閉じる


<<最初から読む

116 / 221ページ

試し読みできます

317

 やがて、園内を廻ってやって来たところは、チューリップや、スイセンや、ユリの花などが、コーナごとに整然と咲いていて、また、円く刈ったスイカズラの樹がおどけたモンスターのように並んでいる楽しい庭だった。そこにはまた、恐らくさっきの庭から引いて来ていると思われる、小川のような水路が庭園を横切っていて、その際にイリスの花が並ぶように咲いていた。水は澄んでいて、美しい青空を映し、ぼくは思わず、そのそばに歩み寄り、美事なイリスの花を眺め入った。すべてが素晴らしくて、申し分のない庭だった。こんなに広々としていて、変化に富んでいる庭なら、何日暮らそうとも、見飽きることはないだろう。

 やがてぼくたちは、一見テラス風になっていて、月桂樹や、柳の樹の茂っている、白いベンチやテーブルの置いてあるところへやって来ると、庭巡りに疲れた為か、そこに腰を降ろした。すぐ近くにも、ナデシコやパンジーの花々が咲いていて、その姿が美事だった。パーシバル夫人は、メイドにお茶を持って来させると言って席を立ち、夫人が去った後、しばらく、静かな時が流れた。しかしすぐ、夫人は館から姿を現し、晴れやかな表情で、ぼくたちのところにやって来た。彼女は、ぼくたちの坐るベンチとは、直角に並ぶベンチに腰を降ろし、ぼくの方に向いて言った、

 “この庭、お気に召しまして?”

 “ええ、もちろんです”と、ぼくは満足気に答えた、“本当に、素晴らしいお庭ですね。一ぺんに気に入りました…”

 “…それで、あなたはこれから、どうなさるおつもりですか?”

 と夫人は、それとなく尋ねた。

 ぼくはしばらく考えを整理してから、ゆっくりと、一語一語かみしめるように言った、

 “この館のことは、もうだいたい分かりましたから、あとは、あなたのおっしゃっておられた、村の老人の家にでも尋ねて、昔あったことのほんの少しでも、その老人の口から聞き出したいことぐらいなものです。きっとその老人は、ぼくの母の幼い頃の姿を見ておられたでしょうし、その他、クリスチーヌやレオノールのこと、その他、ミリエル家にまつわるぼくの知らないことまで、知っているかも知れません。そうしたことを聞くことができれば、幸いです”

 “わたしどもの館にも”と、パーシバル夫人は言った、“時々、珍しいお方がお訪ねになりますけど、あなたのような方は初めてです。もしよろしければ、今、どのようにお暮らしなのか、聞かせていただきません?”

 それでぼくは仕方なく、現在は独りで寂しい田舎に暮らしていること、妹のうち一人は、メロランスに、もう一人は、温泉地近くのルブライラに住んでいることを話した。生い立ちについても、子供の頃に父親に先立たれ、母親リディアが行方不明となって、以後消息がつかめていないことを語った。今から数年前、貧しい暮らしの中に突然レオノールからの便りが舞い込み、余命幾莫もなかったレオノールが伝えてくれた遺産で、現在は細々と暮らしている、ということもぼくは言った。


試し読みできます

318

 “そうですか”

 と、パーシバル夫人は、ぼくの話しを聞き終えると、さも納得したように、うなずきながら、答えた。

 “それで、あなたはそのお母さんを捜していらっしゃるんですね?”

 ぼくは、パーシバル夫人の顔を見つめながら、うなづいた。

 運転手は、メイドが運んで来てくれたコーヒと茶菓子を交互に手で取りながら、ぼくの方を、興味ありげな表情で見つめていた。

 “そうです”と、ぼくは言った、“過去のことを知れば、何んらかの手がかりがつかめるかも知れないと思いまして… でも、なかなかむつかしいことだとは思っています”

 “正直な話し、わたしは、お母さんの話しは初めて耳にしました”と、夫人は静かに言った、“なにせ、途中からこの館に参ったものですから。恐らく、うちの主人に尋ねても、ほとんど何も知らないだろうと思います。うちの主人も、ここでは全くの部外者なんですから。――でも、あなたのお話しには、なかなか興味がありますわ。本当に、あなたのお母様が、見つかればいいですのにね…”

