目次
8月のこよみ
8月の星座 こと座
曲がったキュウリ
なぜにトマトは赤いのか?
ひまわりエネルギーの活用
ファンタスティック・フォー
ご先祖さまを想い手を合わす
タイトル「身の毛もよだつ8月のお天気」
3つの一等星が「夏の大三角」
「夏の風物詩」入道雲
あなどるべからず![注意報]
太平洋高気圧とは?
エルニーニョとラニーニャ
夏バテには赤身魚
夏ばて解消!! カレーにトッピング!!
ビールのおつまみに簡単チヂミ
茶畑の北側に生えていた
スープの効用 
夏野菜の解毒スープ
ミョウガの効用
酸化から身を守る
緑豆春雨で健康維持
健康にも美容にもおすすめのルイボスティー
スパゲティーの缶詰
空腹感が収まる「懐石料理」
カレー南蛮の南蛮ってなに?
不思議なアイスティー
日本人が食べられないものと外国人が食べられないもの
試食販売に食卓を彩るヒントあり
昔の料理はおいしかった?
食品廃棄率を下げる 
九州とんこつ物語
子供が子供であることの幸せ
異様にお米を食べる日本人
江戸時代からあった1人鍋
名前が語り継がれる人は?
藤原泰衡の決断  
男の決断に対する評価
自分の好物は他人も好物!
芸で飯が食えるということの定理
黒田如水に学ぶ原則線
才能って、何なんだろう?
空飛ぶ自動車
大男だった福沢諭吉
兵と卒との違いに知る因果応報の軍人・宇垣一成の実像
小牧長久手の戦い
メールで西郷隆盛を発掘!?
実際の戦場 
小商いのススメ
たかが百均、されど百均
危険な合鍵作り
花の名前がわかれば?
盛夏に強い 女性の味方
ビール党に朗報? 
遥かなる原始時代の食文化 その2
夏バテと心に効く食べ物とは!?
夏の終わりに現れやすい五臓の虚労
中暑~大暑までの養生法
頭痛と眩暈(めまい)
癌・・・虚の養生は補益 
ホスピタリティというサービス理念
脳梗塞注意報!
血を増やす養生法
見えない鳥かご
昔の映画を楽しむ
睡眠と免疫パトロール
消毒法の確立とうがい薬
食べ過ぎと運動不足が病気を作る
もやもや病
病は気からの免疫力
『かちかち山』にみる古代日本の裁判
『古事記』の神々(その5)
奥付
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

4 / 74ページ

試し読みできます

なぜにトマトは赤いのか?

 

 

 

 梅雨も明けて、夏真っ盛りですね。夏といえば、夏野菜の代表格トマトが美味しい季節になりました。ところで、トマトはとても鮮やかな赤色をしていますが、なぜ赤いのかご存知でしょうか。これは、とても目立つ色だから鳥などに発見されやすく、食べられることによって種子が遠くまで運ばれ、子孫繁栄につながるからであろうといわれています。トマトの鮮やかな赤色を見るととても食欲をそそられ、何だか納得します。

 さて、この赤色ですがリコペン(リコピン)と呼ばれる色素によって赤くなっています。リコペンは人参のβ-カロテンと同様カロテイノイドの仲間です。

 β-カロテンが体内でビタミンAに変換されて重要な役割を果たすのに比べ、リコペンはビタミンAに変換されることもなく、役立たずだと思われていました。しかし、近年の研究によって、悪玉の酸素である活性酸素を消去する働きがβ-カロテンの2倍以上も優れていることがわかりました。活性酸素は様々な病気の原因として関わっていますので、動脈硬化の予防など様々な効用が期待されています。

 さらに、トマトにはリコペンの抗酸化作用以外にも意外な働きを持っていることがわかってきました。加工用のトマトの果皮に多く含まれるトマトポリフェノール(ナリンゲニンカルコン)にはアレルギー症状を引き起こす原因物質であるヒスタミンが体内で分泌されるのを抑制する働きがあるそうです。この働きによって、花粉症などのアレルギー病の症状を抑える作用も期待されています。実際に、花粉症対策として加工用トマトを用いた健康食品を開発している会社もあるようです。

