を返し、女子トイレから出て行ってしまう


 早紀は呆然とその場に立ち尽くす。 自然に瞳から涙がこぼれる。


 彼女の言う通りかも知れない。何も知らなくていい表社会でのうのうと生きてきた女子大生風情の私が、裏社会を暗躍している伊賀藤林流の家元である悠輔と釣り合いなど取れるはずがない


 それが解っているから悠輔はあえて連絡をしてこない。自然消滅という形で別れようとしているのだ


 だけど、それなら何故私は泣くのだろう。何故悲しく思えるのだろう。


 まだ、悠輔に未練があるの? 普通の男なんて掃いて捨てるほどいるのにどうしてあなたに惹かれるの──


 その時だった。


 沈黙に静まる女子トイレに流行のJPOPの着メロが鳴り響く


 早紀はハッとした。そしてポケットに突っ込んだ携帯電話を取りだした。


 サブディスプレイには──藤林悠輔。待ちに待った彼からの連絡だった


 だが早紀は悠輔からの電話に出るか出ないかを少し迷いを見せた。


 けたたましくなる着メロだけがただ虚しく響いてく。


 早紀はいたたまれない気持ちになったが、彼女がその決断を下すのに時間は要さなかった。


「もしもし──」


 思い切って携帯の着信ボタンを押した早紀は恐る恐るそう言った


 だが電話の向こうの人物も同じように確かめるように言葉を吐いてきた


「早紀──今大丈夫?」


 その言葉に早紀は一瞬授業のことが頭を過ぎった。


 だけどせっかくの悠輔の連絡だ。チャンスを無碍に捨てることは出来ない。例えそれが哀しい告白であっても──


「大丈夫」


 早紀は引きつったような泣きそうな笑顔を浮かべてそう言った。


 泣いてることは悠輔には悟られるわけにはいかない。そればかりが早紀を無理させていった。


「あのさ──」


「早紀、君に話したいことがある」


「え──」


 何を──そう言う間に悠輔は言葉を続けた。


「君にずっと黙っていた──僕の秘密さ」


 それを聞いた早紀はただ呆然とするしかできなかった。


 そして悠輔はさらに言葉を続ける。


「昨日一日考えて僕が出した結果──それを君に聞いてもらいたい。場所は初めてデートした東京ドームシティでいいかな?日時は──君に合わせるけど……早いほうが良いかな? じゃあそう言うことで──」


2 最後のデート

 なんで悠輔はいつも勝手なのだろう。


 あの電話の後早紀はその事ばかりが頭に来て少しの間憮然となった。


 だけど、早紀の方も悠輔を求めていたことは確かだし、その誘いに乗らない手はなかった。


 そしてあの電話から1日後、水曜日のPM17:30──


 初夏を迎えたこの時間はまだまだ明るく西日が厳しく地面を照らし続けていた


 その日、早紀は珍しく何時より早く待ち合わせ先にやってきた。


 こんなに早く来たら恐らくちょっと待ちぼうけかなと思ったが、気持ちが焦っていたのは悠輔も同じだった。


「あ……」


 待ち合わせ先の公園には落ち着いた色の茶髪に黒縁眼鏡──いつも先に見せる情けない東大生の藤林悠輔が待っていた


「早紀……今日は早いんだね」


 悠輔はそう言うとにこっと笑った。


 早紀はその笑顔にどう答えたらいいのか解らず視線を落とし心でもないことを言った。


「べつに……今日授業無かったし……」


 それは小さな嘘だった。本当は授業があったけどこのためにドタキャンした。


明日から嫌味な講師に反省文書かなきゃいけないけど、悠輔のためならそれさえも苦ではないような気がした


「じゃあ、行こうか……」


 悠輔は一言そういうとその場から立ち上がりそのまま歩いて行く


 それを早紀はだまったまま悠輔に付いていく。


 端から見る人々からみれば自分たちを見てへんなカップルだと思うだろう


 だけど、少なくとも早紀はこれは最後のデートだと覚悟をしていた。もちろん悠輔だって──その覚悟で今日を選んだに違いない。


 早紀は確信していた。悠輔の秘密を知るとき──それが自分たちの最後の時だと。


 待ち合わせ場所から少し歩いたところに東京ドームシティがある。


 今日はどうやらナイターがあるらしくオレンジ色のユニフォームを着た人々がドームに吸い込まれていく。


 だけど自分たちが行く場所は東京ドームシティ。ドームの隣の遊園地だ。


 最初ここを最後の場所に決めた事に早紀は深い疑問を覚えた


 確かに東京ドームシティは悠輔と初めて着たデートの場所だ。思い出もたっぷりある。


 だけど、今日は初デートの初々しさとか高揚感などなにもない。ただ別れを告げられるのならこんな陳腐な遊園地なんて不向きに決まってる


 なのに悠輔は何故こんな場所を今日の場所にしたのだろう?


