目次
はじめに
目次
1.夫婦で月額38万円なければ、豊かな老後は送れない?
page 4
page 5
page 6
2.キャッシュフロー表で平均寿命前に貯蓄残高がマイナスになったら大変?
page 8
page 9
3.病気になったら貯蓄は底を突く
page 11
page 12
page 13
page 14
4.老後は充実した医療を受けたい?
page 16
page 17
page 18
5.今の貯蓄では、とても介護費用は賄えない?
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
6.老人ホームに入所すれば将来は安心?
page 26
page 27
page 28
page 29
7.退職金を積極的に運用して資産を増やす?
page 31
page 32
8.分散投資でリスクは減らせる?
page 34
page 35
page 36
9.毎月分配型の投資信託で自分年金を作る?
page 38
page 39
page 40
10.日本の国債は安全?
page 42
page 43
page 44
page 45
11.リスク商品を購入するなら、プロが運用する投資信託が安心?
page 47
page 48
page 49
12.為替ヘッジや仕組債はお得か?
page 51
page 52
page 53
13.株式投資はシニアには向かない?
page 55
page 56
page 57
14.リフォームは、将来を見据えて完璧に?
page 59
page 60
page 61
15.海外移住をすれば、年金だけで豊かに暮らせる?
page 63
page 64
page 65
16.リタイア後は田舎でのんびり暮したい?
page 67
page 68
17.子の住宅取得資金は援助すべき?
page 70
page 71
page 72
page 73
18.判断力が落ちてきたら子に財産管理を任せる?
page 75
page 76
page 77
page 78
19.起業、資格取得、恋愛、シニアには無理なこと?
page 80
page 81
奥付
奥付

閉じる


はじめに

<はじめに>

 

巷には、セカンドライフの不安を煽る本が溢れています。年を取ると医療費がかかる、介護にもお金がかかる、長生きすると貯蓄も底を突く、年金だけでは足りない、さあ、大変だ大変だと、金融機関の人間だけではなく、ファイナンシャルプランナーまでもが、口々に言うのです。セカンドライフは、そんなに不安で、悲惨なものなのでしょうか?

私は、セカンドライフって楽しいよ、心配しなくてもいいよ、きっとなんとかなるからというメッセージを伝えたくて、この本を書きました。悲惨なセカンドライフという重圧に脅えながら過ごす「今」こそ、限りなく不幸です。そんな不幸の先に、バラ色のセカンドライフなどあるはずはないと思うのです。

お金の知識は必要ですが、それは、自分の中にお金の基準をつくるもの、ここまでと割り切れる勇気を持つためのものです。不安に支配されてしまえば、お金はいくらあっても足りません。不安のために、大切な「今」を犠牲にしてしまうのは、本当にもったいない。今からつながる、楽しい未来があるはずなのに。お金の知識を振りかざして、いたずらに不安を煽るのは、もうやめにしてもいい頃だと思います。冷静に考えてみると、これまでセカンドライフの常識のようにいわれていたことの多くは、むしろ非常識なことなのではないでしょうか。多くの人が「常識」にとらわれないで、自分の基準で自分らしい選択をしていけば、セカンドライフはもっと充実したものになると確信しています。

極端な話をすれば、今の日本では、老後資金が尽きてしまったからといって、医療も介護も受けられないまま、飢え死にするなどということは起こりません。むしろ、お金があるのに将来への不安から自分のために使うことをせず、やりたいことをしないまま高額な相続財産を残して亡くなるケース。今の資産で老後は十分に暮せるのに、高利回りをうたう商品に飛びついて、財産を減らしてしまうケース。残念だなと思います。

もちろん、人は自分の寿命を知ることはできません。でも、何歳まで生きても大丈夫なように、どのような病気になっても大丈夫なように、重度の要介護状態になっても一切家族に迷惑をかけないように・・・・完全な資金準備をするという発想はナンセンスです。ほどほどの額を準備したら、あとは自分が楽しく生きるためにお金使っていけばいいのです。楽しい人生を送れば、病気になったり、認知症になったりするリスクはかなり下げられるのではないでしょうか。それは、結局は一番のお金の節約になるのです。人生の最後で、多少のマイナスが出たとしても、それは家族や、国に委ねてしまえばいいのです。

さあ、これからの人生、楽しくいきましょう!