 トマトは非常に身近な食品ですが、いろんな効用を秘めていたんですね。

(文:医学博士 食品保健指導士 中本屋 幸永/絵:吉田たつちか)2010-08


試し読みできます

ひまわりエネルギーの活用

 ひまわりの花と言えば夏の代名詞ですよね。高さ二メートルに達し直径二十センチの大輪を咲かせる豪快なものや、ゴッホやマティスの絵画に見られるような繊細な花弁のひまわりがギラギラと照りつける太陽の下で咲き誇っています。その種類は百を超え、最近の日本では園芸用の小さな丈の可憐なひまわりが人気を

集めています。

 種が食用になることは周知の通り。パンの飾りつけやビールのおつまみに、そして鳥やハムスターなど、小動物の餌にもなったりします。そして種を乾燥させれば油を抽出することも出来、ひまわり油は世界中の食卓で愛用されています。

 そんなひまわりの種ですが、近年バイオエタノールに転用する研究が進められているのです。バイオエタノールとは石油に代わる燃料のことで、石油高騰の折にブラジルでサトウキビから作られたバイオエタノールで車を走らせていると報道されたのが記憶に新しいところですよね。バイオエタノールが石油より優れている点は、なんと言っても地球に優しいエコなエネルギーであること。二酸化炭素の排出量を抑え地球温暖化を防ぐ役目を果たします。いつかは枯渇する石油という天然資源に対してバイオエネルギーは、ひまわりやサトウキビの栽培を続けていれば枯渇することはないのです。

 しかし、生産する過程で問題が発生します。畑で使う耕運機を動かすガソリンにはまだ石油が使われ、栽培を増やせば増やすほど耕運機から発せられる二酸化炭素の量が増えます。そしてバイオエタノールを抽出する過程で化学物質が混ぜられ、その際に二酸化炭素が排出されてしまいます。完全に二酸化炭素を削減することができず、まだまだエコなエネルギーと呼ぶには更なる研究が必要なようです。

 畑一面に広がる黄色いひまわりの花。ギュッと詰まった沢山の種が私達の未来を変えるかと思うと、なんだか頼もしくなって熱い視線で見つめてしまいます。

(文:携帯小説家 華山姜純/絵:吉田たつちか)2010-08


試し読みできます

ファンタスティック・フォー

赤ちゃんが生まれ、笑い、寝返りをうち、ハイハイをし、歩き始める。わが子の成長を見守れることは、この上なく喜ばしいことです。1歳を過ぎると、赤ん坊は自我が生まれ、だんだんと主張し始めるようになります。

そして「魔の2歳」と呼ばれる、第一次反抗期に突入するのです。反抗期も成長の過程で必要な通過点。でも、毎日、毎日「いや!」「自分で!」と言い張り、自分で出来ないと泣き、危ないからと止めると泣き叫ぶ子供の相手をするのは、本当にしんどいものです。

3歳になれば、楽になるだろうと、一生懸命に相手をするものの、3歳になっても、あまり変化はなし。それどころか、言葉が達者になる分親のイライラも高まることも多いのではないでしょうか。

英語でも「魔の2歳」という、言い回しがあります。「テリブル・ツー」(terrible two)で、2歳前後の子供の手に負えないことを指します。

そして、なんと! この「テリブル・ツー」の続きがあるのです。「ホリブル・スリー」(horrible three)。恐怖の3歳児とでも訳せるでしょうか。

まだ、続きがあります。「テリブル・ツー」「ホリブル・スリー」の次は「ファンタスティック・フォー」(fantastic four)。素晴らしい4歳児。

確かに、4歳になると子供は大分落ち着き、聞き分けがついてくるので、2歳、3歳児に比べると楽になります。

アメリカでは、2歳、3歳児に対して、かなり寛大です。スーパーで、泣き叫んだりしても「大変ね」と声をかけてくれ、時には救いの手を差し伸べてくれたりします。ぐずる子供も、第三者から優しく諭されると、言うことを聞く場合が多く、本当に助かります。

そして、みな「ファンタスティック・フォーまで、もうすぐだよ」と励ましてくれるのです。

2歳、3歳児に手を焼いている、お母さん、お父さん。ファンタスティック・フォーになればかなり楽になりますよ。子育て、頑張ってくださいね!


