閉じる


初めて本書を開く方へ。

試し読みできます

岡本大輔とは何者なのか?

 このたびは「これから活躍する介護職の心得」をお読みいただき誠にありがとうございます。
 あなたの貴重な時間をいただくことができて光栄です。本書を読み始める前に著者である岡本大輔とはどのような人物で、どのような活動をしているのか、なぜ、電子書籍を作ろうと思ったのか、などを伝えたいと思います。
 僕は介護保険が始まった2000年、北海道にある北翔大学(当時は北海道浅井学園大学)の人間福祉学部介護福祉学科に入学しました。僕は将来介護をしようと思い福祉の大学を選びました。
 僕が介護を選んだきっかけ単純です。「高齢者の生活を守りたい」など誇れるようなきっかけではなく、ただ高校卒業して就職したくないから進学情報誌をパラパラめくっていたときにたまたま目に付いたのが当時の北海道浅井学園大学が男女共学となるというページでした。
 僕はその前に母に進学したいことを告げていました。何をしたいのか自分でもよくわからない僕は母に言いました。
「経済学部に行きたい」
すると、母は僕に尋ねました。
「行くのはいいけど、そこで何を学びたいの? 将来何をしたいの?」
 僕は言葉に詰まりました。それから数日後のことでした。
「俺は将来介護をやりたいからこの学校に行きたい。」
 介護の学校に行けば、将来は介護で働くということになる。つまり、進学する理由が生まれる。それが介護を選んだきっかけでした。
 2004年、卒業して働き始めてから僕の意識の甘さが一気に現れました。僕はパートで働き始めました。当時の施設長が面接の時に言いました。
「まずはパートで入社して、次の年に準職員、次の年に正職員となればいい」
 僕はその言葉を鵜呑みにしました。僕のために階段は用意されていると勘違いをしました。翌年、その施設長は諸事情で退職し、新しい施設長が来ました。新しい施設長は僕に言いました。
「前の施設長のときにどのような約束をしていたのか私は聴いていないから」
 僕は準職員になる予定だった二年目もパートで働くことになりました。給料の安さとサービス残業の多さ(当時は多いと思っていた)にうんざりし、たった1年3ヶ月で介護を辞めました。
 僕は退職後すぐに本州に行き、派遣社員として工場で働き始めました。お金をある程度稼ぎ9ヶ月で北海道に戻り、障がい者関係の施設を経て現在のデイサービスで働くようになりました。
 介護の学校に入学してから28歳まで僕は自分の人生が不幸だと思いました。うまく行かない人生、給料が安くてやりたいことができないのはすべて国のせい、会社のせい、社長のせい、自分以外の誰かのせいにしていました。
そんな状態で働いていたので介護の仕事が楽しいと思ったことはありませんし、僕と一緒に働いていた人も楽しくなかったと思います。

試し読みできます

岡本大輔が変わったきっかけ。

 そんな甘ったれていた僕の意識を変えるきっかけとなることがありました。中小企業家同友会の第四一期中堅幹部学校への入学でした。僕の勤めているデイサービスはNPOで運営しており、もともと異業種から介護業界に参入した会社でした。
 普通の社会福祉法人の施設であれば、この研修に参加することはなかったと思います。
 僕は幹部学校に参加したことで異業種の仕事の大変さを知ったのです。僕と同じグループの人は介護以外で働いている人ばかりで、
締切間近になればいつも会社に泊まりこみでソファーで寝ている人、朝七時から夜九時までびっちり働いても仕事が終わらない人、月〜土まで朝八時から一一時まで働いていて日曜日しかまともに休めない人、業種は様々ですが、給料が安い、待遇が悪いと言われる介護業界に負けず劣らず大変な就労環境働いている人たちを目の当たりにしたのです。
 僕は介護業界が悪い、国のやり方が悪いから介護施設は仕事が大変で給料が安いのだと思っていたけど、どの業界も状態は変わらないんだと知ったのです。そのとき、感じたのです。今までの人生がうまくいかなかったのは”僕が全力を尽くさなかったから”だと。
 そして、心に決めたのです。これからは今の自分の人生を他人のせいにしないで、自分のせいだと思って、自分が行動して改
善しようと。幹部学校を卒業して、僕はとある雑誌の”朝活特集”を読みました。できるビジネスパーソンは朝に強い。名経営者と呼ばれる松下幸之助、本田宗一郎など結果を残した人たちの共通点は朝に強いこと・・・つまり早起きだということ。
 僕はその当時、七時までギリギリ眠っていた習慣を止めて六時起きるようにしました(現在は朝四時起きです)。
 同じ雑誌で”読書特集”をしていました。そこに書かれていたことで印象に残っていることがあります。読書をした人全員が成功したわけではないが、成功者は全員読書家だ。
 成功している人が早起きと読書をしているという共通点を見出したその日から早速行動を始めました。
 早起きをして、今まで定時出勤五分前の出勤だった僕は定時の一時間前に出勤し、事務所や風呂場、トイレなどの掃除をするようになりました。掃除をすることで考えるようになったのです。
そのとき僕は気づいたのです。今まで僕は仕事をしていてお客様を迎え入れる準備をまったくしていなかった。仲間に任せっぱなしだったと。僕は自分のことばかり考えていて、仲間のことを何も考えていなかったと。
 早起きと読書を習慣付けることでそれまでの二十八年間の僕とまるで違う人生を歩むようになりました。それまで年間一〇冊も読まなかった本も今では年間五〇〇冊を読むペースで読むようになりました。様々なジャンルの書籍を読む中で感じたことがありました。介護の本を読んでいても、何かワクワクするものがないし、啓発されるものがない。経営者の書籍を読み感銘を受けて行動に移すことはあっても、介護関係の書籍は学術論文的な事例検討だったり、法律のことなど堅い内容だったり、読んでいて”楽しい”と思えるものが少ないのです。


試し読みできます

出版しようと思ったのは?

 介護関係でワクワクするような書籍や読んでいて”楽しい”と思える書籍がないのなら、早起きして年間五〇〇冊を読み解いている僕が介護業界に特化した書籍を作ればいいんだ!と思いついたのです。僕は介護業界を良くするためには、国の政策や会社の運営方針、社長の頑張りなど他人任せにするのではなく、介護職一人一人の今まで以上の意識向上が急務だと感じています。
 施設長や経営者、官僚などが介護現場を良くしよう!!と声高に表明して意識を変えていくことも一つの方法だと僕は思います。
 しかし、もっと大切なのは現場職員の中から、介護現場は自分たちが働く場所なんだから、自分たちで改善しようよ!と行動できる人が求められていると感じています。
 介護の世界では”共助”という言葉があります。ぜひ、介護現場で働く人同士が”共助”を実践しながら現場を変えたいと僕は考えました。その中で一人一人の介護従事者が目の前のお客様の人生をより豊かにするにはどうすればよいのかを「追求」することができるようになれば幸いです。

 平成24年9月5日、秋風が吹く北海道十勝の自宅のパソコン前にて。
岡本大輔。


« 前の章