目次
8月のこよみ
8月の星座 こと座
曲がったキュウリ
なぜにトマトは赤いのか?
ひまわりエネルギーの活用
ファンタスティック・フォー
ご先祖さまを想い手を合わす
タイトル「身の毛もよだつ8月のお天気」
3つの一等星が「夏の大三角」
「夏の風物詩」入道雲
あなどるべからず![注意報]
太平洋高気圧とは?
エルニーニョとラニーニャ
夏バテには赤身魚
夏ばて解消!! カレーにトッピング!!
ビールのおつまみに簡単チヂミ
茶畑の北側に生えていた
スープの効用 
夏野菜の解毒スープ
ミョウガの効用
酸化から身を守る
緑豆春雨で健康維持
健康にも美容にもおすすめのルイボスティー
スパゲティーの缶詰
空腹感が収まる「懐石料理」
カレー南蛮の南蛮ってなに?
不思議なアイスティー
日本人が食べられないものと外国人が食べられないもの
試食販売に食卓を彩るヒントあり
昔の料理はおいしかった?
食品廃棄率を下げる 
九州とんこつ物語
子供が子供であることの幸せ
異様にお米を食べる日本人
江戸時代からあった1人鍋
名前が語り継がれる人は?
藤原泰衡の決断  
男の決断に対する評価
自分の好物は他人も好物!
芸で飯が食えるということの定理
黒田如水に学ぶ原則線
才能って、何なんだろう?
空飛ぶ自動車
大男だった福沢諭吉
兵と卒との違いに知る因果応報の軍人・宇垣一成の実像
小牧長久手の戦い
メールで西郷隆盛を発掘!?
実際の戦場 
小商いのススメ
たかが百均、されど百均
危険な合鍵作り
花の名前がわかれば?
盛夏に強い 女性の味方
ビール党に朗報? 
遥かなる原始時代の食文化 その2
夏バテと心に効く食べ物とは!?
夏の終わりに現れやすい五臓の虚労
中暑~大暑までの養生法
頭痛と眩暈(めまい)
癌・・・虚の養生は補益 
ホスピタリティというサービス理念
脳梗塞注意報!
血を増やす養生法
見えない鳥かご
昔の映画を楽しむ
睡眠と免疫パトロール
消毒法の確立とうがい薬
食べ過ぎと運動不足が病気を作る
もやもや病
病は気からの免疫力
『かちかち山』にみる古代日本の裁判
『古事記』の神々(その5)
奥付
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

8 / 74ページ

試し読みできます

タイトル「身の毛もよだつ8月のお天気」

今年は梅雨明け早々連日の猛暑ですね。今回は、改めて言うまでもないことばかりかもしれませんが、夏の恐ろしさとそれを乗り切る方法などを紹介します。
 まずは雷。日中よく晴れた日の夕方から夜にかけて(極端な場合では深夜に及ぶことも!)、積乱雲、いわゆる入道雲が発達し、局地的で一時的な雨と雷に見舞われることがあります。雷が近付いてきたとき、いちばんいいのは屋内に逃げ込むこと。さらに、雷は高いところにめがけて落ちてきますので、傘・ゴルフクラブ・釣り竿も、さっさと片付けて、低い態勢をとりましょう。

  昔は、雷は金属製のものに集まってくるので、雷が鳴ったら金目のものは体から外すとか金目のものから離れるとかしていたと思うのですが、実際雷が金属に集まってくる性質はないということがわかってきたそうです。したがって、金属製のものを身に付けていないから雷は寄ってこないという油断は禁物です。