(文:Julie/絵:吉田たつちか)2004-08


試し読みできます

ご先祖さまを想い手を合わす

8月13日から16日は、先祖の精霊を迎えて供養し、故人をしのぶ「お盆」です。この「お盆」とういう名称は、盂蘭盆(うらぼん)から来ているとされています。盂蘭盆とは、インドの古い言葉で"ウランバナ=逆さ吊り"という意味。お釈迦様の弟子である目蓮が、亡くなった母親が、あの世で"逆さ吊り"に苦しんでいる事を霊力で知り、お釈迦様に救う方法を請ったところ「7月15日に布教の旅に出発する修行僧に食事を振舞えば、その徳であの世で苦しむ人を救え供養になる」と諭されたと言い伝えられており、これがお盆の原型なのだといわれています。日本でお盆という行事が始まったのは7世紀、推古天皇が始めてとされています。当時は上層階級だけが行う行事であり、一般庶民に「お盆」行事が広まったのは江戸時代からでした。この「お盆」は、仏教が根付く近隣諸国でも行われている大切な行事です。

お隣の韓国では、旧暦に従い9月15日前後に"チュソク=お盆"があり、この時期は日本同様帰省ラッシュとなります。日本同様に行われるお盆ですが、韓国では盛大な料理が振舞われるのが特徴です。

台湾でも、"中元節=お盆"が旧暦で行われます。テーブルの上に溢れんばかりの食べ物を置き真ん中にお線香を立てて、軒先で霊を迎え入れるため「紙のお金」を燃やします。この紙のお金には金、銀、無地があり、金が仏様用、銀がご先祖様用、無事が無縁仏用。台湾では、先祖だけでなく成仏していない霊なども、お盆の時期には戻ってくると信じられており、無縁仏が悪さをしないように、彼らの分の食べ物や紙のお金を用意するのです。

ちなみに日本のお盆は、13日の夕方に迎え火を焚いて先祖の霊を迎え、14日・15日は親戚一同が集まり飲食をし、お経をあげて先祖の霊を供養し、16日に送り火を焚いて先祖の霊を送るのが一般とされています。

帰省されない方も、お盆の時期にそっとご先祖さまを想い心の中で手を合わせてみてはいかがでしょうか。

(文:JULIE/絵:吉田たつちか)2005-08



試し読みできます

タイトル「身の毛もよだつ8月のお天気」

今年は梅雨明け早々連日の猛暑ですね。今回は、改めて言うまでもないことばかりかもしれませんが、夏の恐ろしさとそれを乗り切る方法などを紹介します。
 まずは雷。日中よく晴れた日の夕方から夜にかけて(極端な場合では深夜に及ぶことも!)、積乱雲、いわゆる入道雲が発達し、局地的で一時的な雨と雷に見舞われることがあります。雷が近付いてきたとき、いちばんいいのは屋内に逃げ込むこと。さらに、雷は高いところにめがけて落ちてきますので、傘・ゴルフクラブ・釣り竿も、さっさと片付けて、低い態勢をとりましょう。

  昔は、雷は金属製のものに集まってくるので、雷が鳴ったら金目のものは体から外すとか金目のものから離れるとかしていたと思うのですが、実際雷が金属に集まってくる性質はないということがわかってきたそうです。したがって、金属製のものを身に付けていないから雷は寄ってこないという油断は禁物です。

 次に海難事故。夏場の、特に太平洋岸では、たとえフィリピン付近に台風があっても、その強い風の影響を受けた「うねり(土用波)」が、関東辺りまで届くことがあります。これはとても力の強い波なので、浜辺では非常に強い引き波になります。お天気が良く風も穏やかなのに、あっというまに波打ち際で波にさらわれてしまう、という事故は、過去にいくつもありました。海にお出かけの前には、天気予報で台風の位置などを確認しておきましょう!
 最後に紫外線。オゾン層が破壊され、地上では年々紫外線量が増えてきています。紫外線がそれほど恐ろしいかといいますと。話は進化の過程に遡ります。35億年ほど前、光合成をするランソウ類の生物が海中で誕生し、大気中に酸素が増え、上空約25㎞付近にオゾン層ができました。それが生物にとって有害な紫外線を吸収して、地上に紫外線が届かなくなったから、生物は地上に進出してくることができたのです。これを聞いただけでも、いかに紫外線が生物にとって有害か、実感しませんか?(いくら生物が進化したとはいえ)紫外線には、日焼け以外にも色々と有害な影響が見つかっていますが、せめてこれからは男の方も、日焼け止めだけでもつけるようにしましょう!