目次

<目次>

 

第1章 情報に惑わされずに、自分なりのお金の基準を持ちましょう

 

1.夫婦で月額38万円なければ、豊かな老後は送れない?・・・・・・・・・3

お金の基準を決めるのは、自分自身です

あなたのお金は、あなたの人生のためにあるのだから

 

2.キャッシュフロー表で平均寿命前に貯蓄残高がマイナスになったら大変?・7

単なるシミュレーションに振り回されるのはやめましょう

数値はいくらでも操作できるもの、将来はいくらでも変えられるものです

 

3.病気になったら貯蓄は底を突く?・・・・・・・・・・・・・・・・・・10

日本の公的医療保険はあなたが思っているより充実しています

70歳以降の自己負担割合は1割、負担が増えれば高額療養費の払戻しもあります

 

4.老後は充実した医療を受けたい?・・・・・・・・・・・・・・・・・・15

どこまで病院の世話になるのか、自分で見極めることが必要です

病気の心配をする前に、病気にならない身体を作りましょう

 

5.今の貯蓄ではとても介護費用は賄えない?・・・・・・・・・・・・・・19

介護保険の自己負担割合は1割、介護用品のレンタル、購入も1割負担ですみます

賄える資金の中で、ベストな選択をするという割り切りも必要です

 

6.老人ホームに入所すれば将来は安心?・・・・・・・・・・・・・・・・25

高額な老人ホームが必ずしもよい施設とは限りません

自分の目でよく確かめ、資金的にも無理のない施設を選びましょう

 

第2章 プロを過信せず、自分の責任でお金を運用しましょう

 

7.退職金を積極的に運用して資産を増やす?・・・・・・・・・・・・・・30

金融機関が勧める商品は疑ってかかるのが基本です

自分に合った商品を選べるのは自分だけなのだから

 

8.分散投資でリスクは減らせる?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・33

今の相場では、分散してもリスクが拡大するだけ

得意分野で、少額を集中投資する方がむしろ安全です

 

9.毎月分配型の投資信託で自分年金を作る?・・・・・・・・・・・・・・37

貯蓄を取り崩して使えないのなら、ひとつの選択肢にはなります

ただし、投資効率の悪い商品であることは自覚しましょう

 

10.日本の国債は安全?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・41

日本の国債は、リスクの割に金利が低い商品

発行体の企業を選別すれば、社債の方が魅力的です

 

11.リスク商品を購入するなら、プロが運用する投資信託が安心?・・・・・46

運用方針がよくわからない投資信託よりは

自分で運用をコントロールできる個別商品の方が安心です

 

12.為替ヘッジや仕組債はお得?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50

為替ヘッジは収益の機会も捨てること

仕組債は、収益限定、リスク無制限の割に合わない金融商品です

 

13.株式投資はシニアには向かない?・・・・・・・・・・・・・・・・・・54

人生経験、資金、時間があるシニアに、株式投資はピッタリです

世界経済の動きは刺激的、これ以上の脳トレはありません

 

第3章 自分の人生は、最後まで自分でコントロールしましょう

 

14.リフォームは、将来を見据えて完璧に?・・・・・・・・・・・・・・・58

今の自分が、人生を楽しむために何が必要なのかを考えましょう

バリアフリーは、介護が必要になってからでも遅くはありません

 

15.海外移住をすれば、年金だけで豊かに暮らせる?・・・・・・・・・・・62

豊かさとは、お金だけで決まるものではありません

日本ほど治安がよく、食事の美味しい国はないことを自覚しましょう

 

16.リタイア後は田舎でのんびり暮らしたい?・・・・・・・・・・・・・・66

思い付きで田舎暮しをしても成功しません

体験的に暮らしてみてから理想の場所を決めましょう

 

17.子の住宅取得資金は援助すべき?・・・・・・・・・・・・・・・・・・69

相続税対策が必要な人以外は、子に資金援助の必要はありません

老後資金を確保したら、自分のために使いましょう

 

18.判断力が落ちてきたら子に財産管理を任せる?・・・・・・・・・・・・74

自分の資産は最後まで自分で管理するのが基本

判断力の低下に備えて、任意後見制度の利用を検討すれば十分です

 

19.起業、資格取得、恋愛、シニアには難しいこと?・・・・・・・・・・・79

年を重ねただけで人は老いない。

理想を失う時に初めて老いる・・・・情熱を失う時に精神はしぼむ。

~サムエル・ウルフマン 青春の詩より~


1.夫婦で月額38万円なければ、豊かな老後は送れない?



読者登録

草薙 祐子さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について