 次に海難事故。夏場の、特に太平洋岸では、たとえフィリピン付近に台風があっても、その強い風の影響を受けた「うねり(土用波)」が、関東辺りまで届くことがあります。これはとても力の強い波なので、浜辺では非常に強い引き波になります。お天気が良く風も穏やかなのに、あっというまに波打ち際で波にさらわれてしまう、という事故は、過去にいくつもありました。海にお出かけの前には、天気予報で台風の位置などを確認しておきましょう!
 最後に紫外線。オゾン層が破壊され、地上では年々紫外線量が増えてきています。紫外線がそれほど恐ろしいかといいますと。話は進化の過程に遡ります。35億年ほど前、光合成をするランソウ類の生物が海中で誕生し、大気中に酸素が増え、上空約25㎞付近にオゾン層ができました。それが生物にとって有害な紫外線を吸収して、地上に紫外線が届かなくなったから、生物は地上に進出してくることができたのです。これを聞いただけでも、いかに紫外線が生物にとって有害か、実感しませんか?(いくら生物が進化したとはいえ)紫外線には、日焼け以外にも色々と有害な影響が見つかっていますが、せめてこれからは男の方も、日焼け止めだけでもつけるようにしましょう!

 (文:気候予報士 
チャーリー/絵:吉田たつちか)2004-08



試し読みできます

3つの一等星が「夏の大三角」

七夕というと七月七日。なぜなら、彦星さまと織姫さまが一番近くに見られるから、なのですが、これは旧暦の話。2009年では旧暦の七夕は8月26日に当たるほど、新暦との差があります。

西洋の星座では、彦星はわし座のアルタイル、織姫はこと座のベガ、天の川を渡る二人の橋渡しをするのは「北十字」という異名を持つはくちょう座のデネブと呼ばれ、奇しくもこの3つの一等星が「夏の大三角」と呼ばれています。

わし座は、大神ゼウスが変身した姿だと言われています。はくちょう座もゼウスが変身した姿だという説やわし座に関係する琴の名手オルフェウスが死んだあとそのまま星座になってこと座のそばにいるなどの説があります。

さてこと座の由来ですが、この琴は元は音楽の神アポロンのものでした。しかし、その息子のオルフェウスがあまりに琴が上手なので父から息子へと譲られ、オルフェウスは琴の名手として有名になりました。オルフェウスにはエウリュディケという妻がいました。

しかし彼女は毒蛇にかまれ、若くして死んでしまいます。オルフェウスはあきらめきれず、妻を死者の国から出してもらうよう冥土の神プルトンに頼みます。プルトンはその熱意に打たれ、彼の要求を飲みますが、一つだけ、「地上に出るまで妻を振り向いてはいけない」という条件を出します。しかしオルフェウスは妻の顔を少しでも早く見たいと焦り、つい振り向いてしまいました。するとエウュディケは元の地底深くへ吸い込まれてしまいました。妻を完全に失ったオルフェウスは失意のうちに世を去り、その死を悲しんだゼウスが、オルフェウスを天上に迎え入れたと言われています。オルフェウスは「オルフェ」とも呼ばれ、この物語はのちの世でも多くの作品の題材とされています。

(文:気象予報士・小説家 チャーリー/絵:吉田たつちか)2009-08


試し読みできます

「夏の風物詩」入道雲

通称「入道雲」は、「積乱雲」といいます。この雲は、遠目に見ると壮大で圧巻ですが、実は近寄ると恐ろしい目に遭うこともあるのです。  

積乱雲は、大気の状態が不安定なときに発生します。つまり下層(陸地や海面)が暖かく、上層が冷たいときです。みなさんもご家庭のクーラーの効き方で体験したことがあると思いますが、冷たい空気は下に行きます。つまり、暖かい空気よりも重いのです。だから、冷たい空気は下がりたがり、暖かい空気は上がりたがり、それぞれの空気の要求を満たすべく、積乱雲は発生・発達していくのです。  

例えば海上。海の温度は温まりにくく冷えにくい性質を持っています。そのため、海面の温度は上がりにくいです。そこへ、夏の熱い空気が上空に流れ込むと、対流が起こり積乱雲が発生するのです。一方の陸地は、熱しやすく冷めやすい性質を持っています。だから、一日の気温が最も高くなる午後2時前後には、地表と上層との温度差が大きくなり、積乱雲が発生することがあります。特に天気予報で「上空に寒気が流れ込んでいます」と言われたときは要注意です。温度差があまりに大きくなると、大雨はもちろん、落雷、突風、雹(ひょう)ひどいときには竜巻が発生する恐れすらあります。  