 (文:気候予報士 
チャーリー/絵:吉田たつちか)2004-08



試し読みできます

3つの一等星が「夏の大三角」

七夕というと七月七日。なぜなら、彦星さまと織姫さまが一番近くに見られるから、なのですが、これは旧暦の話。2009年では旧暦の七夕は8月26日に当たるほど、新暦との差があります。

西洋の星座では、彦星はわし座のアルタイル、織姫はこと座のベガ、天の川を渡る二人の橋渡しをするのは「北十字」という異名を持つはくちょう座のデネブと呼ばれ、奇しくもこの3つの一等星が「夏の大三角」と呼ばれています。

わし座は、大神ゼウスが変身した姿だと言われています。はくちょう座もゼウスが変身した姿だという説やわし座に関係する琴の名手オルフェウスが死んだあとそのまま星座になってこと座のそばにいるなどの説があります。

さてこと座の由来ですが、この琴は元は音楽の神アポロンのものでした。しかし、その息子のオルフェウスがあまりに琴が上手なので父から息子へと譲られ、オルフェウスは琴の名手として有名になりました。オルフェウスにはエウリュディケという妻がいました。

しかし彼女は毒蛇にかまれ、若くして死んでしまいます。オルフェウスはあきらめきれず、妻を死者の国から出してもらうよう冥土の神プルトンに頼みます。プルトンはその熱意に打たれ、彼の要求を飲みますが、一つだけ、「地上に出るまで妻を振り向いてはいけない」という条件を出します。しかしオルフェウスは妻の顔を少しでも早く見たいと焦り、つい振り向いてしまいました。するとエウュディケは元の地底深くへ吸い込まれてしまいました。妻を完全に失ったオルフェウスは失意のうちに世を去り、その死を悲しんだゼウスが、オルフェウスを天上に迎え入れたと言われています。オルフェウスは「オルフェ」とも呼ばれ、この物語はのちの世でも多くの作品の題材とされています。

(文:気象予報士・小説家 チャーリー/絵:吉田たつちか)2009-08


試し読みできます

「夏の風物詩」入道雲

通称「入道雲」は、「積乱雲」といいます。この雲は、遠目に見ると壮大で圧巻ですが、実は近寄ると恐ろしい目に遭うこともあるのです。  

積乱雲は、大気の状態が不安定なときに発生します。つまり下層(陸地や海面)が暖かく、上層が冷たいときです。みなさんもご家庭のクーラーの効き方で体験したことがあると思いますが、冷たい空気は下に行きます。つまり、暖かい空気よりも重いのです。だから、冷たい空気は下がりたがり、暖かい空気は上がりたがり、それぞれの空気の要求を満たすべく、積乱雲は発生・発達していくのです。  

例えば海上。海の温度は温まりにくく冷えにくい性質を持っています。そのため、海面の温度は上がりにくいです。そこへ、夏の熱い空気が上空に流れ込むと、対流が起こり積乱雲が発生するのです。一方の陸地は、熱しやすく冷めやすい性質を持っています。だから、一日の気温が最も高くなる午後2時前後には、地表と上層との温度差が大きくなり、積乱雲が発生することがあります。特に天気予報で「上空に寒気が流れ込んでいます」と言われたときは要注意です。温度差があまりに大きくなると、大雨はもちろん、落雷、突風、雹(ひょう)ひどいときには竜巻が発生する恐れすらあります。  

さて。入道雲といえば「夏の風物詩」のように書いてきましたが、冬にも入道雲が頻繁に発生しています。日本海側の地域では冬場、北寄りの季節風に乗って、シベリア生まれの冷たい空気が流れてきます。しかし日本海は、暖流が流れ込んでいる影響もあり、シベリアの風ほど冷たくありません。そこで大気の状態が不安定となり、巨大な積乱雲が発生します。それが、冬場のテレビの雲画像でおなじみの「筋状の雲」 なのです。

(気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2008-08




読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について