目次
8月のこよみ
8月の星座 こと座
曲がったキュウリ
なぜにトマトは赤いのか?
ひまわりエネルギーの活用
ファンタスティック・フォー
ご先祖さまを想い手を合わす
タイトル「身の毛もよだつ8月のお天気」
3つの一等星が「夏の大三角」
「夏の風物詩」入道雲
あなどるべからず![注意報]
太平洋高気圧とは?
エルニーニョとラニーニャ
夏バテには赤身魚
夏ばて解消!! カレーにトッピング!!
ビールのおつまみに簡単チヂミ
茶畑の北側に生えていた
スープの効用 
夏野菜の解毒スープ
ミョウガの効用
酸化から身を守る
緑豆春雨で健康維持
健康にも美容にもおすすめのルイボスティー
スパゲティーの缶詰
空腹感が収まる「懐石料理」
カレー南蛮の南蛮ってなに?
不思議なアイスティー
日本人が食べられないものと外国人が食べられないもの
試食販売に食卓を彩るヒントあり
昔の料理はおいしかった?
食品廃棄率を下げる 
九州とんこつ物語
子供が子供であることの幸せ
異様にお米を食べる日本人
江戸時代からあった1人鍋
名前が語り継がれる人は?
藤原泰衡の決断  
男の決断に対する評価
自分の好物は他人も好物!
芸で飯が食えるということの定理
黒田如水に学ぶ原則線
才能って、何なんだろう?
空飛ぶ自動車
大男だった福沢諭吉
兵と卒との違いに知る因果応報の軍人・宇垣一成の実像
小牧長久手の戦い
メールで西郷隆盛を発掘!?
実際の戦場 
小商いのススメ
たかが百均、されど百均
危険な合鍵作り
花の名前がわかれば?
盛夏に強い 女性の味方
ビール党に朗報? 
遥かなる原始時代の食文化 その2
夏バテと心に効く食べ物とは!?
夏の終わりに現れやすい五臓の虚労
中暑~大暑までの養生法
頭痛と眩暈(めまい)
癌・・・虚の養生は補益 
ホスピタリティというサービス理念
脳梗塞注意報!
血を増やす養生法
見えない鳥かご
昔の映画を楽しむ
睡眠と免疫パトロール
消毒法の確立とうがい薬
食べ過ぎと運動不足が病気を作る
もやもや病
病は気からの免疫力
『かちかち山』にみる古代日本の裁判
『古事記』の神々(その5)
奥付
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

16 / 74ページ

試し読みできます

ビールのおつまみに簡単チヂミ

ビール片手にテレビでナイター観戦の季節です。ビールのおつまみといえば、枝豆が定番ですが、ちょっと気分をかえて韓国料理、チヂミなどつまんでみてはいかがでしょう。

チヂミといえば、ねぎにイカなどが入った海鮮風味の物を思い浮かべがちですが、それは韓国ではパジョンと呼ばれて、チヂミとは区別されています。

何が違うかと言われて韓国人でもうまく答えることができないのですが、さしずめ、関西風のお好み焼きと広島風のお好み焼きの差とでもいうべきでしょうか?

パジョンとは、ねぎを使ったチヂミのことで、ねぎに生地をからめるようにして焼き上げていきます。

そして、チヂミは、色々な具を生地にまぜ合わせから焼いていきます。作り方の違いと言い切れるものでもありませんが、そんなところと言っていいでしょう。

実際のところ 韓国の家庭では、チヂミの具材はなんでもありです。一例をあげてみると、ニンジン。細く千切りにしたニンジンを、小麦粉と卵を水で溶いた生地に混ぜ合わせて、たっぷり目のごま油でこんがり焼くだけ。生地に、少し塩か、コンソメを加えて味をつけるとより美味しさが増します。