さて。入道雲といえば「夏の風物詩」のように書いてきましたが、冬にも入道雲が頻繁に発生しています。日本海側の地域では冬場、北寄りの季節風に乗って、シベリア生まれの冷たい空気が流れてきます。しかし日本海は、暖流が流れ込んでいる影響もあり、シベリアの風ほど冷たくありません。そこで大気の状態が不安定となり、巨大な積乱雲が発生します。それが、冬場のテレビの雲画像でおなじみの「筋状の雲」 なのです。

(気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2008-08



試し読みできます

あなどるべからず![注意報]

テレビ等の天気予報では、お天気や降水等の他に、 注意報や警報に関する情報も提供されています。

雷注意報が発令されていたのに山へキャンプに行った小学生が雷の被害に遭ったこともありました。

注意報といえども、あなどれないのが現実なのです!  

注意報・警報は、従来の天気予報で表現する区分 (一次細分地域)よりも細かな区分(第二次細分地域)で発令されます。具体例を挙げれば、茨城県では天気予報は南部・北部に分けて発表されますが、県北地域・県央地域・県南地域・県西地域・鹿行地域の5つに分けて発令されています。  

また、その種類ですが、注意報には、「大雨」「大雪」 「強風」「洪水」「濃霧」「雷」「乾燥」「なだれ」「着氷・雪」 「霜」「低温」「融雪」があります。警報には「大雨」「大雪」「暴風」「暴風雪」があります。 注意報と警報の違いは、前者が「災害が発生するおそれがある場合」に発令されるのに引き換え、後者は 「重大な災害が発生するおそれがある場合」に発令される点にあります。  

注意報や警報の基準は地域によって異なります。いちばんわかりやすいのが雪に関するものです。例えば 日本海側等、元々雪の多い地域ならば、住民の生活の中で積雪への備えができています。しかし、普段はあまり雪の降らない地域に雪が降ると交通がマヒしたり、パニックに陥ります。そのあたりも踏まえて、地域ごとの基準が定められているのです。

さきほど乾燥注意報について述べましたが、「乾燥警報」というのを聞いたことはありますか? そもそ「乾燥注意報」は、空気が乾いて火災が発生するおそれのめやすになるものです。ですから、空気の乾燥がよりひどくなると「火災警報」としてこれは気象庁ではなく市町村長に発令の権限があるのです。 またNHKは警報を周知するよう、法律で定められています。

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2007-08


試し読みできます

太平洋高気圧とは?

この時期の天気予報でよく耳にすることばに「太平洋高気圧」というのがあります。太平洋の方からやってくる、気圧の高い部分のかたまりのことで、おかしな表現ですが地形にたとえると、高い山が動いて、ぐんぐんこちらに迫ってくる、という感じです。

ついでに説明しますと、「高気圧」というのは、例えば「気圧○○hPa以上」とか、決まりがあるわけではありません。さきほどのたとえのように山と同じで、周りより気圧の高い部分のことを言うものです。

だから極端に言えば、一枚の天気図の中で高気圧の中心気圧よりも中心気圧の高い低気圧がある可能性もあるわけです。さらに、高気圧は気圧が高いだけで、気温が高いわけではありません。(むしろ逆と言っていいほどです)今回お話する太平洋高気圧は暑さをもたらすものですが、冬のシベリア高気圧は寒さをもたらしますので、誤解のないように!

話を元に戻します。空気というのは、クーラーが足元から冷えてくることからもわかるように、冷たいものほど重い、つまり、気圧が高いのです。だから冬の高気圧は、冷たい空気が地表付近に集まって気圧が高くなったもので、何の不思議もありません。そう考えると、熱い=軽い空気のかたまりである太平洋高気圧の気圧が高いのは、おかしいと思いませんか?(おかしいんです!)

これは、上空の、高度12~17km付近に冷たい空気があるからなのです。なので、太平洋高気圧は身長約15kmくらいつまり「背の高い高気圧」なのです。(シベリア高気圧などは「背の低い高気圧」と呼ばれます)

最近環境問題に配慮して、クールビズが叫ばれていますが、就寝中に熱中症で死亡することもあります。クールビズには賛成ですが、それもほどほどにして、無事に楽しく夏を乗り切りましょう!

