閉じる


はじめに

はじめに

 全国のシニョーラの皆さん、こんにちは。ジャン・ピエール・リュウゾウです。名前はフランス風だけど中身はラテン系、自称幸せ伝道師です。

 

 第一作目は、おかげさまで予想を超える多くのかたに読んでいただき、まことにありがとうございます。第二作目では皆さん自身の幸せをさらに具現化するための、ささやかなヒントを書いてみたいと思います。

 本書は、第一作目の続編として書いています。もしまだお読みでないかたは『ラテン系幸せ講座 1基礎編』の特に第一章と第二章のアタマを先に読まれることをお勧めします。ちゃんと読んでくださいね。イイこと書いてますから。

 

 さて、ラテン系とタイトルのつく本を書いていることもあって、私もラテンについて調べだしました。まぁ〜、ホントは書く前に調べたりするのが正しい順序かもしれませんが、そこはほら、ラテン系ですから。後で帳尻合わせりゃいいかなっと。(汗)

 

 そこで、日本で「ちょいわるオヤジ」として有名なパンツェッタ・ジローラモさんの本とかも読んだわけですよ。そしたらまぁ、第一作目に書いた内容もけっこうイイ線いってるじゃないの、ということがわかりました。共通する考え方がとっても多かったです。あ〜、良かった。

 

 第一作目では主にイタリアやスペイン系のラテンのノリで書かせていただきましたが、最近では中南米ラテンアメリカの人たちのこともヒスパニックとは言わず、ラティーノ(ラテン系、スペイン語で女性の場合はラティーナ)と言うようですね。ラテンの国といった場合、ラテンアメリカのことを指すことも多くなってきました。

 

 今、日本では、自殺や鬱や引きこもりなどがとても多いと聞きます。特に年間自殺者は3万人以上、悲しい事に世界でトップクラスです。これに対して、ラテンアメリカの国では自殺は皆無に等しく、引きこもりも考えられない。仕事を失ってもホームレスになることも考えられないという話です。

 

 だからといって、皆さんがラテン人になることを勧めているわけではありません。待ち合わせ時間にルーズとか、そのまま真似しないほうがイイことも少しありますからね。

 

 ただ、日本には優れた文化や技術がありますが、そこにラテン的な生きかたをプラスすれば、もっと皆が幸せな素晴らしい世の中になると考えているのです。私はこれからの世界には、次の三つが大切だと考えています。本書全体を貫く(なぁ〜んて言うと大層だけど)、基本テーマでもあります。

 

・日本の伝統・文化、技術

・ラテン系の陽気なノリ

・内なる宇宙、私たちを取り巻く宇宙(自然)への理解

 

 日本の伝統・文化には、職人に受け継がれた高度な技術も含んでいます。日本の職人さんの技術は凄いですよ。実は、日本人も明治時代の初期〜中期頃まではラテン系に近かったと言われています。元々その素質はあるのです。変化の多い今こそ、ラテン系のノリで、元気に陽気に幸せに生きましょう!

 

 この本を読まれた皆さんが、さらなる幸せと楽しさに導かれますように。ささやかな知恵を分け合いたいと思います。

2012年9月

ジャン・ピエール・リュウゾウ