 “リトイアの近くのサビーノの村が、母の出身地でもあります。これからそこへも行って、色々と伺おうとも思っています”と、ぼくは、自分の決意を語った。

 “あなたのお母さんはリトイアにも住んでおられたんですか?”と、パーシバル夫人は、少し驚いたような顔をして、言った。

 “ええ、母はミリエル家の両親が亡くなった後、しばらく、叔父のレオノールに引き取られてレビエに住んでいましたが、間もなく、レオノールと一緒に、レオノールの伯母が住んでいたリトイアヘ向かったんです”と、ぼくは言った、“それはまだ母が、八つのときでした”

 “――でも、レオノールさんは、叔父じゃなくて、本当のお父さんだったのでしょう?”

 と、パーシバル夫人は冷静に言った。

 “母は何も知らなかったんです”と、ぼくは、しみじみと言った、“レオノールもずっと本当のことを言わなかったものだから、母はただ、レオノールのことを、とっつきにくい、こわい、頑固な叔父さん、と感じていたようです。でも、身なし児の自分を引き取り、育ててくれたから、感謝だけはしていたようです”

 “何も知らないなんて、お気の毒に!”と、パーシバル夫人は、額にしわを寄せて言った。

 “これには色々と事情があったんです”と、ぼくは言った、“もしおいやでなければ、全部話してもかまいませんが…”

 “ええ、結構ですよ”と、パーシバル夫人は、ぼくの方を見、大きくうなずいた。

 それで、ぼくは、ひと息ついてから、話しを始めた。

 “クリスチーヌ・ガラハは、さっきも言いましたように、結局、M・ブロートと結ばれました。でも、この結婚は、もともとブロートの出世の為に利用された、政略的なもので、愛情のゆえに結ばれたものではありませんでした。


試し読みできます

319

それに、ブロートには別に、愛人さえいたようです。そんな事情で、クリスチーヌの結婚生活は決して幸せなものではなかったようです。しばらくして、社長のミリエル氏が死に、相次いで、クリスチーヌの父、ガラハ氏も亡くなってしまうと、こわい者がいなくなってしまったとばかり、クリスチーヌに対する虐待すら始まったんです。ブロートと、ミリエル家の二男バランとは、もともと通じ合っていた仲でしたし、今になって、クリスチーヌの過去の情事のことをあばき立て、責めて、虐待を始めたんです。ブロートにとって、ミリエル氏が死んだ今、クリスチーヌは不用の存在でした。クリスチーヌは、ブロートの立派な屋敷に住ませてもらっていましたが、その虐待たるや、クリスチーヌは、そこの女主人というよりは、女中のような扱いを受けていた、ということです。ごく親しい女中以外に頼る者とて他になく、クリスチーヌはやがて病を得、しばらく後に、亡くなりました…”

 春の日射しが降り注ぐテラスの上で、パーシバル夫人と、運転手の二人は、ぼくの話しを熱心に聞いていた。

 “それで、それからどうなりましたんですか?”と、夫人は尋ねた。

 “クリスチーヌの死を知って、誰よりも驚き、心の底から、後悔し、悲しんだのは、レオノール・フローバその人でした。つまり、ぼくの祖父レオノールは、姉アヌーザの話しから、今や一切が明らかとなり、クリスチーヌの死を、心の底から後悔し、嘆き、悲しんだんです”

