twitterとfacebookアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ファンタジー , 学園・青春・友情 作者 ゆうすけ
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

31 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 12ページ (Web閲覧)
173ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
これは1999年に書き始めた青春の偶像劇である。
多摩ニュータウンの団地に住む高校生の少年少女、風間竜斗と堀江夕鶴は小さい頃から一緒に育って来た幼なじみで、互いに好意を抱きながらも友達でいられる距離を保って来た。
だが、夕鶴が十六歳の誕生日を迎えた日、イメージフィールドと言う謎の空間を自在に操る者達が現れて彼女を連れ去ろうとする。
自らを「帝国」と呼称した彼らは、現代日本の歴史を誤りであると断じ、世界そのものを書き換える事で帝国主義の復権を目論んでいた。
そして、その手段こそが夕鶴であり、神妃として選ばれし運命を持つ彼女と婚姻を結ぶ事により、空間を書き換える能力であるイメージ・フィールドを無限大に広げる事が出来ると言うのだ。
帝国の使徒の手から夕鶴を守ろうとする竜斗であったが、彼らの作り出すイメージ・フィールドに飲み込まれてその存在が消えてしまいそうになる。
だが、竜斗は消え行く意識の中で夕鶴に支えられている事を感じ、相手のイメージ・フィールドを自分の世界観で上書きし、見事帝国の使徒を倒す事に成功する。
だが、それは竜斗達の戦いの日々の始まりに過ぎなかった。
そして、竜斗と夕鶴は戦いを通して互いの存在を強く意識するようになり、子供から大人へ、友達から恋人へと変わって行く。
だが、奇しくもそれが封印された帝国の王「帝王」の復活を招き、彼らの運命を引き裂いて行く事となる…。
果たして彼らの戦いの果てに何が待っていると言うのか…。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