目次

閉じる


わたしは紙の新聞のスクラップ集めが趣味だ。
それは今、2030年代では古臭い趣味なのだが、
長年の習慣というものは仕方ない。

思うにそれは情報が貴重だった時代についた習性だろう。

ある日、わたしは小さなベタ記事をスクラップしながら、
驚いた。

「謎の美青年棋士、将棋用AIを破る!」というタイトルの記事だ。

トッププロの実力とAIの実力が伯仲するようになってから、
長い年月が経つ。さらにわたしはその棋士の段位にも驚いた。


対人戦では、アマ三段の棋力だという。


「彼の棋力は、アマ三段。ところが、プロに匹敵する棋力のAI を完膚なきまで、打ち破る!
果たして彼は何者か!」(新聞より)

ヒント:鋼鉄都市





答え:そう!彼はロボットなのである!

アシモフ原則のために、対人戦では、アマ三段なのである。

なお、鋼鉄都市とはロボット三原則(アシモフ原則)の提唱者、
アイザック・アシモフが書いたSFミステリである。

この本の内容は以上です。


読者登録

coco77さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について