 “…レオノールとクリスチーヌの出会いは、ここの館の庭園で始まりました”と、ぼくは、ひと息ついてから続けた、“ちょうど表の、池のあるあの広い庭園だと思いますが、今も昔も少しも変わってはいないようです。ちょうど、レオノールの姉、アヌーザの結婚式の日が、二人の出会いの始まりでした。クリスチーヌがここの館のメイドとして、結婚披露パーティの下働きをしていたその姿が、レオノールの目に止まったのです。そればかりでなく、忙しい仕事の合間をぬって、祝福された二人の為に、彼女が美事にピアノを演奏したことも、彼に深い印象を残したようです。その日から、二人の関係が始まりました。クリスチーヌがピアノのレッスンを受けに館の外へ出て行っているのを知り、機会を伺って、出会いのチャンスを作ったのは、レオノールの方でした。そうして、二人の、秘密の交際が始まりました。秘密というのも、クリスチーヌは既に、商用で一年ほど出張に行っているブロートという男と婚約しており、行く行くは結婚することになることが公然の事実となっていたからでした。しかし、二人の出会いによって、事情は一変してしまいました。レオノールが、姉の結婚式の当日に、既にひと目ぼれしてしまったことを告白すると、クリスチーヌの方も、レオノールのことはその日に気づき、感じのよい人だという印象を持っていたことを告げたのでした。それに、クリスチーヌの婚約というのも、出世を狙うブロートが、ミリエル氏に受けの良い執事ガラハの娘を嫁に迎えれば、出世に役立つだろうという政治的な意図から出たもので、クリスチーヌも、将来が有望なブロート氏という、その肩書に引かれて、父親に言われるままに、何も分からないまま、婚約を引き受けた、というだけのことでした。


試し読みできます

320

もともと、心から願っての結婚、というようなものじゃなかったんです。でも今や、レオノールとの出会いによって、初めてクリスチーヌは、愛に目覚め、結婚の意味を知ったんです。――しかし、事はそう簡単には運びませんでした。二人のあいだに横たわる、ブロートとの婚約、という障害があったからです。これは既定の事実で、クリスチーヌの父親も、ミリエル氏もそのように考え、事が運ばれていたからです。クリスチーヌには、自分にはとりわけ優しかった父親の意向にそむいてまで、レオノールの下へ走る勇気はなかなか出て来ませんでした。また、レオノールの姉アヌーザが、ここの館に暮らしているミリエル氏の長男であり、副社長でもあるモーリスの妻であり、現在も円満に暮らしていることを思うと、その夫婦生活に水を差すような、レオノールとの情事を出来るだけ表ざたにしたくない、というのもその理由のひとつでした。そのような理由で、どっちつかずの煮え切らない日々が、どんどん過ぎて行きました。ただ、逢引だけは続けていました。祖父はとうとう待ち切れなくなって、レビエの湖畔のほとりに、二人の為の小さな、しかしなかなかしゃれた、一軒の家を建てました。そしてクリスチーヌの来る日をひたすら待ち望んだのですが、ついに、日曜日に一度だけ、クリスチーヌをその家に呼ぶことができたんです。そして、思う存分、二人きりの楽しい生活を、満喫することが出来ました。――しかし、二人の幸せな日々が続いたのもそれまででした…”

 ぼくはそう言って二人の顔を見、それから、風にそよぐ、月桂樹の枝や葉や、アザミの花を眺めた。二人の目が、興味に輝いているのを知ると、ぼくは続けた。

 “それというのも、ミリエル家の二男であるバランが、二人の情事に感づいたからです。二男は、ミリエル氏から何かにつけ、優等生である長男と引き比べられ、一種の劣等感さえ抱いていたようでしたが、将来のポストを狙うブロートとは通じ合っていたようです。ブロートを、ガラハの娘と結婚させようという計画も、実は、二人の密談の中から出て来たようなものなのです。その弟が、二人の情事に気づき、このままでは自分たちの計画がだいなしになってしまうことを恐れて、二人の仲を裂く策に打って出たんです。まずクリスチーヌを呼びつけ、このことをみんなに触れ回るかも知れないと言っておどし、しかしもし、このまま二度とレオノールと会わないと約束するなら、今までのことはなかったものとして、黙っていてあげよう、と言ったのでした。クリスチーヌは、一晩悩んだあげく、結局、レオノールに会いに行くことはやめました。ところがその日はちょうど、レオノールが最後の決心を固めていた日に当たっていました。つまり、ブロートとの関係をきっぱり精算する為に、クリスチーヌの父ガラハ氏に一切を打ち明けようと、クリスチーヌと約束していた日に当たっていたのです。レオノールは、期待に胸踊らせながら、約束の場所に来ましたが、クリスチーヌはいませんでした。それで、不審に思った祖父は、クリスチーヌが通っている音楽家の教室へ駆けて行くと、そこで、一通の手紙を手渡されました。それは、クリスチーヌが、涙ながらに書いて、少年に届けさせた、「しばらくはお会いすることができません」という内容の手紙でした。しかし、レオノールは、そんなことであきらめるような男ではなく、手紙には伏せてある内容の裏に何かあるに違いないと直観して、すぐミリエル家のこの館へ駆けて来ました。しかし、そこで目にした光景が、一切を決定づけました”