これだけで、ニンジンのチヂミのできあがり。代わりにジャガイモを使えば、ジャガイモのチヂミに早変わり。

どうです?これなら簡単に作れそうじゃありませんか?醤油にごま油を適量垂らしたタレでいただきます。

 一度お試しください。

(文:韓国食文化研究家 カン美加/絵:吉田たつちか)2005-08


試し読みできます

茶畑の北側に生えていた

普段からお茶をよく召し上がる方の中には「やぶきた」というお茶の品種の名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。

この品種は静岡県の篤農家・杉山彦三郎により選抜され、今や全国の作付面積が7割を超えるまでに普及した煎茶の超優良品種、皆さんの召し上がっているお茶の中にもかなりの割合で使用されていますので、口にしたことがある方もたくさんいらっしゃるでしょう。

それではよく耳にする「やぶきた」の名前の由来というのをご存じでしょうか?実はこの名は杉山翁により「竹藪(やぶ)を切り開いて作った茶畑の北(きた)側に生えていたから」という驚くほど単純な理由で命名されたのだそう。

数あるお茶の名前も、人の名前と同様に多くはきちんと由来があるもので、その名付けの一定の法則を知ってみるとお茶をもっと身近に感じられるかもしれません。まず一つは先の「やぶきた」のように育成の場所やその樹の特徴などから命名されるもので、例えば狭山(埼玉県)で育成され強い香りを持つ「さやまかおり」や静岡で育ち香りの優れた「香駿こうしゅん‐」などがあります。静岡の旧国名である駿河から一文字を取って[駿河の香り]の意というわけです。

他にはその品種が何のお茶用に育成されたかによる名付けもあります。「かなやみどり」など、[みどり]がつけば緑茶用品種抗アレルギー効果が期待される注目品種の「べにふうき」のように[べに]がつくなら紅茶用、と知ることができます。また、名前からその品種の性質を知ることもできます。「やぶきた」のように育つ速さが標準的な中正品種に対して、早く収穫できるものを早生(わせ)、遅いものを晩生(ばんせい・おくて)といいますが、このことを踏まえると「おおいわせ」は早く新芽が出る早生品種、「おくゆたか」は遅く芽が出る晩生品種、と読み取ることができます。

このようにお茶の品種の名は、樹の性質、特徴や、地名等を組み合わせたものが多いのです。最近は名付けも多様になり決してこれまで述べた限りではありませんが、この前飲んだ美味しいお茶がどこで生まれたどんなお茶なのか、名前の由来という新しい切り口からももっとお茶の世界に親しんでみてください。

(文:日本茶インストラクター 現庵/絵:吉田たつちか)2009-08


試し読みできます

スープの効用 

野菜不足解消の対策として、最近、野菜スープ作りを始めた。日々の食事を見直してみると、気をつけているつもりでもやはり野菜不足になっている。スープの利点は、野菜の栄養をゆで汁と一緒に流すことなく取ることができること、加熱することで生野菜サラダよりもたくさんの量が食べられ、温かいスープを取ることで冷え性の改善にもなったりと、本当に良いことづくめなので是非おススメしたい。

食材を炒める油をオリーブオイルにしてチキンスープ仕立てにしてみたり、ごま油と鶏がらスープで中華風にしたり、具だくさんの味噌汁にして和風に・・・などアレンジも自在。

スープの中に肉団子などを入れ、おかずスープにしてメインのおかずにしたり、帰宅の遅い家族向けにスープに麺を入れて夜食にしてもおいしい。

夜に多めにスープを作っておけば、朝食の支度だってグンと楽に!我が家では夜の野菜スープに半熟ゆで卵を入れて朝食に食べることにしている。スープに合わせて、主食をパンやごはん(おにぎりなど)に変えてバリエーションも自在なので、ワンパターンな食事を解消でき家族からも好評だ。

最近の私のお気に入りは、「冷蔵庫の残り野菜ミネストローネ」である。勿論、家族にはこんな言い方はしない(笑)冷蔵庫に半端に野菜を余らせて、知らぬ間に駄目にしてしまう・・・という方は是非、スープにしていただきたい。半端に余った野菜やベーコンなどをオリーブオイルで炒め、今が旬のトマトを加え、煮詰めていきます。適量のブイヨンなどを加えあとは煮込むだけ。ボリュームを出したいときはミックスビーンズや雑穀などを加えてみると栄養価もUP!