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2006-08



試し読みできます

エルニーニョとラニーニャ

先日新聞で「今年は昨年と同様エルニーニョもどきと思われるため猛暑が予想される」という記事を見ました。そこで今回は、「エルニーニョ」についてお話したいと思います。
そもそも「エルニーニョ」とは、南米ペルー沖で、12月に海面水温が上がり、3月に下がる季節的な変動を意味することばです。ちなみに、「エル・ニーニョ」というのはスペイン語で「男の子」の意味。しかし、毎年12月、クリスマスのころに起こる現象なので、固有名詞として「神の子」を意味しているそうです。が、3月になっても海面水温が下がらないことがあり、それを気象の世界では「エルニーニョ現象」と呼ぶようになったそうです。
 一般に、海面水温が平均より0.5℃以上高ければエルニーニョ現象、そして(こちらはあまり知られていませんが)0.5℃以上低ければラニーニャ現象(「ラニーニャ」は「女の子」の意味)と定義されています。
 さて、はるかかなたペルー沖の海面水温が、なぜ日本にまで影響を及ぼすのでしょうか?
赤道付近にはほぼ一年中吹き続けている、赤道貿易風という東風があります。これが弱まると赤道太平洋中部で海水温が高くなります。基本的に、赤道太平洋の海水温は、西(フィリピンのあたり)で暖かく東(ペルーのあたり)で冷たいものなのですが、その分布が変わってしまうのです。すると、例年ならば太平洋西部で多発していた雨雲が、太平洋中部で多発するようになります。
逆にラニーニャ現象のときは貿易風が強いので、その影響を受けて異常気象が世界中で起こります。
 いずれにしてもこの現象が異常気象の原因として注目され始めたのはまだ最近のことなので、だからどうだ!という断言はまだ誰にもできないのです。
 ただ、猛暑になろうが冷夏になろうが夏は夏。紫外線対策と熱中症対策は怠りなく!(念のため雷対策も) 楽しい夏をお過ごしください!

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2005-08


試し読みできます

夏ばて解消!! カレーにトッピング!!

 地球温暖化が進んでいるのか、冷房器具や自動車の排出する熱で、ヒートアイランド現象が加速しているのか、はたまた地球規模の異常気象か、年々夏の暑さが厳しくなっています。暑い国々で常食されているカレーは、この暑い夏を乗り切るのにうってつけの夏ばて解消食の1つです。その効果を倍増できるトッピングをいくつかご紹介します。いつものカレーの上にもう一味手をかけたトッピングをのせて、暑さを乗り切りましょう。
 ①夏野菜炒め:なす,トマト、ピーマン,パプリカ, ゴーヤ,アスパラなどを一口大にきったものを、さっといためたもの。ビタミンたっぷりで,彩りも鮮やか で,見た目だけでも食が進みます。
 ②ごぼうチップ:ごぼうを薄切りにして、さっと素揚げにしたもの。食物繊維が豊富で、オリゴ糖もふくむので、胃腸が元気になります。
 ③にんにくチップ:にんにくをあらみじんに切り、素揚げしたもの。にんにくは焦げやすいので、2~3秒ですぐキツネ色にあがるので、すぐにとりだします。においがきになる方は、紫蘇漬や味噌漬にされたものを代用するとよいでしょう。ビタミンB群を豊富にふくむにんにくは、疲労回復には欠かせません。
 ④納豆キムチ:納豆菌とキムチの乳酸菌の相乗効果で最 強のトッピングと言えます。荒く刻んだキムチと納豆をさっとあえ、お好みで醤油を少量かけます。納豆嫌いの方も,キムチとカレーの香りでアンモニア臭は消え、逆にカレーとキムチのからみ成分は納豆の粘りで、まろやかになります。なれると病み付きになる味です。

(文:ブルック/絵:吉田たつちか)2004-08



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について