 遊園地に入ったって乗り物なんか乗る気など起きないというのに──


 そんな疑問を渦巻く中、悠輔は早紀に入場券をおごった


 手渡されたのチケットはナイトデーの入場券のみ──当たり前だけど乗り物券はついてない


 それを手に取り早紀は悠輔の後を追うように遊園地に入場していく


 覚悟はしていたけど、ナイトデーの遊園地は至るかしこに愛を謳歌しているカップルばっかり


 はしゃぎ回る彼女、優しく微笑む彼、ソフトクリームをつつく彼女、それを横取りしちゃう彼──


 なんで見ているだけでいたたまれない気分になるのだろう


 あの日までは自分たちが彼らの立場だったではないか。


 それなのに、あの日を境に変わった。悠輔も、早紀も、周りも──


 そんな気分になる早紀をよそ目に悠輔はただ目的の場所までひたすら黙って歩いて行く


 どこまで行くのだろう──早紀はそんな悠輔をただひたすら追う事しかできない


 そして赤い鉄の階段を歩いて行った先──そこで悠輔の足がとまった


「ここ……」


 早紀はその店を前に呆然と立ち尽くした


 それは悠輔との初デートの時昼食をとった小さなテラスレストランだった。


 悠輔はそのレストランの中に入ると真っ先に店員に言った


「テラス席──空いてますか?」


 店員は「空いてますよ」と微笑みながら二人をテラス席へと案内する


 そこは日暮れ時の水道橋が一望できる眺望の席だった。


 もうナイターが始まってる時間だけどドームに駆け込む人の流れは変わらない


 そしてぽつぽつとこの遊園地もライトアップが始まっていく


 そう、これから始まる夜を告げるように摩天楼は光を帯びていく──


「早紀……好きな事聞いて良いんだよ」


 席に着くと悠輔は開口一番そう一言言った


 薄暗くなっていく中彼の髪にライトが当たってきらきら光っていた。


「悠輔──」


「今日の僕は君に何も包み隠さず告白するつもりで来た。だから何を聞いても平気だから──」


 早紀はその眼差しを見て思わず息を呑んだ。


 眼鏡の奥の悠輔の瞳はとても凛々しかった。


「悠輔……」


 そう言う早紀の下瞼に涙が集まりだしていた


「あなたが忍者──って本当なの?」


 その言葉に悠輔は小さく息を吐いた。


「それ誰に教えて貰ったの?」


「え──?」


「君にはなにもしない。僕が怒ってるのは何も知らない君に僕の断りもなく君に僕の正体を教えた不届きな奴だ」


 その言葉を言う悠輔はどこかいつもの表情を少しずつ乖離させていく。


 徐々に露わになっていく裏の顔の悠輔──それが少し怖くもありスリルもあった。


「名前は知らない。でも風貌はすごく覚えてる」


「うん……」


「たしかぼさぼさの黒髪に黒いコートを着込んで──そうそう手が騎士みたいなガントレット? なんかゲームの中に出てきそうな……」


「もういい。大体犯人はわかったよ」


そう言った悠輔の顔は明らかに険しくなっていく。まるで早紀の前で爆発しそうな怒りをじっと我慢しているようにも見えた


「まあ、そいつが何を言ったか解らないけど──確かに僕は忍者だ」


 悠輔はひとつ息を吐くとその眼鏡の奥のまっすぐな瞳で早紀を見た


 まるで吸い込まれそうな色の朱色だった──


「僕の実家は400年前からずっと続く伊賀忍者を統べる家系──そして、僕は第17代伊賀藤林流家元藤林悠輔だ」


 400年前?伊賀忍者を統べる家系? まるで現実離れした言葉が真顔の悠輔の口から飛び出す。


 それを聞いて早紀は今更ながらともえの言った言葉の意味が何となく理解できた


「正直言えば早紀にこれを話す機会は永遠に来て欲しくないと思っていた」


「え──?」


「僕の家にはね壱百条の家訓があるんだけど、その中にはね自分の正体を悟られないことともし悟られたときの対処の仕方があるんだ」


「壱百条……」


 その数に早紀は一瞬息を呑んだが、すぐに話を切り出した


「で、その対処に仕方って何?」


「まあ乱暴な言い方をすれば悟られた相手を消すって事だね」


 悠輔のしれっと言いのけたその言葉に早紀は思わず絶句した


 まさかとは思うが悠輔もあのともえのように自分の命を奪いに来るのだろうか──そんなとてつもなく嫌な予感が早紀の背筋を凍らせた


「安心して、早紀。僕はそんなことしないから」


 悠輔はまるで早紀の心を読んだかのようにそう言うとニッコリ笑って見せた


 やっぱり、ともえと話してるときと同じ。悠輔に自分の心の中を完璧に読まれてる──


「でもね、もうこうなった以上今までの関係は続けられないと僕は考えている。僕はなぜか他流派に狙われているし、そこに君が居たらこの前みたいに君まで巻き込んだ戦いが起きるかも知れない」