試し読みできます

321

 “レオノールが館に来たとき、邸内は静かでした”と、ぼくは続けた、“それでためらうことなく、クリスチーヌがいるはずの別棟に向かったんです。それはさっき、ぼくたちが寄せてもらったあの館です。ドアは開いていたので、中へは簡単に入れました。そして、足音をたてないように階段を上がって行くと、やがて、クリスチーヌの部屋の方から耳なれない男の声が聞こえて来るようでした。不審に思って祖父はその部屋に近付き、ドアごしに中の様子を伺おうとしますが、やはりその声が聞こえて来ます。それで、思い切ってドアをあけると、彼女のベッドの上に、うなだれた彼女と、彼女の肩に手を回し、何か慰めているようなバランの二人が、互いに寄り添うように腰掛けている姿が目に飛び込んで来、それを見るなり、狂ったように祖父は叫び、振り向いて階段を駆け降りて行ったんです。クリスチーヌはあわてて部屋を飛び出し、祖父を呼び戻そうとしましたが、もう後の祭りでした。祖父は、裏切られたという思いと、失恋の痛手とで、しばらくは、回復する見込みも立ちませんでした。人生に対する絶望と怒りとから、以後、生活も次第に乱れて行くようになりました。そんなある日、クリスチーヌが不意に、祖父の家に尋ねて来てあのときのいきさつを告白し、「あれは、あの弟バランに脅迫されて仕方なくやったことで、自分の気持は変わりないから、もう一度思い直して欲しい」ことを訴えたが、祖父は、鬼のような気持になって、聞き入れようとはしませんでした。クリスチーヌはなおも、このままではブロートと結婚することになってしまうと言って嘆願しようとしたが、祖父は、あのときの光景を思い出すと、どうしてもクリスチーヌを許す気にはなれませんでした。とうとうクリスチーヌは、門の前で訴えることの空しさを悟ったためか、うなだれて去って行こうとしましたが、そのときただひと言、「あなたの子供が出来た」ということを口にしたのです。祖父は、驚きはしましたが、別にクリスチーヌを呼び止めようとはしませんでした。むしろ悪魔的な気持になって、やがて、クリスチーヌがひとり、非難の矢面に立たされるのを、愉快に思ったくらいなのです。そしてそれが、クリスチーヌとレオノールとの最後の別れとなりました…”

 運転手は、カップの中のコーヒの黒い表面をじっと眺めながら、聞いていた。夫人は、テーブルの上に両ひじをきちんと突いて、両手を組むような恰好で、静かにぼくの話しを聞いていた。

 “祖父の生活は、その日以来、いっそう乱れて行くばかりでした”と、ぼくは続けた、“そして間もなく、ミリエル家に嫁いでいる姉から、祖父は、とんでもないことを聞かされることになりました。それというのも、ガラハの娘クリスチーヌのお腹が急に大きくなって、やがて、父が誰とも知れない子供が生まれたが、ちょうど自分たちのあいだに子供が出来なくて困っている最中だったので、極秘のうちに、そのこどもをもらうことにした、という内容でした。そして、その子供は女の子で、ミリエル氏とも相談して、リディアという名を授けた、ということでした。このことは、婚約者ブロートの耳に知れたら大変ですので、すっかり極秘のうちに行われた、ということです。



読者登録

sylaireさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について