目次
8月のこよみ
8月の星座 こと座
曲がったキュウリ
なぜにトマトは赤いのか?
ひまわりエネルギーの活用
ファンタスティック・フォー
ご先祖さまを想い手を合わす
タイトル「身の毛もよだつ8月のお天気」
3つの一等星が「夏の大三角」
「夏の風物詩」入道雲
あなどるべからず![注意報]
太平洋高気圧とは?
エルニーニョとラニーニャ
夏バテには赤身魚
夏ばて解消!! カレーにトッピング!!
ビールのおつまみに簡単チヂミ
茶畑の北側に生えていた
スープの効用 
夏野菜の解毒スープ
ミョウガの効用
酸化から身を守る
緑豆春雨で健康維持
健康にも美容にもおすすめのルイボスティー
スパゲティーの缶詰
空腹感が収まる「懐石料理」
カレー南蛮の南蛮ってなに?
不思議なアイスティー
日本人が食べられないものと外国人が食べられないもの
試食販売に食卓を彩るヒントあり
昔の料理はおいしかった?
食品廃棄率を下げる 
九州とんこつ物語
子供が子供であることの幸せ
異様にお米を食べる日本人
江戸時代からあった1人鍋
名前が語り継がれる人は?
藤原泰衡の決断  
男の決断に対する評価
自分の好物は他人も好物!
芸で飯が食えるということの定理
黒田如水に学ぶ原則線
才能って、何なんだろう?
空飛ぶ自動車
大男だった福沢諭吉
兵と卒との違いに知る因果応報の軍人・宇垣一成の実像
小牧長久手の戦い
メールで西郷隆盛を発掘!?
実際の戦場 
小商いのススメ
たかが百均、されど百均
危険な合鍵作り
花の名前がわかれば?
盛夏に強い 女性の味方
ビール党に朗報? 
遥かなる原始時代の食文化 その2
夏バテと心に効く食べ物とは!?
夏の終わりに現れやすい五臓の虚労
中暑~大暑までの養生法
頭痛と眩暈(めまい)
癌・・・虚の養生は補益 
ホスピタリティというサービス理念
脳梗塞注意報!
血を増やす養生法
見えない鳥かご
昔の映画を楽しむ
睡眠と免疫パトロール
消毒法の確立とうがい薬
食べ過ぎと運動不足が病気を作る
もやもや病
病は気からの免疫力
『かちかち山』にみる古代日本の裁判
『古事記』の神々(その5)
奥付
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

63 / 74ページ

試し読みできます

血を増やす養生法

 

老化を防止するために、血を増やす養生法として①血の無駄遣いを減らすこと②血の原料になる食べ物を選ぶこと③効果的に血を作る養生の三つがあげられます。
1、血の無駄遣いを減らす

血を大量に要求する器官は、脳と目です。長時間のパソコンワーク、暗がりでの読書、車の運転などは、大量に血を消耗します。必ず1時間に一度は休憩をとり、目を休めてください。

また、受験勉強などの脳を使う作業は激しく血を消耗します。勉強をしすぎて、女性では血が足りなくなり、月経が止まってしまうこともあります。脳を使ったあとは、血を作る食材をたっぷり摂る必要があります。勉強だけでなく、取り越し苦労やクヨクヨと思い悩むと、どんどん血を消耗してしまうのでご注意ください。   

2、血の原料になる食材

・色の濃い野菜=人参、ほうれんそう、小松菜、キンシンサイかぼちゃなど

・黒い食べ物=黒豆、小豆、黒ごま、木耳、椎茸、ひじき、プルーンレーズン

・海産物=イカ、タコ、マガツオ、赤貝

・肉類=豚レバー、豚のハツ、豚足

・その他=ピーナツ

3、効果的に血を作る養生

摂った栄養を血肉に変換する役目は脾にあります。脾を傷めない養生が大切です。ひとつには、食べ過ぎを避けて、腹八分を心がけること。そして、冷たい水分の一気飲みは、やめましょう。イライラ、カリカリ、ウツウツすると。脾を傷つけます。マイナス感情はすべて自分に返ってくるので、ご注意くださいね。そして午後十時から午前二時の間に熟睡していることが大切です。

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)2009-08


試し読みできます

睡眠と免疫パトロール

熟睡することとガン予防には、密接な関わりがあります。

睡眠することは私たちの体にとって必要不可欠なもので、単に疲労回復だけでなく、さまざまな働きをもっています。

例えば、

◎食物からとった栄養素を必要に応じて作り替え体を維持してゆく働き

◎免疫のパトロールを行い、ガン細胞などをやっつけてゆく働き

◎悪いものを解毒してゆく働き

◎そして一日の活動で疲れた脳をデフラグし明日の活動に向けて記憶を定着化させたり、最適化する働き

等々他にもたくさんあります。

これらは、睡眠中に行われます。

皆さんよくご存じのように、風邪をひいて発熱しているときなどは、体がだるくなり、眠たくなります。

これは、病原菌と免疫細胞が効率よく戦うためには、他の活動をストップさせてエネルギーを免疫活動に集中させる必要があるためです。

したがって、わざと体を眠くしたりだるくするホルモンを分泌させて、ご主人様にはおとなしく休息していただくのです。

風邪をひいていても、栄養剤を飲んで働くなんて事は言語道断です。

自然治癒の働きを邪魔しないで、おとなしく寝るのが一番なのですね。

ガンのパトロールに関してもこれと同じことがいえます。

免疫パトロールは午後10時~午前2時の間がもっとも活発になりますので、この時間に熟睡して体を休めておくことはとても大切!

ガンの心配がある方は夜更かしせず、早寝早起きを心がけてくださいね。

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)2007-08


試し読みできます

食べ過ぎと運動不足が病気を作る

健康相談にいらっしゃるお客様の舌を拝見しますと、多くの方が、水を持って冷えているか、湿熱といって、毒素がたまり、血液を汚しているかです。水を持って冷えている方は舌に薄い苔がはえており、水を含んでぼってりとし、舌の横に歯形がついていることがあります。また、食毒を溜めている方は、舌にびっしりと白~黄色の苔がはえています。

現代人は一般的に食べ過ぎで、その割には体を動かしていないため、いわゆる体が不完全燃焼を起こして、体の中に毒素がたまりくすぶっている状態です。

このような状態になると、体がだるい、疲れやすい、肩がこる、風邪をひきやすい・・・となり、長く続くと高血圧高脂血症、糖尿などの生活習慣病を起こしてゆきます。さらにこういった状態が続くと、免疫にまで影響し、発ガンしやすくなります。

心当たりのある方は、食事の量を減らして、体をよく動かしましょう。散歩などに時間をとれない方は、寝る前のストレッチだけでも心がけて下さい。寝る前に、血流を良くしておくと、免疫パトロールもスムーズになり、ガン予防になります。

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー  高田理恵/絵:吉田たつちか)2005-08



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について