 悠輔はそう言うと小さくため息をついて一言続けた。


「早紀……もう別れよう」


 やっぱりその言葉が出てきた──


 早紀はそれを覚悟していたつもりだったがやはり実際に突き付けられるととてつもなく重くて深い言葉だった。


「どうして──?」


 早紀は率直にそう聞いた。


 目の前に映る悠輔の顔はどことなく哀しい色が見えた。


「僕は早紀を消したくない──消す事なんて出来ないよ! だから君と綺麗に別れて僕が君の記憶から消えて無くなれば一番君が傷つかない方法だと──」


「──悠輔は勝手すぎる!」


早紀のその一言は初夏の乾いた空気に大きく響いた


悠輔ははっと早紀を見ると、彼女は溜まらず涙を流していた


「なにが一番傷つかない方法よ……あなたのこと綺麗に忘れれると思う? そんなの無理。だってあなたの思い出こんなに強く焼き付いてるのに──!」


 早紀の丸い瞳からぽろぽろと涙が泉のようにこぼれる


 悠輔の前では絶対に泣かないと決めていたのにいざとなるとこうだ。自分の情けなさにさらに涙は多く溢れてくる。


「もうやだ。こんな夢なんて早く終わってほしい! それとも悠輔って存在が夢のようなものだったとでも言いたいの。そんなの、やだ。いやだよ──!」


 その瞬間、早紀ははっと目を見開いた


 唇にあたる優しい感触。そして目の前にいる精悍な一人の青年──


 余りに突然すぎてどう反応したらよくわからなかった。でも、その突然のキスは早紀にとってとても心地よいものだった。


「これは夢じゃない」


 悠輔は早紀の唇から離れると一言そう言った


「僕はここにいる。夢のように消えてなくなりやしない」


「悠輔──」


「綺麗事ばかり言ってすまなかった……ホント、早紀のこと何も考えて無い身勝手な男だな」


 そう言うと悠輔は自分に呆れたように笑った


 何故だろう、今日の悠輔はいつもと違う。それは裏だの表だの関係なく、ただ一人の藤林悠輔という人間がとても魅力的に感じた。


「悠輔?」


 早紀は涙を拭いて一言訊いた。


「眼鏡──取って良い?」


「え?」


 その申し出に悠輔は一瞬戸惑った。


「私、悠輔が眼鏡取ったところ見たことない──そりゃ忍者になるときは外してるだろうけど、この前はそれどころじゃかったし──」


その言葉に悠輔は納得した様子で笑った。


「いいよ」


 早紀は悠輔の黒い眼鏡に恐る恐る手を伸ばす。そして優しく耳から放した。


 瞬間、露わになる悠輔の本当の顔


 いつも情けないと言っていたその瞳はぞくぞくするほど鋭く野性味を感じさせる。


 そしてその瞳の色は茶色を通り越してどちらかと言えば赤に近い。


 それは眼鏡というフィルターが覆い隠していた悠輔の素顔。本当の顔。


 それを間近に見た早紀は思わず恥ずかしさで顔をうつむけた


「馬鹿。なんでコンタクトにしないのよ」


「え──?」


「絶対悠輔は裸眼の方がカッコイイよ……だって──」


 惚れ直したじゃない──そう言いたかったが余りにも恥ずかしすぎて言葉にならない。


 そんな赤面した早紀の頬に悠輔は優しく手を這わせた


「僕は目が悪くてこれをしてるわけじゃないよ」


「それならダテ?」


「んーそれも違うな」


 そう言うと悠輔は早紀の手から自分の眼鏡を取った


「僕の家系は生まれつき目に異常があるんだ。それは悪い異常じゃなくて、こういう家業やるために生まれつき与えられる真紅の瞳──」


 そう言う悠輔の表情が次第に近寄りがたい色をだしてくる。