野菜をたくさん取れるので、食べ過ぎも防げてメタボ改善、食材の無駄を省けて家計もスリムに。本当にスープっていいことづくめなので、おススメですョ。

(文:主婦 ナナ/絵:吉田たつちか)2009-08


試し読みできます

緑豆春雨で健康維持

ムシムシとしたこの季節は、湿気が飛ばず、体の中にも余分な湿がたまりがち。

・蒸し暑い=水分を摂りすぎる=胃腸が冷える=代謝が低下=老廃物の排泄が遅れる=体がだるい、むくむ、しんどい=冷や奴や冷や麦などのあっさり系しか食べられない=胃腸が冷える・・・

といった悪いサイクルにはまっていませんか???

この季節のお勧めは、解毒と利水の働きが強い、緑豆食品がお勧めです。

日本ではモヤシ原料としての緑豆以外、あまりなじみがありませんが

中国では、清熱解毒、消暑止渇、利水の働きの高い食品として、よく

料理に用いられます。緑豆春雨、緑豆もやしにも同様の効果があります。これらには、その効能どおり、体の毒素を排泄する、のぼせ、ほてり、喉の渇きを抑える、体にたまった余分な水分を解毒するなどの働きがあり、むくみ、だるさ、夏バテをとる最良の食品です。

ただし、涼性なので、冷え性の方は胡椒、ガーリックなどのスパイス

や海老、韮などの体を温める食材とともに調理することをお勧めしま

す。

ちなみに、私は、夕食を緑豆食品にして、1ヶ月で5キロほど体重が落ちました。例えば、もやしと野菜、豆腐の炒め物や、春雨のラーメン、焼きそば、サラダ等、工夫を凝らし美味しくいただいています。

★春雨には馬鈴薯デンプンで作ったものと、緑豆が原料のものがあり

ます。緑豆春雨でないと、清熱解毒利水の効果は全く得られませんのでご注意くださいね!

(薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)2008-08


試し読みできます

健康にも美容にもおすすめのルイボスティー

 

 

 ルイボスティーは、「伝説の健康茶」や「不老長寿の お茶」とも言われている、きれいな赤紫色でドクダミのような独特の香りがある お茶です。

 ルイボスは、アフリカの最南端にあるセダルバーグ山脈の高原に自生する小さな黄色の花つける高さ2mほどの枝の細い低木で

す。「ルイボス」とは“赤い低木”と言う意味で、その名はお茶を作るときの発酵過程であらわれる赤い色に由来しているそうです。ルイボスティーには、カルシウム、ナトリウム、カリウム、

マグネシウム、マンガン、鉄、亜鉛、銅などのミネラルやビタミンCを中心に多くの栄養が豊富に含まれています。

 口内炎、糖尿病、高血圧のなどの改善に効果があると言われており、ぜんそくや花粉症、牛乳などの食べ物のアレルギーなどのアレルギー症状の改善などにも効果があるようです。

 ルイボスティーは抗酸化作用があるので、皮膚へも作用し、肌荒れを改善し、肌をスベスベにして、シミを消したり、薄くしてくれたりもするようです。アトピー性皮膚炎の改善にも効果があると言われています。

 また、便通効果があるので、便秘気味で、ぽっこりしたお腹に悩む方におすすめで、ダイエット効果も期待出来ます。また、下痢や軽い胃の不調の改善にも効果があると言われています。

 ノンカフェインなので、カフェインに弱い方や子どもでも安心して飲めます。また、脳の興奮作用を抑制するようなので、眠る前に飲むのもおすすめです。ホットでもアイスでもおいしく、牛乳やレモンを加えてもおいしく飲めます。