 その瞬間、目の前の彼氏は伊賀藤林流家元の目に変化していた。


「僕は裸眼だとすべてが止まって──否、コマ送りのようにしか見えないんだ。だからあのジェットコースターもフリーフォールも全部止まってしか見えない」


「それ、どういうこと?」


「表世界だと動体視力っていうんだよな──それが異常に発達している状態だと思って貰っていい。だけど自分じゃコントロールもできないからこの眼鏡のレンズを改造してやっと日常生活がおくれてるって感じかな?」


 そう言うと悠輔は手に持った眼鏡をそっと付けた


 これでいつもの悠輔に変わった──わけじゃない。もう正体を知ってしまったのだから元の悠輔として見るのは不可能に近かった


「悠輔──私どうしたらいいの?」


早紀は顔をうつむけたまま悠輔にそう聞いた


それを見て悠輔は彼女の頬にもう一度触れた


「僕のことを忘れたくないのなら──それなりの覚悟がいるよ」


「覚悟──?」


 悠輔の顔は笑ってなかった。まるで表情が欠陥したかのように彼はただ早紀を見つめ言葉を続けた。


「そう、いつ何時僕は他流派に襲撃されるかわからない身。そんな僕を変わらず愛せる?」


「それは──」


「僕だってこれ以上君を危ない目になどに遭わせたくない。だから最初は君と別れることも君を守る手だと思ってた。だけど──」


「悠輔!」


 そう呼ばれて悠輔は顔を上げると不意に早紀の唇が優しく降ってきた


 悠輔はそのまま彼女の身体を抱き寄せた。そしてそれを早紀も応じた


「私、絶対別れないからね!」


「え──?」


「だってこのままじゃ負けたような気がするじゃない……現実とか掟とかいろんなものに」


 早紀のその一言にも悠輔はどこか煮え切らない表情を浮かべていた


「君はそれで良いの?」


「どういうこと?」


「僕が伊賀藤林流の家元で強力で多大な敵に囲まれている──それがどういう意味か解る?」


「わかるわよ。それくらい……」


 そう言うと早紀はぶすっとふくれっ面で言葉を続けた


「あなたのことでしょ。どうせ僕と付き合ってたら君が危ないとか格好つけるような言葉であしらうんでしょ。でもね、悠輔。私はそれでもいいの。それでもいいからあなたの側にいたいの──」


「早紀──」


 その言葉に悠輔は驚きの顔を隠さず見せた


 それは今まで完璧を繕っていた彼氏の小さな綻びを見たようで早紀はちょっと優越感を持った。


「ねえ、悠輔──私、消されるのかな?」


「え?」


「だって伊賀忍者の家元を愛してしまったのよ……あなたもさっき言ったように掟を破ったからには消されるんでしょ」


 その言葉に悠輔はやっと早紀の知ってる顔で笑った。


 そして彼女の身体を強く抱き寄せると一言言った


「消させはしないさ……君を消そうとする存在ならたとえ門下の者でも、たとえ親でも──僕は戦うよ」


「やだ。また物騒なこと言って──」


 そう言う早紀の唇を悠輔は優しく奪う。


 最初はこの遊園地の幸せそうなカップル達を憎たらしい目で見ていたが、今は自分たちが恋を謳歌する幸せそうなカップルになっていた。


 そう、これでいいんだ──早紀は悠輔と唇を重ねながらそう自分に言いつけた


 例えこれから二人の前に沢山の壁が立ちふさがろうとも悠輔と一緒なら乗り越えていける──早紀はそう信じて病まなかった



読者登録

古見蔵しかさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について