 最近では、老化を防止し、体を若返らせる効果などが、不妊の対策に効果があるという研究結果もあるようです。男性ももちろんですが、特に女性におすすめのお茶です。

(文:お笑い作家の卵 成宮わたる/絵:吉田たつちか)2010-08


試し読みできます

スパゲティーの缶詰

ニュージーランドのおもしろフードをご紹介 したいと思います。

世界中には様々な珍しい食べ物が あり、またそれらを食してみるのも旅先での楽しみか と思います。

しかし中には考えられない品もあります よね(笑)

私がスーパーマーケットに立ち寄るたび に、ゾッとする缶詰をご紹介します。

それは、スパゲティーの缶詰なのですが、甘口のトマ トソースで既に味付けされており、パスタはという とイタリアンの基本中の基本、アルデンテとは程遠 い、グニャグニャのスパゲティに茹で上がっており、 巨大なソーセージ一本丸ごとスパゲティーの 中に埋もれている缶詰もあります。

お味はというと、 お世辞にも美味しいと言える代物ではなく、勇気を出 して味見をするたびに、日本の喫茶店でおなじみのナ ポリタンが恋しくなります。

一体誰がこんな缶詰を買うのかと常々思っていたら、 実は旦那の大好物でした(汗)

毎日私の作る食事を、 本当に美味しいと平らげてくれますが、あのスパゲテ ィーが口に合う味音痴な旦那に褒められるのも複雑な 心境になってきました。

さあ今夜の夕食は何にしよう かな!

 

 

(文:ニュージーランド在住、Reeoko/絵:吉田たつちか)2007-08



試し読みできます

空腹感が収まる「懐石料理」

 『鬼平犯科帳』や『仕掛人藤枝梅安』の著者である池波正太郎。彼は昭和の文豪でも特に抜きん出た食通だった。証拠は数々の著作。どこそこの料亭のなんと言う料理で、どんな食べ物でどんな味わいだったかなんて、素人では書けない芸当である。

入院時も病院食を採らず、もっぱら料亭に頼んで作ってもらっていたという。最期の食事も、神田にある料亭だった。(『知識人99人の死に方』より引用)

京都の料亭を中心によく見かける「懐石料理」。語源は「茶道」と「禅宗」だった。もともとは空腹に耐えるための禅僧の裏技だった。暖めた石を懐に入れると、空腹感が収まるというものである。千利休もそれに倣おうとしたが、大名、それも織田信長などのVIPを相手にする身分ゆえに、下手なことはできない。

そのため、本来では出さないちょっとした料理を出したのである。これが、「懐を暖める石の役割の料理」、懐石料理の始まりである。

(文:HERMIT/絵:吉田たつちか)2006-08


試し読みできます

不思議なアイスティー

アイスティーを作ってみたけど、濁ってしまったという話をよく聞きます。でも、ほんのひと手間かけるだけで濁らないアイスティーを作ることができるんですよ。今回は、濁らないアイスティーと、それを使って作る、二層に分かれるセパレートティーをご紹介します。

 

<アイスティー>

茶葉・・・ティースプーン2杯

水・・・350cc

氷・・・適宜

①温めたティーポットに茶葉を入れ、熱湯を勢いよく注ぎ15分ほど蒸らす。

②①を口の広い容器(鍋、コーヒーメーカーのサーバーなど)に、茶こしを使って注ぐ。

③グラスに氷を8分目くらいまで入れ、②を注ぐ。

<セパレートティー>

1.②の段階で、砂糖でしっかりと甘みを付ける。

2.③が終わったらさらに氷を少し加えて混ぜ、十分に冷たくする。グラスに氷が浮かんでる状態で、オレンジジュースかグレープフルーツジュースをミルクピッチャーなどを使って、ゆっくりと注ぐ。すると、ジュースは上に留まりしっかりと二層に分かれるセパレートティーができる。

*冷やし方が足りないとジュースは下に沈み、上下逆の層になります。これも悪くはないのですが、層の境目があまりはっきりしません。オレンジやグレープフルーツを一切れグラスに掛け、ミントの葉を飾ってお客様にお出しすると、とても喜ばれます。

 

(文:紅茶コーディネーター 吉野留美/絵:吉田たつちか)2004-08




読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について